FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

棒ノ折山(棒ノ嶺)

ウィークデーYY会。この前、西沢渓谷をドタキャンしたYkさんのため?にImリーダーにお願いして開催してもらった。初参加のNkさん、車を出してくれたMzさんが参加。当初、黒山三滝、顔振峠の予定だったが紅葉がまだと言う事で、棒ノ折山(棒ノ嶺)に変更。棒ノ折山(969m)は、埼玉県の飯能市と東京都の奥多摩町の境にある。以前登ったことがあるでしょうとImさんに言われたが思い出せない。(後で調べたら7年前にImさん、Ogさん、Nhさん、Kzさんで登っていた。)天気はまあまあ。
Mzさんの車が渋滞にはまって少し遅れて到着。出発。私にとって今年最後の山。
途中コンビニで昼飯を買う。Mzさんは朝早かったので、ここで朝食を取る。何時もご苦労さん。順調に進み、次第に山らしくなってくる。2年ぶりくらいのYkさんがいい景色だと喜ぶ。
名栗湖(有間ダム)に到着。
001rtet.jpg
車を止めて登山口に到着。
002tryr.jpg
道しるべに棒ノ嶺と書いてあるが、棒ノ折山のこと。いくつか呼び名がある。棒ノ折山が正式名称だが、畠山重忠が登った時、杖が折れた事から付いた名前らしい。
先頭はIwリーダーに歩いてもらい、Ykさんに言われて最後尾を歩く。Iwさん、Ykさん、Mzさん、Nkさん、私の順。
スタートからしばらくは杉や檜の林が続く。綺麗に手入れされているが密集しすぎてると誰かが言う。
032ete.jpg
白谷沢に出る。気持ちが良い。この景色は記憶がある。
010dfssdf.jpg
沢登り。少し急なところがあるが、Ykさんが悲鳴を上げずに登っていく。
014cbc.jpg
渓流を渡ったり、岩の上をよじ登ったり、汗ばんできた。
016dg.jpg
40分位ごとに休憩。白孔雀の滝の上側。
018dfgdg.jpg
標高差600mは結構ある。階段が続く。
林道大名栗線。ほっとする道。
028hfgh.jpg
岩茸石に着いたが止まらずに通過。帰りはここから河又に降りて温泉に入るとImリーダーが言う。
黄色い紅葉が多いが、真っ赤なのがあった。
035sdfs.jpg
赤い実。
036xcvxc.jpg
丸太の急階段が続く。歩幅が合わず疲れる。脇を歩く。
076sdfdf.jpg
ようやくゴンジリ峠に到着。
039zxc.jpg
見晴らしが良い。Ykさんが休みたそうだが、後少しと言う事で通過。
040fdgfd.jpg
イロハカエデの看板がある。「カエデはカエルの手に似た葉の形に由来し、イロハは葉の葉片をイロハニホヘトと七つ数えられたところからついたと言われている。」
041xcvvc.jpg
047cvbvc.jpg
頂上に到着。
058xczxc.jpg
見晴らしが良い。
053zxczxc.jpg
055xzc.jpg
ここでお弁当。皆よく頑張った。Ykさんが強くなったのと、初参加のNkさんが健脚。
スカイツリーが見えると言うので指差すほうを見るとかすかに見える。
063dfgfd.jpg
周りの山々を観察。看板があるので山の名を確かめる。
大待山、武甲山。
066fdgf.jpg
谷川岳、朝日岳が遠くに見える。
069fdsfds.jpg
日光白根山、男体山の遠望。
075dd.jpg
市街地の向こうに筑波山。
073czx.jpg
じっとしてると寒いので出発。下りは先頭を歩かせてもらう。スキーの鍛錬のつもりで早足。登りに苦労した階段が丁度、歩幅があってぽんぽん降りる。皆を離したので、岩茸石で待つ。
077sadsad.jpg
登りと違う道で川又の温泉に降りる。小休止して出発。
途中で、Ykさんがあれを見てと指差す。迷彩服に身を固めた自衛隊員。
082ui.jpg
斥候らしき二人に後に十数名の小隊が続く。銃を持ち重装備で40~50kはありそう。たくましい。ご苦労さんと声をかけ、こんにちはと返事を貰う。隊長は軽装備。
下りは脱兎のごとし。気持ち良い。足も持った。
紅葉が綺麗。
088xzcx.jpg
川辺まで降りたので待っていると、Nkさんが現れ、着替えを始める。その内、次々と現れる。Imさんに早いですねえと言われ、少し鼻がうごめく。
温泉場に行くのに少し登り。桜が咲いている。ススキと奇妙な取り合わせ。
095zxczc.jpg
102yiui.jpg
自衛隊の車両。さっきの隊員たちのだろう。
100xzcz.jpg
ピラカンサ。
099zxc.jpg
最後に紅葉を楽しむ。
101sad.jpg
MzさんとImさんはここから車の置いてあるところまで戻る。我々3人は楽させてもらい温泉に入る。
登山客で結構混んでいる。露天風呂で生きた心地がする。
着替えていたら、MzさんとYkさんが戻ってきた。
上がって麦酒で乾杯。Nkさんが買ってきた鱒が美味い。Ykさんはヘロヘロになったと言うが、以前よりジムで鍛えているだけのことはあり強い。Nkさんは聞いたら高校時代山岳部。来年は南アルプス一緒しようと誘いかける。Imさんは、今回は運転でないので麦酒飲んでる。Imさんのおかげでいろんな山に登れて幸せ。Mzさんは何時も車の運転ご苦労さん。好きだと言うが、朝早くから出てきて山登って運転するのは大変。以前より格段と粘り強くなった。山の話やら、わいわいと話しているうちに、周りに誰もいなくなり、帰ることに。帰りは、ずっと寝ていた。Ykさんのおしゃべりが耳に心地よい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/563-f5cb4c3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR