FC2ブログ

2019-09

Latest Entries

定期検査

6月となった。
前立腺がん手術後の1年検査に順天堂大学病院に行く。
もう10年近くたってるから再発の心配はないと思うが、Hr教授が10年間は1年ごとに検査しましょうと言うので年に一回通っている。
Hr教授は月曜のみの外来なので、患者がどっと押し寄せる。予約時間の30分前に行ったが、待ちが20人を超えていた。
患者の動きを観察してるといろいろある。しかし1時間を超えるあたりから飽きてきた。読書をするがあまり集中できない。
2時間待って、ようやく診察。尿漏れもなく尿の出も良く、体調も良い。他の病気はと聞かれ、昨年胆石で胆嚢摘出したと答える。
あっという間に診察が終わり、Hr先生の顔を見に来たようなもの。
血液検査をして、結果は追って連絡が来る。血液検査が30分の待ちだった。都合3時間近くかかった。(結果は後で連絡があったがPSA 0.003と素晴らしい値であった。)
やっと解放されてほっとする。
折角だから神田明神にお参りに行く。
IMG_1489ghjjh (640x480)
「一ノ宮に大己貴命(だいこく様)、二ノ宮に少彦名命(えびす様)、三ノ宮に平将門命(まさかど様)の3柱を祀る。」
平将門を祭ってるとは知らなかった。
IMG_1491ghj (640x480)
「社伝によれば、天平2年(730年)、武蔵国豊島郡芝崎村に入植した出雲系の氏族が、大己貴命を祖神として祀ったのに始まる。神田はもと伊勢神宮の御田(おみた=神田)があった土地で、神田の鎮めのために創建され、神田ノ宮と称した。」
IMG_1492jhkjh (640x480)
何時もはお参りしてない他の神社にもお参りする。
神田神社。「大宝2年(702年)に豊島郡江戸に創建された「江戸最古の地主神」である。」
IMG_1493jklkjl (480x640)
「神田明神の力石は直径80cm・短径67cm で、文政5年(1822)12月に神田仲町2丁目の柴田四郎右衛門が持ち上げたものである。」(クリックすると拡大)
IMG_1494hjk (640x480)
浦安稲荷神社。背広を着て順繰りに熱心にお参りしている人がいる。商売の人だろうか。
IMG_1495dfg (640x480)
末廣稲荷神社。「創建年代は不詳であるが、元和2年(1616年)ごろとされている。「出世稲荷」として信仰される。」
IMG_1496fdgf (640x480)
「金刀比羅神社- 天明3年(1783年)、豊嶋郡薬研堀(現在の東日本橋2丁目)に創建され、隅田川の船人から守護神として信仰された。」
IMG_1498gjhg (640x480)
獅子山。「『武江年表』には「文久二年(一八六二)十一月両替屋仲間より神田社前へ、岩石を積み、石にて刻みし獅子の子落としの作り物を納む」とあり、江戸時代でも幕末期に製作されたと考えられる。 」
IMG_1499 (480x640)
「えびす様、少彦名命は一寸法師の原型とも言われていますので、小さな像となっています。」
IMG_1500hjk (640x480)
大己貴命が「だいこく様」です。大己貴命は大国主神の別称です。大国主神は、出雲大社に祀られているので有名ですが、国づくりの神で、国土経営・夫婦和合・縁結びの神様とされています。」
IMG_1502kjk (480x640)
「御神馬・神幸号、通称・あかりという小さな牝のポニーがいます。」
IMG_1501jhkh (640x480)
たっぷりお参りして清々しい気分になる。
湯島聖堂による。
IMG_1505jklk (640x480)
「元禄時代、5代将軍徳川綱吉によって建てられた本来は孔子廟である。」
IMG_1504hgjhj (640x480)
「世界で一番高い孔子像」
中国人の若者(学生か)がぞろぞろやってきた。余り騒がしくなくて感じが良い若者たち。
IMG_1506ghjj (480x640)
駅に近づいたら、ニコライ堂が見えたので寄ってみる。
「ニコライ堂の名で知られる東京復活大聖堂教会は、ギリシャ正教とも呼ばれる正教会の教会です。主イイスス=ハリストス(イエス=キリストのギリシャ語読み)の復活を記憶する聖堂ですが、ロシアから正教伝道のために来日し日本に骨を埋められた亜使徒聖ニコライ(1836-1912)がその建立にあたったことから「ニコライ堂」の名で知られています。」
IMG_1507gfhfgh (480x640)
天気良いので夏のような暑さだったが、気持ち良く散策出来た。
家に帰って、一休みしてから、合宿の復習。暗譜暗譜である。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1883-446ebc52

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR