FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

松山と子規(その2)





昼食はうどん屋で。(クリックすると拡大)
IMG_0574fdggf (640x480)
2泊する全日空ホテル。早い時間だったがチェックイン出来る。
IMG_0575ett (640x480)
坂の上の雲ミュージアムに向かう。
当時の格好をした案内人。
IMG_0576fgh (480x640)
「司馬遼太郎氏の代表的長編小説であり、NHKスペシャルドラマとしても2009年から2011年の3年間に渡り放送された「坂の上の雲」。「坂の上の雲」ミュージアムでは、激動の時代を生き抜いた3人の主人公の人生や業績を紹介するだけでなく、小説に込められたメッセージを活かした「新しいまちづくりの拠点」として機能していきます。」「この物語は、日本騎兵を育て上げた秋山好古、日本海軍の戦術を確立した秋山 真之、そして俳句・短歌の革新を成し遂げた正岡子規という、文明開化から日清 ・日露戦争までの約30年間の日本と、明治という時代の礎を築いた3人と、その 時代を生きた人々の姿が生き生きと描かれています。」
IMG_0577ry (640x480)
「ミュージアムでは、訪れた人たちが小説「坂の上の雲」をより深く理解できるように、合計1296回にも及んだ産経新聞連載記事の壁面展示や、主人公たちの直筆資料、その他主人公たちの生き様が感じられるような展示が行われています。」
子規と漱石の俳句。
IMG_0583dfgfd (480x640)
建物の中は階段、坂が多い。坂の上の雲だから坂が多いのかしらとSさんが言う。
IMG_0585ghjgh (480x640)
明治の若々しい荒々しい息吹が伝わって来た。満足。
萬翠荘に向かう。
「萬翠荘は、大正11年(1922年)旧松山藩主の子孫にあたる久松 定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が、別邸として建設したものです。
陸軍駐在武官としてフランス生活が長かった定謨伯爵好みの、純フランス風の建物は、当時最高の社交の場として各界名士が集まり、皇族方がご来県の際は、必ず立ち寄られたところであります。また、裕仁親王(後の昭和天皇)の松山訪問に合わせ、完成を急がせたとも伝えられております。」
IMG_0590dfgaaa (640x480)
部屋は美しい。
IMG_0591ffg (640x480)
「踊り場の大窓に広がる海の風景は、グラデーションを使用した繊細な色彩のステンドグラスで、これまでハワイ製と言われていたが、2010年の愛媛県の調査(奈良文化財研究所に委託)により木内真太郎の制作と判明した。」
IMG_0592yuty (480x640)
俳句の殿堂があった。「・・・全国およそ800の結社1,000万人の俳人は数々の名句を生みだしていますが、その多くが結社誌や月刊誌などに収録されるものの、結社主宰の名句が一堂に会することはありません。
国重要文化 財萬翠荘では、俳句の殿堂を設け主宰の代表句色紙を展示しています。・・・ 結社主宰の代表100句ともなれば、それぞれに読み応えがあり文学性の高みは多くの俳人の参考になるものです。・・・」
IMG_0602dfgfgaaa (640x480)
「童子」が載っている。
IMG_0598cbcvaaa (480x640)
愚陀佛庵と松風会の展示。
「愚陀佛庵は、夏目漱石が英語教師として松山中学校に赴任した際、下宿していた上野家の離れ。正岡子規が療養のために居候し、1階に正岡子規、2階に夏目漱石が住み、52日間共に過ごし、俳句づくりに没頭しました。小説「坊ちゃん」はここで過ごした松山での教師体験を元に生まれました。この「愚陀佛庵」という名前は夏目漱石の自分の俳号「愚陀佛」から名付けたという説と、正岡子規が「愚陀佛がいる庵」と呼称しているところから、正岡子規が名付けたという説があります。」
「松風会は子規直系の日本派俳句結社で、全国にさきがけて、明治27年3月27日に発足しました。」
IMG_0603xcvxc (480x640)
「2010年7月12日の記録的な豪雨で、松山城の城山において大規模土砂崩れが発生し「愚陀佛庵」が全壊しました。」
IMG_0612dfg (640x480)
萬翠荘を振り返りつつ。
IMG_0613gh (480x640)
「子規が幼少の頃、外祖父大原観山とこの庭石の上で囲碁を楽しんだと言われる。」
IMG_0617hgfhg (640x480)
坊ちゃん電車が行く。
IMG_0625gdfg (640x480)
松山城に向かう。
IMG_0629fghgf (480x640)
「松山市の中心部、勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城は、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦で有名な七本槍の1人、加藤嘉明が築いた四国最大のお城です。門櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた日本一の連立式天守を構えた平山城と言われております。」
時間が遅くて中には入れなかった。
IMG_0642dfgdfg (640x480)
ぐるっと城の周りを回っていたら散策中の地元のおじさんが、観光客が知らない写真撮影スポットを教えてくれた。Sさんと喜んで行ったら確かに素晴らしい。
IMG_0653sad (640x480)
IMG_0654dffgaaa (480x640)
IMG_0656dfg (480x640)
遥かに霞んだ先が瀬戸内海。
IMG_0659ghhg (640x480)
松山城二之丸史跡庭園に向かう道を降りる。誰も通ってない静かな道。
IMG_0663hjkkj (480x640)
庭園は締まっていた。Sさんが外の出られるかしらと心配したが、向こうからジョガーがやって来てほっとする。
再び坊ちゃん電車。
IMG_0665dfgfgaaa (640x480)
Sさんが引き返しても入りたいと言ったお店。ジュースとシャーベット。
IMG_0667gffg (640x480)
秋山好古・真之兄弟の生誕地。既に資料館は締まっていたが、好古の像は外から見れた。
IMG_0669vcxcvaaa (640x480)
ホテルの引き返す途中で、ビルに子規の句が。
松山や秋より高き天守閣  子規
IMG_0672sddf (480x640)
ホテルに帰って、お風呂に入って汗を流す。夕食はホテル屋上のビアガーデンにする。
周り若い人人ばっかりで、賑やか。Sさんと楽しく麦酒とワインを飲む。Sさんとゆっくり談笑出来て幸せ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1149-bf1cb9f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR