FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

振り向けば釣瓶落しの八ヶ岳

今日から本来は、蓼科のStさんの別荘で学生時代の仲間とゴルフの秋合宿の予定だった。台風直撃で中止。
次はスキー合宿だ。
雨模様。台風は夜半に直撃のようだ。
昨日、Sさんにせかされて、雨どいに詰まった枯葉を取り除いたので台風対策は万全。梯子をかけて枯葉を除去したのはSさんで、私は梯子を抑えていただけだったが。
庭のピラカンサ。
IMG_4421sdfsdf (640x480)
ムラサキツユクサ。(クリックすると拡大)
IMG_4422hfghfh (640x480)
大門句会勉強会その156の三四郎さんの句評を見る。
兼題はさらさん出題の「釣瓶落し」。
⇒三四郎さんの句評。:は私のコメント。
◇光
振り向けば釣瓶落しの八ヶ岳
鐘鳴りて釣瓶落しの円覚寺
⇒下山して今日登った山を振り返ったのでしょう。すでに山は暗いシルエットになっている。また来よう。
「柿食えば・・」の句を思い出しますが、大きな寺の静かな夕刻が感じられます。
遊介さん、後句を選。→ うっそうとした森に囲まれた円覚寺の日暮れ時を巧く詠んでいると思います。
のり子さん、前句を選。→→山ボーイの句ですね。雄大な連峰の景です。
:八ヶ岳の句は、以前、八ヶ岳に登った時の光景。急いで下山する途中に夕日が山に映えていた。
円覚寺の句は、以前鎌倉アルプスを散策した後、円覚寺に立ち寄った時の句。
苦吟してる時、二句とも昔の光景がふと目に浮かんで詠んだ。
私の選句。
◇のり子
はとバスや釣瓶落しの二階席
⇒二階建てのバスですから夕空とその下の街の様子がいやおうなしに目に入る。しばしの旅の余韻にひたる時間ですね。
◇さら
丹沢の山並み釣瓶落としけり
⇒「釣瓶落としけり」とは言いません。けりは活用語(動詞や形容動詞)の連用形につきます。「釣瓶落しかな」ならOK。
:丹沢の山並み釣瓶落としかな  で選句。
◇遊介
航ひ綱絡みて釣瓶落としかな
⇒波止場か船よせの景ですね。誰もいなくて船べりをたたく波の音だけが聞こえる。俳句の場合は送り仮名は必要最小限に、「釣瓶落し」。
◇はな
指ぬきを外せし釣瓶落としかな
⇒指ぬきって裁縫するときに指にはめるあれですね。小学校の家庭の授業で使ったことがある。あっという間に暗くなって手元が見えにくくなった。おっと、夕飯の支度をしなくちゃ。
◇糸
花の香のゆたかに釣瓶落しかな
⇒周りは薄暗くなってきたけど何かの香りだけは濃密に匂う。金木犀でしょうか。
◇三四郎
待合は釣瓶落としの野毛小路
人の句に送り仮名は必要最小限と言いながら自分の句でやってしまいました。
待合は釣瓶落しの野毛小路

雨が猛烈に降ってきたが、Sさんがのぞきに行って、雨どいに雨が流れ落ちて溢れていないと、昨日の枯葉除去の効果を喜んでる。
真夜中、凄い風の音がしたが、ほとんど夢うつつだった。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1640-75a794d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR