FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

大門句会

大門句会が昼からあるので、起きた途端から苦吟。うんうんうなってSさんにご飯よと呼ばれてやっと一時休止。ジュースを大慌てで作り、食事もそこそこ机の前に座る。兼題は「干柿」「釣瓶落し」「木の実」。いろんな情景が目に浮かぶが句として表現できない。午前中かかってやっとSさんに見せる。Sさんは出かける準備をして待っており、あわただしく選句。私の気に入った句が選ばれない。ちなみに下記の句。
干柿の平たき種をぐにやり噛み
草踏みて草の実つけて山降る
掃除してお茶飲む間にも木の実降る
鳥帰る釣瓶落しの日を追いて
選句してもらった句をノートに書き込んで出かける。今回から働いている方を考慮して日曜日開催となる。
近所の紫式部。我が家の紫式部はゴーヤに覆われて実が余りつかなかった。
IMG_8984qwe.jpg
ハナスベリヒユ(花滑ひゆ)。
IMG_8985dsfsdf.jpg
チロリアン・ランプ。
IMG_8986qw.jpg
お店は日曜なので2時半から開店。15分前についたら、店の前で皆が待っている。あゆか先生、遊介さんなど。店に下りたら丁度電気をつけたあたり。入っていいですかと聞いたら一瞬間をおいて了解してくれた。皆を呼び込んで店に入る。あゆか先生、遊介さん、はなさん、さらさん、遊介さんが連れてきた新しく入られる方。しばらしたら幹事の三四郎さん、久しぶり参加の勝山さんが現れる。勝山さんは、仕事で忙しくて参加できなかったが、投句とか勉強会には参加していた。新しく入った方の俳号は、その場で決める。糸さん。何時も参加の馬空さんは競馬でお休み。投句は馬空さん、あかねさん、蒼月さん、まーゆさん。
先生は本来は小雪先生のはずだったが、病気で欠席。急遽あゆか先生に来てもらう。
句を記入して選句が始まる。麦酒を飲みながら行うので忙しい。糸さんはまだ句を始めたのが浅いらしくて、説明を聞きながら行う。食事しながらにちょっと戸惑ってるみたい。食事しながらお酒のみながらが、大門句会の伝統。
私の句はこのところ不調。
踏む草も秋の匂いや山の道  光
あゆか先生、遊介選句。⇒自然、素直。草を踏んでる感触もしなやかになり秋の気配を感じてる。:この頃の山道は夏の猛々しさがなくなって優しい感じがする。素直と何時も言われるが、素直ばかりじゃいけないみたいだが、単純なのでそのままにしか詠めない。
民宿の屋根にぱらぱら木の実落つ  光
あゆか先生選句。⇒素直。木の実はうるさいくらいに落ちる。:実際は山小屋での情景。最初は何か分からなかった。
渋柿の渋みはどこへ吊し柿  光
選句されず。当たり前すぎた。
日を浴びて渋みを飛ばす吊し柿  も作ったがこちらも平凡。
影長き釣瓶落しのパットかな  光
選句されず。パットはゴルフのパットのつもりだったが分からなかったみたい。皆に分かる句で無いといけないところもあり難しい。
早足の釣瓶落しの下り坂  光
選句されず。早足の釣瓶落としは当たり前。釣瓶落しの中、山道を急ぎ降りる様を詠みたかったが上手く詠めず。

あゆか先生特選。
武者窓に釣瓶落しの烏城  さら
あゆか先生特選⇒真黒な烏城の絵が浮かんでくる。烏城は松本城。
落人の踏みし間道木の実落つ  三四郎
あゆか先生特選、さら、光選。
あゆか先生の句。
柿吊つてしばし土蔵のはなやげり  あゆか
遊介特選、勝山、三四郎、光選。⇒三四郎さんから「しばし」は取ったほうが良いと指摘あり。具体的なことのほうが良いと。あゆか先生が推敲すると答える。
鳥声の渦なすつるべ落しかな  あゆか
三四郎、勝山、はな選。
蓮の実の飛んでまじかに小学校  あゆか
三四郎、はな選⇒「まじか」は「まぢか」。蓮の実飛ぶが季語。蓮の実が飛ぶとは知らなかった。
他の句。
人形に木の実抱かせて小さき手  あかね
三四郎、遊介、光選⇒可愛い。リズムが良い。あかねさんは4句投句だが全て選句された。好調。
木の実落つモンマルトルの似顔絵屋  三四郎
あゆか先生選、光選。⇒三四郎さんが詠んだ句と分かると皆が一斉にらしくないと騒ぐ。神楽坂があってる。
病む犬にまかせて歩く秋の暮  勝山
遊介、さら、はな選⇒犬好きの勝山さんの面目躍如。実際にお金をかけて治療中。
リキュールの瓶に沈みし木の実かな  まーゆ
あゆか先生選、糸選。⇒「木の実」は果樹の実は除く。かし、くぬぎなどの実をさす。

あゆか先生と三四郎さんが、句会仲間に愛妻家が居て奥さんの句を必ず詠むと言う。私も詠んだらどうかと言われ、詠んでもSさんの選句で落されると答える。Sさんに内緒で出したらとかわいわい。
実に楽しかった。苦吟するだけの事はある。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/527-dc0a7e6b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR