FC2ブログ

2019-10

Latest Entries

看護師の指さす先に小鳥来る

10月10日入院11日目。
主治医の先生が来て、今晩からリリカを飲んで良いと神経内科の先生の許可を得たとのこと。最初は少なめなので効かないが少しずつ増やして適量をみつけると。
骨髄液検査を明日行う。背中に針を刺して骨髄液をとる。苦手な検査。
Sさんが来てくれたのでそれをぼやく。大丈夫よと言われる。
ビラ配りをして疲れたと言う。手のマッサージをしてもらう。極楽極楽。
吉野さんのノーベル化学賞、Sさんは企業マンはやはり違うと賞賛。
大門句会勉強会その328の三四郎さんの句評を見る。
今回の兼題ははなさん出題の「小鳥来る」。
◇光
看護師の指さす先に小鳥来る
病室の朝の光に小鳥来る
⇒看護師が病室の窓の外を指さして小鳥がいるよと教えてくれたのでしょうか。闘病中でしょうが希望を感じます。
後句も同様。歳時記に〈退院の決まりし窓に小鳥来る〉という句がありました。
勝山さん選。
看護師の指さす先に小鳥来る
希望を感じる句。一般的には、今、看護師は仕事に追われて大変な状況。
この看護師は、気持ちに余裕がある。
はなさん選。
病室の朝の光に小鳥来る
病室での朝日は待ち遠しい、やっと始まる一日が視覚、聴覚で感じます。
:入院してる所の看護師さんはとても優しい。
7階だが朝は小鳥が飛んでゆく。
201910111640506b6.jpeg
20191011164153915.jpeg
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR