FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

合宿の鼾の中の夏蒲団

6月3日。
1日の土曜日は最悪の日だった。大坂なおみが破れ、慶応が早稲田に負け、阪神が広島に負けると言う日。
2日の日曜日は慶応が早稲田に勝ち、阪神が勝って一息つく。
3日は慶応の応援に神宮に行こうと思ったが何だか体がだるくてPCで慶応を応援。ようやく勝って2位。優勝候補だったので残念だが、秋につなげた。応援に行ってるMkさんと喜び合う。
大門句会勉強会その315の三四郎さんの句評を見る。
兼題は勝山さん出題の「夏蒲団」。

◇光

合宿の鼾の中の夏蒲団

夏蒲団友と一晩語り合う

⇒なにかの運動部の合宿でしょうか。昼間の猛練習にくたくたになった夜はすさまじい鼾の合唱です。

こちらは二人か少人数の夜ですね。一晩語りあったのだから蒲団に入ったままではないでしょうね。蒲団の上で座り込んで朝まで、若い仲間です、語りたいことは山ほどある。

野里子さん選。

合宿の鼾の中の夏蒲団
スポーツばかりではなく、合唱団でも合宿はやった。鼾や歯軋りで眠れなかったことを思い出した。
:コーラスの水曜会の合宿で耳栓をしたがそれでも漏れてくる大鼾に閉口した。

夏蒲団の上に座って友と語り明かした懐かしい思い出。

私の選句。

◇馬空

早朝の二度寝は至福夏布団

⇒夏とはいえ、まだ朝夕は涼しい時期です。夏蒲団を被り直して二度寝。気持ちいいですね。

:これぞ極楽極楽。

◇野里子

銘仙をほどき孫への夏蒲団

⇒銘仙は座布団や夜具などに使う生地だが、これは着物をほどいて夏蒲団に仕立て直しているのでしょう。愛情が感じられます。

:優しいおばあちゃん。

◇はな

大の字の夫に夏掛けかけもして

⇒大の字でがーがー寝ている夫に夏掛けをかけてあげた。まるで大きな子供ですね。

:良くSさんがしてくれている。

◇遊介

朝方は兄と取り合ふ夏蒲団

⇒兄弟で一緒に寝ていたころの思い出でしょう。寝るときは暑苦しいが朝方は涼しくて蒲団がほしくなる。

:一人っ子なのでこういう思いではないが、よくわかるなあ。

庭の水盤に来たシジュウカラ。

IMG_3920aaa_20190610112137222.jpgIMG_3921aaa_20190610112138c6c.jpgIMG_3922aaa_2019061011214058d.jpg

庭のアスチルベ。

IMG_3930aaa.jpg

ラベンダー。

IMG_3931aaa.jpg

アマリリス。

IMG_3933aaa_201906101121446cc.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/3435-c4c50a90

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR