FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

聖平小屋

二日目。テントの眠りは浅く、夢を良く見たが、目覚めはそれ程、悪くない。
持ってきた梅おかゆやクッキー、チーズなどで朝食を済ます。Imさんにコッフェルで味噌汁を作って貰う。インスタントだが美味い。コッフェルは、Imさんのザックに入らないので、私のに入れる。
私のザックは、新品で38lだが、重さは1kしない。かなり良く入る。
水場で、顔を洗いさっぱりする。
畑薙第一ダムから東海フォレストの椹島ロッジ行きのバスに乗り、途中、聖岳登山口に行く。
バスは、8時発の予定だが、臨時のバスが7時50分に出る。3000円払うが、東海フォレスト経営の山小屋に泊まれば、3000円返ってくる。バスの運転手によれば我々が向かう聖平小屋は、東海フォレスト経営ではないと言う。三日目に泊まる百間洞山の家は、東海フォレスト経営かどうかわからないと言う。Imさんが調べたら東海フォレスト経営。運転手はそれくらいの事は、知っていて欲しいな。
大部分の登山者は、椹島から千枚小屋に向かう。
バスは、狭い山道を進む。すれ違うのも大変。ずっとダムが続く。

聖岳登山口に8時30分到着。降りたのは、我々と夫婦づれ。
早速出発。標高1140mから聖平小屋2250m。標高差1110mある。
IMG_6402sda.jpg
最初は桧の樹林帯をすすむ。汗が直ぐにドドッと出てくる。聖沢つり橋を渡る。
IMG_6403sad.jpg
つり橋は揺れて怖い。以前は、つり橋はさっさと渡れたが、三半規管が衰えたか早く渡れない。
聖沢ぞいに歩く。
IMG_6404das.jpg
水は豊富で、水場があちこちにある。沢を何箇所か渡る。
IMG_6410asd.jpg
45分に一度のペースで休む。前にImさんに歩いてもらい後ろを着いていく。
やっと稜線に出る。乗り越え2011m。聖岳らしきのが見える。あんなに高いところに登るのかと思う。
IMG_6413dasasd.jpg
何の花か?
IMG_6415qwew.jpg
ここまでは快調だったが、ここからが大変。登ったら降りる、降りたら登るの繰り返し。つり橋もある。がれ場もある。
IMG_6417dsfsfd.jpg
途中、昼食をとる。コッフェルでImさんに作ってもらったコーヒーが美味い。

歩みは、一向にはかどらない。脚が段々重くなる。岩頭滝見台にようよう着くが、疲れて写真も撮らずに通過してしまった。
縞枯れ状態。北八ヶ岳みたいな風景。
IMG_6422dfsdsf.jpg
5時間過ぎたあたりから、がっくりペースが落ちてImさんとかなり離れてしまう。45分おきの休憩に会うくらい。
やっと聖平小屋に到着。
IMG_6434dfssd.jpg
15時半に着いたので7時間かかった。標準タイムは6時間10分。途中からかなり遅れた。
登山客はかなり多い。テントも張られている。
まずは宿泊の手続きをして、着替えをしたい。場所は、4人分のところを二人なのでかなりゆったりしている。汗ぐっしょりの衣類を代える。すっきりして、麦酒を飲む。Imさんが珍しく麦酒を飲むのに積極的。
Imさんは健脚で、かなり余裕があるが、私は疲れ果てている。明日が心配。慣れて快調になるか、疲れてメロメロになるか。

ピンバッジを買おうとしたら、見当たらない。探していたらピンバッジが下に置いてあったので、これを見たいと売り場のおじさんに言ったら、それは商品ですから触らないでくれと言う。見るにはどうするのかと聞いたら、そこに貼ってあると言う。確かに貼ってあるが、見にくい。手にとって見たかったが、おじさんの剣幕がすごいので諦めた。しゃくだったが一つ買う。すっかり気分が悪くなって、外にトイレがあることも、食事の内容も全て気に入らなくなる。(後で考えると、そのこと以外は食事の内容も従業員の対応も、満足できるものだった。)

登山口で一緒だった夫婦連れは、かなり遅れて到着。
我々と同じルートで聖岳から赤石岳に向かうという。

食事をしてから、することもないし疲れているので、早々に休む。夜中にトイレに行くのが辛いので、寝る前にトイレを済ます。随分、水を飲んだが、ほとんど出ない。汗で出尽くしたようだ。
寝袋に包まって休む。暑くて下着のみで眠る。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/75-1d1a88de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR