FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

赤岳

赤岳登山二日目。いよいよ赤岳登頂を目指す。5時前に起床し5時半朝食。
夜中にトイレに一度起きたが、後は良く眠れた。Nkさんに借りていたミニランプを返す。
朝食は、食欲がないが何とか掻きこむ。
あいにくの曇り。前線通過で、荒れ模様。強風。午後から雨とも。
行者小屋前。一杯登山者がいる。(クリックすると拡大)
IMG_1124fsdf (640x480)
6時10分行者小屋出発。強風なのでウィンドブレーカーを着るようにとSkリーダーが指示する。
IMG_1129qqq (640x480)
ゴゼンタチバナ(御前橘)。
IMG_1133fhh (640x480)
地蔵尾根を行く。急登で梯子が多く、登りと下りと交互になるので渋滞する。
IMG_1136hjj (480x640)
途中たびたび止まるのはリズムが狂う。降りてくる人が多い。
IMG_1138mnnm (640x480)
Skリーダーは降りてくる人に上の様子を聞いてる。尾根道は強風で、注意が必要。山小屋で危険と言われ、途中であきらめて降りてくる人もいる。
IMG_1139ghjh (480x640)
Skリーダーの判断で、赤岳展望小屋まで行って赤岳登頂するかどうか決めると言う。尾根道に出ると風が強く吹き飛ばされそうになる。鎖場があり、Skリーダーから、慎重に注意してと檄が飛ぶ。最大傾斜40度はある。
7時43分、お地蔵さんに着く。ガスで何も見えない。
IMG_1142ghj (480x640)
ちょっと霧が切れたので下界を見る。
IMG_1144qqq (640x480)
7時51分赤岳展望荘に着く。
IMG_1147ggg (640x480)
コマクサ。
IMG_1146jkhkj (640x480)
中に入って一息つく。先に進むかどうするかというときに何と富士が見えるよと言う声が上がる。雲間が晴れて富士が見えた。外に出ると晴れ間が見え、富士が神々しい。
IMG_1150jlkkl (640x480)
この一瞬で来たかいがあった。
IMG_1155lkjlk (640x480)
皆、疲れを忘れてシャッターを切る。
IMG_1157klk (640x480)
Skリーダーが赤岳登頂しましょうと決断する。
ザレたジグザグ登りの登山道には鎖が設置されている。Mzさんが結構早いので驚く。こっちが遅いのかな。まあ無理しないで行こう。
チシマギキョウ。
IMG_1160kk (640x480)
タカネシオガマかな?
IMG_1161hhfh (480x640)
霧と風が凄い。
赤岳山頂直下のザレた岩場で後続を待つ。
IMG_1162hjkk (640x480)
8時55分赤岳頂上小屋に到着。霧で何も見えない。
IMG_1163gjh (640x480)
9時4分赤岳頂上(2899m)に到着。やったーと喜ぶ。標高差550mを登るのに渋滞と強風で時間がかかり3時間弱かかる。
「山名は山肌が赤褐色であることに由来し、山頂は南峰と北峰に分かれており、南峰に一等三角点と神社がある。北峰には赤岳頂上山荘がある。」
IMG_1166lklk (640x480)
IMG_1168hkk (480x640)
山頂での記念撮影は順番待ち。強風と霧の中、全員の記念撮影をする。
IMG_1170myyu (640x480)
風が強く霧も濃く何も見えないので9時10分早々と下山に入る。下山ルートは中岳、阿弥陀岳のルートは止めて、文三郎尾根のルートにする。降りは急だし濡れているので慎重に降りる。
少し渋滞した時だけカメラを構えるので、シャッターチャンスを逃すことが多い。
石楠花。
IMG_1169jljl (640x480)
コケモモ。
IMG_1171kjk (640x480)
イワベンケイ。途中大群落があったが岩場の降りだったので撮り損なう。
IMG_1172kk (640x480)
岩場の鎖場の急傾斜は渋滞が多い。それでもあせらず慎重に。
IMG_1173klkl (640x480)
今から登る人も多い。
IMG_1178kllk (640x480)
文三郎尾根が続く。
IMG_1179fgh (480x640)
IMG_1181uyuy (640x480)
岩場を過ぎてからストックを使う。
霧の切れ目に下の行者小屋が見える。
IMG_1184qqq (640x480)
先頭に立ってから、調子が出てきて、行者小屋まではサッサか降りる。Nzさんが追いかけてくるが他は引き離して調子に乗る。子供っぽいね。10時41分行者小屋に到着。
IMG_1187fqqq (640x480)
ミヤマゼンコ。
IMG_1189qqq (640x480)
ここで昼食。Khさんがバーナー(ガスボンベはSkさん)で沸かしてくれた珈琲を飲む。美味いなあ。
IMG_1194tyy (640x480)
テントは朝方よりかなり減ってる。
IMG_1196qqq (640x480)
救助用のヘリコプターが飛んでる。滑落した人がいるそうだ。風が強いので二回ばかりやり直してから、無事救助したみたい。
IMG_1192rttr (640x480)
11時22分出発しようとしたら、雨が降って来た。Skリーダーの指示で全員雨具をつける。雨具は新品。Ikさんが何時もと違うと言う。良く見てるなあ。今度は南沢ルートで降りる。カメラを仕舞って雨の中を黙々と歩く。滑るのを気をつけるのですごく疲れる。転ばないようにゆっくりとねとSkリーダーから何度も声がかかる。疲れが出てきたら、Skリーダーが後ろを向いて笑って笑ってと言う。
14時1分、美濃戸小屋に着く。ここで小休止。
IMG_1197qqqq (640x480)
雨は止んだようだ。トマトを齧ってるのを見て、行こうかと思ったが疲れて腰があげられない。
雨は止み気味だが、雨具を着けたまま歩く。蒸れて暑い。
イブキジャコウソウ。
IMG_1200kllk (640x480)

IMG_1201qqq (640x480)
アカショウマ。
IMG_1202qqq (640x480)
木苺。
IMG_1203ryty (640x480)
やっと下界の花に出会う。
IMG_1204fgh (640x480)
15時23分美濃戸口に到着。
IMG_1205qqq (640x480)
標高差1409mを降り切った。9時間強。良く歩いた。
Skリーダーの的確な指示には感服。来週は南アルプスとか。脱帽。
Nzさんは通勤に自転車で鍛えてるだけあって強い。Skリーダーが押さえないとどんどん行ってしまう。
Ikさんは後半m休息時は直ぐに座っていたが、最後まで衰えなかった。くたばるのをひそかに期待したが裏切られた。
Kmさんは眠いと言いながら食欲旺盛。後半元気が出てきて早かった。
Mzさんは、水をあまり飲まないので心配したが、最後まで衰えなかった。煙草を切らしてたのが良かった?
Khさんは、後詰。先週、富士登山したばっかり。すっかり山男。
Nkさんは、皆を笑わせる。カメラを構えると変な顔するので困ってしまう。
帰りは小淵沢の道の駅の温泉に入り打ち上げを行う。怪我もなく無事下山でき、皆で喜び合う。
良い山仲間に巡り合えて幸せ。
帰りは渋滞したが、Mzさんの運転は的確。山の疲れが出ないのかと聞いたが、運転にエネルギィはいらないと言う。
車から降りようとしたら、腰と膝が痛い。よろけてしまった。駅の階段のきつい事。
Sさんに楽しかったよと言ったが、玄関でふらつく。鍛え方が足りなかった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1559-3fdb63f7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR