FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

一ノ倉沢

早朝、太陽館の露天風呂と内風呂を梯子する。実に気持ちが良い。
朝食にしては豪華な食事をとる。太陽館を後にして、Ny邸に戻る。Ny邸からの残雪を頂く山。
IMG_3523vnnbv.jpg
Nyさんの奥さんにお茶を頂き、お土産に取り立ての筍と蕗を頂く。お弁当まで用意して貰う。
Ny夫人とお別れして、谷川山麓散策(マチガ沢、一の倉沢)に車で出発。Nyさんの車に乗せて貰う。
谷川岳駐車場にとめる。Nyさん、Kbさん夫妻、Unさん夫妻、Sbさん、Sgさんの一行。驚いたことにNyさんがザックを忘れてきてしまいお弁当がない。Unさんからザックを借りて水と食べ物を分けて貰う。山男にしては珍しい。
谷川岳ロープウェイが天神平に向かって伸びている。
IMG_3528sdfsfd.jpg
これには乗らず、散策路を行く。車は通行禁止。自転車を抱えた小さな男を連れた家族と前後。脇に残雪が残ってる。
IMG_3532nm,nm
途中、蛇が出てきた。最初はじっとしてたが、急に動き出して女性から悲鳴が上がる。
IMG_3533bnmmnb.jpg
きくざきいちげ?
IMG_3540sfdsdf.jpg
残雪の沢からの滝。
IMG_3549ghjjh.jpg
前を行く女性たちが立ち止まって写真を撮ってる。イワウチワと教えて貰う。
IMG_3577ertet.jpg
お馴染みのショウジョウバカマ。
IMG_3550xvvcx.jpg
マチガ沢出合に到着。
IMG_3555dgfdg.jpg
Kbさんはここでスキーの合宿をしたり、神奈川県大会のアルペンの競技会に出たと言う。3位に入ったと懐かしそうに話す。あのS字ですよと指さす。急傾斜で怖そう。凄いなあと感心。
右側が谷川岳の谷川岳トマノ耳1963m。
IMG_3570vbvn.jpg
沢から流れる渓流。
IMG_3571cvbvb.jpg
しばし休息して楽しんだ後出発。新緑が美しい。
IMG_3573fgghf.jpg
一ノ倉沢出合に到着。
IMG_3579hgjh.jpg
素晴らしい景観に圧倒される。残雪が深い。
IMG_3585gjjh.jpg
左に谷川岳オキノ耳1977m、右には1974mの一ノ倉岳が目の前に迫り、迫力そのもの。
IMG_3591asd.jpg
「一ノ倉沢などの谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに数えられ、ロッククライミングのメッカとなっている。」
ここで昼食。握り飯が美味くてあっという間に平らげる。朝食をしっかり取ったのに良く入る。
山岳警備隊の二人がやって来る。
IMG_3598ghjhj.jpg
Unさん、Nyさんらが話を聞く。一ノ倉沢の岩登りは、今は岩が浮いていて危険なので調べている。ロッククライマーは減ってると残念そうに話す。以前は行列が出来るほどだったとか。
IMG_3601dsff.jpg
あんな急なところを登るのは大変だ。Nyさんは以前登ったことがある。
IMG_3612ghjjh.jpg
小さな滝が望遠で見える。
IMG_3617bnnb.jpg
それにして凄い残雪。
IMG_3626ghjhj.jpg
残雪の上に登って写真を撮っていたが、ここは雪崩の後とNyさんが言う。
IMG_3631gfgh.jpg
堪能した。残雪、新緑、岩のコントラストにうっとりする。
名残惜しいが引き返す。
また女性たちが写真を撮ってる。珍しい**と聞いたが忘れてしまった。
IMG_3633xcvvcx.jpg
この黄色い花もわからない。
IMG_3639xcvc.jpg
4時間弱の散策だったが、新緑の中実に気持ち良かった。Nyさんに感謝。
駐車場で皆とお別れ。Nyさんの車で上毛高原駅まで乗せて貰う。
楽しかった。
帰ってから、Sさんに報告。行けなかったのを残念がってる。筍を早速煮て貰う。実に美味い。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/733-e4dea9c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR