FC2ブログ

2018-08

Latest Entries

寄居虫も大学生も宿探し

4月9日。
接骨医に出かける。
矢上川の菜の花と鯉。
IMG_7251aaa.jpg 
鯉は恋の季節。
IMG_7258aaa.jpg 
接骨医でマッサージと鍼治療。左側の肩の方が良くなりつつあるとのこと。
帰り道の矢上川でシラサギがいる。
IMG_7272aaa.jpg 
川岸の菜の花。
IMG_7274aaa_20180422123918c85.jpg 
この時期、鯉の群れが一杯。
IMG_7276aaa.jpg 
カルガモはお休み。
IMG_7277aaa.jpg 
日吉公園通過。勿忘草かな。
IMG_7281aaa.jpg 
八重桜。
IMG_7282aaa_2018042212392409e.jpg 
ツツジ。
IMG_7287aaa.jpg 
ネモフィラ。
IMG_7284aaa_20180422123927eb0.jpg 
帰ってから、大門句会勉強会その275の三四郎さんの句評を見る。
兼題は糸さん出題の「寄居虫」。

 ◇光

昼間から動くはがうなばかりなり

寄居虫も大学生も宿探し

⇒砂浜にごそごそ動きまわっているのをみるとどれも寄居虫だった。「昼間から」ということは夜はもっと動くものが多いということですか。反対のような気がしますが。

他の皆さんの句もそうですが、寄居虫からはまず「宿」「家」「引っ越し」を連想しますね。ということは、これらの取り合わせはつき過ぎということです。

あかねさん選。

寄居虫も大学生も宿探し

同じ頃宿探しになる時期ですね。大学生さんも親子で探した家から

大学から離れて一人前のつもりで家探しますから面白いです。

:ネットで調べたら「海岸での観察においては、目につく場所で動いている貝はほとんどがヤドカリ入りである。これは生きている貝が物陰に隠れている事が多いからでもあるが、ヤドカリが常に「住宅難」に晒されているためでもある。」とあったので詠んでみた。

後句はつきすぎと思いましたが、4月はこの近所でも宿探しする大学生が多いので詠んでみました。

私の選句。

◇野里子

寄居虫や単身赴任早や五年

⇒単身赴任先の休日に海岸に来て寄居虫を見つけたのでしょうか。おまえも一人暮らしだなあ、なんて。

:なんとなく侘しい雰囲気が伝わってくる。

◇あかね

寄居虫や住む人変わる隣家かな

⇒引っ越しをする人ではなく隣家の立場から詠んでいます。寄居虫の貝殻もそんな気分でしょうか。

:寄居虫は大きくなると、貝殻を出て一回り大きい貝殻に入る。空いた隣家はすぐに埋まったようだ。

◇勝山

寄居虫や貝から出れば柳腰

花冷えの倉庫の壁にCの文字

⇒寄居虫の腹部は巻貝の形にあわせて柔らかい螺旋状だそうですね。柳腰とは言い得て妙。

:柳腰とは良くぞ詠んだり。

◇遊介

寄居虫の歩調何気に三拍子

⇒寄居虫がワルツのように三歩進んでとまりまた三歩進んで止まりを繰り返している。確かにこんなふうに歩いていますね。あれば餌を探しながら歩いているのでしょうか。よく見ている。

:観察が鋭い。

◇三四郎

寄居虫や浜に帽子の忘れもの

:寄居虫の貝と帽子の対比が面白い。

今回の兼題は難しかった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/2972-71a36f05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR