FC2ブログ

2019-10

Latest Entries

やみてすぐ雀にぎわし名残雪

3月11日。
Sさんと昨日の懇親会は楽しかったねと話し合う。良い仲間がいて幸せ。
庭の水仙。倒れてたのを起こした。
IMG_5157aaa.jpg 
フキノトウ。トウがたってしまった。
IMG_5159aaa.jpg 
ノースポールとハナニラ。
IMG_5160aaa.jpg 
沈丁花が香ってる。
IMG_5163aaa_20180313191242e12.jpg 
大門句会勉強会その272の三四郎さんの句評を見る。
兼題は、野里子さん出題の「雪の果」。

◇光

孫抱いてにぎにぎするや雪の果

やみてすぐ雀にぎわし名残雪

⇒「にぎにぎ」は幼児が手を握ったり開いたりすることだから、にぎにぎしているのはお孫さん? それとも孫を抱いている作者が一緒ににぎにぎしてあやしているのか。ちょっとわかりにくい。外は春の雪。

雪が止んだらすぐに雀の集団が地面に降り立ち餌を探し始めた。名残雪だからだぶん濡らしただけで積もっていないのだろう。「にぎわし」は旧かななら「にぎはし」。

蒼月さん選。

やみてすぐ雀にぎわし名残雪
子供のころはこんな光景があったような気がする。最近は雀が減ったのか、

  温暖化の影響で春の雪が減ったのかこんな風景はめったに見なくなった。

  春の訪れを感じさせる。 

:にぎにぎとは俳句では使わないがあえて使ってみた。孫のつもりだったがわかりにくかったか。

雀は雪がやんで日が差してくるとすぐに大騒ぎする。愛おしい。

私の選句。

◇糸

雪の果ピアスは真珠大粒で

⇒大粒のぼたん雪と真珠のピアスが色もよく似ていい対比です。春の雪がふる中を真珠のピアスをつけて出かけようとしているのでしょう。

:女性らしい句。

◇遊介

雪の果て乳房探りて寝る赤子

⇒暖かい布団のなかで赤ちゃんの添い寝ですね。なつかしいような甘いような時間です。外は静かな雪の夜。

:あの頃に戻りたくなる句。

◇野里子

廃校の花壇の手入れ名残雪

⇒最近廃校になったのでしょう。子供たちが残した花壇を近所の人たちが手入れを続けている。雪もこれで終り。もうすぐ花が咲く。

:この頃、地方のみならず廃校が増えている。その寂しさが詠みこまれてる。

◇夢路

道明寺求むる列や名残雪

⇒道明寺は関西風のさくら餅ですね。有名な店なんでしょう。春のおとづれの菓子に行列が出来ている。たまたまその列に春の雪。桃色の餅と雪の白が響いている。

:道明寺はさくら餅とは知らなかった。ほのぼのとした句。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/2935-64a2a42a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR