FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

星月夜ずつと隠れし秘密基地

10月22日。
大門句会勉強会その294の三四郎さんの句評を見る。
兼題は糸さん出題の「星月夜」。

◇光

星月夜ずつと隠れし秘密基地

黒猫のきらきらの眼や星月夜

⇒子供のころの思い出か。夜にかくれんぼはしないだろうから、叱られてプチ家出をして秘密基地に潜んでいるのだろうか。ふっと上を見れば星月夜。そろそろ帰ろうかな。

黒猫は塀の上かあるいは植え込みの隅っこか、明るい星月夜だが黒猫だからそこだけ闇のかたまりのよう。眼だけがきらきら光っている。

:秘密基地を子供の頃、隣のお姉さんと作った。お姉さんはあまり使わなかったが、私は気に入って星月夜が出る遅くまでじっと隠れていた。

黒猫は金色の眼が光る。星月夜には特に光って驚かされる。

私の気に入ったく。

◇馬空

恋人が居ればと思ふ星月夜

⇒こんな澄んだ夜空をながめるのは一人でもいいが、恋人と一緒だったらロマンチックな時間が過ごせそうな気がする。今は恋人はいないけど。

:恋人がいたら星月夜はロマンチックだろうと思ったころもあった。

◇蒼月

リュウグウは何処におはす星月夜

⇒リュウグウとははやぶさ2が到着した小惑星ですね。サンプルリターンは来年になったそうですが成功してほしいものです。もちろん小さすぎて地球からは見えないけど、どの方向だろうかと星空をながめている。「おはす」という敬語が面白い。

:リュウグウを取り上げたのは面白い。

◇糸

星月夜野外ライブのハープの音

⇒いいですねえ。野外ステージでのライブ。かき鳴らされるハープ。空は満天の星。

:ハープの音と星月夜があっている。

◇遊介

星月夜人気わずかな測候所

⇒気象の観測を行うのが測候所だがほとんど自動記録だろうからいるのはオペレーターくらい。星月夜の下で黙々と観測を続けている。今日は星月夜だったと作業日誌に書くのかな。

:星月夜と測候所の組み合わせが面白い。

◇三四郎

火祭の果てたる鞍馬星月夜

:火祭りの終わった鞍馬には星月夜が良く似合う。

庭の水盤にメジロと雀がやって来た。

IMG_3743aaa_20181024224002b17.jpg 

雀が独占。

IMG_3748aaa_201810242240030c5.jpg 

気持ちよさそう。

IMG_3750aaa.jpg 

水ばちゃばちゃ。

IMG_3752aaa.jpg 

メジロがまたやって来た。

IMG_3754aaa_20181024224008b40.jpg 

雀が占有してメジロは中に入れない。

IMG_3755aaa.jpg 

メジロが去り、雀が三羽。

IMG_3757aaa.jpg 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/3174-3ecc83f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR