FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

センター北・南散策

来週末にYY会登山がある。演奏会前、家に籠って練習し、なまった体を戻したい。2週間籠っていたので、戻すにも2週間かかるだろう。
センター北・南駅の散策路に出かける。
近所の菊。(クリックすると拡大)
IMG_2129dgdg (640x480)
センター北駅に到着。
IMG_2131rtyyr (640x480)
何時もはスタート地点で迷うのだが、今日はスムーズに行く。
杉山神社。
IMG_2132fgh (640x480)
「杉山神社は本源の所在不明。現在、横浜市内に「杉山神社」と称する神社は41社。また新編武蔵風土記稿に72社、うち都築郡24社の記載がある。杉山神社の分布はいずれも鶴見川の本流、並びに支流ちかくに鎮座している。 なお杉山神社のうち五十猛命を祭神とするのは「杉山」と植林の神としての五十猛命の神格が結びついたものであり、日本武尊を祭神とするところは、東征伝説から付会されたものであるとされ、多くの杉山神社が五十猛命もしくは日本武尊を祭神として祀っている。」
熱心にお参りしてる女性がいた。
IMG_2133dfg (640x480)
中川八幡山公園。「早渕川沿いの、半島が突き出たような小高い丘の上にある公園です。 縄文早期・中期、弥生時代などの遺跡が、昭和52年の調査で発見されました。遺跡は発掘せず未来の考古学に関わる人への遺産として、そのまま保存されている。」
IMG_2134gfg (640x480)
IMG_2136ghgh (640x480)
上ではお祭りの準備が進んでいる。
IMG_2137fgf (640x480)
シモツケ(下野)。
IMG_2135fghh (480x640)
お祭りのためか綱が張ってあり、地図にある降り口を見落としてしまった。
大回りになるが、早渕川を目指す。途中に東善寺に立ち寄る。「寛永10年(1633)。今から約360年前。そして宝永元年(1704)に権田村が小栗家の知行地となったことから、小栗家との縁が始まる。」幕末の小栗上野介と関係がある。
IMG_2138fdgf (640x480)
矢先橋で早渕川を渡る。
IMG_2141sdfd (640x480)
都筑中央公園に沿って歩く。
IMG_2143fdgfgd (480x640)
途中、鶏が3羽いる。なぜこんなところに放し飼いになってるのだろう。
IMG_2145gfhg (640x480)
公園への入り口が見つからず、不安になりかかった頃、ようやく入り口が現れる。
IMG_2148fdgfg (640x480)
トンネルの上の陸橋を渡って、渋沢口から公園に入ろうとしたところで、道を聞かれる。おじいさんがカメラを見て、目の良い頃は随分、あちこち撮影に歩いたと言う。以前は街中に住んでいて、ここまで撮影にきた。30回以上も来たので、引っ越ししてこちらに移ってきたら、目を悪くして、撮影が出来なくなったと言う。今も医者に通っている。随分、長くお話をする。
ばじょうじ谷戸池。
IMG_2151ghfgh (640x480)
ミソハギ。
IMG_2153fhf (480x640)
ばじょうじ谷戸窯。「「里山倶楽部」が炭焼きなどを行っています。竹炭を作ったりする様子を***に見ることができます。」
IMG_2154ghgh (640x480)
ステージ広場。遊んでる親子連れや読書してる人がいる。
IMG_2156dfgfd (640x480)
森の中に入って行く。公園は広大19.6 ヘクタール。
IMG_2158dfgdf (640x480)
宮谷戸窯。
IMG_2159dfgfgd (640x480)
宮谷戸の大池。親子連れが虫取りをしてる。
IMG_2160fgfg (640x480)
IMG_2167hfgfhg (640x480)
茅ヶ崎杉山神社に向かう。「天武天皇白鳳3年に安房神社神主の忌部勝麿呂が御神託によって、武蔵国の杉山の岡に高御座巣日太命(高御産日命)・天日和志命(天日鷲命)・由布津主命(阿八別彦命・天日鷲命の孫・忌部氏の祖)の三柱を祀った「杉山神社」としたことにはじまるというが信憑性は乏しいとされている。」「杉山神社は72社もあるが、その本社と有力視されている4社のうちの一つ。」
IMG_2162fghf (640x480)
公園を抜けて昭和大学横浜市北病院の横を通る。かって検査に来たことがある。
IMG_2168jhhg (640x480)
センター南駅に到着。ここまでは珍しくあまり迷わなかった。
IMG_2170ghjghj (640x480)
正覚寺。「四季を彩る樹木に囲まれ、閑静な佇まいを見せる花の寺・正覚寺。・・・ご本尊、虚空蔵菩薩は、宇宙を満たすほど広大無辺な智慧と福徳が大空のように限りなく果てしなく無尽蔵であるので、虚空蔵と名付けられています。」
IMG_2172fggf (640x480)
お地蔵様が参道に並ぶ。
IMG_2175dffd (640x480)
本堂でお参り。
IMG_2179rtrt (640x480)
茅ヶ崎城址公園。「中世にあった茅ヶ崎城の城跡を保存した公園。茅ヶ崎城は治安年間に多田行綱による築城とする言い伝えもあるが、正確な築城年代は分かっていない。現在は、おそらく後北条氏による築城だろうと考えられている。」土塁跡。
IMG_2183bvnn (640x480)
「空堀」「郭」「土塁」などが良好な状態で残るとある。草に覆われている。
IMG_2189gfh (640x480)
再び早渕川を渡って、大塚・歳勝土遺跡公園に到着。
歳勝土遺跡(方形周溝墓群)。「大塚遺跡に住んだ人々のお墓で、方形周溝墓とよばれる形をしています。低い四角形の盛り土と、その四辺を溝で囲んだ形がその特長です。」
IMG_2202dfgfg (640x480)
大塚遺跡(環濠集落)。「今から約2000年前の弥生時代のムラの跡です。外からの敵を防ぐために周囲には濠がめぐらされていました。当時は100人くらいの人々が暮らしていたようです。遺跡内には、竪穴住居7棟をはじめ高床式倉庫、型取り遺構、木橋などが復元してあります。」
IMG_2206fgfd (640x480)
「現在、歳勝土遺跡と大塚遺跡の3分の1の面積にあたる約33,000平方メートルが保存され、大塚遺跡で発見された遺構のうち竪穴住居址27軒を保存(うち7軒を復元)。」
IMG_2207dfggf (640x480)
中の様子。
IMG_2208fghfg (640x480)
夢中になって7軒全部を見て廻る。
IMG_2214gfgf (640x480)
IMG_2215dfgg (480x640)
IMG_2217fghf (640x480)
「高床式倉庫と考えられる掘立柱建物は検出された10棟のうち1棟を復元。」
IMG_2218hjgh (640x480)
母娘の親子が盛んに写真を撮ったり覗いたりしてる。私と同様、興奮してるみたい。そばで小さな子供を遊ばせてる親子は、何時も来てるのか遺跡には全く興味を示さない。
IMG_2220cxvxc (640x480)
ここからセンター北駅は、近い。広い道路を通るのが嫌で脇道を通ったら迷子になった。
何時まで経っても駅らしい繁華街が見えてこない。このトンネルで、やっと迷ったなと思う。
IMG_2222dfgdg (640x480)
何と徳生公園まで来てしまった。
IMG_2226fdgfd (640x480)
親子連れのお父さんにセンター北駅への道を聞く。すぐ近いような感じだったが15分かかる。迷いだしてから30分もうろついた。水もペットボトル2本飲み切った。結局、3時間以上休みなく歩いた。鍛錬には役立ったことだろう。
帰って、ビールが飲みたかったが、二日続けて飲むと太るとSさんに止められてしまった。でも甘いものを勧めたので、太ってしまったんではないだろうか。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1192-bbf54900

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR