FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

風吹くや凛と上向く牡丹の芽

三四郎さんから102回大門句会勉強会の結果が送られて来てる。
兼題は私の出題の「牡丹の芽」。⇒は三四郎さんのコメント。
◇光
風立つや凛と上向く牡丹の芽
春雷やわざと泥水はねらかし
⇒少し強い春風の中でつんと力をこめたような芽の有様がうかびます。ちなみに、「風立つ」に季節感はないと思いますが、秋の季語としている歳時記もあるようです。「風光る」は春、「風薫る」は夏の季語です。
「はねらかし」がわかりません。「跳ね散らかす」ならわかる。それと誰がわざと?
:「風立つ」は私の持ってる「俳句歳時記」では季語になってないので使ってしまったが秋の季語のようでした。
風吹くや凛と上向く牡丹の芽
「はねらかし」は「撥ねらかす」「撥ねらす」があるので使ってみたが無理かもしれない。
春雷や駆けて泥水跳ね散らす
自分のつもりだったが、上手く詠めない。
私の選句。
◇のり子
菰の目を透ける日射や牡丹の芽
⇒寒い時期は雪や霜がかかるのを防ぐために菰をかけるのですね。日射しが春の到来のよう
◇遊介
干し竿に絡むティシャツ春一番
⇒いろんなものが飛んできますがティーシャツが暖かくなった季節らしくていい。
◇はな
ゆるくなる鼻緒となりし牡丹の芽
⇒庭下駄かなにかの鼻緒がゆるくなったのでしょうか。ちょっと古くなったのかな。久しぶりにはいて見て気付いた。
◇三四郎
この寺に徐福伝説牡丹の芽
「サンキの会」で北海道スキーに出かける。今シーズン、最後のスキー。
北海道出身のMnさんが企画。会の幹事はHmさん。
会長のMzさんが奥さんの手術等で欠席。
今シーズン初参加のTwさん。サンキは傘寿から取ってるので、81歳のTwさんが参加すると会の趣旨と合う。
Krさん、Ikさんで6名。私の年が下から2番目と言うそうそうたるメンバ。
予定通りに札幌に向かう。
千歳空港で昼食を取る間、ほっとする空間があった。(クリックすると拡大)
IMG_2403asddas (640x480)
ホテルに回ってくれるバスに乗る。これが失敗だった。先週の大雪で大渋滞。札幌近くなってからノロノロ運転。飛行機の時間よりバスの時間の方がかかる。やれやれと思ってたら、後少しでホテルと言うところでタクシーと接触。代わりのバスが来るまでバスの中で、足止め。ようやく代わりのバスが来て、ここで降りる。歩くと大雪が降ったのが良くわかる。
IMG_2409asds (640x480)
雪祭りの跡。
IMG_2411hgjjh (640x480)
滑る道を注意しながら、札幌グランドホテルに到着。
部屋はビジネスホテル並み。Mnさんとツウィンで同室。
夕食は、あらかじめパックに入ってる「囲炉裏Dining Barほのわ」で食事。口うるさい先輩諸氏は、疑問を呈するようなところもあったが、私は十分満足。飲み物が高いのが不満。
部屋に戻ってから、二次会。明日があるので、あまり長引かずに助かる。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadakunimitsu.blog130.fc2.com/tb.php/1043-6c13692b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR