FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

ぶどう摘み

部屋のシンビジューム。
IMG_1824erwre.jpg

大門句会勉強会課題の結果が三四郎さんから送られてきた。⇒の後のコメントは三四郎さんから。
今回は切字「けり」の練習。

卒業にスキー道具を仕舞いけり  光
黒ずんだ残雪踏んで登りけり  光
⇒どちらも詠嘆の「けり」で詩情を感じる句に仕上がっています。
特に残雪の句は、雪は美しいという既成概念にとらわれず「黒ずんだ」という写生が生きています。
:卒業の句は、初めは、スキーシーズンが終って、道具を仕舞う様を詠ったが、段々、思い出が募り、大学最後の猪苗代の春スキーを思い出した。もうこんな長い期間スキーには行けないなとスキー道具を仕舞った事を思い出した。
黒ずんだは、昨春の北八ヶ岳の春山を思い出した。始めは違う情景を詠ったが、歩いた時の情景が次々と眼に浮かび、この句になる。山とかスキーの句が向いている様だ。

他の方の句。
春雪に子供はしゃぎて走りけり  蒼月
⇒「けり」が適切に使われています。

春の鴨胸膨らませ進みけり  遊介
⇒春の鴨は残る鴨ともいい仲春になってもまだ北に帰らない鴨ですが、その鴨が意気揚々と胸を膨らませているのは面白い。

春霙土間にでこぼこありにけり  はな
⇒季語とそれ以外が微妙に響いています。

受験の子口をへの字で帰りけり  馬空
⇒「けり」がふさわしい。

春炬燵じんと魚の目疼きけり  勝山
⇒断定の「けり」というよりは軽い「けり」ですね。

料峭の余部鉄橋光りけり  三四郎
寒燈となりて金星かかりけり  三四郎

「でんごんばん」の記事が集まってきたので、インプットに励む。Yhさん、Fjさんは紙で貰ったのでキイ入力。
他の方は、ワードで貰っているので、文字の大きさと句読点のチェック位。

歌の練習。今日は、「街」がないので、気が楽。

水曜会に行く。
Ydさんはまだ本調子ではなく、咳をしているが、Smさんが体調不良で休みなので、バリトンのYdさんは(声を出さねばならず)大変だと言っている。
Fjさんから「でんごんばん」記事の修正版を貰う。三回目の修正。熱心なのは嬉しい。
日程表や、演奏会の役員、臨時総会、選曲委員会、アルトのマネージャーの交代、人の動き、注意事項などのチェック結果をマネージャーのHmさんから貰う。
新入団のNkさんのメルアドが判読できず、Nkさんに確認。その時、下敷に使った、Nkさんのファイルを持ってきてしまい、一瞬気が付かず。
Tsさんはオランダ演奏旅行中でお休み。

最初は「ぶどう摘み」新実徳英作曲。
この曲は、大好き。谷川雁の詩が良い。歌もそのせいかスムーズに歌える。

「風のいざない」大中恩作曲。
優しい曲が多い。
「三月」。
気持ち良く歌っていたら、先生がイメージが違う。大曲を歌っているみたいだと言われてしまう。
テナーは、早々と人が揃う。Thさん、Mtさん、Htさん、Frさん、Ksさん、Kkさん、団長と8人。
「雨と風のなかに」。
「やさしかったあなたーーーー」のソプラノが長い。息が続くように考えて吸うようにと指摘。私は気が付いたら長かったという事がたびたびで息切れしている。
「ああ、どうしよう」。
最後の「すばらしいー」のffは倍音のある音が出るようにと言われる。難しい。
「風になって」。
優しく優しく。
「さようなら秋」。
最後は自然になくなるように、ぷつんと切れるのではなくてと指摘。

休憩。
柔らかい曲が多いので、あまり疲れない。
Yhさんにインプットした原稿を渡し、チェックを頼む。
団長が、この頃、真面目なしっかりした話をする。特に「街」に関しては、選んだだけあって、指導的な話が多い。
マネージャーHmさんから、7月の演奏会の役員の発表がある。皆、直前に頼まれても快く受けている。
身内に不幸があって、休んでいたソプラノSiさんが来ている。
お土産のお菓子が一杯廻ってくる。ゴミ集めをOgさんがしている。感謝。
土曜のテナーのパート練習にKkさんが来れないか確認したが出勤かもしれない。テナーは9人出席。

「みょうが」新実徳英作曲。
速いテンポの曲。口が廻らなくなる。大きな口をあけないようにと言われる。「つくだにー」の最後の和音は大切。
「ばら・きく・なずな」。
テナーのNzさんが来る。人気者が来たと先生が言う。<>のところは、深く歌うように。「新実」記号って言っていた。

再び「ぶどう摘み」。
最後に「幸福が遠すぎたら」大仲恩作曲。

終った。
疲れはあまりないので飲み会に参加。
Fjさんに、テナーパー練の後の、Hmさん快気祝いに誘う。誰かに仲がいいわねえと言われるので、自分でも不思議だと言い返す。HtさんやMtさんと仲が良くなるのは、自分で納得できるが、Fjさんと仲良くなるのは予想外だと失礼な事を言ったが、Fjさんはニコニコ笑って軽くいなされる。
Htさんから水曜会にいるだけでいいんですと言われるので、音間違ってもいいんですねと言い返す。Ydさんが隣で歌っているけど声聞こえないよと言われてしまう。
Ydさん、Adさんから「でんごんばん」記事の申し出があったが、今月号は一杯なので、6月号にお願いする。
後は、何しゃべったかな。
帰りに先生から、テナーパー練、頑張るようにと激励。Mrさんがパー練の後のHmさん快気祝い、もしも都合がついたら参加すると言う。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/295-497e0584

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR