FC2ブログ

2020-08

Latest Entries

寄り添うて眠りにつくや雛納め





疲れて一日、家に籠る。
:アフリカシタキヅル【アフリカ舌切蔓】。名前がわかった。
IMG_0109jjaaa.jpg
ハナニラが一つ咲いた。Sさんはあまり好きでない。
IMG_0110hghgsfdaaa.jpg
ツリガネスイセンが咲いた。
IMG_0111sdffdsdaaaa.jpg
大門句会勉強会その202の三四郎さんの句評を見る。⇒は三四郎さんの句評。
兼題ははなさん出題の「雛納め」。
◇光
寄り添うて眠りにつくや雛納め
七色のあられ残りし雛納め
⇒内裏雛ですね。隣同士に一緒の箱に納めてまた来年までの長い眠りです。
雛をしまったけどひなあられはまだ残っている。にぎやかだった雛の節句の余韻のように。
野里子さん選。
寄り添うて眠りにつくや雛納め
→夫婦仲の比喩とも読みとれます。
馬空さん選。
七色のあられ残りし雛納め
上五、中七の表現で、余韻を感じさせるところが、良いですね。静謐な感じが、出ています。
遊介さん選。
七色のあられ残りし雛納め
→ お雛様はもう納戸の中。楽しかった雛祭りを思い出すもあぁやれやれと安堵する作者。どちらも日常におさまりました。
糸さん選。
寄り添うて眠りにつくや雛納め
・・・らしいですよね。
:寄り添うて眠りにつくや雛納め 
無論、Sさんと私。
七色のあられ残りし雛納め
Sさんが喜んで買ってきたが、あまりぱくぱく食べるものではなくてまだ残ってる。
私の選句。
◇野里子
和紙の皺伸ばして揃へ雛納め
⇒雛はやわらかい和紙でくるんで箱にしまう。出したときにとってあった紙の皺を伸ばしてもう一度使ったのでしょう。
◇馬空
本棚の整理を終えて雛納め
⇒この本棚は雛段を飾るために移動してあったのでしょうか。それをもとに戻して雛をしまった。部屋はいつもの部屋に戻る。
◇蒼月
内戦のシリアは遠し雛納
⇒世界では毎週のようにテロで人が殺され暮らしが破壊されている。雛納めというおだやかな営みを大切にしながら世界の現実にも目をそらさないようにしたいものです。
◇勝山
夫婦雛納める箱に仕切りかな
⇒二体一緒とはいえ偏らないように間に仕切りがある。せっかく一つの箱で過ごすのにつれない。
◇糸
切れ長の目元おほふや雛納め
⇒日本人形ですから雛の目つきは切れ長ですね。そのお顔をやわらかい紙でくるんだ。切れ長の目元もおおわれた。
◇遊介
雛納め祖母に似るかなこの不器用
⇒隔世遺伝と言いますが、母ではなく祖母似の不器用というのがおかしい。おばあさんは器用というのが通り相場ですがそこをひっくり返している。
◇三四郎
くらやみのふたりに戻る内裏雛
良い句が多いなあ。皆思いが深いのだろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/2178-f83efb2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR