FC2ブログ

2020-02

Latest Entries

ガラパゴス諸島に上陸 凄いよ!!!

5時起床。
5時半にホテル出発。
キトの空港に向かう。朝食は、リンゴやバナナ、フランスパンのサンドイッチの弁当。移動の車の中でリンゴとバナナを食べる。
キトからガラパゴス諸島のパルトラ島に飛ぶ。
ところが経由のグアヤキル空港の滑走路が穴が開いてるとかで、修理するのに1時間待たされた。
ようやくガラパゴス諸島のパルトラ島に到着。(クリックすると拡大)
IMG_7544asd (640x480)
ガラパゴス諸島は「エクアドル本土より西約900キロメートルにあり、大小多くの島と岩礁からなる。現在、ガラパゴスの123の島に名前が付いている。最も北のダーウィン島と南のエスパニョラ島の間は220キロメートル離れている。最大のイサベラ島は面積4,588平方キロメートル、島内のウォルフ火山は海抜1,707メートルである。
500-1000万年前の火山活動で出来た諸島で、現在も火山活動が続いており、2009年4月にフェルナンディナ島で噴火した。ガラパゴス諸島の島々は、現在のフェルナンディナ島に位置するホットスポットの火山活動によって代々形成されたと考えられている。ガラパゴス諸島一帯に位置するプレートの1つであるナスカプレートが年間数センチメートルずつ南東へ移動しているため、形成された島々も南東に移動している。南東側から西に向かって順に新しい島になっており、現存する島ではエスパニョラ島が最も古く、今から300-500万年ほど前に誕生したとされている。西側の島ほど噴火活動が活発で、東に行くほど火山活動は小さい。古い島は島を構成する岩石が古く侵食が進んでおり、そのうち海に沈むと考えられている。」
ラ・ピンタ号に乗船。
「スウェーデンの企業と船舶の建築者のエキスパートが、ハイセンスを極めたデザインに仕上げました。
ラ・ピンタ号はヨーロピアンテイストのファーストクラスの豪華クルーズ船です。」
「ガラパゴス ラ ピンタ号 設備
タイプ: ファーストクラスモーターヨット
カテゴリー: ファーストクラス
長さ: 63メートル
ビーム:  12メートル
収容人数:  48人
スピード: 12ノット
客室:  24室のオーシャンビュールーム、2つのツインベッド、または1つのクイーンサイズベッド
クルー: 25人、医者1人、クルーズ責任者1人、マルチリンガル・ナチュラリストガイド:4人」
部屋は内鍵のみで、外に出ると鍵はかからない。最初は不安だったが慣れると便利。
ここからコーディネーターのIsさんが同行。15年キトに住んでるベテランだが、活動的で気持ちの良い女性。
タグボートに乗るには救命具を肩からつるす。
IMG_7545dfgdf (640x480)
タグボートに乗ってノースセイモア島に上陸。
「この島は、海底地震の隆起によって成り立っていて、島全体が低く平らなのが特徴です。」「この島は、自然界の中に溶け込むことができる特別な島です。アシカたちや陸イグアナに道をゆずったり、アオアシカツオドリの求愛ダンスを見ることができたり、優しさに包まれる時間を過ごすことができます。岩場に沿って白い砂浜が広がり、海鳥の群れの中では餌の奪い合いが行われ、古代にタイムスリップしたかと思わせる迫力があります。一番の特色は、やはりオオグンカンドリです。大胆で大きなその羽幅は5フィートにもおよび、紳士的な赤いのど袋を膨らませたオスたちは、大きな雛鳥たちを凛として見守っています。」
タグボートの向こうはラ ピンタ号。
IMG_7548aa (640x480)
上陸した途端アカメカモメに出会う。
IMG_7550aa (640x480)
ガラパゴスアシカの赤ちゃん。
IMG_7555fgh (640x480)
ガラパゴスアシカとガラパゴスオットセイの区別がつかないのでガラパゴスアシカと呼ぶ。
IMG_7556aa (640x480)
赤ちゃんにおっぱいやってる。
IMG_7557aa (640x480)
ヨウガントカゲ。誰かがイグアナの子供?と言ったがまさか。
IMG_7559fghfg (640x480)
早速ガラパゴスリクイグアナが茂みにいる。
IMG_7563fghg (640x480)
アカメカモメが交尾してる。雨期の今は恋の季節。
IMG_7564sdfdf (640x480)
美しい。
IMG_7567aa (640x480)
ガラパゴスリクイグアナが近くに現れる。皆が歓声を上げる。3m以上近づいてはいけないと言われるが、時々違反して注意される人がいる。私とSさんは注意されたことはない。
IMG_7572aa (640x480)
Isさんによると雨期に雨が降らないので、普段は飛んで少なくなるガラパゴスアオアシカツオドリがまだいると言う。ついてるそうだ。
IMG_7574aa (640x480)
ガラパゴスリクイグアナは雨が少なくて食料が少ないのでストレスだそうだ。
IMG_7584aa (640x480)
ガラパゴスアメリカグンカンドリ。「オスが繁殖期(2-7月頃)になると喉もとの赤い袋をはちきれんばかりに膨らまし求愛する姿は感動的な儀式である。」
IMG_7595aa (640x480)
何の鳥かと思ったがガラパゴスアメリカグンカンドリの雛らしい。
IMG_7600aa (640x480)
ガラパゴスアメリカグンカンドリが優雅に舞う。「鳥類の中で、体重の割りにもっとも広い翼の面積を持つ鳥。優れた飛行能力で、他の鳥のエサを横取りすることから「グンカンドリ」と言う名前が付いた。」
IMG_7610aa (640x480)
ガラパゴスアオアシカツオドリが近くを飛ぶメスにダンスをする。
IMG_7612aa (640x480)
間近にいる。愛嬌のある顔してる。ひときわ目立つ鮮やかな青い足がガラパゴスを代表する人気者になっている。
IMG_7625aa (640x480)
サボテンの側にガラパゴスリクイグアナ。原始時代に戻った感じになる。
IMG_7633aa (640x480)
ヨウガントカゲ。ちょろちょろと顔を出す。
IMG_7637aa (640x480)
「ガラパゴスリクイグアナは小さいうちは、口に入れば昆虫でも食べるが、成長すると主食は植物となり、いかめしい姿に反しておとなしい。」
IMG_7641tryryt (640x480)
ガラパゴスリクイグアナは諸島内に繁殖する数は少なく、手厚く保護されている。
振動に敏感なので足音を立ててはいけない。
IMG_7644aa (640x480)
ガラパゴスアオアシカツオドリがまた求愛ダンスしてる。次々と現れる。
IMG_7652aa (640x480)
ガラパゴスリクイグアナは寿命50年。
IMG_7655aa (640x480)
ガラパゴスアメリカグンカンドリの幼鳥の死骸。餌が少なくて育てられないとなると親鳥は1羽を残して外に出してしまう。白い糞の輪が巣の範囲。
IMG_7664sdfsdf (640x480)
少し疲れたかガラパゴスアメリカグンカンドリのオスが群れて休んでる。
IMG_7667tyrty (640x480)
アオアシカツオドリは「諸島内に繁殖する3種類のカツオドリの中で一番広域に分布する。求愛ダンスはお互いにタップを踏みながら見合い、意気投合すると羽を広げ嘴と尾羽を空にかざすので見ていて飽きない。」
IMG_7677aa (640x480)
IMG_7678aa (640x480)
ガラパゴスアメリカグンカンドリも求愛中。
IMG_7685dfgf (640x480)
頑張ってる。
IMG_7691aa (640x480)
アオアシカツオドリも求愛ダンス。メスが飛んでるのだろうか。
IMG_7698aa (640x480)
ガラパゴスリクイグアナが移動してる。
IMG_7699aa (640x480)
ガラパゴスウミイグアナがいた。
IMG_7707aa (640x480)
ガラパゴスアメリカグンカンドリが求愛を競ってる。
IMG_7710aa (640x480)
オスも大変だ。
IMG_7714aa (640x480)
ガラパゴスアメリカグンカンドリのコロニー。雛は親が餌を持ってくるのを待ってる。
IMG_7735aa (640x480)
親は雛に餌を与えてる。
IMG_7725dfgd (640x480)
IMG_7726rtyrt (640x480)
大きすぎて餌が雛の喉に入らないともう一度咀嚼して小さくして与えてる。
IMG_7728aa (640x480)
何とか入ったかな。
IMG_7729tyutyu (640x480)
与えたらまた飛び立つ。
IMG_7733fghhg (640x480)
ガラパゴスリクイグアナが吠えた?!あくびかな。
IMG_7740aa (640x480)
ガラパゴスアシカかガラパゴスオットセイか見分けがつかないが一杯いる。
IMG_7748aa (640x480)
気持ち良さそうに寝てる。
IMG_7754aa (640x480)
IMG_7760aa (640x480)
子育て中。
IMG_7775aa (640x480)
タグボートが迎えに来る。
IMG_7773aa (640x480)
自然の生態系にこんなに間近に接したのは初めて。原始の地球に迷い込んだ感じ。
感動した。
ノースセイモア島は真っ平。
IMG_7781rtry (640x480)
タグボートを引き上げてる。
IMG_7784dfgdf (640x480)
一休みしてシャワーを浴びて食事。
Tr夫妻と我々夫婦とNgさんと5人で赤ワインを一本飲む。毎晩、5人で一本か二本飲んだ。
IMG_7785dfgfd (640x480)
IMG_7786ertr (640x480)
メインはまたステーキを選ぶ。
IMG_7787aa (640x480)
デザートはフルーツ。
IMG_7788ghjg (640x480)
テーブルには5人と添乗員のYgさんとで会話は弾んでレストランが閉まるまで話し込んだ。
帰ったらバタンキュー。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1795-9120a797

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR