FC2ブログ

2018-10

Latest Entries

孫去りて一息つきし新茶かな

5月14日。
Kmさんのお見舞いに行ったと同じ病院で泌尿器科の定期健診。
数年前に前立腺の手術をHr先生に執刀してもらい、その後年一回の定期診断が続いてる。
前回は2時間近く待ったので覚悟してたが、今回はすぐに呼ばれた。
久しぶりにHr先生の診察と血液検査。少し尿漏れ気味になったが、あまり問題視されなかった。
待合室の鯉のぼり。
IMG_8602aaa.jpg 
帰り道のマツバギク。
IMG_8603aaa_201805151254488db.jpg 
庭のアマリリスが咲きだす。
IMG_8606aaa_20180515125449248.jpg 
百合も咲きだした。
IMG_8607aaa.jpg 

IMG_8608aaa.jpg 
歌の練習。
木下牧子作曲「ティオの夜の旅」どっと疲れた。
大門句会勉強会その278の三四郎さんの句評を見る。
兼題はあかねさん出題の「新茶」。

◇光

孫去りて一息つきし新茶かな

朝餉より会話の弾む新茶かな

⇒孫の一家が遊びに来ていた。孫の相手は楽しいけれど一日やっているとやはり疲れる。やっと帰ってくれて新茶で一息。ほっとしますね。

今日はいい天気だからどこかに行こうか、という話題でしょうか。それとも、これはどこのお茶? 狭山茶よ。というような会話でしょうか。新茶がいいわき役です。

野里子さん選。

孫去りて一息つきし新茶かな
朝餉より会話の弾む新茶かな
→二句共に、さりげない日常生活のひとこまを切り取っています。
勝山さん選。

孫去りて一息つきし新茶かな

→喧騒が去った後の一服だ。実体験なのかも。

あかねさん選。

孫去りて一息つきし新茶かな

→孫が去ってほっとして、そうだゆっくりと新茶でも味わいたいと思って何気ない日常の幸せな姿が羨ましいです。

 :孫の句はどうも平凡になってしまうが、詠むとにやにやして孫の写真を見てしまう。

Sさんとは朝餉より会話が弾むが、新茶の時は特に美味しいでしょうとか促される。

私の選句。

◇野里子

新茶揉む父の分厚き掌

⇒自家栽培のお茶でしょうね。熱い鉄板の上で炒り手でよく揉んでまた炒って揉む。力のいる作業です。手間をかけた茶葉で淹れた新茶の味は格別!

:こういう風景には出会ったことはないが、分厚き掌がすべてを語ってる。

 ◇遊介

黒足袋の店主が計る新茶かな

⇒黒足袋からは和服だけど仕事着という感じがします。商売熱心な店主が新茶を計り売りで売ってくれる。きっと美味しいだろうという信頼感がありますね。

:黒足袋とは良くぞ詠んだ。

◇勝山

新茶だと言ひ当てし子のしたり顔

⇒黙ってお茶を淹れて飲ましたら、あっ、これは新茶だねとあてられてしまった。我が子ながらなかなか舌が肥えている。

:凄い子だね。したり顔が面白い。

あかね

今年から嫁も加わる新茶摘み

⇒お茶農家でしょうか。今年は息子が結婚して茶摘みに嫁も仲間入り。これくらいの新芽をこうして摘むの、と教えている。新茶は今年初めて摘んだ芽で製した茶のことだから新茶摘みは間違った語法だと思うけど使われていますね。正しくは一番茶です。

:一番茶とは確かに聞いたことがある。

◇三四郎

しがらみを次々捨てて古茶新茶

:人生こうありたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/3007-0de53187

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR