FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

伝説の古墳を囲む植田かな

庭のアスチルベ。
IMG_0462asd (640x480)
大門句会。兼題はあゆか先生からの
「植田」 田植、早苗饗、早乙女など田植え関連の季語。
「舟虫」
「実梅」 梅の実、青梅
「縁」 えにし、ゆかり、出合い
選句は何時もながらSさんにして貰う。Sさんがいない時は、自分で選句して持っていくが、どうも確率が悪い。
近所の菊みたいな黄花コスモスみたいな花。
IMG_0465dfggf (640x480)
チロリアンハット。
IMG_0467ryyt (640x480)
句会に参加。何時もながら三四郎さんが幹事。今回の主催はあゆか先生。
参加者は、勝山さん、はなさん、のり子さん、馬空さん、遊介さん、さらさん、糸さんの10名。
何と特選に選ばれた。これで二か月連続特選。
伝説の古墳を囲む植田かな  光
あゆか先生特選、のり子さん、馬空さん選。
句評:太古の昔から農耕が延々とつながっており、一面浮き出た情景。
三四郎さんから古墳に伝説はつきもの、説明的になってると。ここらは難しい。
:古墳は家の近所でも良くある。古墳を囲む植田は写真などで見ただけだが、近所の古墳と結び付けて詠んでみた。
夏山やこれもご縁と水を分け  光
あゆか先生、三四郎さん、勝山さん選。
句評:腰を下ろした隣りあわせの人に水を分ける。ご縁が上手く使われている。
:これは山では時々見かける。私は水を貰う方。
夏菊や縁薄き子の一周忌  光
三四郎さん、遊介さん選。
句評:夏菊が嵌ってる。小さい夏菊を持って来て、哀悼の意を表してる。
数えても庭の実梅の少なさよ  光
:我が家の梅の実感。
舟虫が逃げるついでにチクリ噛み  光
:舟虫は噛まないでしょうと言われてしまったが、間違いなく噛む。噛まれたことある。皆が知らない事は選句されにくい。
私の選句。
雷に打たれし如く出会いたり  さら
あゆか先生、三四郎さん、遊介さん、糸さん、光選。
句評:一瞬の出会い。あこがれ。 
私(とSさん)の事を詠んで貰ったみたいと言ったら大笑い。誰かがてっきり私の句だと思ったと。
人去りし植田の隅に余り苗  勝山
あゆか先生、馬空さん、さらさん、のり子さん、はなさん、光選
葉の裏に取り忘れたる実梅かな  さら
あゆか先生、三四郎さん、馬空さん、勝山さん、のり子さん、光選。
ゆらゆらと棚田に波紋南風吹く  糸
あゆか先生、三四郎さん、馬空さん、光選。
特選句。
青梅や村の悪がきたむろして  三四郎
あゆか先生特選、遊介さん、さらさん選。
蟻眺む句会の縁出来てより  のり子
あゆか先生特選、三四郎さん選。
楽しかった。
また吟行しようと言う話が出ており楽しい。吟行は苦吟の最たるものだが、楽しいから不思議。
帰って、Sさんに報告したらにんまり。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1141-1fd44278

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR