FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

おまえは孤独を

歌の練習をしてから、水曜会に出かける。今日は浜離宮朝日ホールリハーサル室。練習場は恵比寿が基点だったが、マネージャーのHmさんが予算の関係もあって他の場所の開拓に努めている。
浜離宮朝日ホールリハーサル室は演奏会当日の練習等で良く使ってるので慣れている。天井が高いので、何時もと音の響きが違う。
体操。発声練習。
「ノスタルジア」信長貴富編曲。
「村の鍛冶屋」作詩作曲者不詳。
テナーの欠席はHtさん、Thさん。
11小節「to ka ton to ka」の二度目のtoの音程が上がりきらない。
14小節「ふいーごの」の「ご」の音が上がりきらない。
54小節 poco a poco stringは「少しずつ、次第に早く」
「ペチカ」山田耕作作曲、北原白秋作詩。
音を作るのではなくフレーズを作る。
「私が私に出会うとき」松波千映子作曲、みなづきみのり作詩。
「おまえは孤独を」
日曜のパート練習の成果と勢い込んだが、やはり難しい。
24小節「たましいはー」の出だしが遅れる。8分休符が入ってるのでつい遅れてしまう。
今のところ、自習も含めて最も時間をかけて練習してる。その内、成果が出ることだろう。
「やがて来る春に」
62小節「かぜがーほほを・・・」ソプラノとユニゾン。揃える。
休憩時間。
団長から、先生の指示が細かくなってきてるので、書き込むこと。
Isさんが演奏会用費用の案内をする。何時もより早い。
「島よ」大中恩作曲、伊藤海彦作詩。
49頁「までのやさしさ」ブレスしない。
34頁から69頁まで通して歌う。
「フォーレ合唱曲集」
「マドリガル」
この曲を歌うとほっとするようになってきた。
終了。片づけをして帰る。Ikさんに来てたのかと言われる。山形へのチケットの座席が決まったら、近くの席を取るから教えて欲しいと話す。
外は風が強くて寒い。
帰りにSsさん、Ogさん達と一緒で、雪かきの話が出て、Ssさんが自分は玄関周りのみ雪かきをして、後はご主人がしたと言う。ちゃんと雪かきしたんでしょうねと聞かれたので、正直にSさんがやったと言ったら、ブーイング。愛妻家と言ってるのに何よとか、スキーしてるんだから寒さには強いんでしょうとか散々。
帰って、Sさんにこの話をしたら、それが普通ですよ。Sさんが何でも早いからなあと言ったら、あなたもおぼっやんしてないでちゃんちゃんとして下さいと言われてしまった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1399-69fe0035

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR