FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

四日目 パレルモ(シチリア島)

シチリア島のパレルモに到着。朝早く目が覚めて、最上階の甲板に出て写真を撮る。外に出ている人で一杯。
IMG_9668hjkkjh.jpg
IMG_9671gfhgfh.jpg
日の出は取りそこなう。Kd夫妻は粘って写真を撮ったみたい。

パルレモ市内観光に出かける。
Sさんはシチリア二度目。私は始めて。
ブリリアンス・オブ・ザ・シーズの雄姿。
IMG_9677hjhgj.jpg
イヤホンガイドの耳太郎で説明。現地のガイドがつく。

マッシモ劇場。
IMG_9686ghjghj.jpg
「客席数3200と、マッシモ(最大)の名に恥じぬ規模の劇場。パレルモ生まれの建築家・ジョヴァンニ・バッティスタ・バジーレの設計により1875年に着工、1897年に完成。劇場の外側、正面の大階段で撮影された「ゴッドファーザー 3」のラストシーンで有名。」
IMG_9694dfgdgf.jpg
学生のストがあるようで、デモ隊がたむろしている。
IMG_9690hjghj.jpg

マルトラーナ教会。
1143年にルッジェーロ2世の宰相だったアンティオキアの海軍提督ジョルジョによって建てられた。
1533年のダ・パヴィアの「聖母被昇天」。
IMG_9706fdgfgd.jpg
丸天井を覆うガブリエル、ラファエル、ミカエル、ウリエルの4大天使に囲まれた玉座のキリスト。
IMG_9699ghfhgf.jpg
モザイクが一杯。
IMG_9708nbvbnv.jpg
キリスト誕生の場面を描いたモザイク。
IMG_9713rterte.jpg
隣はサン・ジョヴァンニ・デリ・エレミーティ教会。12世紀前半に建てられたノルマン風の教会が、19世紀に当時パレルモで流行していた回教風に改築。
IMG_9715vcxcv.jpg
街を散策。
プレトリアの噴水。裸の彫像ばかりなので、別名『恥の噴水』とも。
IMG_9718sdsad.jpg
クァットロ・カンティとは、日本語に訳すと四辻。1階部分には“春夏秋冬”を表す寓意像。2階部分には実際に彫像が完成した1600年代前半以前のスペイン・ハプスブルク家の支配者たち、更にその上の3階部分には、パレルモを4つに分けた区域の、それぞれの守護聖人の像。
IMG_9724dssda.jpg
IMG_9725bvccv.jpg

1184年創建のカテドラレ。
IMG_9733dfgdgf.jpg
IMG_9735sdfsdf.jpg
IMG_9738fdggdf.jpg
内部の礼拝堂。
IMG_9746kljkljk.jpg
日時計。
IMG_9747dfgdfg.jpg
新古典様式の内部。
IMG_9748bvnvb.jpg
この彫刻の説明を受けたが忘れてしまった。
IMG_9752dfgdgf.jpg

広場の土産物屋で皆はお土産の地図を買う。Sさんはいらないと買わない。
ノルマン王宮/パラティーノ礼拝堂に向かう。
ノルマン王宮。
IMG_9756bnmbnm.jpg
「ノルマン王宮の歴史は古く、カルタゴ人たちがパレルモの基となる交易地を築いた紀元前8世紀頃にまで遡る。当時パレルモは今よりもっともっと小さく、その中でも一番高台だったこの地に、彼らは城砦を築く。その後ローマ帝国時代、ビザンチン帝国自体、アラブの時代を通じて重要な役割を担ってたが、この建物が脚光を浴びたのは初代ノルマン王ルッジェーロ2世の時代。彼はここを居城と定め、大幅な改築を行う。
その後宮殿として使われない時代もあったが、16世紀半ばのスペイン副王時代に再び宮殿として利用され、18世紀から19世紀初頭にかけてのブルボン家の支配時代にも使われた。」
パラティーノ礼拝堂。
「初代ノルマン王ルッジェーロ2世の戴冠の年、1130年に建設が始まり、1143年に献堂されたこの礼拝堂は、ルッジェーロ王個人の礼拝堂として王宮内部に建てられた。建設にはノルマン人の到達以前にシチリアを支配していたギリシャ人(ビザンチン帝国)、イスラム教徒が携わった。」
長さ32m、幅12.4mの小さな礼拝堂は壁一面が金箔モザイクで装飾。
IMG_9764fdgdfg.jpg
IMG_9770sdfsdf.jpg
天井にはイスラムの文様らしきものが見える。
IMG_9769gfhgfh.jpg
モザイクに圧倒される。
IMG_9772ghffgh.jpg
IMG_9778bvnvbn.jpg
ノアの箱舟。
IMG_9776fddfg.jpg
マクエダの中庭。パラティーナ礼拝堂の入口はこの中庭の2階にある。
IMG_9782fgddfg.jpg
学生のデモ隊が迫っているというので、見学を切り上げる。通行規制がかかっており、バスが巻き込まれると動けなくなるという。
綺麗な花。
IMG_9784ghjghj.jpg

バスで一旦港に戻る。
個々人で散策。Sさんと街をぶらつく。Sさんはスリに気をつけてと周りを注意。私がぼやっとしてるとさっさと歩くのと引っ張られる。
IMG_9792fgdfg.jpg
劇場みたい。
IMG_9796dfgdfg.jpg
花馬車のお土産を売っていたので、買おうとしたらSさんがあんなものと反対。それでも粘ってやっと買う。6ユーロ。
口が渇いたのでコーヒーを飲もうとしたら小銭が底をついて飲めず。
船に戻って一安心。
IMG_9805sadasd.jpg
パレルモ港に日が沈む。
IMG_9823asdas.jpg
夕食はカジュアルなので気楽。
Sgさんはカメラ教室に通っていて、本格的。入選もしてる。Sg夫人はほっておくと何処に行くか分からないと言う。私もそう見えてるんだろうか。

夜のショーはエルトンジョンそっくりさんの、エルトンジョンの世界を歌う「ジョナサン ケーンのショー」。
IMG_9833ghfgh.jpg
今日も一日満足。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/209-16f53d21

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR