FC2ブログ

2019-10

Latest Entries

「最強の二人」

朝起きたら、やっと体が動きたがってる。今頃、蓼科でSaさんたちとゴルフしてるはずだった。
Sさんと映画を見に行く。何の映画か知らなかったが、Sさんが面白いよと言うのでついて行く。
近所の宿根朝顔。(クリックすると拡大)
IMG_7026yiuyui.jpg
最初にSさんの用事を済ます。
昼食は、讃岐うどん。大盛りにしてかぼちゃとイワシとエビのてんぷらをつける。てんぷらは半分づつ分ける。大盛りは多すぎてやっと食べきる。
横浜駅から109シネマズMM横浜の映画館まで歩く。
途中、ベイブリッジが見える。Sさんが撮れ撮れと言うのでパチリ。
IMG_7032fghfg.jpg
ビル群と海も美しい。
IMG_7036hjkhj.jpg
ビルに隣のビルが写っている。素早くSさんが見つける。私一人だったら気が付かなかった。
IMG_7039fghfg.jpg
自動車の展示場で。この構図は面白いと言う。
IMG_7041fhh.jpg
映画が始まるまでおしゃべりと読書。
「最強の二人」
「2011年のフランス映画。頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマ。2011年にフランスで公開された映画の中で最大のヒットとなった。
2011年10月23日、第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にて上映され、最高賞である東京サクラグランプリを受賞し、主演の二人も最優秀男優賞を受賞した。」
始まる前はあくびばかりでて、つまんなかったら眠るよと宣言してた、始まると直ぐに引きずり込まれる。
「ひとりは、スラム街出身で無職の黒人青年ドリス。もうひとりは、パリの邸に住む大富豪フィリップ。何もかもが正反対のふたりが、事故で首から下が麻痺したフィリップの介護者選びの面接で出会った。他人の同情にウンザリしていたフィリップは、不採用の証明書でもらえる失業手当が目当てというフザケたドリスを採用する。その日から相入れないふたつの世界の衝突が始まった。クラシックとソウル、高級スーツとスウェット、文学的な会話と下ネタ──だが、ふたりとも偽善を憎み本音で生きる姿勢は同じだった。
互いを受け入れ始めたふたりの毎日は、ワクワクする冒険に変わり、ユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。だが、ふたりが踏み出した新たな人生には、数々の予想もしないハプニングが待っていた──。
 人生はこんなにも予測不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも心が躍り、こんなにも笑えて、涙があふれるー。」
これが実話とは驚きである。今の私にとってこれ以上の贈り物はない。生きてるってこんなに素晴らしいことかと改めて思う。Sさんは東京映画祭で見損なったののリベンジ。大満足。二人して笑い、泣けた。
これがフランス映画とは素晴らしい。
感動したまま帰る。
日が沈む瞬間を撮ろうとしたがビルの谷間にあっという間に隠れてしまった。
IMG_7046tyuytu.jpg
この映画は多くの疲れた人、悲しい人、むなしい人、やる気を失った人、死にたくなった人、失恋した人、事業に失敗した人、仕事が上手くいかない人、孤独な人、意地悪な人、などなど苦しんでいる人に見て欲しい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/856-f71c186b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR