FC2ブログ

2020-02

Latest Entries

麦の芽を踏まずに走るランドセル

2月2日。
大門句会勉強会その335の三四郎さんの選評を見る。
兼題は糸さん出題の「麦の芽」。

◇光

麦の芽の畑に迫る住宅街

麦の芽を踏まずに走るランドセル

⇒郊外の新興住宅でしょう。まだ麦畑が残っている場所に建っている。

畑の中を横切って小学生が駆けていく。麦の芽はかわいそうと思うのか避けている。ランドセルというもので小学生を連想させるのはいいやり方です。

⇒馬空さん選。

麦の芽を踏まずに走るランドセル

下五のランドセルの使い方が上手いですね。子供の躍動感が、季語と調和しています。

:子供のころを思い出しながら詠んだ。

前句は小学校5年の時に岐阜県多治見市より中野区鷺宮に引っ越した時の実感。

後句は多治見にいたころ麦畑を学校から帰るときに麦の芽を踏まないように気を付けて走ったことを思い出した。

◇長月

遠くでも麦の芽ひかる畑の畝

ビール泡麦の芽味のうまみかな

⇒麦の芽を遠くから眺めているのだけど日光に照らされて光っているのがわかる。生命力を感じますね。

ビールの原料の麦芽は大麦の種子を発芽させたものですね。今回の季語の麦の芽とは別物。

 ⇒馬空さん選。

遠くでも麦の芽ひかる畑の畝

写生句として良い句だと思います。上五の遠くでもは、焦点がぼやけて感じられます。遠くにて でいただきます。

遊介さん選。

遠くでも麦の芽ひかる畑の畝

→ 朝日があたって畝が光り浮かび上がっているようではないかと想像します。爽やかな一句です。

:遠くにて麦の芽ひかる畑の畝

庭の蝋梅。

IMG_7904aaa.jpg

Sさんが撮ったフキノトウ。

IMG_7898aaa.jpg

梅。

IMG_7901aaa.jpg

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR