FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

下山

5日目。
いよいよ下山の日。昨日に続いて、相変わらずの雨。午前中は降るとの事で、歩いている間中は降っていそう。
5時に食事。
トイレ、洗面は、外なので、傘を差しながら、トイレ待ち。歯を磨いてから、出発。
カメラもしまって、完全装備。水は、少なめにして軽くする。

椹島の10時半発のバスに乗りたい。Imさんは私が途中で遅くなって、間に合わなくならないかと少し心配しているみたい。標準時間は、赤石小屋から、椹島まで3時間35分だから、十分間に合う。今までの私の脚力は、5時間以内は標準時間、それを越えると極端に遅くなる。従って、十分お釣が来るはず。
とは言っても、赤石小屋の標高が、2564m、椹島が1120mだから、標高差は1440mとかなりある。小幅で降りないと膝にきそう。

5時50分出発。
私が前を歩き、くだっていく。岩や木の根っこが結構ある。時々、木の梯子や、板がかけられていて、そこでリズムが狂う。
45分おきの休憩を守りながら、どんどん降りる。
おじさんと抜きつ抜かれつする。おじさんが休むと抜き、こちらが休むと抜かれる。また会いましたねと挨拶。
下から、登ってくる、団体のパーティと何度かすれ違う。

次第に明るくなってきて、雨がやんでくる。そうすると無性に暑くなる。まず雨具の上着を脱ぎ、しばらく行ってから、雨具の下着も脱いだ。
私は、着るものがなくなって、防寒用の薄いセーターを着ていたので、やたらと暑い。風が吹くとほっとする。

雨が完全にやんだので、カメラを出して、撮る。林の中で面白みはない。
IMG_6542fgddfg.jpg
IMG_6545sdffds.jpg

快調にどんどん降りる。
脚がかったるくなったが、スピードは落ちない。
やっと椹島ロッジに到着。
IMG_6551sdfsdf.jpg

9時20分。3時間30分。標準時間内。
バスの時間10時半には、十分余裕があるので、ロッジで休息。
アイスコーヒーが何と美味いことか。
他のパーティが次々と降りてくる。おばさんパーティが多い。
濡れた雨具などをさんさんとした太陽の元に干す。
IMG_6552asdsad.jpg
疲れていたが、やったぞうと言う充実感がこみ上げる。
ぼんやりしている内に、バスの時間が来る。
バスの1時間は、時々、がくっと眠り込む。

出発時に止めてある畑薙第一ダムの駐車場に到着。
車の中に干しておいた、寝袋をたたむ。Imさんに借りていたコッフェル、手袋、懐中電灯を返す。
温泉に直行。
やっと携帯がかかるようになってSさんに連絡。携帯がかからず全く連絡していないので、心配していたかと思ったが、全然心配していなかった。帰ってから行く約束のHt邸の山中湖に行けるのとそっちを心配している。

名前を忘れてしまったが、300円のなかなか良い温泉に入る。大井川鉄道に乗るおばさんたちの団体と一緒。男湯は我々のみ。
久しぶりの温泉で、綺麗さっぱり。垢が一杯出る。透き通っているがぬるっとしている。
生き返った心地。着替えは車の中に予備を置いてあったので、着替えてさっぱりする。

温泉の女将に、食事どころを聞く。
直ぐ側。父子がいる。これから大井川鉄道に乗るそうだ。
まだこんなひなびた食堂があるのかと言うようなところ。ビールを頼んだら、銘柄が判らなかった。何でもいいよと言う。実に楽しい。山菜付きの蕎麦とおでんを食べる。素朴な味で好ましい。

一路帰宅。
途中のパーキングのトイレに燕が巣を作っている。
IMG_6555fgdgfgd.jpg
Imさんにずっと運転してもらって、申し訳ないと思うが、時々、こっくりしてしまう。
Imさんからは、明日、山中湖に行くのは無理だと宣告される。疲れているはずだから、2,3日は完全休養してくださいと言われる。
次は、YY会で8月21日に会うはず。
駅でお別れ。Imさんのおかげで聖岳、赤石岳と登ることが出来た。感謝感謝。

夜に帰宅。
Sさんがものすごく疲れた顔してるわよと言う。山中湖はやめたほうが良いという。
鏡を見たら、別人のよう。顔がむくんでいる。
これはとても無理かなと思う。

三四郎さん主催の俳句勉強会の今日は、期限。
山で作ろうと思っていたが、登るのが精一杯でそれどころではなかった。
疲れきった頭で、うんうんうなってひねり出す。二句提出だが、何時もは5句以上作って推敲して出すのだが、その余裕はない。二句作ってささっと送る。

夜興奮して、なかなか寝付かれず。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/79-d54fa212

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR