FC2ブログ

2019-06

Latest Entries

葛切を食べる母祖母叔母も亡し

6月24日。
大門句会勉強会その317の三四郎さんの句評を見る。
兼題ははなさん出題の「葛切」。

◇光

葛切や箸をつるりと滑り落ち

葛切を食べる母祖母叔母も亡し

⇒葛切はなかなか箸でつかみにくいですね。塗り箸より割り箸がいいでしょうがそれももうひとつ風情がない。

時々一緒に葛切を食べている場面があったのでしょう。「女三人寄れば」と言いますからさぞやかしましい席だったでしょう。でもそれも遠い昔。

 野里子さん選。

葛切を食べる母祖母叔母も亡し
葛切の味もわかる年齢になった。しみじみ感が伝わります。「みつ豆・葛切・ところてん」、どれにしようか、迷うなあ。
蒼月さん選。

葛切を食べる母祖母叔母も亡し
子供のころ親や祖父母が葛切を食べるところを見たことがなかった。当然のことながらわたしも食べたことはなかった。ただ、なんとなく葛切は女が好む食べ物というイメージはあり、女三人寄って葛切を食べている光景はさぞかし賑やかだろうと思う。子供のころ行った神戸の大叔父の家は三人娘で、この三人娘と母親が関西弁で姦しくおしゃべりしたり笑い転げていた様子に圧倒された記憶が蘇った。よくできたもので、大叔父は女4人に囲まれて見事に寡黙であった。

 :葛切は子供の頃時々食べたが、何度も箸を滑り落ちて口に運ぶことが出来なかった。

母も祖母も叔母も葛切が好きで良く食べていた。子供心で楽しそうだなあと眺めていた記憶がある。あの頃の想いはもう帰ってこない。

私の選句。

◇野里子

葛切の葛の薀蓄聞き流し

⇒いますね、こういう人が。何を食べてもそのものを苦労して収穫した話や調理の時に気をつけることなどを聞かれもしないのにしゃべる人が。うるさいなあ。早く食べろ。

:ありそうな光景。蘊蓄なんか聞きたくもない。

◇蒼月

遠き鐘聴きて葛切り啜りけり

⇒葛切はお寺と縁が深そうですね。この句も門前のお店で食べているのでしょうか。

 :ゆったりと時間が流れていく。

◇はな

葛切や稽古帰りの八坂道

⇒舞妓さんの踊りの稽古でしょうか。祇園のお店によって葛切を食べている。

:葛切と舞妓さんとはよく似あう。

◇遊介

小指立て葛切すする恋敵

⇒友達と葛切を食べているのだけど実はこの友達は恋敵。淡白な葛切と火花が散りそうな二人。

:怖いなあ。

◇三四郎

葛切や重い話は明日にして

:重い話は明日にして一緒に葛切を楽しもう。

庭のポンテテリア。

IMG_5022aaa_20190628124725c0b.jpg

カタバミ。

IMG_5024aaa.jpgIMG_5031aaa_20190628122315076.jpg

チェリーセージ。

IMG_5029aaa_201906281223163c7.jpg

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR