FC2ブログ

2020-08

Latest Entries

行者小屋冷やしトマトは直ぐに売れ

登山の翌日は筋肉痛で、階段の昇り降りがきつい。腰とふくらはぎが痛い。赤岳の時ほどではないが、長く立ってるのがつらいので、Sさんに弱音を吐いて、朝のジュース作りは代わって貰う。
脚がむくんでるとSさんが言い、テニスボールを使って、膝の内側やふくらはぎをころころすると軽くなるよと言うので、長くやってみた。効果抜群で、むくみも少し引いた。脚も軽くなる。
暑いので鳥たちが水浴びに盛んにやって来るが、水が温まってると直ぐに飛び去ってしまう。
雀が水浴びにやって来たが、しばらくばちゃばちゃやって、金木犀の枝に止まって羽繕いをして飛び去った。
IMG_1419sdff (640x582)
IMG_1420dsffds (640x613)
三四郎さんから、大門句会勉強会の句評が送られてきた。
兼題は糸さん出題の「トマト」。⇒が三四郎さんの句評。
◇光
行者小屋冷やしトマトは直ぐに売れ
雲かかる赤岳眺めトマト食む
⇒八ヶ岳ですね。山小屋で食べる冷えたトマト、最高のぜいたく。これにビールがあれば言うことなし。
後句も小屋でのひと時でしょう。「かかる」「眺め」「食む」と動詞が多すぎ。特に「眺め」はいらない。「見る」「聞く」「感じる」などの知覚動詞は基本的に不要と覚えて下さい。
遊介さんに後句を選句して貰う。→ 山頂ではなんでも美味しいものですが、このトマトは格別でしょう。旨そうにトマトに齧りつく作者の顔を想像します。
:二句とも赤岳登山の途中、トマトが冷やしてあって、それを皆が美味しそうに食べた時の句。私は食べそこなって、残った胡瓜を食べた。
私の選句。
◇馬空
おつまみは冷しトマトに塩振りて
⇒この句から、おつまみと肴とアテはどう違うのだろうとよけいなことを考えました。同じようなもんだけど若い女性はアテとは言わないような気がする。また、ビールに枝豆、ワインにチーズなど、ふさわしい組み合わせもありますね。じゃあ冷しトマトは? 日本酒じゃなくやっぱり生ビールかな。
◇はな
窓越しに通る江ノ電かき氷
⇒カフェかレストランの窓際の席でかき氷を食べている。江ノ電の向こうには海が見えているかも知れない。
◇夢路
ざく切りのトマトのパスタひとり膳
⇒ひとりの休日の昼ごはんにぴったりの献立ですね。
◇三四郎
ころあひのトマトをもげば虫の穴
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1566-d561c24d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR