FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

聖岳

三日目。早朝2時ごろ、目が覚めてしまう。まだ早いと二度寝したら、ぐっすり寝てしまい、4時に周りのがさごそ言う音で目覚める。Imさんはもう準備完了みたい。あわてて、寝袋をしまい、準備したようなしないような。
4時半に食事。食欲がない。食べれるだけ御飯を取ってくださいといわれて、少なめにしたが、それも食べられない。Imさんは食欲旺盛。りっぱだ。
ご来光が見れるというので、カメラを構えて待つ。
日の出る直前。
IMG_6443sdfsfd.jpg
ご来光。
IMG_6445dsfdsf.jpg
満足満足。

外のトイレを済ませ、顔を洗い、準備完了。
5時半出発。いよいよ聖岳を目指す。聖平小屋の標高が、2260m、聖岳が3013mだから、標高差750m位。これ位は、大丈夫と自分に言い聞かせる。
聖岳小屋を出て、直ぐに稜線に出る。
歩き始めの45分は、胸がパクパクだったが、次第に落ち着いてくる。涼しくて気持ちが良い。汗はかくが、昨日のような滝の汗ではない。
お花畑があちこちにある。
多分 ハクサンフウロ だろう。
IMG_6455dfsf.jpg
可愛らしい花。イワオトギリ?
IMG_6456rtert.jpg
群生して咲いている。マルバダケブキ 。
IMG_6460erttre.jpg
森林限界線を過ぎる。富士山が見えてくる。
IMG_6468werw.jpg
小聖岳に到着。2662m。目の前に聖岳(前聖岳)がそびえ立つ。
IMG_6469rerwe.jpg
いよいよ聖岳への最後の登り。
IMG_6471dfgdgf.jpg
一部ガレのヤセ尾根箇所があり、慎重に登る。
リンドウがあちこちに咲いている。カメラを構えるおじさんがいる。
IMG_6472dsfsdf.jpg
可憐。けなげに咲いている。タカネツメクサ 。
IMG_6474gdfg.jpg
時期外れの石楠花が咲いている。
IMG_6475tryyt.jpg
砂礫帯をひたすらジグザグに標高を上げてく。「後一歩、後一歩~」と唱えながら、体を押し上げる。
富士山は、何て神々しいんだろう。
IMG_6476werwre.jpg
もう少しだ。頂上、間近。
IMG_6478sdfsdf.jpg
突然、Imさんが雷鳥だよっと叫ぶ。雷鳥の親子。
IMG_6483sadad.jpg
花を食べている。我々の進む方向に歩む。
IMG_6487sdads.jpg
時々、鳴く。
後から来た人にも、雷鳥がいると教える。
(後で、山小屋で雷鳥を見たら、雨なのであまり嬉しくないのよとおばさんに言われてしまう。確かに翌日は風雨になる。)

ついた。頂上。やったぜ。聖岳。3013m。3時間くらいで登る。標準タイムが2時間50分なのでまずまずの登り。
IMG_6491ewrwer.jpg
天気がよくて最高。富士山や、南アルプスの山々が見える。
IMG_6493ertert.jpg
IMG_6494erwwe.jpg
明日登る赤石岳。
IMG_6495sdsdf.jpg
もっとのんびりしていたかったが、まだ先が長いのでImさんにせかされて出発。

急坂を降りる。
降りたと思うとまた登る。これを繰り返し、次第に疲れてくる。
お花畑。ハクサンイチゲ ?
IMG_6500rtyy.jpg

IMG_6503rettr.jpg
タカネシオガマ。
IMG_6504ertrte.jpg
雪渓が見える。
IMG_6508retrt.jpg
変わってるう。
IMG_6511dfgfg.jpg
アカモノ。
IMG_6516fghfgh.jpg
浜茄子みたいな花だが??
IMG_6518fgh.jpg
兎岳(2818m)は一旦降ってからの登りで、相当にへばる。脚が重い。やっと到着。
IMG_6520dfgdfg.jpg
ここで昼食。持ってきた梅がゆをすする。美味い。Imさんがコッフェルでコーヒーを沸かしてくれる。これもまたこたえられないくらい美味い。Sさんの梅干もしゃぶってみる。疲れがすーと取れたような気になる。
出発。
疲れた体でも花々は美しい。
名前は分からない。
IMG_6521dfgfdg.jpg
IMG_6522dfgdgf.jpg
ミヤマダイコンソウ。
IMG_6525sdfdsf.jpg
ハイ松。
IMG_6526sdfsdf.jpg
歩いても歩いても聖岳は大きく見える。
IMG_6528dfgdfg.jpg
兎岳からは一旦下って登り返して小ピークがあり、小兎岳かと思ったら違っていた。がっくり。上り下りでやっと小兎岳(2738m)。
IMG_6532sdfsfd.jpg
ハゼの木みたいだが。
IMG_6533dsffsd.jpg
次は中盛丸山へ。
また、下ってから登り返し。疲れていい加減ウンザリ。何とか鞭打って到着。この頃から、前を行くImさんについていけなくなる。何とか到着。2807m。標高差はないが降り登りが大きくて、くたびれる。
IMG_6534sdfsdf.jpg
ここから後、1時間と言われるが、もうImさんに着いていけなくて、どんどん遅れる。脚が、自分の脚でないみたい。意識としては、前に前にと進めているが、実際はスローモーションビデオみたい。
小屋が近いのは分かっているし、道も一本道だが、ちっともつかないので間違えたかなと思う。
やっと到着。14時25分。8時間55分かかる。
標準タイムが、7時間25分だから大分遅れた。聖岳頂上から、5時間55分かかった。標準タイムだと4時間35分。特に最後の1時間は、二倍近くかかったと思う。
(しかし後で、他の方のブログ等見ると9時間はけっして遅くはない。まあまあやるじゃん。)
Imさんが心配して待ち構えていた。ヒールで乾杯。

百間洞山の家。
評判が高いだけあって、美しい。対応も気持ちが良い。トイレも中にあるし水洗。言うことなし。
部屋は、4人のところを3人。
かなり後に、70歳の方が来る。20kしょっているので驚く。11時間歩いたという。脱帽。

疲れて、食事までうとうとする。
食事は山にしては豪勢だった。しかし疲れて食欲がない。
天気予報が良くなくて明日は9時くらいから、雨らしい。
南アルプスは、携帯が通じない。入山してから、家に連絡が取れていない。多分、心配はしてないだろう。
TVも衛星しか入らない。天気予報を見て、やはり明日は、雨だと確認。がっくり。

早々に眠る。最初は寝付けなかったが、何時の間にやら寝てしまう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/77-8d269f2f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR