FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

エレンのコテージ

NgさんのアレンジでTmさんとの食事会に行く。Ngさんご夫妻とTmさん、Sさんと5人。
駅から茶寮 游旬に向かう。かなり長い坂を上る。
途中のドウダンツツジ(満天星躑躅)。(クリックすると拡大)
IMG_0074ghj (640x480)
ムラサキクンシラン(紫君子蘭)。
IMG_0078nm,nm (640x480)
?
IMG_0080ghfg (640x480)
茶寮 游旬に到着したが、まだ時間があるので、側の公園に行く。
ムクドリかな。
IMG_0084jklk (640x480)
ツツジが綺麗。
IMG_0086hkh (640x480)
時間が来たので、茶寮 游旬に入る。
IMG_0081hjk (480x640)
最後にTmさんが現れて、全員揃う。
最初にお抹茶が出てきたのには驚く。
IMG_0089fghfg (640x480)
料理は魚料理。肉好きのTmさんがこの前、いきなりステーキをご一緒したので今日は魚料理で良いと言う。
IMG_0091fghgh (640x480)
IMG_0092fghgf (640x480)
IMG_0093gfhgh (640x480)
IMG_0094gfhgh (640x480)
IMG_0095ghgh (640x480)
赤ワインを飲みながら楽しい会話。
Tmさん、Ngさんの大好きな飛行機の話は、いろいろ続くが知識がないし、あまり興味がないので、聞き流す。
ガラパゴスの話は、Sさんがひとしきりする。Ng夫人は興味を持ったようだ。
Ngさんが昔仕事で協業の相手だったドイツ人の案内で、イタリア旅行すると言う。Tr夫妻も一緒で楽しそう。
いきなりステーキの話をしたら、Ng夫妻は興味を持ち、今度行ってみようと言う。
高尾山の話をしたら、若い人が一緒で嬉しそうですねと言われてしまった。
経済情勢、日本の行く末、中国の話など多岐にわたり、なかなか面白い。
またやりましょうと言って別れる。
Ssさんが出展してる光風会展に向かう。「エレンのコテージ」を観賞。Sさんが設計者の絵から、随分脱皮して来たわねと言う。素晴らしい。
IMG_0101fh (640x480)
退職してから書きだしたんだから、高々6,7年と思う。急速の進歩。元々才能があって開花したのだろう。
一渡り光風会展を鑑賞してから、Sさんが見たいと言うのでルーブル美術館展に入る。
「この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」を開催いたします。 「風俗画」とは、人々の日常生活の情景を描いた絵画です。そこには、家事にいそしむ召使い、物乞いの少年、つましい食卓につく農民の家族、庭園に集う貴族の男女など、身分や職業を異にする様々な人々の日常がいきいきと描写されています。」「17 世紀オランダを代表する画家フェルメールの円熟期の傑作、《天文学者》が待望の初来日を果たします。 」
IMG_0105iu (480x640)
古代エジプトの展示物もある。ムーリョの「物乞いの少年」、ブーシェの「オダリスク」、グルーズの「割れた水瓶」、カラッチの「狩り」、ティッツアーノ「鏡の前の女」など。
美術館めぐりは大好き。Sさんと一緒だと解説してくれるので二倍楽しめる。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1843-0f923fe6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR