FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

奈良遷都1300年

平城遷都祭のメイン会場に行く。Ht夫妻の好みではないが、ミーハー的な私が希望。偶然今日が最終日。
奈良駅から会場までのシャトルバスで向かう。
せんとくんが見送り。
IMG_9129zxccxz.jpg
Ht夫人は最初は気味悪いといっていたが、その内、可愛いと言う。

平城宮跡は、西暦710年に、藤原京から遷都された平城京の中核。
遣唐使復元の会場は、大行列なのでカット。
朱雀門に向かう。こちらも混んでいるが、並んで門が開くのを待つ。衛兵が行列してやって来て、門を開ける。
IMG_9139cxzzxc.jpg
太鼓を鳴らしている。

大極殿に向かう。途中衛兵が戻って来るのに出会う。かなり歩く。
IMG_9152cxzzxc.jpg
大極殿。正面約44m、側面約20m、地面より高さ約27m。直径70cmの朱色の柱44本、屋根瓦約9万7000枚を使った平城宮最大の宮殿。
IMG_9163xczcx.jpg
中に入るが大混雑。壁面に十二支。玉座がある。

再びえんえんと歩いて戻る。蹴鞠のイベントをしている。

浄瑠璃寺に向かう。
738年(天平11年)行基によって開かれたといわれる説もあるが、浄瑠璃寺の記録は少なく、浄瑠璃寺流記事によると、1047年(永承二年)義明という上人が、薬師如来を本尊とし、一日で屋根を葺けたというほどの小さな堂を建てたのが始まり。
池を一周する。亀が日向ぼっこ。
IMG_9189sdaasd.jpg
浄瑠璃寺本堂 九体阿弥陀堂(国宝)藤原時代。
IMG_9192sdfdfs.jpg
浄瑠璃寺三重塔 (国宝)藤原時代。
IMG_9194sadsa.jpg
阿弥陀如来像九体(国宝)藤原時代にお参り。九品往生、人間の努力や心がけなど、いろいろな条件で下品下生からはじまり、下の中、下の上と上品上生まで九つの往生の段階があるという考えから、九つの如来をまつった。
四天王像四体(国宝)藤原時代、薬師如来像(重文)藤原時代、吉祥天女像(厨子入り)(重文)鎌倉時代などお参り。

岩船寺。
729年(天平元年)聖武天皇の勅願で行基が建立したのが始まりで、806年(大同元年)智泉大徳が報恩院を建立。813年(弘仁四年)嵯峨天皇が皇子誕生を感謝し、堂塔伽藍が整備され岩船寺となる。
十三重石塔(鎌倉時代)重要文化財。
IMG_9202sdsfd.jpg
岩船寺三重塔。
IMG_9212dfsdf.jpg
三重塔の壁画は、五大明王、十六羅漢、など極彩色に描かれている。
Sさん、夫人、私と鐘を鳴らす。
IMG_9213zxczxc.jpg
貝吹岩に登る。Htさんがさっさかと登るのでついていけない。見晴らしは良いが、残念ながら少しもやっている。
IMG_9218fsdfsd.jpg

海住山寺。
天平七年(735)創建。
五重塔(国宝)鎌倉時代。
IMG_9225sfdfd.jpg
文殊堂(重要文化財)鎌倉時代。
IMG_9224hfghgf.jpg
木造十一面観音菩薩立像(重文)平安時代、木造四天王立像(重文)鎌倉時代などをお参りする。
庭が美しい。
IMG_9232dsfsdf.jpg
上に上がると見晴らしが良い。Htさんも私同様高いところが好き。
IMG_9238fdgfgd.jpg
寺の和尚さんが、現光寺の木造十一面観音坐像のご開帳の参加を募る。直ぐに申し込む。
和尚さんの車を先頭に7台連なって向かう。途中信号待ちの所で、前の車が石に乗り上げそうだったので、Htさんが前の車に教えに走る。親切。

現光寺は無人のお寺で荒れている。
IMG_9242dfgfgd.jpg
お堂に木造十一面観音坐像が祭られている。像高74.0cm、重要文化財。その造形表現から、13世紀第一四半期に慶派仏師により制作されたと考えられる。お参り。

最後のお寺、鷲峰山金胎寺に向かう。くねくねした山道を進む。こういうところがHtさんは大好きのようで俄然元気が出る。
天武天皇白鳳4年(675年)9月、役小角(役行者)によって開かれたといわれる鷲峰山は、奈良時代、平城京の鬼門封じとして、聖武天皇によって堂が建立され勅願寺となる。笠置へと落ちのびていった後醍醐天皇が一日滞在したそうだ。かなり急な坂を登る。Htさんに追いつけない。
向こうから降りてくる男女が、お寺はもう仕舞ってますよと教えてくれる。到着。
金胎寺多宝塔、重要文化財。
IMG_9251fghhg.jpg
行者が火渡りする場所だそうだ。
IMG_9253dfggdf.jpg
最後を飾るに相応しい紅葉。
IMG_9255fgdgdf.jpg

旅の終了。
楽しいお寺めぐりも終りが来る。
レンタカーを返す。3日間、Htさんにはずっと運転してもらい。夫妻には、寺を案内してもらい感謝感謝。
また春に来たい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/178-f1d885e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR