FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

大曲花火大会の打ち上げ

8月22日から、24日にかけてMrさんのお世話で実施した大曲花火大会と秋田の旅の打ち上げを行う。
2か月近くたっているが、参加者は、急遽出張で不参加となったKhさん以外の11名が参加。
Sさんと一緒なので、Sさんに従って迷うことなく、「海鮮居酒屋おおーい北海道 長万部酒場 銀座店」に到着。幹事のMrさんが遅れると聞いていたので、早めについたらHtさんが既に来ていた。次々と皆が現れる。Mgさんが迷って、HtさんとMzさんが迎えに行く。Mgさんが到着する頃、全員が揃う。
先ずは私の音頭で乾杯。山とスキーとコーラスとゴルフと俳句の仲間たちで、多士済々。
IMG_4446dfg (640x480)
IMG_4447fdg (640x480)
Khさんから旅行中に撮ってくれた写真を預かって来たので皆に配る。一人一人の枚数が100枚位で運ぶのに重かったが、皆がすごく喜んでくれたので、良かった。Khさんに感謝。
配った写真の中で、Skさんの写真に露天風呂に入ってる男性の写真が混じっていた。Skさんだけに入っているのでそこに入ってたのと大騒ぎ。Skさんが必死に否定する一幕も。
Mrさんから今年の花火はいまいちだったと聞いてびっくり。あんな素晴らしい花火が、毎年見てる人からするといまいちだったとは。再来年の90周年記念花火大会は凄いよと言う。皆がそれに行きたいと手を上げて、行くことになる。ついでに秋田の温泉や秋田駒に行こうと言う事になる。これは嬉しい。
Nkさんが乳頭温泉めぐりで押して貰ったスタンプ帳をレンタカーの中に忘れ、係の人から忘れ物がありますよと渡されたのを返す。 Nkさんは花火大会が終わった後にザックがないと一人で探しに行き、大騒ぎになった事件を起こした。かなり酔っていたようで記憶はないが、膝を打撲したのと、後で頭を打っていたことがわかり、その写真を見せてくれた。その夜、部屋をうろついたのも頭を打ったせいか。皆に迷惑をかけたと謝ってる。今日はさすがに自重してあまり飲んでいない。Sさんがきっと奥さんに叱られたのよと言う。  Nkさんが何時もSさんSさんと言う割には、一緒にいないじゃないかと言うので、だから一緒にいる時はSさんSさんと仲良くするのだと言い返す。あんたも奥さんと一緒の時は仲良くしてるかと迫ったら小さな声でしてると言う。
Mgさんが俳句に興味があると言うので参加したらと勧める。俳句は理屈っぽいのはダメだから、Mgさんは理論派だからなあとも言ってしまった。一緒に始めたが、すっかり差がついてしまったMrさん(遊介さん)と俳句談義。MgさんがSさんは俳句はしないのかと聞いたら、Sさんは光(私の俳号)の推敲をしてますと言うのでMgさんが大笑い。Mrさんが今回はSさんに見てもらってないからダメだと言ってると暴露。 Mgさんと今シーズンのスキー日程のすり合わせをする。今シーズンは15日位計画があると言うので私は30日と自慢。
Skさんは山に一緒すると私の娘と間違われる。月山に登った時にアイゼンだ上手く嵌められなくてもたもたしていて見かねたSkさんがアイゼンをはめるのを手伝ってくれた。それを見た方が、お父さんの面倒を見るのは大変ですねと声をかけられた。どっかの山で、暑くてへばった時に後から頑張れもう少しよと声をかけられたのを見て、娘さんに面倒見て貰って良いですねと言われた。Sさんがこの方は色気がなく人畜無害だから声をかけられるのよと言う。私もSさんも色気がないじゃないと言い返したら大笑い。 Skさんが私が娘だと不満みたいと言うから、夫婦と言って欲しかったと言ったら、皆からブーイング。
Mrさんがスキーで、OkさんとIkさんを其々別々に温泉に連れて行った事が暴露される。Mrさんは一緒に連れて行っただけで混浴でも何でもないと懸命の言い訳。
Ikさんのお蔭で水曜会の人たちが山やスキーに来てくれるようになった。そのおかげで水曜会で劣等生の私も居場所が出来たと感謝してる。 一緒に行き始めの蔵王スキーでは、山形への出発時間と到着時間を間違えて、山形駅で2時間以上待たされたことがある。こういう逸話は一杯あって楽しい。 清里の山小屋に誘われているが当日、歌舞伎が終わってから行くから迎えに来てくれと言ったら、MrさんとSさんが代わりに行ってあげると言う。それは代役ではだめな会社時代の集まりだと言ったがぶつぶつ言われる。 
景信山にKmさんの友人の初心者を連れて行くのに、面倒を見てくれそうな人がいない(健脚なKdさん、Iwさん、Myさんがいるので安心だが、歩くのが早い)ので、Mzさんを誘う。予定がなければと言うがしつこく頼み込む。Mzさんが来てくれれば脱落した初心者が出ても面倒見てくれる。YY会では何時も車を出してくれて感謝感謝である。この頃、何でもMzさんを引き込む癖がついてしまった。
鬼怒川温泉に行った話をしたら、MrさんとSさんが行きたいと言う。一度行ったから、もういいやと言ったら、SさんとMrさんが二人で行くから良いと言われる。
Okさんは働き過ぎ。大曲の花火には良く来てくれた。お母さんの眼の手術後の面倒を見に時々、実家に帰っていて大変。山には行きたいと言うので景信山に行こうと誘う。日程が合いそうなので行きたいと言う。でも運動してないから遅れてしまいそうと言ったら、SkさんとIkさんが大丈夫、私が遅いからついて行けると保証する。Okさんは更に私は面倒見が良くないから置いてかれるのでは、言うが、大丈夫遅いからと二人は言う。そんなに遅いのかとがっくり。
Htさんに山の道具を買ったのにもったいないから山に行こうとOkさんが誘ったら、娘が使ったからいいのと断られる。 Htさんは回顧の滝では大喜びだったねとMrさんが言う。Htさんはとっても気持ち良かったと言う。滝の飛沫にそばまで行って気持ちいいと叫んでいた。あの時は、雨の後で特に水量が多かったそうだ。Nkさんがアマゾネスみたいだったよと言う。何故アマゾネスか聞き損った。
皆が写真をくれて来れなかったKhさんに感謝金を払おうと言って、私に渡してくれと渡された。忘れて使っちゃいそうよとSさんが言うのでIkさんがメールしておくと言う。
楽しい会も終わりが来る。すっかり酩酊してしまい、Sさんに抱えられて帰る。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1642-5be2b6fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR