FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

六月の寅さん渡る矢切かな

6月10日。
雨降りでおまけに小寒い。外出は控えたが、Sさんは元気にジムに行く。
大門句会勉強会その316の三四郎さんの句評を見る。
兼題は蒼月さん出題の「六月」。

◇光

六月の寅さん渡る矢切かな

六月や妊婦と語るお昼時

⇒両句とも脱力系というかぼんやりした感じがいいですね。だた、両句とも「六月」があまり効いていない。

矢切は千葉県の地名だがここでは矢切の渡しのこと。「フーテンの寅」で一躍有名になった。その渡し舟に寅さんがのんびりと乗っている。雨もよいだがまだ降っていないのだろう。

お腹の大きな人が公園のベンチかなにかに座っていたのだろうか。散歩途中に話しかけた。

蒼月さん選。

六月の寅さん渡る矢切かな
雨の矢切の渡しを渡る寅さん。独り傘をさして寂しげである。川面も雨に打たれている。晴れ渡った空では哀愁の寅さんには似合わない。

:この前のYMS温泉会で行った矢切の渡しと帝釈天から寅さんのイメージが強烈で詠んでみた。

これはおめでた間近の妊婦さんと会った時の情景を詠んでみた。

大学の友人のOjさんの奥さんが俳人なので指導添削をお願いした。

六月の寅さん渡る矢切かな

季語が効いていません。(「六月」と続く言葉との必然性が有りません)

固有名詞の使い方には注意が必要です。(固有名詞を使う必然性が必要です)

敢えて詠み替えるとするならば、左記が良いでしょう。

寅さんと待つ六月の渡し船

六月や妊婦と語るお昼時

お嬢さんかお嫁さんかと一緒に取る昼食を詠んだ句と想像しますが、

俳句は全部を言い尽くさないで想像させるだけの方が良いのです。

敢えて詠み替えるとするならば、左記が良いでしょう。

六月や娘と雨音聞きながら (お嫁さんと一緒なら娘を嫁に入れ替える)

大変参考となった。少し私にはレベルが高いと思い同人への参加は見合わせた。

大門句会でのんびり読んでいたい。

雨の庭。

IMG_4622aaa.jpg

アルペンブルー。

IMG_4625aaa_201906180805353e1.jpg

Sさんが欅の樹をかなり剪定。

IMG_4626aaa_20190618080537573.jpg

カポック。

IMG_4627aaa.jpg

アスチルベ。

IMG_4629aaa_20190618080540e02.jpg

部屋の珈琲の木。

IMG_4630aaa.jpg

胡蝶蘭。

IMG_4631aaa_2019061808054660a.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/3443-a3b37a5f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR