FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

北岳

北岳山荘で5時前に起床。眠り始めは寒かったが、次第に毛布の暖かさに包まれてぐっすり眠る。
6時に朝食。相変わらず食欲が無い。無理して詰め込む。Mnさんは昨日転んだ膝も回復したようだ。顎の絆創膏も見慣れると貫禄がある。
6時半に北岳山荘出発。氷点下ではないようだ。防寒は完全なので、これくらいの寒さは平気。
遠方に高い山が見えるが北アルプスか中央アルプスか分からない。
IMG_8649fsdsdf.jpg
登り始めて北岳山荘が下になる。向こうに昨日登った間ノ岳が見える。
IMG_8652dfg.jpg
快調に登る。Fjさん先頭、次が私。続いてImさん。後は、Hrさん、Kbさん、後ろはMnさん、Skさんが固める。この二人は健脚で荷物も重い。Fjさんの歩くペースは同じペースでなので、後ろを歩くのは楽。
北岳の山頂が見える。あれを登るのか、きつそう。北岳山荘からの標高差は310mくらいでたいしたこと無いが、傾斜がきつい。
IMG_8654dfssdf.jpg
吊尾根分岐に来る。昨日までぴったりつけてきたHrさんが遅れて後続部隊に吸収される。かなりばてたようだ。おーい頑張れよ。
IMG_8661khj.jpg
あの向こうが頂上かな。
IMG_8663wqewqe.jpg
最後の登りは急だ。
IMG_8671terert.jpg
頂上間近。良く登ったものだ。後ろは間ノ岳、農鳥岳、塩見岳。
IMG_8673aa.jpg
頂上に着く。北岳3193m。日本二番目の高さ。7時55分。北岳山荘から1時間25分。まずまずのペース。
IMG_8674dsf.jpg
晴れていて360度の景観は素晴らしい。感動。
IMG_8675dsfsdf.jpg
仙丈ケ岳。3032.7m。
IMG_8683wqew.jpg
甲斐駒ケ岳。2967m。
IMG_8677weqweq.jpg
仲間と健闘をたたえあう。残念ながらMnさんのコーヒーはない。Hrさん、Kbさんは20数年ぶりの登山に良く付き合ってくれた。
IMG_8682wqew.jpg
山の素晴らしさは何かとコーラス仲間に聞かれたので、達成感、仲間意識の高揚、景色の素晴らしさと答えた。正直言葉では言い尽くせない。
鳳凰三山。
IMG_8688hhwqewe.jpg
間ノ岳、農鳥岳、塩見岳。
IMG_8685asasd.jpg
北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳なども遠望できる。富士山は頭だけちらと見える。
たっぷり楽しんで、降りに入る。8時15分出発。
下に肩の小屋が見える。向こうは小太郎山、甲斐駒ケ岳。
IMG_8689yt.jpg
肩の小屋に到着。Skさんが北岳のバッジを買う。私は昨夜、北岳山荘で、北岳、間ノ岳、農鳥岳のピンバッジを買ったが、Skさんから登ってない山のピンバッジを買うのはおかしいと詰問される。困っていたら、店員が、(山が)見えれば買ってもいいんですよと言ってくれて窮地を脱した。
IMG_8691Zzx.jpg
降りる途中に鳳凰三山が良く見える。
IMG_8692qwewq.jpg
甲斐駒も良く見えるのでついパチリ。
IMG_8694weqqw.jpg
仙丈ケ岳。
IMG_8696asas.jpg
急坂を延々と降りる。
IMG_8698wqweq.jpg
ジグザグの林の道に入ると黄色い紅葉が目に付く。
IMG_8700sadas.jpg
赤い紅葉も混じっている。
IMG_8704sdf.jpg
草紅葉。
IMG_8709wqwq.jpg
嫌になってしまうくらい延々と降りる。捻挫した左足が時々、痛む。また捻挫すると大変なので、左足を下ろす時は慎重。
白根御池に到着。10時半。北岳山頂から標高差、960m余りを一気に降りた。2時間15分。足が痛い。ばねがなくなってきた。
IMG_8714qwqw.jpg
ここで昼食。残りの非常食のビスケットや缶詰を食べる。お茶が美味い。
11時に出発。広河原まで延々と退屈な道を降りる。ばねがなくなってるので、ううかりすると滑って転ぶ。何とか13時に広河原に到着。2時間かかる。全工程終了。今日は休憩含めて、6時間半歩いた。初日が2時間、二日目9時間10分。まあ良く登った。
ここで中部組とお別れ。また来年一緒に登ろうと約束。今度は荒川三山に登りたいと言っておく。4日間かかりますよとFjさんに言われるが、登りたい。現役組に休みを二日取ってくれと懇願。
13時半に乗り合いタクシーが来たのでMnさん、Skさんと乗る。
夜叉神峠で降りる。Mnさんが来る時に間違えて降りたところ。Mnさんの車に乗って芦別まで降りる。途中どこで間違えたか確認したが、かなり始めのところで間違えている。おしゃべりして看板を良く見なかった。
温泉に入ろうと言ったが、Mnさんは宅急便が来るといって帰っていった。
帰りはSkさんの車に乗せて貰う。Skさんとどうせなら違う温泉に入ろうと、探して**の湯に入る。(名前忘れた)。山帰りの人が一杯入っている。露天風呂で延々と山の話をしてる二人の若者がいた。聞いていて嬉しくなってしまう。ずっと聞いていたかったが、のぼせそうになったので切り上げて上がる。Skさんの女風呂も山帰りの人達がいた。外に出たら、山帰りの人を温泉に運んでいる乗り合いタクシーがいた。
高速に乗ってから、途中のパーキングエリアで夕食。今になってようやくお腹が空いてきた。登っている間は緊張してお腹が空かなかったのかも。
帰りの車中はずっと話しっぱなし。楽しい会話で眠くなる間が無い。
八王子でお別れ。
やっと家に到着。Sさんに基調報告。あんまり心配してないので、風が凄くて転落しそうになったと脅したが、やめてと言っても行くんでしょうと言われてしまう。
今回の南アルプスは自信が無かったが、すっかり自信がついた。来年もまた登ろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/514-6ee3593a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR