FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

夜業終え一気に駆け込む終電車

10月10日。
リウマチの定期診察に行く。
主治医は相変わらず混んでいる。尿検査でトイレに入ったら、お爺さんが出たよーと奥さんを呼んでる。奥さんは男子トイレに入るんだからそんなに大きな声で何度も呼ばないのと言ってる。
やっと順番が来た。
右手に続いて左手も痛くなってきたと訴えたが、血液検査と触診から今までと薬の変更はない。
モロッコに旅行に行くと言ったら、免疫を抑える薬を飲んでるので、感染すると重症になると言われ、水と食べ物は日本から持っていったらどうかと言われた。水はミネラルウォーターで良いが食べ物は帰ってSさんと相談する。
帰り道の日日草。
IMG_3421aaa.jpg 
メキシカンセージ。
IMG_3423aaa_201810160730350a9.jpg 
庭のムベの実。一杯食べれそう。
IMG_3425aaa_20181016073037abf.jpg 
コバノランタナ。
IMG_3417aaa_2018101607303880e.jpg 
ヒメツルニチニチソウが一輪咲いた。
IMG_3426aaa.jpg 
オキザリスフラバ。
IMG_3428aaa.jpg 
ホトトギス。
IMG_3434aaa.jpg 
ピラカンサの実。
IMG_3435aaa.jpg 
大門句会勉強会その293の三四郎さんの句評を見る。
兼題はさらさん出題の「夜なべ」。

◇光

夜業終え一気に駆け込む終電車

夜なべする祖母の語りに耳すませ

⇒ぎりぎり終電車に間に合った。このところ終電が続いている。このままでは俺も過労死かな。周りには同じように疲れた顔が並んでいる。

繕い物かなにかしている祖母のそばに座って昔話を聞いている。静かな秋の夜長だ。
はなさん選。

夜業終え一気に駆け込む終電車

 1、2時間で済む仕事ではなく終電車に駆け込むまでの仕事、あと何時間かでまた出勤、仕事漬の時もありました。

遊介さん選。

夜なべする祖母の語りに耳すませ

→ 子供にとってはこんな時間が大切です。穏やかな秋の夜です。

:夜業終えは現役の頃、盛んに経験した。高度成長時代の青春。

祖母の語りは、実家の祖母が幼き頃、夜なべするそばで寝転んで昔の話を良く聞かせてくれた。

私の選句。

◇遊介

夜仕事耳を塞ぎし風の音

⇒強い風が吹いてひゅうひゅう鳴っている。時おり窓をたたく音も。気になって夜なべ仕事に身が入らない。

:昔のつつましい生活を思い出す。

◇はな

編み込みの段数かぞへ夜なべかな

⇒編み物ですね。恋人のため? 子供のため? 背中を丸めて段数を数えている。

:Sさんが良くやっている。

◇勝山

三人で夜なべで作る同人誌

⇒同人誌を手作り。まさかガリ版ではないでしょうが、分担しながらパソコンで原稿を打ち込んでいるのでしょう。「三人で」ということから自ずと同人の規模も想像がつく。

:似たようなことをしたことがある。

◇三四郎

「かあさんが・・」夜業の人の口ずさむ

:こういう詠み方もあるんだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/3162-412b4381

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR