FC2ブログ

2020-08

Latest Entries

ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲第2番イ長調 Op. 81





今日の一枚。チェンバーソロイスツKANAGAWA2016。
チェンカナ2016aaa
庭のツリガネスイセンとハナニラ。
IMG_0334fghaaa.jpg
Sさんと一緒に出掛ける。Sさんはニット教室、私は、針灸。
近所のムスカリ。
IMG_0336fghfghaaa.jpg
?(クリックすると拡大)。
IMG_0337ghhgjaaa.jpg
チューリップ。
IMG_0338hgjjhgaaa.jpg
木瓜。
IMG_0339hjghaaa.jpg
Sさんと別れて、鍼灸治療室に向かう。
針灸とマッサージ、温熱でうとうとする。体がポカポカする。
お灸は家でやってもらうとよいと言われて、肩に印をつけてもらう。
一旦帰ってから、みなとみらい小ホールに向かう。
伝々の会でご一緒し、山仲間でもあるKwさんが出演してるチェンバーソロイスツKANAGAWA2016。
○出演:千葉純子・松下蕗子(ヴァイオリン)、大島路子(ヴィオラ)、海野幹雄(チェロ)、川井綾子(ピアノ)
○プログラム
トマジーニ:2つのヴァイオリンとチェロための三重奏曲イ長調
ヒンデミット:ヴィオラとチェロのための二重奏曲
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第4番 作品11 「街の歌」
ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 第2番 イ長調 作品81
最初の曲は、弦楽器の心地よさを堪能。
ヒンデミットの曲は、初めて聴いた曲。何かエロチック。
Kwさんによれば、「ベートーヴェンのピアノ三重奏曲「街の歌」は、溌溂とした若きベートーヴェンの意気が感じられる、当時から人気の高かった名曲。」
最後のドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 第2番 イ長調 作品81は素晴らしい。圧倒された。
Kwさんによれば、「ピアノ五重奏曲として今までに(チェンバーソロイスツにて)シューマン、ブラームスをお聴き頂きましたが今回は「三大ピアノ五重奏曲」の残り1つである ドヴォルザークを取り上げます。
ドヴォルザークの、民族的でどこか哀愁の漂う美しいメロディーやリズムのマジックは本当にに素晴らしく、1音目から最後までぐっと惹きつけて放さない、最高傑作の一つです。
一昔前、某カレーのCMで「中村紘子さんはカレーもうまい」というのを覚えていらっしゃいますでしょうか?そこで使われたくらいポピュラーで楽しい作品です。」
とのこと。
5人の語りもあって、それぞれほほえましかった。
Khさんも来ているはずなので探したが、見つからず。(ぎりぎりに間に合ってきたそうだが、会えなかった。)
Kwさんに挨拶して帰る。
帰って、Sさんにどうだった聞かれたので、素晴らしかった。来年は一緒に行こうと誘う。
鍼灸師に教えてもらった、肩のお灸に位置にSさんにお灸をすえてもらう。熱いでしょうと言われたが、チクッとするくらいで熱くない。Sさんは以前した時に熱くて我慢できなかっと不思議がる。熱くないのはあまり良くない。気持ちは良い。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/2190-b8fe8ce7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR