FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

自由が丘近辺の散策

庭の朝顔。(クリックすると拡大)
IMG_1827dfsdf (480x640)
近所のマンデビラ。
IMG_1828sdsd (640x480)
Sさんと自由が丘に出かける。用事を済ませて、蕎麦屋に入る。談笑。Sさんはこれから用があるので別れる。
自由が丘の周辺を散策するために出かける。演奏会後、ぽっちゃりしてしまった体を鍛えて山に備えてる。
最初に熊野神社に立ち寄る。
IMG_1830asd (640x480)
「源頼朝が亡くなった翌年に、自由が丘に熊野神社が創建されたという。・・・「中世から近世にかけて熊野詣でが盛んな頃、この村の人々が講をつくり那智(和歌山)の熊野参りをして、神社を建てたといわれている」
IMG_1832dsfsf (640x480)
立源寺に到着。
IMG_1835dfg (640x480)
蓮が綺麗。
IMG_1838sdsd (640x480)
IMG_1845gfgf (480x640)
「寛永元年(1624)、碑文谷法華寺(現円融寺)の日運上人によって創建された。初めは同寺の末寺だったが、法華寺が他宗の施しを受けず、また施しをしないという不受不施の教義で幕府から弾圧されたとき、同寺を離れて日蓮宗の大本山・身延山久遠寺の末寺となって難を免れ、現在に至っている。 」
IMG_1842fghfh (640x480)
お参り。
IMG_1842fghfh (640x480)
日蓮上人像。
IMG_1843dgf (480x640)
岡田家の長門門。「岡田家は代々旧衾村の名主を務めた家柄で、長屋門は江戸時代に造られた。門は初めワラ葺きだったが、昭和15年に安政の地震や関東大震災で傷んだ門を大修理したとき、現在のような瓦葺きに改めたという。 この付近は昔「岡田の森」と呼ばれたほど木々がうっそうと茂っていた所でもあった。その面影は、岡田家の裏手に方に広がっている中根公園に残っている。」
IMG_1849rettr (640x480)
寺郷の坂。「 坂のあるところが江戸時代の目黒六カ村のひとつ衾村(ふすまむら)の字名寺郷であったことに由来します。」
IMG_1851fgfh (480x640)
鉄飛坂を上って帝釈堂に着く。思ったよりこじんまりしてる。
IMG_1854hjkhj (640x480)
「現地の案内板によると、この鉄飛坂帝釈堂には三基の庚申塔が納められているという。またこの三基とは別に一基の題目塔があるそうだ。題目とは、先の九品仏道標でも見た日蓮宗の「南無妙法蓮華経」という題目のことである。また一基には帝釈天の画像が描かれているようだ。この堂が「帝釈堂」と呼ばれる由縁であろう。年代は江戸時代から明治時代にかけてのものである。」
IMG_1856hjkk (480x640)

IMG_1857tyuty (640x480)
少し戻って中根公園を歩く。
IMG_1860fgg (640x480)
呑川本流緑道を歩く。傍に東工大があり、学生が多い。「新編武蔵風土記稿は、呑川について「水源は郡中世田ヶ谷領深澤村より出て、わつかなる流なれと、衾、石川、雪ヶ谷の三村を歴、道々橋村に至て千束溜井の餘水合して一流となり、(中略)北大森村にて海に入」と記している。雨が続くとすぐはんらんして、辺り一面飲み込むがごとく水びたしにしてしまうのが、その名の由来ともいわれる。」
IMG_1867gjgj (640x480)
緑が丘駅を通過して九品仏緑道を行く。ノウゼンカズラの輪をくぐる。
IMG_1873fghfh (480x640)
少し物足りないので自由が丘駅を通過して、九品仏緑道を更に先に進む。
おばさんが日傘を差しながら前を歩いてる。追い抜こうとしたが、結構速くて追いつかない。
緑道の終点は、ねこじゃらし公園。
IMG_1875rryyt (640x480)
自由が丘駅まで緑道を引き返す。
IMG_1878sdfdf (480x640)
自由が丘駅に到着。2時間強歩いた。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1183-ba12e8b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR