FC2ブログ

2020-02

Latest Entries

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

1月24日。
庭の雪はまだたっぷり残ってる。
IMG_3988aaa_201801292207486e6.jpg 
大門句会勉強会その266の三四郎さんの句評を見る。
兼題は勝山さん出題の「寒波」。

◇光

寒波来てモンスターとなる樹氷林

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

⇒霧粒が木の枝に氷ついたのが樹氷ですがモンスターに見える木もあったのでしょう。ただ、樹氷林とするとその林全体がモンスターばかりだったということになる。一本の木なら「寒波来てモンスターとなる樹氷かな」。

キーンと冷えた大気の中の音はするどくよく通り、聞いているほうも凍えているのでとんがったように聞こえた。

:蔵王の樹氷をイメージ。モンスターだらけなので樹氷林と詠んでみた。

凍えてると発車のベルがとんがって鋭く聞こえる。あれは温度と周波数の関係か?

馬空さん選。

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

寒波の冷気とちょっと焦りを感じる空気感が、表現出来ていると思います。ベルもが、ちょっと気になります。ベルはの方が、良いと思います。

勝山さん選。

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

ベルがとんがる。冷えた空気で高音部が鋭く聞こえるのだ。

自分の心が防御的になっているのかも。

あかねさん選。

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

<寒さの表現にとんがりぬで空気に冷たさが伝わります>

私の選句。

◇野里子

寝返りの枕の凹み寒波来る

⇒寒くてなかなか寝付かれない。そんな時に限って枕の具合がしっくりこない。

:枕の凹みと寒波との取り合わせが面白い。

◇馬空

冬一番ベッドに運ぶ母軽し

⇒冬一番は寒波来るの傍題でその冬初めての寒波のこと。外には雪が舞っているかも知れない。車いすから母親を抱いてベッドに運んだがまた軽くなっているような気がした。漠然とした不安。

:母軽し、冬一番と悲しみが伝わる。

◇あかね

子の背中さすって過ごすや寒波の夜

⇒中七が字余りです。促音「っ」も一音に数えます。「や」は省いてもいいですね。また「っ」は俳句では大文字「つ」と書いて下さい。

:子を思う母の気持ちがよくあらわされてる。

◇はな

真鍮のドアノブ磨き寒波来る

⇒真鍮のドアノブと寒波はいい取り合わせ。ただ、磨きもいいですがただ鈍く光っているという景も寒さによく合う。

:上手い取り合わせ。気がつかなかった。

◇三四郎

寒波きぬ牛の吐く息荒々し

:寒くなると牛の吐く息は白さが増して荒々しくなる。

Sさんと用事に出かける。

近所の梅が寒さの中咲いてる。

IMG_3989aaa_20180129220749acb.jpg 

自由が丘の駅は88周年だった。

IMG_3993aaa_20180129220751deb.jpg 

モンブランでお茶。

IMG_3995aaa.jpg 

甘いもの大好き。

IMG_3994aaa.jpg 

帰って、阿川佐知子の「正義のセ その3」を読む。

4月のドラマに吉高由里子主演で放映される。阿川さんも吉高さんも贔屓なので嬉しい。

IMG_3998aaa_20180129220755ab6.jpg 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/2889-b3f6590e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR