FC2ブログ

2020-02

Latest Entries

石和温泉二日目

10月19日。
石和温泉二日目。起きてすぐに温泉と岩盤浴。
朝食も豪勢。
IMG_1160aaa.jpg IMG_1161aaa.jpg IMG_1162aaa.jpg IMG_1163aaa.jpg 
雨降りなので、ラウンジで新聞を見る。
鯉が泳いでる。
IMG_1165aaa_201710251605138b8.jpg 
中庭も風情がある。
IMG_1166aaa.jpg 
嵐の湯。
IMG_1167aaa.jpg 
もう一度、温泉に入り、出かける。
IMG_1169aaa.jpg 
あいにくの雨ふり。
IMG_1170aaa_20171025160519e54.jpg 
甲府駅の信玄像。
IMG_1171aaa.jpg 
夢小路を散策。
IMG_1176aaa_201710251605224eb.jpg
Sさんはお店に時々入る。
IMG_1178aaa.jpg 
ワイン焼けしたおじさん。
IMG_1179aaa_201710251605252ad.jpg 
Sさんはほとんど見るだけなので安心。
IMG_1180aaa_2017102516052756a.jpg 
昼食はサドヤのレストランに入ろうとしたが満席で断念。
お蕎麦にする。
IMG_1184aaa_2017102516053180a.jpg 
お蕎麦と鳥もつ煮にした。
IMG_1183aaa.jpg IMG_1182aaa_201710251605284b2.jpg
甲府駅そばの甲府城石垣の跡。
IMG_1186sss.jpg 
バスで山梨県立美術館に行く。
IMG_1187sss.jpg 
ヴラマンク展。
IMG_1189aaa_201710251605362a4.jpg 
私はあまり知識はなかったが、Sさんに解説してもらう。
IMG_1197aaa.jpg
激しい色彩表現を特徴とする「野獣派(フォーヴィスム)」の画家として知られるモーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)は、20世紀のフランスで活躍した画家です。フォーヴィスム以後は、セザンヌの芸術を受容することで、落ち着いた色彩と堅固な空間表現を獲得します。しかしながら、同じくセザンヌ芸術から開花したキュビスムをはじめとする同時代の前衛芸術の展開に追従することなく、独自の絵画表現を確立することとなりました。」
雪道の暗い空が印象的。
IMG_1196aaa_201710251612350ca.jpg 
常設館はミレー。良くこれだけのミレーの絵を揃えた。バブル期に手に入れたとか。
IMG_1195aaa_2017102516123396f.jpg 
空いていてゆっくり絵画が楽しめて二人で素晴らしかったねと話し合う。
帰りは雨の中を足早に帰る。
IMG_1199aaa.jpg 
体が冷えてしまったので、温泉、岩盤浴。復活した。
夕食は鯛尽くし。二泊目なので夕食に何が出てくるか期待したら、鯛尽くし。
Sさんが、鯛を仕入れ過ぎたのねと給仕のおじさんに言ったら、笑われた。3泊したらまた違うものが出ますよと宣伝された。
IMG_1201aaa_201710251612393fc.jpg 
興に乗ったので冷酒を飲む。青煌。
IMG_1202aaa_201710251612419e3.jpg 
お腹一杯になる。
IMG_1203aaa_2017102516124288f.jpg IMG_1205aaa.jpg IMG_1206aaa.jpg IMG_1207aaa_201710251612477b7.jpg IMG_1208aaa_20171025161248521.jpg IMG_1209aaa.jpg IMG_1211aaa.jpg IMG_1214aaa_20171025161253dcf.jpg 
部屋の戻って一休み。Sさんは温泉に入ったが、私は満腹でお休み。
一日中、Sさんと一緒で幸せ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/2787-0687ce66

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR