FC2ブログ

2019-10

Latest Entries

真珠の耳飾りの少女

3月23日。
アムステルダムを出発し、ハーグへ向かう。
騎士の館と呼ばれる。
IMG_6032aaa.jpg 
マウリッツハウス王立美術館。
IMG_6041aaa_201804052219259d9.jpg 
中に入る。
IMG_6044aaa.jpg 
ヘンドリック・アーフェルカンプ 「氷上の遊び」。
IMG_6054aaa.jpg 
ピーテル・パウル・ルーベンス とヤン・ブリューゲル (父)「楽園のアダムとイブ」。
IMG_6060aaa.jpg 
画廊の絵が流行ったらしい。
IMG_6063aaa.jpg 
ルーベンス。
IMG_6070aaa.jpg 
ルーベンス 「老婆と少年」。
IMG_6072aaa.jpg 
部屋を次々と回る。
IMG_6074aaajpg.jpg 
レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」。レンブラントの初期の作品。
IMG_6078aaa.jpg 

IMG_6079aaa.jpg 
レンブラントの「アンドロメダ」。
IMG_6080aaa.jpg 
レンブラント「自画像」。
IMG_6084aaa.jpg 
パウルス・ポッテルの「若い牛」。
IMG_6087aaa.jpg 
ヤン・ステーン「大人が歌えば子供が笛吹く」。
IMG_6093aaa.jpg 
カレル・ファブリティウス 「ゴシキヒワ」 。
IMG_6100aaa.jpg 
フェルメール「ディアナとニンフたち」。
IMG_6107aaa_20180405221948330.jpg 
フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。当初は有名でなかったそうだが、今やフェメールの一番人気。
IMG_6108aaa.jpg 
フェルメールの「デルフトの展望」。
IMG_6110aaa_20180405221951fb7.jpg 
ヤン・ステーンの特別展をしていた。場所がわからず添乗員に教えてもらう。
IMG_6117aaa.jpg 
堪能した。真珠の耳飾りの少女をゆっくり見られたのは嬉しかった。
(続く)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/2952-ce0ccbe3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR