FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

那須連峰・南月山登山

YY会、花の那須連峰・南月山登山に行く。
直前にImリーダーが体調不良で来れなくなった。Imリーダーが体調不良で来れなくなったのは初めて。
急遽Ikさんに車を出して貰う。車はIwさん、Mzさん、Skさん、Ikさん。リーダー不在なのでベテランSkさん、Kdさん、Khさん、Keさんにサポートを頼む。19名の参加。初参加がKmさんの友人2人とIkさんの友人の3人。女性は6人。
最長老はDmさん。
ロープウェイ山頂駅(1684m)から茶臼岳山頂(1915m)に向かう。(クリックすれば拡大)
IMG_1306aa (640x480)
IMG_1309aa (640x480)
標高差は230m位で40分位で着くが、Dmさん、Kdさん、Myさんらが早いのでかなりおいてかれる。
IMG_1313aa (640x480)
赤い土が目立つ。
IMG_1315yryrt (640x480)
ようやく到着。
IMG_1316aa (640x480)
那須嶽神社。
IMG_1318aa (640x480)
茶臼岳山頂(1915m)。
IMG_1321aa (480x640)
奥に見えるのは日光連山。
IMG_1324aa (640x480)
IMG_1323hjkjhk (640x480)
ここでは混んでるのと時間が早いので峰の茶屋跡避難小屋に向かって降りる。
IMG_1325rtyrt (640x480)
向こうに見えるのは朝日岳。下の小屋は峰の茶屋跡避難小屋。絶景かな絶景かな。
IMG_1327aa (640x480)
茶臼岳のお釜の周辺を歩いてる。
IMG_1332aa (640x480)
お釜口。
IMG_1334fghg (640x480)
下界は緑緑。
IMG_1335ghjgj (640x480)
下りが続く。登山は今シーズン初めてのIwさんが珍しく慎重に歩いてる。
IMG_1336aa (640x480)
見上げると茶臼岳。
IMG_1340yuytu (480x640)
硫黄ガスが噴き出てる。かなり臭い。
IMG_1348aa (640x480)
先頭のDmさん、Kdさん、Myさんはかなり離れて見えない。Mnさんが追いかけてる。
3人は特別なのでペースを乱されないようにする。しんがりは何時ものSkさん。彼女がいれば安心だ。Mzさんも一緒。
IMG_1349aa (640x480)
硫黄鉱山跡で昼食。後は剣ヶ峰と朝日岳。
IMG_1354aa (640x480)
IMG_1355aa (640x480)
Khさんが沸かした美味しい珈琲を楽しむ。これはこたえられない。水があるよとSkさんが言うのでおかわりをする。
ところがKhさんのコンロがガス欠。Skさんも乏しいのでMyさんのを使う。
天気が良いし風も適度に吹いてるので実に気持ちが良い。
たっぷり休んでから南月山を目指して進む。
残雪がある。
IMG_1360aa (640x480)
「現在噴気活動をしている茶臼山は3万年前から活動しているが、この山は流動性の少ない安山岩のみを噴出しているため、こんもりと盛り上がった溶岩ドームになった。」
IMG_1366fghfh (640x480)
岩ゴロゴロだが、横方向の歩きなので、あまり疲れない。
IMG_1370ghj (640x480)
池に雪が積もってるのかなあ。
IMG_1372tyyt (640x480)
無間地獄に近づくとガスの噴出が多い。活動してる。
IMG_1375fhfgh (640x480)
残雪がどさっとあった。
IMG_1376aa (640x480)
無間地獄。怖い名前。
IMG_1377aa (640x480)
無間地獄(噴気孔群)の噴煙はかなりのもので硫黄臭い。
IMG_1379aa (640x480)
姥が坂を通過。
IMG_1384aa (640x480)
牛が首に到着。
IMG_1386aa (640x480)
一休みしてから日ノ出平~南月山に向かう。ミネサクラが咲いてる。
IMG_1394aa (640x480)
向こうに南月山が見える。
IMG_1395aa (640x480)
ガマズミの花。
IMG_1400aa (640x480)
途中、Kmさん、Tmさんが私が遅れたので心配して待っていてくれた。
日の出平に着く。先頭が待っていた。
IMG_1397fdgfg (640x480)
南月山到着。
IMG_1402aa (640x480)
IMG_1403ghjghj (640x480)
ここで小休止して帰路に着く。あっと言う間にDmさん、Kdさん、Myさんに離される。78歳と20代は早い。
IMG_1405fghgh (640x480)
再び牛が首。
IMG_1411dfgfg (640x480)
ロープウェイの終了時間があるので早目に降りる。Khさんがたっぷり時間があるよと言ったが、Kdさんが間に合わなければ歩いて降りればいいんだよと言う。歩けば2時間位かかりそう。
IMG_1415fdgf (640x480)
IMG_1418aa (640x480)
十分余裕を持ってロープウェイの駅に着く。
IMG_1422aa (640x480)
ロープウェイで降りた後は、鹿の湯に入る。
Imさんの推薦。41、42、43、44、46、48度(女湯には48度がない)の6種類の浴槽から好きな温度を選んで入浴。44度でギブアップ。Khさん、Ksさんは46℃に入ったみたい。洗い場もほとんどないのでお湯につかってるか外で休むしかないが、結構楽しめる。
「那須温泉元湯・鹿の湯は、七世紀前半、約千三百年前の舒明(じょめい)天皇の御世に開湯されたといわれます。
狩野三郎行広という者が山狩の際に、射損じて逃げる鹿を追って山奥に入ると、鹿は傷ついた体を温泉で癒していました。 」という由緒ある温泉。
頭が洗えないとぶつぶつ言ってる。
打上げは、19人は入れる場所が無くてIwさんがPCで見つけたファミレスCOCO'Sに入る。
大いに盛り上がる。山の仲間は実に楽しい。
新しく来てくれた3人が続いてくれるとうれしい。Nkさんは山は良く一緒したがYY会は初めて。YY会の古くからの仲間、Skさん、Mzさん、Iwさん、Mnさん、Ksさん、Ybさん、Keさん、Khさんと健脚3人組最長老Dmさん、Kdさん、最若手山ガールMyさん、新風を吹き込んでくれたIkさん、Kmさん、Toさん。多士済々のメンバ。
また一緒したい仲間ばかり。
Skさんの車に再び乗せてもらう。
帰りは、Skさんお勧めの羽生PAによってびっくり。
01f3f9b05359e958c6a9b31f2a7b1079ca7176a165 (640x480)
「鬼平江戸処は、故池波正太郎氏の人気小説「鬼平犯科帳」の世界を表現したPA。鬼平犯科帳の著作権を管理する「オフィス池波」と提携して実現した企画で、同作品が描き出す江戸の世界観を表現しているという。」
014f51e02e16f502e024a5497095be348ff1883947 (640x480)
最後まで楽しませてもらっちゃった。
帰りの電車はKsさんと一緒で久しぶりに良く話した。
Sさんに実に楽しかったと報告。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1874-d3e28bdd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR