FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

ドック二日目と幼年連祷

二日目早朝看護師さんに起こされて浣腸。これが嫌だ。出来るだけ我慢するように言われるが、我慢があまりできない。
Osさんが来て友人二人と水曜会の演奏会に行くのでチケット3枚は使わせて貰いますと。持って来た甲斐があった。
直腸診。医師より問題なしと言われる。腹部超音波。昨年までと違い女性の検査技師。昨年までは胆石があると言われたが今回は何も言われず。 上部消化管内視鏡。随分待ち行列が出来ていた。鼻からなので楽。医師から慢性胃炎はあるが昨年と変化はないと言われる。
終わった、終わった。
昼食を取る。おなかがペコペコなので美味い。お茶も珈琲も美味い。
病院の松葉菊。
IMG_3729dsa.jpg
バーベナ。
IMG_3730sdfdf.jpg

IMG_3731dfggdf.jpg
家に帰ってSさんから、どうだったと聞かれたので、大丈夫だったと答える。メタボは引っかかったと言ったら、努力が足りないと言われてしまう。歌の練習。胃カメラで喉を傷めたせいか声がおかしい。
夕方Sさんに頼まれた用事が出来たので、水曜会の練習に遅れるとマネージャーのHmさんに連絡。
用を済ませて、出かける。何時もの練習場でなく浜離宮朝日ホールのリハーサル室。30分以上遅れて参加。後ろに座ろうとしたら前が空いてますよと言われてやむなく前に座る。
Ii先生の指導で、「愚かな涙」大中恩作曲、高見順作詩。
時間をかけてじっくり指導して貰ったので、最後に通して歌った時はIi先生からも先生からも拍手を貰う。やったー。広い練習場は歌いやすい。
休憩時間。Siさんに「道」演奏会のチケットを渡す。Hyさんからこまくさの夏旅行の話。
団長の話も演奏会が近づいてる雰囲気。
「幼年連祷」新実徳英作品集を後の曲から練習。
「喪失」新実徳英作曲、吉原幸子作詩。
前の曲の終わりから続けて最初の音がしっかり出るような練習。「ておくれー」の「れー」の音の変わり目を聞くように。
「熱」新実徳英作曲、吉原幸子作詩。
「憧れ」新実徳英作曲、吉原幸子作詩。
「不眠」新実徳英作曲、吉原幸子作詩。
じっくり練習。強弱、リズムなど細かく指導受ける。強弱をすぐに忘れて、一本調子になる。
何時も怪しいところは特に注意して歌う。楽譜は出来るだけ見ないように心がける。女性は真面目なのでほとんど楽譜を見ていない。Fnさんも暗譜が進んでるようだ。
テナーはFnさん、Thさん、Mtさん、Htさん、Ksさん、Skさん、Hrさん、Kkさん、Tuさん、遅れてNzさん。全員参加。
机やピアノを片付け初期の状態に戻す。
椅子を運んで乗せようとしたらまとめてるOgさんから10個単位でまとめてるからここはあと一個と言われてしまう。厳しいのよと笑って通告される。困ったなあと椅子を抱えてうろうろしてたら、まだ積み足りないカートをSsが運んできたので、そこに積む。
先生に来週の練習を都合で欠席すると話す。楽譜を持って練習しますと言ったら、本当かねと言われる。本当です。Htさんが聞きつけて退団するんですかと冷やかすので軽く蹴飛ばす。
帰り道でTzさんから飲み会は欠席ですかと聞かれたのでうなづく。Tzさんも欠席。
帰りのエスカレーターで上がろうとしたら手で遮られ、びっくりしたらGtさんだった。スキーで骨折した友人の話を聞く。転倒したが板が外れなかったそうだ。固く締めすぎたとか。 電車でテナーの皆と会う。誰かがテナーは仲がいいわねと言う。Skさんの奥さんの症状を聞く。愛妻家らしい心遣い。
帰って、疲れてしまい早々に休む。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/741-9bec7744

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR