FC2ブログ

2020-01

Latest Entries

江川散策

1月31日。
暖かいと思って江川散策に出かける。風が強くて思ったより寒かった。
江川で明津桜が咲いてないかと期待したが、まだ早すぎて蕾だった。
IMG_7855aaa.jpg
梅。
IMG_7854aaa.jpg
ヒヨドリ。
IMG_7857aaa.jpg
江川はまた清掃するようで水がなくなってしまう。水仙畑。
IMG_7865aaa.jpg
カルガモの夫婦。
IMG_7867aaa.jpg
ツグミ。
IMG_7873aaa.jpg
ラナンキュロス。手入れするボランティアがいる。
IMG_7877aaa.jpg
ダリヤ。
IMG_7879aaa.jpg
花キャベツ。
IMG_7882aaa.jpg
ツグミの群れ。
IMG_7884aaa.jpg
キルタンツス。
IMG_7885aaa.jpg
風が強いので引き上げる。帰ったらSさんに風邪ひいたらどうするのと怒られた。
スポンサーサイト



YY会新年会

1月30日。
YY会新年会にSさんと出かける。
22名の申し込みがあったが、KeさんとMrさんが風邪でドタキャン。20名の参加。
会場の絵芙に到着。すでに来てる人もいる。
お店の娘さんから大丈夫と心配された。絵芙に来ている仲間から私の病状を聞いてるようだ。Cidpという末梢神経を免疫が攻撃する難病という説明をする。お店のご主人も50日入院して手術した。
メンバーが集まってきたので乾杯して現在の病状の説明をする。しばらくはYY会に参加できないが何とか治療して参加できるようにしたいと言った。
YY会リーダーのImさんから昨年の成果と今年の計画の説明がある。今年からリーダーはImさんとIwさん、Keさん、Kdさんが分担することになった。Iwさんは白酔会のリーダーでもある。
Mdさんに会計をお願いする。この中では若手だし、アルコールはダメなので安心。
一年以上あっていないOkさんが参加だが、現れないのでHtさんやNkさんが欠席じゃないのかと心配する。遅れて参加してくれてほっとする。お父さんの介護で忙しいようだ。来シーズンの白酔会には参加するという。
Nkさんが私はSさんに甘えすぎだという。50年も付き合ってるので言いたい放題だ。
HtさんはYY会のメンバーではないが誘ったら来てくれた。
Kdさんは今シーズンは10日くらい滑るという。山登りが早いDmさんも下りはゆっくりするようになったという。8*歳でも健脚なDmさんには脱帽。
Ksさんは若手の女性が唯一なので心配したが溶け込んでくれた。
Szさんが人間ドックでいつもメタボと言われるが今回は長生きの太り方と言われたと喜んでいる。
Nrさんからリハビリのアドバイスを受ける。木彫を始めたという。多才。
Tbさんが江川、矢上川を散策してるので会わないかと思ってるという。
Mzさんが新しいスマホにしたと見せてくれた。Lineがつながったので連絡しやすくなった。
NgさんがMgさん、Mrさんがスイスのヨーデルの会に参加するので聴きに行くそうだ。
Khさんがいつもの山の写真を配ってる。
Suさんはスキーシーズンの真っ最中。
仕事でだいぶ遅れてNzさんがやってくる。人気者なのですっかり盛り上がってしまった。
Ybさんが遠方なので途中で帰る。
3時間を超えそうになったのでお開きにする。
Nkさんに占めてもらった。久しぶりの三三七拍子。
みんなすごく飲んでるが私はウーロン茶。それでも雰囲気で酔ってしまった。
ああ楽しかった。
IMG_7845aaa.jpgIMG_7846aaa.jpgIMG_7847aaa.jpgIMG_7848aaa.jpgIMG_7849aaa.jpgIMG_7850aaa.jpgIMG_7851aaa.jpg

鼻水

1月29日。
朝から鼻水がやたらとでる。
明日はYY会の新年会なので今日中に直そうと寝床にこもる。外は20℃近く温かいが残念。
部屋のシャコバサボテン。
IMG_7842aaa.jpg
シンビジューム。
IMG_7843aaa.jpg

寒い

1月28日。
寒いので部屋にこもる。
Sさんにフキノトウの写真を撮ってもらう。
IMG_7839aaa.jpg
Wbさんから4月の熊野古道吟行の写真を送ってもらった。懐かしい。あの頃は痺れもなかった。
ソフトを変えたらうまく送れなかったみたい。
DSC_0038aaa.jpgP1010353aaa.jpgP1010371aaa.jpg

松島や牡蠣焼小屋に津波跡  長月

1月27日。
大門句会に出かける。早めについたらあゆかさんがすでに来ていた。
Sさん(長月さん)が初参加。
久しぶり参加の野里子さん、馬空さん、夢路さんが来てる。かくいう私も久しぶり。
14名前揃い賑やか。

兼題は

「日脚伸ぶ」 1月半ばから暮れるのが遅くなる

「雪」 この字がつく季語ならどれでもOK。

「牡蠣」 

「着ぶくれ」 

「おでん」 

「焚火」 いまや絶滅危惧季語
なんと長月さんが特選。
松島や牡蠣焼小屋に津波跡  長月
あゆかさん特選。三四郎さん、遊介さん選。
⇒最後に津波跡を持ってきたのがよい。
:長月さんは一番推敲していた。
着ぶくれる幼き我を写す父  長月
夢路さん、野里子さん選。
:長月さんの子供のころの実体験。
おでん買うコンビニの夜客一人  長月
遊介さん選。
:長月さんが夜通りかかって見かけた。
八幡宮焚火遠くにどんど祭  長月
:長月さんが仙台のどんと祭を説明。
交差点ぬかるみはねて残る雪  長月

おでん鍋妻と二人で半分こ  光
あゆかさん選。
⇒誰が読んだかは分かったが半分こがかわいい。
:いつも長月さんが取り分けてくれる。
着ぶくれて財布を探す店の先  光
馬空さん選。
⇒経験があった。
:着ぶくれするとポケットが一杯あって探すのが大変。
読経の響くお堂や外は雪  光
野里子さん選。
⇒凛とした感じがする。
:いとこの葬式が奥飛騨であり、こういう状景だった。
牡蠣小屋の外に牡蠣殻山となり  光
⇒あゆかさんから一緒に行ったんでしょ。牡蠣殻じゃ長月さんに勝てないわよと言われる。
ラクビーのボール弾んで日脚伸ぶ  光
全員写真を撮りたかったが野里子さんとあゆかさんが電車の都合で帰らなければならずタイミングを失した。
料理は句会をしながらよく食べた。お酒が飲めないのが残念。
IMG_7831aaa.jpgIMG_7833aaa.jpgIMG_7834aaa.jpgIMG_7835aaa.jpgIMG_7836aaa.jpg

苦吟

1月26日。
明日の句会に備えてSさんと二人で最後の仕上げ。Sさんは推敲するたびに句がよくなっていく。これはかなわないかもと思う。しかし二人で推敲するのは楽しい。長月(Sさんの俳号)さんは句会、初参加。句会の手順をいろいろ説明する。
栂池は今日は晴れていると白酔会の仲間から連絡がある。気持ちよく滑っているようだ。
P_20200126_095716_vHDR_Onaaa.jpg
部屋のシンビジュームとシャコバサボテンの蕾。
IMG_7828aaa.jpg
シンビジューム。
IMG_7829aaa.jpgIMG_7830aaa.jpg

買物

1月25日。
白酔会に行ってる仲間からメールがある。雪が少ないそうだ。
Sさんが庭のフキノトウをとってきた。
IMG_7820aaa.jpg
買い物に行く。
行く途中に梅が咲いていた。
IMG_7823aaa.jpg
海鞘が珍しく売っていたので喜んで買う。
IMG_7827aaa.jpg
駅で楽器奏者がいたのでしばらく拝聴する。上手い。Sさんによると時々演奏してるそうだ。
帰って苦吟。Sさんも始めたので楽しい。多分私より上手くなるだろう。

スキーに行けず

1月24日。
今年は暖冬で雪が少ないが、スキーシーズンは始まっている。いつもなら1月2月は15日以上はスキー場にいた。白酔会も今晩、皆が栂池に集合する。
7年前にリウマチになってからきつくなってきた。昨年の6月から手、唇、舌の痺れがひどくなり、スキーに行く状態でなくなってしまった。難病のCidpという診断が出たので、2月後半くらいから入院治療を受ける。何とか回復したい。スキーも山も行けないようだと悶々としてしまう。Sさんがいつもそばにいて勇気づけていてくれるので助かる。
庭の水盤に来たヒヨドリ。(Sさん撮影)
IMG_7815aaa.jpgIMG_7817aaa.jpg

M会

1月23日。
社内報が送られてきた。退職して15年以上たつが、懐かしい顔がまだ活躍してくれている。
思い出はいっぱいあるが、当時の若者が活躍しているのは嬉しい。時々集まってくれるのもうれしい限りである。
M会15年の歴史が送られてきた。Wb編集長の力作で、15年の歴史が詰まっている。ゴルフは30回。私は最初からの会員だが、リウマチと痺れでこの頃参加できていない。新年会も座椅子が立ち上がれず欠席してしまった。亡くなった方も2名いる。会長のMkさんが元気なので続いている。
IMG_7810aaa.jpg
部屋のシンビジューム。
IMG_7812aaa.jpg

初東風や帽子押さえて熊野道

1月22日。
大門句会勉強会その334の三四郎さんの選評を見る。
兼題は野里子さん出題の「初東風」。
長月さん(Sさんの俳号)

◇長月

小枝切る初東風強く樹の香り

初東風や替土重く庭仕事

⇒小枝を切ったらそこから思いがけず樹の香りがしたということだと思うけど、「初東風強く」をあいだに挟むと東風が樹の香りを運んで来たともとれる。そこがあいまい。ただ冬木の枝を切ったら樹の香りがするというのは春のおとずれを感じさせていい。

初東風が吹いて、さあそろそろ春の庭仕事の始まりだ。

はなさん選。

初東風や替土重く庭仕事

 まずは土づくりですね、この作業で今年のお庭は楽しめます。

:長月さん(Sさん)は毎朝、庭仕事してる。その実体験。

◇光

初東風や神社の森に鳶の影

初東風や帽子押さえて熊野道

⇒初東風と鳥の取り合わせは上空を感じさせていいですが、「影」がわかりにくい。飛んでいる鳶の影が地面にうつっているのか、それとも鳶の気配がするということなのか。

東風は割と強い風ですから帽子も飛ばされそうですね。

勝山さん選。

初東風や帽子押さえて熊野道

熊野道は森の中というイメージだが、風の強い場所も

あるかもしれない。旅情を掻き立てる。

:鳶は空高く影が飛ぶように見えた。

帽子を押さえて山道を歩くことはよく経験した。熊野古道も山道に近い。

Sさん撮影。

IMG_7789aaa.jpgIMG_7792aaa.jpgIMG_7807aaa.jpg

Hrさん

1月21日。
床屋に行く。
途中のパンジー。
IMG_7779aaa.jpg
友禅菊。
IMG_7782aaa.jpg
床屋はすいていた。すぐにお客が次々と来たのでタイミングよかった。
帰り道の水仙。
IMG_7784aaa.jpg
アロエ。
IMG_7785aaa.jpg
帰って、88会のHrさんに電話したらやっと通じた。
今、韓国にいるそうだ。奥さんと一緒。良い病院が見つかって通院してるそうだ。
電話する限り元気そうで安心する。こちらも痺れの病状報告。
88会で最も元気だったHrさんと私が病に侵されるとは。
日本に来るときは電話すると言って別れる。
88会のメンバーに連絡した。

難病手続き

1月20日。
慶応病院に難病の書類を書いてもらいに出かける。
信濃町のガンダム。スタンプラリーをしてる。
IMG_7773aaa.jpg
文書係に書類を記入して提出。医師に記入してもらってから郵送。
帰りのパンジー。
IMG_7775aaa.jpg
食事はSさんは蕎麦といったが私は「活」の寿司と頑張って行くことにした。
お寿司の写真は食べるのに夢中で取り損なった。特に貝三貫とウニは美味かった。
IMG_7777aaa.jpgIMG_7778aaa.jpg
帰りはおなかいっぱいでSさんに引きずられてやっと帰った。

蒲田の会

1月19日。
庭の蝋梅真っ盛り。
IMG_7755aaa.jpg
Sさんと蒲田の会に出かける。
行く途中の山茶花。
IMG_7758aaa.jpg
蒲田駅でTdさんと待ち合わせ。ほかの方は直接会場の「番屋」に向かう。
店に到着したら、すでにIkさんが来ていた。
続いて次々とTtさん、Gtさん、Fjさんが来る。7名の参加。
Tdさんは自分の体調があまりよくないのに会を開いてくれた。私は昨年後半から痺れで体調がよくなく、集まりに欠席することが多かったので久しぶりに皆さんと会えてうれしい。
私の痺れの難病、Cidpについて報告。原因がわかってよかったと言ってくれた。
Gtさんはご主人の介護?状況について話す。私はSさんに毎日一緒に居られて幸せと言ったら、Ttさんは毎日べったりされて喜ぶのは男性のみという。
水曜会や合唱の話。一昨年に退団したので話が遠い出来事のようになってしまった。
Ikさんが水曜会から初めてスキーに来てくれてから、Nzさん、Jbさん、Kmさんが参加するようになった。最初の蔵王は時間を間違えて大遅刻した。
Fjさんが女性は結婚して子供を作るべきといったのでSさんが猛反発。Fjさんはたじたじとなる。
奥さんに愛してるという男に気が知れないと言うので、女性陣から一度奥さんに愛してると言って御覧なさいと追及される。次回までの宿題となる。
お酒は飲めなかったが、大変楽しい3時間だった。食事も美味しかった。皆から食欲のある間は大丈夫と言われてしまった。
IMG_7759aaa.jpgIMG_7760aaa.jpgIMG_7761aaa.jpgIMG_7762aaa.jpgIMG_7764aaa.jpgIMG_7765aaa.jpgIMG_7766aaa.jpg

初雪

1月18日。
朝から寒い。小雨が降ってる。
IMG_7751aaa.jpg
寒い中、名水の人が器具の交換にやってきた。ご苦労さん。
昼過ぎに雪が降ったとショップのボランティアに出かけていたSさんが言う。お客はさすがに少なかったそうだ。一日、部屋にこもる。一応苦吟。
部屋のシンビジューム。
IMG_7727aaa.jpg

YH会

1月17日。
SさんとYH会のウサギ屋に出かける。Sさんの参加は初めて。今日は歌舞伎をMrさんに誘われていたが、夜の会合に一人で出すのは心配と歌舞伎をキャンセルしてついてきてくれた。
ゆく途中のアネモネ。
IMG_7733aaa.jpg
2.3回欠席したので皆が心配してくれた。7名の参加。
幹事は家主のSjさん。
痺れの原因は慶応大学の検査結果によると難病のCIDPだという報告をする。何とか入院しての点滴治療で克服したいと話す。

TyさんとSさんと旭時代の昔話をして楽しい。奥さんに愛してるというのはTyさんと私だけだと言い合う。

Trさんにたわいのない暴露話をされて少々参る。ちょっと飲みすぎ。山梨から出てきてくれた

Hdさんが元気そうなのでそう言ったら年末にめまいで二度倒れたと聞いて驚く。

Szさんは相変わらず知識が豊富でいろいろ話す。

帰り際にSjさんの奥さんとお会いできて大変に喜ぶ。

よき仲間たちと出会えてうれしい限り。また3月に会おう。

料理は相変わらずおいしい。

IMG_7735aaa.jpgIMG_7736aaa.jpgIMG_7737aaa.jpgIMG_7738aaa.jpgIMG_7739aaa.jpgIMG_7740aaa.jpgIMG_7741aaa.jpgIMG_7742aaa.jpgIMG_7743aaa.jpgIMG_7746aaa.jpg

帰りの馬車道の駅でピアノ演奏をしていた。

IMG_7749aaa.jpg

メジロ

1月16日。
難病指定の手続き書類をSさんと区役所に取りに行く予定だったが疲れてしまったので明日に伸ばす。
毎朝起きると痺れのある手の指のマッサージを入念に行う。左の薬指が霜焼けのように赤くなり感覚が鈍くなってるので入念に行う。手首、腕、肩はリウマチ用に動かす。
起き上がって、軽いスクワットと腕の運動。
夜は、Sさんにマッサージとお灸をしてもらう。優しいSさんに感謝。
メジロが水盤に来た。水浴びしてる。
IMG_7731aaa.jpgIMG_7732aaa.jpg

難病指定

1月15日。
慶応病院の診察の日。Sさんと一緒。
血液検査、尿検査の後に口腔外科。ずいぶん待ったが特に変わったことはない。
リウマチ科は血液検査の結果は良好。以前から血小板が少ない。
午後からの神経内科で先生から検査結果から難病指定のCIDPと言われ驚く。難病の手続きをして、入院して点滴治療といわれる。結果が出るのに時間がかかったが原因が分かったのは良かった。
いろいろ説明受けたが、免疫の暴走で末梢神経が傷ついてるようだ。
終わって、Sさんに話したら、ちょっと驚いたようだが、原因がわかってよかったという。落ち着いてるので、こっちも最初の驚きから落ち着いてきた。
昼食は11階のレストラン。
明治記念館が見える。
IMG_7716aaa.jpg
新国立競技場。
IMG_7717aaa.jpg
昼食は美味しい。
IMG_7718aaa.jpgIMG_7719aaa.jpg
ペニンシュラ。
IMG_7720aaa.jpg
1年遅れてしまったOgさんのお祝いの会をMgさんとSさんと一緒に行う。
シャンパンで乾杯。
食事しながら、今日の難病指定を受けたと話す。遠因がわかって治療法があるなら良いじゃないと励まされる。なんだか元気が出てきた。
Ogさんが近況報告。頑張ってるなあ。仕事もすごいが、ハーフマラソンにチャレンジしたと聞いて驚く。10kmでリタイヤしたが、チャレンジしたのがすごい。マラソンを何度も走ってるMgさんが喜んでアドバイス。Mgさんは腰の骨の損傷で痛いらしいが、コーラス、ピアノ、スキーと頑張ってる。白酔会には二人とも参加。
ハイキングくらいは登れるように回復したい。
IMG_7721aaa.jpgIMG_7722aaa.jpgIMG_7723aaa.jpgIMG_7724aaa.jpg
3時間近く楽しく談笑。

矢上川と江川の鳥たち

1月14日。
江川に行こうと歩き出す。
矢上川のオオバン。
IMG_7687aaa.jpgIMG_7688aaa.jpg
江川に入る。
IMG_7694aaa.jpg
パンくずを食べるツグミ。
IMG_7697aaa.jpg
カルガモの夫婦。
IMG_7698aaa.jpg
雀の群れ。
IMG_7707aaa.jpg
花キャベツ。
IMG_7702aaa.jpg
キンギョソウ。
IMG_7703aaa.jpg
ダリヤ。
IMG_7704aaa.jpg
引き返す矢上川にコサギ。
IMG_7709aaa.jpg
セキレイ。
IMG_7712aaa.jpg
カルガモ。
IMG_7714aaa.jpg
ずいぶん歩いてしまった。

浜松のおじさん来たり福笑

1月13日。
大門句会勉強会その333の三四郎さんの句評を見る。
兼題は馬空さん出題の「福笑」。
Sさんが初参加。すぐに追い抜かれるだろうなあ。
俳号は長月。

◇長月

孫来たり老いたる夫と福笑

福笑い勘三郎の声聞こゆ

⇒子供が孫をつれてやってきた。みんな一緒に福笑。にぎやかな正月になった。ただ、「孫来たり」と終止形で切らないで「孫の来てじじと一緒に福笑」とするのも一考です。

十八代目中村勘三郎なら数年前に亡くなりましたよね。その声がどこから聞こえるのでしょうか。テレビで昔の舞台を放映しているのでしょうか。福笑いとの関連もわかりにくい。

 遊介さん選。

孫来たり老いたる夫と福笑

→ 福笑いには年齢制限などありません。老若男女問わず楽しめる、正月の一家団欒です。

:長月さんコメント。勘三郎はおかめやひょっとこの面をかぶった芝居をよくしていた。それを福笑いと連想して詠んだ。

◇光

亡き父母と大笑いした福笑

浜松のおじさん来たり福笑

⇒福笑と言えば子供のころ家族でやった楽しい思い出がある。まだ父母も健在だった。

親戚のおじさんですか。どこのおじさんでもいいですが浜松がなんとなくおかしい。

 遊介さん選。

浜松のおじさん来たり福笑

→ 浜松のおじさんのお顔を想像してしまいます。

蒼月さん選。

浜松のおじさん来たり福笑
仕事で一時期住んだことがあるので浜松には親近感が沸く。浜松というと本田宗一郎が有名なので、浜松のおじさんというと、なにか産業界で活躍された方なのかと想像もしてしまう。そんなおじさんがお年玉を持ってやってきて、福笑いに興じている様は微笑ましい。子供のころは、住んでいる場所で川口のおじさんとか川越のおじさんとか言っていた。近年は少子化でおじさんの数が減っているので住まいで区別する必要がなくなっているのかもしれない。

:福笑いは子供のころ、祖父母父母と大笑いしながら行った。

浜松のおじさんは祖父のいとこかまたいとこで行商人だった。正月にやってきては、福笑いに興じたりした。祖母の評判は良くなかったが子供心に面白いおじさんだなあという記憶がある。

我が家は昔貝塚のあったところなので、家を建てるときは、大量の貝と土器が出土した。母がそれを丁寧に復元していた。写真は弥生式土器だが、縄文式土器は大学の先生が持って行ってしまった。

IMG_7647aaa.jpg

1月12日。
目が覚めたら窓の外が紅い。朝焼けだ。日の出まで起きてたかったが眠さに負けて取り損なった。
IMG_7680aaa.jpg
Sさんが頑張って欅を自分の高さまで切り詰めた。Sさんも年とともに欅を切るのがきつくなってきた。植木屋さんに聞いたら背の高さまで切っても欅は強いので大丈夫と言われた。
欅は今の家を25年ほど前に改築したすぐあとに芽が出てきた。鳥が運んだのかな。
Sさんが何度も下から切ろうといったが私が夏の葉が茂りが美しいのでずっと反対。反対していたが木の手入れはSさんまかせだった。虫が良い。
IMG_7683aaa.jpgIMG_7684aaa.jpg
部屋のシンビジューム。
IMG_7682aaa.jpg

シンビジューム

1月11日。
Sさんが樹木希林さんの展示会に行くというのでついていこうとしたが途中で気分が悪くなり引き返す。残念。
部屋のシンビジュームが咲きだした。
IMG_7677aaa.jpg

蝋梅

1月10日。
蝋梅が満開。ほのかな香りがする。
IMG_7651aaa.jpgIMG_7652aaa.jpgIMG_7655aaa.jpgIMG_7656aaa.jpg

明治神宮

1月9日。
Sさんと明治神宮にお参りに行く。
まずは大鳥居を通過。
IMG_7657aaa.jpg
「明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする。境内はそのほとんどが全国青年団の勤労奉仕により造苑整備されたもので、現在の深い杜の木々は全国よりの献木が植樹された。」
IMG_7658aaa.jpg
ワイン樽が奉納されています。明治天皇はとてもワイン好きで知られていたため、日本全国の蔵元やフランスのブルゴーニュ地方のシャトーから、明治天皇に捧げるお酒としてワインを献上しているのです。」
IMG_7660aaa.jpg
向かいには酒樽の奉納。
IMG_7661aaa.jpg
明治天皇について展示してある。
IMG_7663aaa.jpg

IMG_7665aaa.jpg
かなりの距離歩いて御社殿が近づいてきた。
IMG_7666aaa.jpg
南神門から入る。
IMG_7667aaa.jpg
御社殿ににお参り。家内安全、健康成就。
IMG_7668aaa.jpg
Sさんが南神門の左側に飾ってある習字に驚く。小学二年生で実に上手い。
IMG_7670aaa.jpg
帰路に就く。長いので疲れた。Sさんは庭園に立ち寄りたかったが私が疲れてしまって断念。
IMG_7673aaa.jpg
帰りはへばってしまってSさんが心配して駅からタクシーで帰ろうかというぐらい。
一休みして食事をしたら何とか元気になった。
IMG_7675aaa.jpg

リウマチと痺れ

1月8日。
6年前に関節リウマチを発病し、昨年痺れの病にかかってしまった。
次第に活動が制限されるようになり、ゴルフはクラブがしっかり握れなくなって、数年前から休眠状態。水曜会も演奏会で立ち続けるのがきつくなって一昨年退団。スキーは転ぶと自力で立ち上がれなくなって今シーズンから休業。山は再開したいがもう少し痺れから解放されないと危うい。
今可能なのは、俳句と椅子席での懇親会。Sさんとの外出とか会話。クルーズは今年は再開したい。
Mkさんからやりすぎと注意されていたが、予定のない日が増えてきた。周りに迷惑をかけない範囲で活動をしていこう。気持ちは常に前向きに。
庭の葉っぱもの。カポック。
IMG_7615aaa.jpg
一ッ葉。Sさん大好き。
IMG_7616aaa.jpg
ヤブコウジ。
IMG_7618aaa.jpg
クリスマスローズ。
IMG_7619aaa.jpg
アーカンサス。
IMG_7620aaa.jpg

有田焼

1月7日。
Sさんは陶磁器が大好き。瀬戸に住んでいたころはよくお店に出かけていた。
私はさっぱりわからないがSさんが気に入ってるものは良いんだろう。
Sさんがボランティアしてるショップで買った有田焼が気に入ったようだ。
IMG_7640aaa.jpgIMG_7643aaa.jpgIMG_7645aaa.jpg

東京大神宮

1月6日。
Sさんと東京大神宮にお参りにいく。
まず入り口の稲富神社にお参り。衣食住の神、商売繁昌・家業繁栄の神。
IMG_7626aaa.jpg
東京大神宮は息子の結婚や孫の誕生をお願いしたら実現してくださった。毎年お礼参りしてる。
若い娘さんが多い。
IMG_7629aaa.jpg
お参り後に神楽坂に向かったら雀が一杯とまってる。
IMG_7631aaa.jpg
神楽坂にある毘沙門天にお参り。善国寺。
IMG_7632aaa.jpg
浄行菩薩。身代わり菩薩。しびれている手と口をさすらせてもらう。
IMG_7633aaa.jpg
いつも行く甘味処がお休みだったのでSさんが別のお店を探して食事。美味しかった。
IMG_7634aaa.jpg
Sさんが文具店「相馬屋」で原稿用紙を買って書くと賞が取れるという伝説があるという。
IMG_7638aaa.jpg
ずいぶん歩いたがお参りしてすっきりした。

正月料理もそろそろ

1月5日。
正月料理もそろそろ終わり。
おせち料理、雑煮、海苔餅、カズノコ、ナマコ、クラゲ、黒豆など。
カズノコ、ナマコは大好きなので一年中食べたいが、売ってないんだなあ。
庭のヒメツルニチニチソウ。
IMG_7610aaa.jpg
ヒメツルソバ。
IMG_7612aaa.jpg
コバノランタナ。
IMG_7613aaa.jpg

お孫ちゃん

1月4日。
お孫ちゃんがやってきた。
大渋滞だったようで2時間遅れ到着。事故だったようだ。
いつもは最初なじまないがすぐになじんで大好きな電車のおもちゃを引っ張り出して遊びだす。はやてとかとき。病院車もある。部屋中を走らせる。
お孫ちゃんは仏間に入ってお数珠を手に取りこれは何かと聞くのでお数珠と教える。お参りするものだというとお参り始めた。手を合わせてなんかつぶやいてる。かわいらしい。
榮さんが作った料理で食事。お母さんに抱っこをせがむのでお孫ちゃんが食べ終わってからお母さんは食事。エプロンをするのを嫌がったので私も榮さんにエプロンと言われたが断る。
会話で私が身振り手振りで話すとそれをマネする。顔つきまでまねる。大笑い。
IMG_7583aaa.jpgIMG_7584aaa.jpg
電車で榮さんおさんざん遊び、いないいばあをする。
外に行きたいといい、お母さんに頼んでくれという。お母さんは断れない人を連れてきたわねえと言って許可。
庭を歩くかと思ったら家の外に行きたいという。榮さんと三人で手をつないで歩く。おじいちゃんは歩くの遅いといわれてしまった。
途中で写真を自分で撮りたいというのでこわごわカメラを渡す。ひもで首からつるすのを嫌がったがおじいちゃんもつるしてると言ってつるさせる。
最初は道路ばかり取っていたがそのうち榮さんや私の写真を撮る。
IMG_7598aaa.jpg
日吉公園までいことしたらお母さんとお父さんがいないから帰るという。
部屋に戻って遊んでから、帰る準備。遅れてきたので鎌倉の実家に行くのはあきらめて帰宅したようだ。
帰ってからみかんもりもり。おなかを膨らませておなか一杯と言ってまた食べる。
実に楽しかった。次はいつ会えるかなあ。

箱根駅伝見ちゃった

1月3日。
ネット年賀を終わらせた。
数えてないがネット年賀のほうが増えている。
年賀状の整理がやっと終わった。出してないのが20通弱あった。全体で数えてないが180通くらいかな。
箱根駅伝の二日目を見てしまった。青学が圧倒的に強かった。昨年で青学の時代は終わったと思ったが、原監督の指導と選手の発奮によるのだろう。とびぬけたスターはいないようだがとにかく強い。
玄関のお飾り。
IMG_7542aaa.jpg
蝋梅。
IMG_7535aaa.jpgIMG_7537aaa.jpgIMG_7539aaa.jpg
菫。
IMG_7565aaa.jpg
沈丁花の花芽。
IMG_7572aaa.jpg

お参り

1月2日。
日吉神社にSさんとお参りに行く。
行く途中で猫ちゃんが死んでるとSさんが言うのでびっくりしてながめたら日向ぼっこしてるだけだった。
IMG_7547aaa.jpg
久しぶりに矢上川を歩いたら、カモメが遡ってきていた。冬にはよく上がってくる。
IMG_7553aaa.jpg
一斉にとまってると壮観。
IMG_7559aaa.jpg
鴨はお昼寝。
IMG_7550aaa.jpg
仲良く餌あさりしてるのもいる。
IMG_7555aaa.jpg
バンもさかのぼってきている。
IMG_7557aaa.jpg
日吉神社は時間的に良かったのかすいていた。しばらくしたら混みだした。
家内安全と病が治るように祈った。
IMG_7562aaa.jpg
まだ早いがお孫ちゃんのことを矢上天神社で祈る。
IMG_7563aaa.jpg
すがすがしい気持ちになって帰る。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR