FC2ブログ

2020-05

Latest Entries

5月最後の朝散歩

5月31日。
5月も最後の日となった。コロナで過ごしやすい時期に外出もできず、早朝散策が楽しみとなった。
ちょっと遅めの朝散歩に出発。日吉公園を抜けて矢上川に行く。日吉公園は親子ずれでにぎわっている。
矢上川のコサギ。脚で小魚や虫を追い出してる。
IMG_0691aaa.jpg
亀が甲羅干し。
IMG_0693aaa.jpg
矢上川にいた親子連れはかなり大きくなっていたので見分けがつかない。5羽が近くにいるのでそれがそうかなあ。
IMG_0695aaa.jpg
江川に入る。かなり大きくなっている12羽のカルガモがいる。親と見分けがつかない。
IMG_0706aaa.jpg
ハクチョウソウ。
IMG_0707aaa.jpg
ヤマボウシが江川沿いを飾る。
IMG_0708aaa.jpg
アーティーチョーク。台が置いてあって上から見える。
IMG_0713aaa.jpg
アリウム・ギガンチウム。おじいさんが絵を展示してるらしくおばさんたちが囲んで賑やか。
IMG_0716aaa.jpg
こちらのカルガモはまだ雛。
IMG_0722aaa.jpg
往復して帰りに寄ったら雛はもうお休み。
IMG_0739aaa.jpg
親鳥は側で見守ってる。
IMG_0738aaa.jpg
江川の草花はボランティアの方々が手入れしてる。この時期アジサイがきれい。
IMG_0740aaa.jpgIMG_0745aaa.jpgIMG_0748aaa.jpgIMG_0756aaa.jpgIMG_0758aaa.jpg
小雀が石の上にとまっていて親鳥がせっせと餌を運んでる。小雀が年を越す確率は低いようでうまく育ってほしい。0.32だそうだ。
IMG_0764aaa.jpg
大きくなったカルガモの雛。親鳥が見守ってるがもうすぐ親離れか。おじいさんが来年は卵を産むよ。だから寿命は短いと言う。野生では5年から10年と言われてる。
IMG_0771aaa.jpg
矢上川に戻る。まだ亀が甲羅干しいてる。長寿だからのんびり生きてるのだろう。
IMG_0782aaa.jpg
鯉は増えてるなあ。
IMG_0784aaa.jpg
帰りにバナナと海鞘とスイカ、お菓子を買う。
12836歩。良く歩いたなあ。
スポンサーサイト



苦吟

5月30日。
大門句会勉強会の期限が今日。兼題は野里子さん出題の花菖蒲。江川沿いでよく見かけるので簡単に詠めると思ったがそうはいかなかった。私は頭が俳句モードになるのに時間がかかる。先人の句を詠んだりして頭を切り替えようとする。時間がかかってしまいつかれる。二日はかけないと私には無理だった。Sさんは案外あっさりと作る。もう少し本気になればすごいだろう。
庭の百合。
IMG_0675aaa.jpgIMG_0674aaa.jpgIMG_0676aaa.jpgIMG_0677aaa.jpg
アマリリス。
IMG_0673aaa.jpg
ツツジ。
IMG_0672aaa.jpg
ヒメレンゲ。雑草だが、Sさんに抜かないように頼んでいる。以前は全て抜かれてしまったのでなくなってしまったが復活。
IMG_0678aaa.jpg
チェリーセージ。
IMG_0679aaa.jpg
サルビア ガラニチカ。
IMG_0682aaa.jpg
ピンクノサルビア。
IMG_0552aaa.jpg
オオムラサキツユクサ。
IMG_0555aaa.jpg
ユキノシタ。
IMG_0557aaa.jpg

区役所

5月29日。
庭のアマリリス。
IMG0656aaa.jpg
百合。
IMG_0657aaa.jpg
キンシバイが咲きだす。
IMG_0668aaa.jpg
区役所に手続きに出かける。Sさんが午後のほうが空いてると言うので、午後に出かける。
暑い。
行く途中のガザニア。
IMG_0662aaa.jpg
区役所の仕事は見ていても効率が悪い。慶応病院の効率とは比較にならない。まあ空いてるからそれほど待たなかったが。
IMG_0665aaa.jpg
Sさんがお店を覗くと言うので店の外で待っていたが暑いので区役所に戻って休む。
Sさんが買ってきた絵葉書にそばにいたおばさんが興味を持って話しかける。
帰り道のクレマチス。
IMG_0666aaa.jpg
7384歩。暑かった。

カルガモが気になる

5月28日。
早朝散歩に出かける。矢上川と江川のカルガモの親子が気になる。
日吉公園から武蔵小杉のビル群を見る。
IMG_0559aaa.jpg
矢上川の鯉。増えてるような気がする。江川のおじさんたちの話では、江川に鯉が多かったが、それを矢上川に移したそうだ。
IMG_0570aaa.jpg
矢上川のカルガモはまだお休み中。
IMG_0573aaa.jpgIMG_0575aaa.jpg
江川のカルガモ。かなり大きくなった。12羽。独立は2か月くらいらしいのでいつ頃だろう。
IMG_0580aaa.jpg
IMG_0582aaa.jpg
こちらのカルガモはまだ生まれたばかり。
IMG_0592aaa.jpgIMG_0594aaa.jpg
往復の帰り道。江川は清掃の頻度が多くてカルガモの子育てには不都合だが、コロナで清掃がなされてないので幸い。
IMG_0615aaa.jpgIMG_0619aaa.jpg
こちらの12羽は親鳥とあまり変わらなくなってきた。飛ぶこともできるとおじさんが話してた。
IMG_0622aaa.jpg
IMG_0629aaa.jpg
帰りの矢上川のカルガモ。石を投げる悪ガキがいて対岸なので怒鳴ろうかどうしようかと迷っていたら、青年も心配そうに対岸を眺めてる。何回も投げてからようやく母親がやめなさいと言ってようやくやめた。動物をいじめる子供はろくなものにならないと腹が立った。帰って、Sさんに話したら案外そういう子のほうが大物になるかもと言われて憮然とする。
IMG_0646aaa.jpg
矢上川の亀の甲羅干し。
IMG_0651aaa.jpgIMG_0653aaa.jpg
江川のヒメオウギスイセン。
IMG_0577aaa.jpg
アジサイ。
IMG_0584aaa.jpgIMG_0587aaa.jpgIMG_0590aaa.jpg
11358歩。まずまずの歩き。歩きが遅いのが難点。

床屋

5月27日。
数日前にスマホを水に落としてしまい、充電が出来なくなってしまった。Sさんが水をふき取り、受電口の水を吸い取る。電源を切って一日様子を見たら復活。ほっとする。
水盤にきたシジュウカラ。
IMG_0535aaa.jpgIMG_0536aaa.jpg
Sさんが移植したことで数年ぶりに咲いたツツジ。
IMG_0539aaa.jpg
床屋に行く。近所のフェニックス。
IMG_0541aaa.jpg
床屋は混んでいた。私がしてもらってる間にどんどんお客が増えて過密状態。
終わってさっぱりする。
日吉の駅周辺を散策。
ゼラニュウーム。
IMG_0543aaa.jpg
サクラソウの仲間。
IMG_0544aaa.jpg
ベコニア。
IMG_0545aaa.jpg
4864歩。
Sさんからさっぱりしたわねと言われる。

矢上川と江川のカルガモ親子3組

5月26日。
早朝散歩。日吉公園、矢上川、江川のコース。
カルガモの親子が3組いるので楽しみ。
矢上川ではカルガモがまだお休み中。
IMG_0460aaa.jpg
矢上川のカルガモ親子。まだ生まれて間もない。
IMG_0464aaa.jpgIMG_0466aaa.jpg
矢上川の鯉。増えているような気がする。
IMG_0462aaa.jpg
江川のコサギ。餌があるのだろうか。脚で盛んに水をかいて小魚や虫を追い出してる。
IMG_0475aaa.jpg
ムクドリ。何か咥えてる。
IMG_0478aaa.jpg
江川のカルガモ親子はまだ寝てる。12羽の雛。だいぶ大きくなった。
IMG_0485aaa.jpg
IMG_0489aaa.jpgIMG_0490aaa.jpg
こちらはまだ生まれたばかりの10羽の雛たち。
IMG_0506aaa.jpgIMG_0510aaa.jpg
江川の鯉は減ってしまったがいた。
IMG_0517aaa.jpg
まだ違うコサギが餌をあさってる。
IMG_0523aaa.jpg
さっき寝ていた12羽の雛たちが餌をあさっている。
IMG_0526aaa.jpg
矢上川の雛たちは帰りにはお休み。
IMG_0532aaa.jpg
ヤナギハナガサ。
IMG_0493aaa.jpg
アジサイ。
IMG_0496aaa.jpg
IMG_0499aaa.jpg
ミッキーマウスの木。
IMG_0501aaa.jpg
クレオパトラだそうだ。
IMG_0525aaa.jpg
11371歩。気持ちよかった。

源平の世も遠くなり蛍舞う

5月25日。
大門句会勉強会その344の三四郎さんの句評を見る。
兼題は馬空さん出題の「蛍」。

◇光

源平の世も遠くなり蛍舞う

縄文の闇に蛍の乱舞あり

⇒源氏蛍と平家蛍の名から源平があらそった昔を思った。

縄文の時代を想像しての句だろうが、縄文を他の時代(平安とか)に置き換えても成り立ちますね。なにか縄文と蛍に関連することがあればいいが。

:源氏蛍、平家蛍にかけて詠んでみた。蛍は成虫は水分のみで短い期間生きて生殖する。そのはかなさを句にしたかった。

縄文時代はのちの時代に比べて圧倒的に闇が濃かった時代と思う。その時の蛍の乱舞は美しかったことだろう。

◇長月

湯河原の足湯ほてりて蛍見る

蛍住む終の棲家ははるかなり

⇒足湯につかりながら蛍を見ることができる所があるのですか。旅館の庭に蛍が放たれているのかも知れません。いずれにしても至福のひとときですね。

終の棲家は蛍が住むような家がいいということですか。それとも蛍の死ぬ前の棲家ですか。ちょっとわかりにくい。

遊介さん選。

湯河原の足湯ほてりて蛍見る

→写真のワンショットを切り取ったような一句。幽玄な蛍ではなく今目の前に飛ぶ蛍です。

 

水盤にきたヒヨドリ。

IMG_0435aaa.jpg
IMG_0434aaa.jpg

水浴びが終わった雀。

IMG_0438aaa.jpgIMG_0439aaa.jpg

百合。

IMG_0446aaa.jpg

アッツ桜。

IMG_0447aaa.jpg

キンレンカ。

IMG_0448aaa.jpg

アルペンブルーとカタバミのコラボ。

IMG_0449aaa.jpg

サルビア・ガラニチカが咲きだした。

IMG_0450aaa.jpg

トキワツユクサ。

IMG_0451aaa.jpg

ツツジはここ数年咲かなかったがSさんが移植したら咲きだした。日光だ!

IMG_0534aaa.jpg

慶応日吉キャンパス

5月24日。
早朝散歩に出かける。
慶応の銀杏並木。
IMG_0405aaa.jpg
福沢先生。
IMG_0407aaa.jpg
藤山記念館。藤山雷太像。
IMG_0408aaa.jpg
日吉記念館。
IMG_0409aaa.jpg
教養学部の時にKs君とキャッチボールした。
IMG_0410aaa.jpg
慶応義塾高校。3年間通った校舎。
IMG_0412aaa.jpg
高校時代ここでカレーをよく食べた。
IMG_0413aaa.jpg
マムシ谷を見下ろす。
IMG_0414aaa.jpg
マムシ谷へ降りる。
IMG_0415aaa.jpg
アザミ。
IMG_0416aaa.jpg
一の谷。
IMG_0418aaa.jpg
テニスコートはお休み。
IMG_0419aaa.jpg
フェンシング部、相撲部。
IMG_0420aaa.jpg
ボクシング部。
IMG_0421aaa.jpg
洋弓部。
IMG_0422aaa.jpg
弓道部。
IMG_0424aaa.jpg
マムシ谷を降りる。
IMG_0425aaa.jpg
道に迷って矢上川に出てしまった。
IMG_0426aaa.jpg
鯉。
IMG_0429aaa.jpg
亀。
IMG_0431aaa.jpg
アオサギがいたが撮り損なう。
暑くなってきて汗だくになる。疲れた。10878歩。

井田から松の川緑道

5月23日。
早朝散歩は井田から松の川緑道。
ヤマボウシ。
IMG_0359aaa.jpg
井田の住宅街は、もともと新日鉄の研究所があったところ。
IMG_0366aaa.jpg
色合いが変わってる。
IMG_0367aaa.jpg
シモツケ。
IMG_0368aaa.jpg
風鈴草。
IMG_0371aaa.jpg
よく見かける花だが。
IMG_0372aaa.jpg
ダチュラ。
IMG_0373aaa.jpg
紅花サルビア。
IMG_0380aaa.jpg
史跡、駒ガ橋を通過。
IMG_0383aaa.jpg
松の川緑道。
IMG_0386aaa.jpgIMG_0389aaa.jpgIMG_0391aaa.jpg
エゴの木の花。
IMG_0392aaa.jpg
キンギョソウ。
IMG_0396aaa.jpg
12041歩。歩きすぎた。
お孫ちゃんからのTV電話がある。
一生懸命話したり、百面相したり、レールで江ノ電を走らせ、レールをばらしたり、走り回ったりと圧倒される。エネルギィを一杯もらえて元気が出る。いつも楽しみ。
息子が体はどうと私に聞くがすぐにSさんが随分よくなったと答えてしまう。顔色が良くなってると息子が言う。お孫ちゃんが必ず割り込んでくる。

夜更かししすぎた

5月22日。
昨夜、ブログ作成、FB鑑賞、録画鑑賞、音楽鑑賞、志村けん鑑賞などで夜更かししたので朝起きれず。早朝散歩はやめ。
庭のオオムラサキツユクサ。
IMG_0340aaa.jpg
梅の実。
IMG_0342aaa.jpg
ユキノシタ。
IMG_0343aaa.jpg
種がこぼれたノースポール。
IMG_0344aaa.jpg
裏のシダ類。
IMG_0345aaa.jpgIMG_0346aaa.jpgIMG_0347aaa.jpg
百合。
IMG_0348aaa.jpg
ガザニア。
IMG_0349aaa.jpgIMG_0350aaa.jpg
チェリーセージ。
IMG_0353aaa.jpg
アルペンブルー。
IMG_0354aaa.jpg

矢上川の鳥たち

5月21日。
早朝散歩で矢上川の下流に行き鳥たちに会う。
珍しくゴイサギに出会う。
IMG_0303aaa.jpgIMG_0304aaa.jpg
カワウ。久しぶりに出会えて喜ぶ。
IMG_0310aaa.jpg
コサギ。
IMG_0317aaa.jpg
オオバン。
IMG_0296aaa.jpg
ハクセキレイ。
IMG_0292aaa.jpg
カルガモの雛。
IMG_0335aaa.jpg
鯉。
IMG_0290aaa.jpg
日吉公園。
IMG_0275aaa.jpg
変わってる花。
IMG_0288aaa.jpg
ムラサキツメクサ。
IMG_0301aaa.jpg
タチアオイ。
IMG_0324aaa.jpg
ブラシの木。
IMG_0337aaa.jpg
矢上川と鶴見川の合流点までは行けなかったがかなり歩いた。13043歩。

慶応病院

5月20日。
慶応病院にSさんと出かける。
近所のフェニックス。
IMG_0266aaa.jpg
信濃町駅の燕の巣。ほっとする。
IMG_0267aaa.jpg
入り口の体温測定が行列だったので混んでるかと思ったが、測定する人が一人だったので待ち行列ができたみたい。二人目がやってきたら列は解消された。
血液検査は空いていた。最初は新人の看護婦さんらしく上手く採れなかったが、ベテランが飛んできてあっという間にうまくいく。私の血管は細いので時々、こういうことが起こる。
尿検査でうっかり駅でトイレに行ってしまったので出ない。お茶がぶがぶ飲んで時間かけてやっと出た。Sさんに考えないんだからとからかわれた。時々、ミスする。
リウマチ科。問診と触診。血液検査の結果は尿酸値が少し高いが昨夜ビール飲みましたか美味しいもの食べましたかと聞かれる。ノンアルコールビールだと関係ありませんねという。次回に戻れば問題ありませんという。相変わらずヘモグロビンや血小板は低いがこれはずっとなので体質でしょうと。触診の結果はリウマチはあるがそれほどではないという。CRPは問題ない。
指の痺れと霜焼け状は皮膚科と神経内科の先生の指示によります。見たところあまり悪化してるとは見えません。
終わってからSさんに昨夜レバーを一杯食べたからそのせいで尿酸値が上がったのではと言われる。
次に診察までの時間にSさんお気に入りのうどん屋に行く。美味い。
IMG_0268aaa.jpg
午後の神経内科に行く。首と手首のMRIの結果を聞く。少し末梢神経に影響のあるところが圧迫されているそうだ。指の痺れと霜焼け状を見て、この程度なら整形外科でも手術はならないだろうと言う。良かった。免疫グロブリンの治療効かなかったのではと言うので、握力の足の筋力は回復したと報告。握力を測ったら右が16kg、左が19kgだった。発病前には戻ってないが発病後に10kgしかなかったのに比べると改善してる。10kgあれば普段の生活には支障はないと言われた。指を温めてくださいと手袋は良いと言われる。
口腔外科は口内と唇の観察。下唇がこわばると言ったが口内はきれいなので悪化してないと言われる。
まあ全体的に問題ない。発病時は車椅子になる危険性があったがとりあえずなくなっただろう。
慶応病院の前庭のクレマチス。
IMG_0269aaa.jpg
カルミヤと思ったがNkさんからノイバラと言われた。
IMG_0271aaa.jpg
調べたけどわからない。Nkさんにセオノサス・マリーサイモンと教えてもらう。
IMG_0272aaa.jpg
Sさんが本屋に寄りたいと言うので慶応病院の前のベンチで待つ。
帰りに日吉のマツモトキヨシが開店してるので寄る。
10389歩。歩いたなあ。

絹莢の筋とる指の青臭し 

5月19日。
大門通信句会の選評を見る。
兼題は「薄暑」「新樹」「豌豆」「鈴蘭」「烏賊」「万太郎忌」。

絹莢の筋とる指の青臭し                

あかね◎何気なく絹莢を筋とってますがあの青臭いを句に取り入れて観察がすごいなと思いました。

蒼月 ◎緑の絹さやと白い指が目に浮かぶ。そして青臭い指の匂いもしてくる。繊細で艶めかしい句。

勝山 ○絹莢の筋をとる指に青臭さが残るという。新鮮さの証なのだろう。昔、絹莢の筋をとるよう母親に言いつけられたが、その時はそんなことは全く気づかなかった。

長月 △台所のリアルな実感。

遊介 △新鮮な絹莢です。

Sさんが絹莢の筋なんかとったことないのにずるいと言う。子供のころ手伝わされて青臭くて閉口したことを思い出して詠んだ。

鈴蘭をアイヌ乙女が胸に挿し             

あゆか◎札幌で哀愁を帯びたアイヌの踊りと唄を聞いて胸が熱くなりました。日本人の原点を見る思いがしました。鈴蘭の清らかさが少女にふさわしい。

三四郎△鈴蘭とアイヌの少女はいい取り合わせ。

:鈴蘭、蝦夷地、アイヌ少女と心に浮かんできた。

烏賊墨に唇染めし夕餉かな              

あかね○美味しい夕食でしたが家族中、唇が墨だらけそんな光景が浮かびます。烏賊墨パスタなど美味しいですが外食する時は考えてしまいます。面白い句でした。

あゆか○烏賊墨のパスタに若さが溢れ会話も楽しそう。

馬空 △こんな景を良く目にしますね。ちょっと当り前すぎの感じがします。

:烏賊墨で唇が黒くなって笑いあった。

古池に眠るかるがも夕薄暑              

:最近散歩して見かけた風景。

ハイカーに次々抜かれ新樹光            

:最近のハイキングは抜かれっぱなし。


鈴蘭の揺れる花々風すぎる               長月

あかね○鈴蘭が野に咲いていて風すぎるとさっと詠むことで丘の上にでも咲いているような厳しい環境の中に美しく咲いているのが想像ができます。

遊介 △鈴蘭は何故か風に揺れる事を連想させます。

塩辛や烏賊の皮剥き手こずりて           長月

馬空 ○皮剥きをやった経験があります。実感ですね。慣れゝば割と楽に剥けますね。

豌豆や天津飯にどつと柄                 長月

さら *どつとはドットのことでしょうか? ひらがなにした意図は?。

蒼月 *ドット柄のことでしょうね。ドットは外来語なのでドットとそのまま表記したほうがいいのでは?

:これは私が悪い。長月さんがドット柄としたのをひらかなに直してしまった。ごめんなさい。

光さす葉とりどりの新樹かな             長月

ティーシャツの背中濡れたる薄暑かな      長月

庭のアルペンブルー。

IMG_0256aaa.jpg

百合。

IMG_0258aaa.jpg

IMG_0259aaa.jpg

IMG_0260aaa.jpg

ガザニア。

IMG_0261aaa.jpg

アマリリス。

IMG_0262aaa.jpg

アッツ桜。

IMG_0265aaa.jpg

ユキノシタ。

IMG_0255aaa.jpg

カルガモの雛たち

5月18日。
早朝散歩で江川に向かう。
矢上川の鯉は相変わらず恋の季節。
IMG_0145aaa.jpg
矢上川のカルガモの夫婦。
IMG_0152aaa.jpg
江川のカルガモの雛たち。
IMG_0162aaa.jpg
IMG_0163aaa.jpg
お母さんは羽繕い。
IMG_0164aaa.jpg
ドイツアヤメ。
IMG_0171aaa.jpg
アジサイ。
IMG_0173aaa.jpg
紅花栃木。
IMG_0174aaa.jpg
ガウラ。Nkさんに教えてもらった。
IMG_0177aaa.jpg
ヤマボウシ。
IMG_0180aaa.jpg
帰りにまたカルガモの雛たち。
IMG_0187aaa.jpg
IMG_0189aaa.jpgIMG_0190aaa.jpgIMG_0191aaa.jpg
ダリアかな。
IMG_0193aaa.jpg
矢上川にもカルガモの親子。
IMG_0195aaa.jpg
亀がいた。
IMG_0198aaa.jpg
9408歩。朝だったので涼しかった。

お孫ちゃんとTV電話

5月16日。
雨降りで一日中家に籠っていたら息子からSさんに電話がかかりお孫ちゃんがTV電話したいと言ってると言う。LINEで繋がったら、お孫ちゃんは大好きな自動車のおもちゃを次から次と持ってきて、一生懸命説明する。車の知識がないが何となくわかる。引き出し一杯に入ってるおもちゃを次々出してくる。順番があるようで探しながら出してくる。また車のおもちゃを走らせて家じゅう走る。Sさんに母の日の贈り物をしてくれたお嫁さんにお礼を言う。その間も割り込んで大変。私の病状を心配して聞いてくれる間も顔を出して話しかける。これはお嫁さんは毎日大変だなあと思う。幼稚園も入園が遅れていてまだ始まってないので家にいる。近所の公園は子供で一杯なので人気のないところに散歩に行くという。
嵐のようなお孫ちゃんも疲れたのかもう終わりというのでお別れ。すごかったが楽しかった。
部屋のパキラ。
IMG_0134aaa.jpg
植え替えをした胡蝶蘭。
IMG_0135aaa.jpg
じゃりン子チエ。
IMG_0137aaa.jpg

早朝散歩

5月15日。
昨日昼間歩いて少し熱中症気味だったので、早朝散歩に切り替えた。Sさんが一緒でないのは心細い。
近所のゼラニウム。
IMG_0093aaa.jpg
日吉公園のヤマボウシ。
IMG_0099aaa.jpg
ゼラニウムの仲間?
IMG_0102aaa.jpg
矢上川には燕が盛んに舞っているが上手く撮れない。
矢上川の鴨。
IMG_0110aa.jpg
鯉は増えているのでは?
IMG_0113aaa.jpg
ここらで引き返す。今日は少なめ。
IMG_0117aaa.jpg
アストロメリア。
IMG_0118aaa.jpg
4391歩。
我が家のコバノランタナ。
IMG_0121aaa.jpg
オリヅルラン。
IMG_0122aaa.jpg
百合が咲きだした。
IMG_0129aaa.jpg

あやうく日射病

5月14日。
真夏日のように暑いが帽子をかぶってSさんの用事についていく。
日吉公園のカルミヤ。
IMG_0060aaa.jpg
矢上川で燕が飛んでいる。なかなか撮れない。二羽写っている。
IMG_0066aaa.jpg
鈴蘭。今月の大門通信句会の兼題は鈴蘭。
IMG_0071aaa.jpg
マツバギク。
IMG_0072aaa.jpg
郵便局に寄る。ブレーメン通り郵便局。
IMG_0075aaa.jpg
ブレーメンの音楽隊もマスクしてる。
IMG_0076aaa.jpg
魚屋で買い物。
IMG_0077aaa.jpg
3匹の小熊ちゃん。ここらあたりから熱射病みたいにきつくなる。
IMG_0078aaa.jpg
ブラシの木。
IMG_0081aaa.jpg
何とか家にたどり着く。9208歩。暑かったのにマスクと痺れ防止の手袋がこたえた。
水分をたっぷりとってソファで休んだら落ち着いた。気を付けよう。
シジュウカラの水浴び。
IMG_0088aaa.jpgIMG_0091aaa.jpg
庭のガザニア。
IMG_0048aaa.jpg
アマリリス。
IMG_0052aaa.jpg
アヤメ。
IMG_0055aaa.jpg

苦吟終了

5月13日、
苦吟が終了したのでSさんと二人でほっとしてます。コロナで友達と会えない時に俳句は最高です。下手でも何でも頭を使うのとほかの俳人の句を鑑賞するのは楽しいです。ないところからひねり出す苦しさもありますが。
庭のアヤメ。
IMG_0034aaa.jpg
アマリリス。
IMG_0036aaa.jpg
ピンクのサルビア。
IMG_0037aaa.jpg
アルペンブルー。
IMG_0038aaa.jpg
カタバミ。
IMG_0039aaa.jpg
ユキノシタ。
IMG_0041aaa.jpg
トキワハゼ。
IMG_0042aaa.jpg
花かな?
IMG_0043aaa.jpg
雀が水浴び終わり金木製で羽繕い。
IMG_0046aaa.jpg

苦吟の一日

5月12日。
大門通信句会の期限が明日に迫り、今日一日は苦吟。
兼題は「薄暑」「新樹」「豌豆」「鈴蘭」「烏賊」「万太郎忌」。
一日で5句は無理。明日までかかりそう。Sさんにもせっついておいた。
庭のアルペンブルー。
IMG_0014aaa.jpg
チェリーセージ。
IMG_0016aaa.jpg
バラ。
IMG_0019aaa.jpg
ガザニア。
IMG_0020aaa.jpg
アマリリス。
IMG_0022aaa.jpg
アヤメ。
IMG_0023aaa.jpg
コバノランタナ。
IMG_0026aaa.jpg
アッツ桜。
IMG_9984aaa.jpg
紫蘭。
IMG_9985aaa.jpg

綱島公園

5月11日。
綱島公園にSさんと出かける。
駅の燕。
IMG_9993aaa.jpg
綱島公園前のお稲荷さん。
「綱島稲荷神社」。明治初期の地図にもしっかり描かれている(神社マークがあるだけですが)のですが、創建・御由緒ともに不明。ちなみに綱島公園一帯は5世紀末に作られたと伝わる「綱島古墳」。古くから聖域だった場所に祀られているお稲荷さまです。」
IMG_9994aaa.jpg
綱島公園に入る。
標高30メートル程の独立丘(綱島台)上部に所在し、雑木林の広がる緑豊かな公園で、春には花見も楽しめる。また、プールやテニスコートの運動施設も併設されている。」今はコロナでプールやテニスコートは使用できない。
IMG_9995aaa.jpg
広場ではおじいさんと孫娘が電車ごっこ。おじいさんは頑張ってるが倒れないかと心配。
IMG_9997aaa.jpg
ベンチでSさんとお弁当を食べる。私は鰻おこわ。美味い。
IMG_9998aaa.jpg
ログハウス。今は閉まってる。
IMG_9999aaa.jpg
綱島市民の森。
IMG_0001aaa.jpg
森が広がっていて心地よい。
IMG_0002aaa.jpg
バラ。
IMG_0004aaa.jpg
何の花かなあ。
IMG_0005aaa.jpg
Sさんの反対を押し切って急な階段を上がり長福寺につく。IMG_0007aaa.jpg
浄土真宗系単立寺院の、綱島山と号します。長福寺は、綱島十八騎の頭目佐々木五郎右衛門正次が開基となり創建したといいます。」400年前だそうだ。
IMG_0009aaa.jpg
IMG_0010aaa.jpg
帰る途中の住宅街の古池にカルガモがお休み。
IMG_0011aaa.jpg
10624歩。歩きすぎた。
家に帰ってSさんがシジュウカラの水浴びを撮る。
IMG_9973aaa.jpgIMG_9976aaa.jpg
ピンクのサルビア。
IMG_9982aaa.jpg
レモンの花。
IMG_9988aaa.jpg

雀の水浴び

5月10日。
植木鉢の皿を水盤として金木犀の木の下にSさんがかなり前に置いた。皿の水をSさんが毎朝取り換えると鳥が水浴びにやってくる、スズメやシジュウカラが多い。ヒヨドリやメジロも来る。鶯は来てるようだがなかなか撮れない。撮影はほとんどSさん。
今日は雀が来た。
IMG_9963aaa.jpgIMG_9964aaa.jpgIMG_9968aaa.jpgIMG_9972aaa.jpg
アメリカンブルー。
IMG_9954aaa.jpg
アルペンブルーが咲きだした。
IMG_9957aaa.jpg
アヤメ。
IMG_9947aaa.jpg
アマリリス。
IMG_9949aaa.jpg
ガザニア。
IMG_9946aaa.jpg
シャクヤクはもう終わり。
IMG_9953aaa.jpg
アッツ桜。
IMG_9956aaa.jpg
紫蘭。
IMG_9958aaa.jpg
オオムラサキツユクサ。
IMG_9915aaa.jpg

MRI

5月9日。
今日の一枚。雀とシジュウカラの水浴び。Sさん撮影。
IMG_9937aaa.jpg
慶応病院に右手首のMRIを取りに出かける。
近所のフェニックス。
IMG_9918aaa.jpg
ドイツアヤメ。
IMG_9919aaa.jpg
バラ。
IMG_9920aaa.jpg
ホタルブクロ。Sさんに早くしなさいとせかされる。
IMG_9921aaa.jpg
電車は空いている。
慶応病院の前庭のバラ。
IMG_9927aaa.jpg
入り口で検温。首で測るが何時も温度が低く、襟を広げてもう一度図る。
手首のMRIは簡単と思ったが、着替えて右手を腰のあたりで固定。20分かかった。
診療の計算は難病指定だと前回は時間がかかったが、今日はそれほどでもなかった。
終わってどこかに行こうとしたらSさんが頭が痛いと言うのであきらめて帰る。
信濃町駅の燕。
IMG_9929aaa.jpg
うどん屋に寄ろうとしたら休みだった。
帰り道のオダマキ。
IMG_9932aaa.jpg
Sさんは頭が痛くなくなったので買い物に行く。7633歩。
帰って肉料理をしてくれた。
Sさんが撮った雀とシジュウカラの水浴び。
IMG_9934aaa.jpgIMG_9938aaa.jpgIMG_9937aaa.jpgIMG_9943aaa.jpg

一休み

5月8日。
昨日歩きすぎたせいか、疲れて眠る。眠りが浅いのかいくらでも眠れる。
いずれ永遠の眠りにつくのだからなるべく起きていたいのだが、あくびが頻発しだすと起きてられない。夢をよく見るが覚えている夢は少ない。
庭の蝋梅が実を付けた。実がなったのは初めて。
IMG_9906aaa.jpg
シャクヤク。
IMG_9897aaa.jpgIMG_9905aaa.jpg
ガザニア。
IMG_9895aaa.jpg
コバノランタナ。
IMG_9896aaa.jpg
雪の下。
IMG_9898aaa.jpg
ノビル。
IMG_9899aaa.jpg
トキワツユクサ。
IMG_9909aaa.jpg

慶応病院

5月7日。
今日の一枚。フラワームーン。
IMG_9892aaa.jpg
慶応病院にSさんに付き添われていく。4月はリモート診察だったので久しぶりに出かける。
入り口のイタリアンラベンダー。
IMG_9871aaa.jpg
入り口で熱を測る。最初は34℃台だったのでやり直してもらい36℃台となる。
皮膚科に行く。右手の中指、薬指と左手の薬指と小指が冷えていて痺れと霜焼け状になっている。指の付け根も冷えており血流が良くない。夏になって暑くなれば改善するのではと。塗り薬で様子見。以前より改善気味なので気は楽。
観葉植物。
IMG_9872aaa.jpg
午後のMRIまでは時間があるのでSさんお気に入りのうどん屋に行く。
おろしうどんにエビ天とかき揚げ。美味い。
IMG_9873aaa.jpg
時間があるので聖徳記念絵画館に足を延ばす。
IMG_9876aaa.jpg
白松のそばで休む。中国に分布。
IMG_9878aaa.jpg
ユニコーン像。
IMG_9880aaa.jpg
明治神宮の舗装は国産品のアスファルトを使用。
IMG_9881aaa.jpg
IMG_9882aaa.jpg
ひとつたばこ。3代目とか。
IMG_9883aaa.jpgIMG_9884aaa.jpg
慶応病院に戻り頸椎のMRIを受ける。
難病指定なので計算にずいぶん時間がかかってしまう。1時間以上待ってようやく清算が済む。
福沢先生の銅像。
IMG_9887aaa.jpg
帰りの庭園のユッカの花が変わっていた。
IMG_9888aaa.jpg
12888歩。歩きすぎた。

お孫ちゃんのテレビ電話

5月6日。
息子からお孫ちゃんが電話したがってると電話がかかってきた。
TV電話で新幹線のロボット、シンカリオンを見せて戦わせる。走り去って新幹線ドクターイエローを持ってくる。Sさんはドクターイエロー車を見たことがあるので大喜び。はやぶさ、こまち、つばさ、ときなどいっぱい持ってくる。それを走らせるので大忙し。走り回って新幹線のネタも切れて疲れたのか終わりと言ってバイバイした。年寄二人の静かな世界があっという間にキラキラしてしまった。
幼稚園は始まらないし公園は混んでるので人気のないところを散歩してるようだが、お孫ちゃんはエネルギィが満ち溢れている。お嫁さんは大変だと思う。
水盤に来たシジュウカラ。Sさん撮影。
IMG_9864aaa.jpg
庭のシャクヤク。
IMG_9857aaa.jpgIMG_9855aaa.jpg
アメリカフウロ。
IMG_9858aaa.jpg

二階まで飛んで拍手のしゃぼん玉

5月5日。端午の節句。
大門句会勉強会その343の三四郎さんの句評を見る。
兼題は私(光)が出した石鹸玉。

◇光

二階まで飛んで拍手のしゃぼん玉

一寸口とがらせ吹くや石鹸玉

⇒「しゃぼん玉飛んだ、屋根まで飛んだ・・」の童謡をすぐに思い浮かべるように誰もが思いつくフレーズですね。しかし拍手は新鮮味がありますが。

ストローを吹くときは口をとがらせますが、当たり前すぎ。

遊介さん選。

二階まで飛んで拍手のしゃぼん玉

→ シャボン玉は高く上へ飛んでいきます。嬉しくて拍手する子供の声が聞こえます。素直な子供の一句です。

馬空さん選。

二階まで飛んで拍手のしゃぼん玉

子供の頃を思い出しました。昔の石齡ではしゃぼん玉が余り飛ばなかったですね。思はず拍手したのでしょう。年が分かってしまいますが。

勝山さん選。

二階まで飛んで拍手のしゃぼん玉

なんということもない日常のひとこま。

今はもう、戻れない懐かしい思い出

はまさん選。

二階まで飛んで拍手のしゃぼん玉

 拍手により全身で楽しんでいる子供の景が浮かびます。

:隣の三七ちゃんと良く石鹸玉遊びをした。幼い私がうまく膨らませて二階まで飛ぶと大拍手をしてくれた。

一寸口とがらせては当たり前だったかな。


◇長月

陽の中を飛ぶしゃぼん玉虹の色

しゃぼん玉高く高くと子らの声

⇒しゃぼん玉に日の光があたって虹色に輝いている。俳句では日の光は「陽」ではなく「日」の文字をつかいます。日の中といわなくても虹色で日があたっているのはわかります。省略できるところは省略してください。

子供たちにはやし立てられてしゃぼん玉が上がっていく。途中でこわれるものも思いがけない高さまで上がるものもあって見飽きない。

遊介さん選。

しゃぼん玉高く高くと子らの声

→ 子等のはしゃぎ声も高く舞い上がります。光さんと長月の景が一つになりますね。

 庭のバラ。

IMG_9832aaa.jpg
IMG_9833aaa.jpg

ガーベラ。

IMG_9834aaaa.jpg

アマリリス。

IMG_9835aaa.jpg

咲きだしたシャクヤク。

IMG_9837aaa.jpg

アッツ桜。

IMG_9841aaa.jpg

紫蘭。

IMG_9848aaa.jpg

トキワツユクサ。

IMG_9849aaa.jpg

オオムラサキツユクサが咲きだした。

IMG_9851aaa.jpg

カルガモの親子

5月4日。
今日の一枚。江川のカルガモ親子。
IMG_9800aaa.jpg
この前のWeb飲み会でTbさんが江川にカルガモ親子13羽いると言うのでSさんと出かける。
近所の鯉のぼり。
IMG_9783aaa.jpg
矢上川のコンクリートの堤沿いに続いて咲いてる。Sさんがだれか植えたのねという。カスミソウ?
IMG_9784aaa.jpg
矢上川の鴨の夫婦。
IMG_9785aaa.jpg
江川に入る。キショウブ。
IMG_9788aaa.jpg
オオルツボ。
IMG_9790aaa.jpg
カルガモ親子がいた。可愛いね。
IMG_9804aaa.jpg

IMG_9807aaa.jpgIMG_9803aaa.jpg
ニワゼキショウ。
IMG_9808aaa.jpg
ドイツアヤメ。
IMG_9812aaa.jpg
背の低いアジサイ。
IMG_9818aaa.jpg
ベニバナトチノキ。
IMG_9819aaa.jpg
IMG_9821aaa.jpg
江川に魚がいないのでずっと探す。Sさんがピンクの小魚を見つける。
鯉が暗渠を出たり入ったりするのを見つける。すぐに隠れてしまう。
IMG_9824aaa.jpg
カルガモは親が上に飛び上がったのでコガモちゃんはウロウロ。親が鳴くがコガモは飛び上がれずうろうろ。心配だが、どうにかするのだろう。
IMG_9829aaa.jpg
クマシデの実?
IMG_9831aaa.jpg
11418歩。歩きすぎた。

植え替え

5月3日。
Sさんが植え替えで大活躍。
ツツジを掘って鉢に植える。ツツジは日陰で咲かなくなってしまっていた。
IMG_9749aaa.jpgIMG_9748aaa.jpg
アブラチャンを掘り起こして、ツツジの後に植える。大活躍。
IMG_9768aaa.jpg
IMG_9764aaa.jpg
ノビルの花。
IMG_9752aaa.jpg
アジュガ。
IMG_9753aaa.jpg
紫蘭。
IMG_9754aaa.jpg
アマリリス。
IMG_9759aaa.jpg
アッツ桜。
IMG_9761aaa.jpg
ガーベラが咲きだした。
IMG_9770aaa.jpg
ヒヨドリが水浴びに。Sさんが撮る。
IMG_9775aaa.jpgIMG_9778aaa.jpg

WEB飲み会

5月2日。
水盤に鳥たちがやってくる。Sさんが撮る。
ヒヨドリ。
IMG_9722aaa.jpg
雀。
IMG_9725aaa.jpg
珍しくメジロ。
IMG_9729aaa.jpgIMG_9732aaa.jpg
庭のアマリリス。
IMG_9739aaa.jpg
バラ。
IMG_9742aaa.jpg
キンレンカ。
IMG_9746aaa.jpg
蕗。Sさんが蕗の軸でお惣菜を作る。
IMG_9716aaa.jpg
紫蘭。
IMG_9717aaa.jpg
アッツ桜と水草。
IMG_9720aaa.jpg
18時からYY会のImリーダー主催のWeb飲み会の二回目を行う。
19名参加。
初参加はスキー白酔会幹事のIwさん、水曜会若手のJbさん、ゴルフ熱中のHtさん、山とスキー仲間のKhさん、1000m以上は登らないSjさん、山の超人Kdさん、陶芸からマラソンまで万能のNrさん、スキー仲間のSuさん。
最初、Kdさんの声が通じなかったが皆のアドバイスで通じる。
私の顔が大きすぎるので横向きにしたらと言われたがやりかたがわからず。SさんがいないのというのでSさんに来てもらったら皆が喜ぶ。私より人気がある。
Nkさんは無精ひげを生やしてる。花の写真は素晴らしい。
Tbさんは江川にカルガモのひなが10数羽いるという。
Ksさんはご主人のJbさんは今も仕事だという。
MnさんはPcとスマホで参加してるのか画面が二つある。
Ybさんは里村にすんでいるのでコロナの時は良いという。
Ksさんはコロナについて一家言ある。
Ngさんはまんべんなく声をかける。
Mdさんは愛知からの参加。奥さんのコーヒーショップは休業。
Htさんはこの後もWeb飲み会があるという。
Sさんと一日中一緒でこんな楽しいことはないと言ったら、Kdさんからこういう人は特殊だと言われてしまった。
顔を見ながら飲みながら(私はノンアルコールビール)歓談するのは楽しい。月一回くらいはImリーダーに計画してもらおう。

胡蝶蘭の植え替え

5月1日。
風薫る五月で最もよい季節だが、残念ながら今年しは未曾有のコロナの蔓延で交流も外出もままならない。
胡蝶蘭の植え替えをSさんにしてもらう。
花は仏壇に飾る。花を切る前の胡蝶蘭。
IMG_9382aaa.jpg
昨日購入したミズゴケを水に浸す。胡蝶蘭を鉢から抜く。鉢が大きすぎたので一回り小さくする。
IMG_9699aaa.jpg
鉢の大きさを確認。
IMG_9701aaa.jpg
根が伸びすぎているので切る。
IMG_9702aaa.jpg
ミズゴケで包む。
IMG_9705aaa.jpg
鉢に収容。
IMG_9706aaa.jpg
終了。Sさんありがとう。無事ついてほしい。
IMG_9709aaa.jpg
庭のアマリリスが咲きだす。
IMG_9688aaa.jpg
バラ。
IMG_9689aaa.jpg
紫蘭。
IMG_9698aaa.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR