FC2ブログ

2019-03

Latest Entries

津久井湖城山お花見

3月31日。
Iwさんリーダーで津久井湖城山のハイキングとお花見を計画してもらう。
昨年も計画してもらったが体調不振で私はドタキャン。今年もリウマチで不安だったが何とか参加にこぎつけた。Ikさん、Ksさんの二人が体調不良でドタキャン。残念。
代わりにNkさん、Kdさん、Khさんがドタ出。12名の参加。
Kmさん夫婦と娘さん、Msさん、Nkさん、病み上がりのMrさん、久しぶり参加のTtさん。
Sさんに怪我しないようにねと見送られる。
橋本駅に集合してバスで北見小屋バス停に向かう。
バス停降りて舗装道路を歩いてる時に藪の中にムスカリが一杯。Ttさん達が喜ぶ。
IMG_0817aaa_2019041418492593b.jpg 
小網諏訪神社でお参り。無事でありますように。桜がちらほら。
IMG_0819aaa_201904141849268c0.jpg 
シャクナゲ。
IMG_0821aaa.jpg 
ハナモモかなあ。
IMG_0826aaa.jpg 
桜もちらほらと咲いている。
IMG_0830aaa_20190414184930fa3.jpg 
津久井湖がかすんで見える。
IMG_0833aaa_20190414184932e7f.jpg 
トサミズキ。花が多くて楽しめる。
IMG_0835aaa_20190414184933efe.jpg 
山道に差し掛かり、熱くなったので上のジャケットを脱いで腰に巻いてたらほどけて落ちてしまう。
もたもたしていたらTtさんとKmさんにジャケットを取ってもらい、おまけにKmさんにジャケットを持ってもらう。介護老人になってきた。
IMG_0838aaa.jpg 
途中、Kdさんがこちらが見晴らしがよいとコースを少し変更。
菜の花が綺麗。早速一眼レフのNkさんが撮影する。
IMG_0839aaa.jpg 
曇っていて何も見えない。
IMG_0841aaa.jpg 
本来はこう見えるはず。
IMG_0843aaa_201904141849394e3.jpg 
サルノコシカケ。
IMG_0844aaa.jpg 
女坂。登りが少しあるが山草が多くて楽しい。
テナンショウ。
IMG_0846aaa_20190414184942d45.jpg 
ヒトリシズカ。懐かしい。
IMG_0851aaa_2019041418494486b.jpg 
菫。
IMG_0852aaa_20190414184945c87.jpg 
ヒトリシズカが一杯。皆立ち止まってパチパチ。
IMG_0856aaa_201904141849479bf.jpg 
何だろう。
IMG_0858aaa_2019041418494840e.jpg 
かわった菫?
IMG_0865aaa_20190414184950dc3.jpg 
菫は多い。
IMG_0866aaa_20190414184951755.jpg 
ハクサンボク?
IMG_0868aaa_201904141849534ad.jpg 
健脚組は飯縄神社株式会社ら山頂に向かったが、私はパスして直接山頂へ。
筑井古城記碑。
IMG_0869aaa_20190414194740c64.jpg 
津久井城の本城曲輪と土塁があった。
IMG_0870aaa_20190414194741004.jpg 
山頂の桜はまだ少し早いか。
IMG_0871aaa_201904141947433b4.jpg 
一本のレールが走ってる。
IMG_0875aaa_20190414194744a5e.jpg 
下りは女坂を降って花の苑地に向かう。
下りは快調と思い調子よく降りていたが、途中、後方を歩いていたTtさんが誰かにSさんは庭の手入れをしてるから良いわねと言ってる声が聞こえたら、ぱっとSさんの顔が浮かびしばらく浸っていたら、足元が不如意になりけつまずいて顔面制動してしまった。幸い顔が付いたところが柔らかい土だったので顔が土まみれになった以外は怪我はなかった。ただ周りの人はびっくりして起こしてくれ大丈夫ですかと心配してくれた。しばらく休んでからの方が良いとしばらく休んだ。Kmさんのご主人が前を行き、石ゴロゴロのところや滑りそうなところは危ないから注意してと声をかけてくれた。後ろはKm夫人がサポートしてくれた。
ようやく皆がいる花の苑地に到着。
IMG_0881aaa_201904141947468bd.jpg 
ここで花見の開始。私は御座に座れないのでSさんが用意してくれた簡易腰掛に座る。
IMG_0882aaa_20190414194747ea7.jpg 
食べ物やお酒が一杯。Iwさんらが持ち寄ってビール、ワイン、日本酒と一杯。
IMG_0884aaa_20190414194749bc2.jpg 
私の赤ワインと日本酒も売れた。
赤ワインと日本酒の獺祭が美味しいのでつい飲んでしまった。
IMG_0903aaa_201904141947508ac.jpg 
それでも余りが少し出た。IwさんがIkさんとKsさんがいれば足りないくらいだったのにとつぶやく。
私は酔ってしまって御座に横になってしまう。酔ったみたいと誰かに言われる。
Mrさんはよく頑張って付いて来てくれたが、お酒が禁止されているのでつまらなそう。お酒のおいしさがわかってきたところだったのにとぶつぶつ。
Km夫妻の娘さんが可愛らしくて皆の人気。
Mzさん、Nkさんは相変わらず駄洒落の連発で楽しい。
Kdさんはこの後楽器の練習があるそうで楽器を担いで参加。お酒も一滴も飲まない。
Ttさんが参加してくれたので周りが華やぐ。
私がNkさんに病気してない人は病人の気持ちはわからないとつい言ってしまったら、Khさんが酔ってる酔ってると言われてしまった。
いやあ実に楽しかった。こういう時間が後どれだけ続くだろうか。
帰って、Sさんに転んだと言ったら叱られたがSさんという声が聞こえてSさんの事を思ったら足元がおろそかになって転んだと言ったら笑ってくれた。
スポンサーサイト

木蓮や少女の白き手を握り

3月30日。
大門句会勉強会その308の三四郎さんの句評を見る。
兼題は夢路さん出題の「木蓮」。

◇光

木蓮や隣の少女とおままごと

木蓮や少女の白き手を握り

⇒これは小さいころの思い出ですか。木蓮の下に茣蓙を敷いて隣の子とままごとをして遊んだ。木蓮の花びらがお皿に入れる野菜になったのかも知れない。

前句の発展形です。おままごとの範疇を越えていますね。

蒼月さん選句。

木蓮や少女の白き手を握り
白木蓮の花は妙に艶めかしい。初恋の少女の手は白く、少し冷たかったのではないだろうか。たぶん少女は少し驚いて、手を振りほどいて駆けて行ってしまった。あの時代に戻りたい。

遊介さん選句。

木蓮や少女の白き手を握り

→ ほんのり膨らんだ木蓮と柔らかい少女の手が響きあっています。

:子供の頃は病弱で良く女の子とままごとをしたりして遊んだ。

隣の5歳年上の三七ちゃんといつも一緒だった。引きずられるように手をつないでいた。今はそれがSさん。

私の選句。

◇遊介

木蓮や茶道教授の立て看板

⇒茶道教室の家に木蓮ということではなくて、道端の電柱か塀に茶道教授の看板があってその隣に木蓮が咲いていたという景だろう。木蓮も茶道も「和」という共通項。

:木蓮と茶道教授の立て看板の取り合わせが面白い。

◇さら

この色の小袖欲りたり紫木蓮

⇒紫木蓮の紅紫色の花を見てこの色の小袖が欲しいと思った。こういう花の鑑賞の仕方もあるんですね。たぶん男はそんなことは考えない。

:女性を感じる。

◇勝山

食ひ散らかしたごとき散りざま白木蓮

⇒もうほとんど散ってしまって路上に積み重なっているような状況でしょう。白木蓮は咲いているときは純白ですが散ると茶色に変色して汚らしくなる。それも「食ひ散らかした」惨状に合っている。

:食い散らかしたと良く詠みました。

◇三四郎

白木蓮や遠くに光る吉野川

:綺麗な景。

庭のハナカイドウ。

IMG_0783aaa_201904102211248d6.jpg 

チェリーセージが咲きだす。

IMG_0791aaa_201904102211253ba.jpg

近所の猫ちゃん。

IMG_0792aaa_2019041022112631a.jpg 

Sさんと接骨医に行く。

矢上川の菜の花。

IMG_0793aaa.jpg 

矢上川の鯉。

IMG_0794aaa_20190410221129ef0.jpg 

井田公園のポピー。

IMG_0796aaa_20190410221130df5.jpg 

公園の桜。お花見をしてる人たちがいる。

IMG_0799aaa.jpg IMG_0802aaa_20190410221133114.jpgIMG_0803aaa_201904102211358fe.jpgIMG_0806aaa_201904102211371a5.jpg

接骨医でマッサージと鍼治療。治療を受けると痛みが減る。

帰り道のベニバナトキワマンサク。

IMG_0808aaa.jpg 

矢上川のカルガモ。

IMG_0809aaa_201904102211391e1.jpg 

チューリップ。

IMG_0812aaa_20190410221141b74.jpg 

3Y会

3月29日。
庭のキンレンカ。枯れずに冬を越した。
IMG_0762aaa_20190409151254f40.jpg 
菫。
IMG_0763aaa.jpg 
ムスカリ。
IMG_0764aaa_20190409151257167.jpg 
スノーフレーク。
IMG_0765aaa_201904091512585ec.jpg 
ハナカイドウ。
IMG_0766aaa_2019040915130091e.jpg 
3Y会に出かける。
近所のハナカイドウは日当たりが良く満開。
IMG_0771aaa_20190409151301517.jpg 
ラナンキュロス。
IMG_0772aaa_201904091513033d1.jpg 
待ち合わせの場所でKgさん、Ydさんと合流。
何時ものお店に入る。
IMG_0773aaa.jpg 
花見、防衛問題、日ロ、中国、トランプ、ドワルテ、韓国、北朝鮮、日本人のやさしさ、情報戦争、メイ首相などなど老人の戯言にしては意見活発でした。
意見は異なっても楽しい議論。あまり政治問題、宗教問題を話すのは好きではないが、ここでは結構話に引きずり込まれてしまう。
何時もながらKgさんから無理しないようにと注意された。
IMG_0774aaa.jpg IMG_0776aaa.jpgIMG_0777aaa_20190409151309395.jpgIMG_0778aaa_20190409151310a93.jpgIMG_0779aaa.jpg

日光東照宮

3月28日。
日光湯元休暇村ともお別れ。
早朝、お風呂に行く途中の外は冬景色。
IMG_0671aaa_20190409070009133.jpg 
昨夜も雪が降ったみたい。
IMG_0682aaa_20190409070010760.jpg 
レストランんで朝食。
IMG_0686aaa_20190409070012b85.jpg 
巨木ともお別れ。
IMG_0687aaa.jpg 
休暇村のバスでバス停まで向かい、バスで帰路に向かう。
バスは座れたが、途中から外人で混む。
日光東照宮近くでバスより降りる。
坂道をかなり上がって到着。何度も来てるのでSさんはあまり乗り気でない。
IMG_0690aaa_201904090700155da.jpg 
石鳥居。「ご鎮座翌年の元和4年(1618)、九州筑前(福岡県)藩主黒田長政公によって奉納。」
IMG_0692aaa_201904090700163bf.jpg 
五重塔。「慶安3年(1650)若狭の国(福井県)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納。」
IMG_0694aaa_20190409070018621.jpg 
善男善女が向かう。外人が多い。
IMG_0696aaa_20190409070019793.jpg 
表門。
IMG_0698aaa_20190409070021f8c.jpg 
三神庫。「上神庫・中神庫・下神庫を総称して三神庫と言い、この中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められている。」
IMG_0700aaa_201904090700224c1.jpg 
IMG_0701aaa_2019040907002402b.jpg 
「神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻。「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿。」
IMG_0704aaa_20190409070025697.jpg 
陽明門に向かう。
IMG_0705aaa_2019040907002756a.jpg 
鳥居をくぐって階段を上ると陽明門。
IMG_0706aaa_2019040907002918a.jpg 
御水舎。手をすすぐ。「水盤は元和4年(1618)九州佐賀藩主鍋島勝茂公によって奉納。」
IMG_0708aaa_201904090700300e7.jpg 
回廊。「陽明門の左右に延びる建物で、外壁には我が国最大級の花鳥の彫刻が飾られている。いずれも一枚板の透かし彫りには、極彩色がほどこされている。」
IMG_0713aaa_20190409070031012.jpg 
IMG_0714aaa.jpg 
陽明門。「故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされている。」
IMG_0716aaa_201904090700348fc.jpg 
IMG_0718aaa_20190409070036a62.jpg 
右大臣の像。
IMG_0719aaa_20190409070037713.jpg 
魔よけの逆さ柱がある。Sさんがこれよこれよと言うが良くわからない。
IMG_0722aaa_20190409073757db7.jpg 
中に入ってお参りできるので中に入る。写真は撮れない。
IMG_0724aaa_201904090737583e0.jpg 
眠り猫。左甚五郎作と言われている。
IMG_0726aaa_20190409073800074.jpg 
奥宮に向かって207段の階段を上る。疲れた。
IMG_0727aaa_201904090738012d4.jpg 
奥宮宝塔。
IMG_0730aaa_20190409073803edc.jpg 
亀の上に乗る鶴。
IMG_0731aaa_20190409073804b1c.jpg 
再び陽明門。
IMG_0737aaa_20190409073806b68.jpg 
回廊。
IMG_0739aaa_20190409073807843.jpg 
神輿舎。三基の神輿。
IMG_0741aaa.jpg 
回廊は見飽きない。
IMG_0742aaa_201904090738104b0.jpg 
IMG_0743aaaa.jpg 
鳴龍の薬師堂に入る。「薬師堂の龍の絵は、龍の顔の下で拍子を打つとカーンと音が鳴ったあと音が共鳴し、鈴を転がしているような龍の鳴き声に聞こえる。」
IMG_0744aaa_20190409073813f64.jpg 
Sさんお勧めの明治の館で食事。
IMG_0754aaa_201904090738155aa.jpg 
IMG_0748aaa.jpg 
IMG_0749aaa_2019040907381826e.jpg IMG_0750aaa_20190409073819102.jpgIMG_0751aaa_20190409073821110.jpgIMG_0752aaa_20190409073822f5f.jpg
ここから歩いて日光駅に向かう。結構ある。
途中の神橋。「神橋は二荒山(男体山)をご神体としてまつる二荒山神社の建造物で、日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋。」
IMG_0756aaa_2019040907382478d.jpg 
板垣退助の像がある。何故だろうと思ったら「明治元年(西暦1868年)、戊辰戦争の際日光廊にたてこもった幕府軍大鳥圭介らと対峙した官軍の将板垣は、二社一寺のある日光を戦火にさらすことを避けるべく、幕府軍に無血開城を迫り、みごと説得に成功した。」だそうだ。
IMG_0757aaa_20190409073825215.jpg 
行き帰りの電車の中で絵芙の娘さんに勧められた「日日是好日」を読み切った。お茶を知らない私にとっtrueえ爽やかな風にあたったような感じがした。Sさんに見せたらたちまち読んでしまい、お茶を知ってる人には当たり前の事よと言われてしまった。
IMG_0761aaa_201904090808530d6.jpg 
楽しい3日間だった。また夏に来よう。

湯ノ湖

3月27日。
朝はピーカン。
温泉に行く途中の窓から日光白根山が見える。
IMG_0599aaa.jpg 
お風呂に入って気分良い。
レストランからの眺めは昨夜降った雪で木道は歩けそうもない。
IMG_0600aaa.jpg 
朝食。
IMG_0601aaa_2019040717245451a.jpg 
大好きなレイシがあり、Sさんと喜んで一杯とる。
IMG_0602aaa_2019040717245533e.jpg 
少し休んで出かける。
ロビー。
IMG_0608aaa_20190407172457221.jpg 
休暇村を後にして出かける。
IMG_0664aaa_20190407172517e3a.jpg
日光白根山が良く見える。
IMG_0614aaa.jpg 
バスで湯滝に向かう。
湯滝は高さ70mの岸壁を湖水が流れる。
IMG_0617aaa_201904071725002ac.jpg 
奥へ進み。湯ノ湖に向かう道があったが、Sさんが階段に雪が積もっていて滑るからダメと言われてしまう。
IMG_0622aaa_20190407172502d76.jpg 
やむなくあきらめて道路沿いを歩く。
途中、車来た夫婦に湯滝は近いかと聞かれる。
道路沿いを歩き湯滝のもとに着く。
IMG_0629aaa.jpg 
IMG_0631aaa.jpg 
湯ノ湖の端に着く。
IMG_0636aaa_2019040717250605e.jpg
日光白根山が奥に見える。
IMG_0638aaa_201904071725080b2.jpg 
オオバンの群れ。
IMG_0639aaa_2019040717250954e.jpg 
コガモは昼寝。
IMG_0656aaa_20190407172510c71.jpg 
湖に沿った道を歩きたかったが、Sさんの許可が下りず車道沿いからようやく湖沿いの道を歩く。
IMG_0657aaa_20190407172512f36.jpg 
湯元温泉に着く。
IMG_0660aaa.jpg 
今度来たときは湖一周しよう。
IMG_0663aaa_20190407172515194.jpg 
昼食。
IMG_0665aaa.jpg 
かなり歩いたので疲れて一休み。
Sさんと一緒で嬉しい。
温泉に入ってから夕食。
IMG_0667aaa_20190407172519098.jpg IMG_0668aaajpg.jpgIMG_0670aaa_20190407175516b3a.jpg
大満足の一日であった。

奥日光湯元温泉

3月26日。
Sさんお勧めの奥日光湯元温泉に出かける。冬にSさんがMrさんのお勧めで行ったところ随分気に入ったようで一緒に来ることになった。
浅草から奥日光に向かう車中からの隅田川。
IMG_0584aaa_20190404075806441.jpg 
奥日光駅に着く。
IMG_0586aaa_20190404075809e31.jpg IMG_0585aaa_20190404075807d8c.jpg
ここからバスで湯元温泉に向かう。
雪が途中から見えてきてまだ雪かと驚く。
湯元温泉のバス停に宿からのバスが来ていて乗り込む。
良い部屋。
IMG_0589aaa_201904040758106df.jpg 
早速温泉に入る。奈良時代に開湯したと言われる日光湯元温泉の源泉から引いた良質の温泉。
露天風呂も雪の中。樽風呂にも入る。
硫黄泉。気に入って長く入る。
夕食のレストランから湯の湖が見える。
IMG_0590aaa_20190404075812dea.jpg 
とちぎ和牛のコース。
IMG_0595aaa_2019040407581661e.jpg 
IMG_0592aaa_201904040758138e8.jpg IMG_0594aaa_201904040758150ea.jpg
お酒もチョッピリ飲んで気持ち良くおしゃべり。
大満足で早々と眠る。

熊野古道吟行前夜祭

3月25日。
庭の菫がまた咲いてきた。
IMG_0565aaa_2019040318002490a.jpg 
カタバミ。
IMG_0567aaa_20190403180026029.jpg 
皮膚科に出かける。
行く途中のムスカリ。
IMG_0568aaa_201904031800274ed.jpg 
皮膚科は混んでいて随分待った。
部長さんの女医さんに見てもらう。口腔外科から紹介で、口の周りのしこりと、指と耳に出ている凍傷のようなただれと関係が無いかと調べてもらう。
女医さんによると関係はないとのことであった。ただ耳と指のただれがひどいのでリウマチからくるものかもしれないので薬を塗って様子を見ようと言う。それでも改善しなければ生検して調べる。ただ耳も指も痛いですよと言う。何とかその前に治ってほしい。先生も暖かくなるから治るでしょうと言う。
その後、口腔外科に回る。口の周りのしこりと痺れは変化がない。悪性でないので安心してるが、右側の口がしっかり閉まらないので、食べ物や水がこぼれてしまうのが不都合。先生は痺れの原因がわからないと言う。先生は来月転勤なので、次からは部長先生に診てもらうことになると言う。生検をして悪性でないと判断した先生。
帰り道のヒヤシンス。
IMG_0569aaa_201904031800291d1.jpg 
チューリップ。
IMG_0572aaa_2019040318003001c.jpg 
夕方、三四郎さん主催の熊野古道銀行の前夜祭に出かける。
IMG_0573aaa_201904031800322a4.jpg IMG_0575aaa_20190403180033a2c.jpgIMG_0576aaa_201904031800351ee.jpgIMG_0577aaa_20190403180036681.jpgIMG_0578aaa_20190403180038dd1.jpg
三四郎さんが資料を作って来て説明。2泊3日。毎日句会をする。当たり前だが私の苦手な吟行が毎日とはいささか苦痛。熊野古道は魅力があるから参加だが、苦吟しつつではけつまずきそう。
一緒するのは、「童子」のベテランのあゆかさん、三四郎さん、童子で活躍中の遊介さん、はなさん。大門句会でなかなか進歩がない私とではちょっと格が違うなあ。
俳句の話になるとほとんど無言でやり過ごす。
三四郎さんから、怪我して休まないでねと念を押される。
遊介さんとはなさんから山男だけど蒲柳の質だからねとからかわれる。
あゆかさんは実に嬉しそうで元気一杯。皆と一緒に旅行や吟行するのが大好き。
三四郎さんから熊野古道の生業などを事前に調べてきてと言われる。
帰り際に遊介さんが梅原龍三郎よ言う。
IMG_0583aaa_20190403180039894.jpg 
楽しいだろうが三日間で3回句会とはきつい。

ちょっと散策

3月24日。
部屋の胡蝶蘭。
IMG_0540aaa_201904030704071d9.jpg 
庭のシャガが咲きだす。
IMG_0531aaa_201904030704047b0.jpg 
雪柳。
IMG_0538aaa.jpg 
家でじっとしてると左上の背中の痛みが気になるのでちょっと散策に出かける。
雲が綺麗。
IMG_0542aaa_2019040307040823e.jpg IMG_0546aaa_201904030704135a6.jpg
ストック。
IMG_0543aaa_201904030704101c1.jpg 
昔八幡製鉄の研究所のあったところの公園。
IMG_0544aaa.jpg 
ハナモモ。
IMG_0547aaa_20190403070414a5e.jpg 
レンギョウ。
IMG_0556aaa_20190403070416248.jpg 
トサミズキ。
IMG_0558aaa_201904030704177fc.jpg 
歩いて自然に接してると痛みが和らぐが、帰ってじっとしてると痛みが気になる。何とかならないかなあ。

左上の背中の痛みが取れない。

3月23日。
庭のクリスマスローズ。
IMG_0462aaa_2019040221355225c.jpg IMG_0465aaa_20190402213553315.jpgIMG_0468aaa.jpg
ツルニチニチソウ。
IMG_0469aaa_201904022135569e6.jpg 
シャガが咲きだした。
IMG_0472aaa_201904022135588b9.jpg 
左上の背中の痛みが取れない。接骨医にSさんと行く。
行く途中の矢上川の菜の花。
IMG_0474aaa_20190402213559022.jpg 
ベニバナトキワマンサク。
IMG_0478aaa_201904022136009a6.jpg 
カネノナルキ。
IMG_0480aaa_20190402213602d33.jpg 
井田公園に咲きだした桜。
IMG_0486aaa_20190402213603dba.jpg 
早咲き桜かな。
IMG_0489aaa_20190402213605387.jpg 
接骨医に到着。首から来てる痛みと言われる。左側の肩はしばらくリハビリ用に動かさない方が良いとも。椅子は深く腰掛けるように。姿勢は正しくしてること。鍼治療で痛みは薄らぐ。
Sさんがお店に行くと言うのでついていく。
ツキヌキリンドウ。あまり見かけない花。
IMG_0493aaa_20190402213606087.jpg 
しだれ梅か桜か?
IMG_0496aaa_201904022136081dd.jpg 
三椏。
IMG_0497aaa_20190402213610777.jpg 
お店で買い物してから美味しいコーヒー店があるとSさんが言うので入る。
若者とおばさんたち。若い男女が話してる内容がつい耳に入ってしまう。
IMG_0499aaa_20190402213611f9b.jpg 
日吉公園。何の花かな。
IMG_0503aaa.jpg 
椿。
IMG_0511aaa_20190402213614c96.jpg 
Sさんに撮ってもらう。紅白梅。
IMG_0517aaa_201904022136167a0.jpg 
桜。
IMG_0521aaa_20190402213617da4.jpg 
何時も公園にいる鳥。ムクドリかな。
IMG_0526aaa_20190402213618878.jpg 
コブシ。
IMG_0529aaa_20190402213620322.jpg 
Sさんと随分歩いた。

矢上川の生き物たち

3月22日。
背中が痛むので接骨医に行く。
首を痛めているようで腕は回さないほうが良いと言われる。
帰りの矢上川で生き物たちが一杯。
コサギが餌を狙ってる。
IMG_0441aaa_20190401082223fe7.jpg 
鯉は恋の季節。
IMG_0444aaa_20190401082225904.jpg 
亀がいた。
IMG_0446aaa_201904010822263a9.jpg 
マガモ。
IMG_0447aaa_20190401082228c2e.jpg 
カルガモのお昼寝。
IMG_0448aaa_20190401082229a96.jpg 
キセキレイ。
IMG_0454aaa.jpg 
また亀がいた。
IMG_0456aaa_20190401082232fb4.jpg 
近所のヒヤシンス。
IMG_0458aaa_20190401082234242.jpg 

背中の左上が痛む

3月21日。
背中の左上が痛み出したので一日大人しくする。
庭のクリスマスローズ。
IMG_0416aaa_20190330091439191.jpg IMG_0417aaa_20190330091441658.jpgIMG_0431aaa.jpg
カタバミ。
IMG_0421aaa_20190330091443aa1.jpg 
ムスカリ。
IMG_0423aaa.jpg 
ユキヤナギ。
IMG_0425aaa_20190330091446e4f.jpg 
夜Sさんがお月さんが大きく見えると言うので撮ってもらう。家の上に登るときは大きく見える。
IMG_0432aaa_20190330091448b2c.jpg 
また見ちゃった。
IMG_0437aaa_201903300914492e8.jpg 

花々と鳥たち

3月20日。
世の中春めいてきた。
部屋の胡蝶蘭。
IMG_0357aaa_20190329085541917.jpg 
庭の水盤に雀が独占して水浴び。
IMG_0359aaa.jpg IMG_0363aaa_20190329085544cd4.jpg
庭のスノーフレーク。
IMG_0369aaa_20190329085547c79.jpg 
ハナニラ。
IMG_0370aaa_201903290855486b0.jpg 
クリスマスローズ。
IMG_0377aaa.jpg 
ヒメツルニチニチソウ。
IMG_0380aaa_20190329085551bb9.jpg 
Sさんと接骨医に出かける。
猫ちゃん。
IMG_0382aaa_20190329085553822.jpg 
接骨医でマッサージと鍼。
PCを長くやるのは良くないと言われる。
帰り道の矢上川のコサギ。
IMG_0389aaa_20190329085554b1c.jpg 
また別のシラサギ。
IMG_0397aaa_201903290855599c7.jpg 
餌が多いのだろう。三羽目のコサギ。
IMG_0407aaa_2019032908560203e.jpg 
カルガモ。
IMG_0392aaa_2019032908555661b.jpg 
コガモ。
IMG_0394aaa_20190329085557066.jpg 
この時期鯉は群れる。
IMG_0400aaa_2019032908560005a.jpg 
日吉公園の水仙。
IMG_0408aaa_20190329085603cc6.jpg 
キンセンカ。
IMG_0409aaa_201903290856052bf.jpg 
ヒヤシンス。
IMG_0411aaa_201903290856063d1.jpg 
日吉公園のボケ。
IMG_0414aaa_201903290856081eb.jpg 
近所のラナンキュロス。
IMG_0415aaa_201903290856092d6.jpg 
体調あまりすぐれず休む。

七福の会

3月19日。
七福の会に出かける。
行く途中の近所の椿。
IMG_0346aaa_20190323180922c1c.jpg 
アネモネ。
IMG_0347aaa_20190323180923b66.jpg 
バーデンベルギア。
IMG_0349aaa_20190323180925d15.jpg 
七福の会に到着。
7名の参加。
珍しく病気の話になる。
Sjさんが珍しく元気がなく、杖をつくようになったと言う。
以前、道路の真ん中で転んで起き上がれなかったら若者が寄って来て起こしてお店近くまで運んでくれた。それまではこの頃の若者なんてと思っていたが考えを改めたと言う。
私も来る途中で荷物を持っている綺麗な女性が座っていたが、私を確認すると席を譲ってくれた。荷物が多いので遠慮すべきだったかもしれないが、笑顔が素敵なので喜んで座ってしまった。
Tnさんは脊柱管狭窄症が治ってしまったと言う。皆が感心する。癌や心臓の不具合に対する考えが徹底してる。
Htさんは皆に言われて自転車に乗るのは止めたと言う。自動車は90歳を超えても相変わらず運転。庭木を自分で切るのは止めたんでしょうねと言ったら、さすがにやめて業者に頼んでると言う。大きくなった桜の樹や欅や松を切るのは大変だと言う。自分で切っていたので詳しい。
MnさんとDmさんは製造業について大いに議論を戦わす。まだ若々しいなあ。Mnさんは論語の先生。
Dmさんから私は病気しても復活するので偉いと褒められた。Dmさんは山に阿修羅の如く登るので若者があの方はどういう方ですかと驚いている。80歳を超えてると言うとびっくり。
Trさんは山梨から日帰りでやって来た。自動車が運転できなくなると住めないので何れ関東圏に移りたいと言う。
絵の話が出る。Mn夫人の絵が素晴らしいとSさんが毎度称賛してると話す。Ssさんの絵の話が出てたいしたものだと皆が言う。
お年寄りばかりだが、話は面白いのでオーラを貰ってる。
帰って、接骨医にSさんと行くはずだったが疲れてしまい行くのを止めた。
庭のスノーフレーク。
IMG_0352aaa_20190323180926ce5.jpg 
黄水仙。
IMG_0353aaa_20190323180928a20.jpg 
ムスカリ。
IMG_0343aaa.jpg 
菫。
IMG_0344aaa_20190323180931e3e.jpg 
ちょっと調子が悪いので早々と休む。

逆上り漸く出来て卒業す

3月18日。
大門句会に出かける。
行く途中の近所の木瓜。
IMG_0331aaa_20190323081613189.jpg 
アルメリア。
IMG_0332aaa.jpg 
ルピナス。
IMG_0334aaa.jpg 
早咲き桜。
IMG_0335aaa_201903230816175f0.jpg 
バーデンベルギア。
IMG_0336aaa.jpg 
間違えて1時間早く来てしまったので喫茶店で時間をつぶす。
句会所のお店に到着。
IMG_0337aaa_2019032308162010d.jpg 
9名参加。あゆかさんが主査。三四郎さんが幹事。
三四郎さんから4月に熊野古道で吟行をするので転んで腰を痛めないようにと言われる。
遊介さんとはなさんから蒲柳の質ですもんねとからかわれる。
この会は飲み食いしながら句会をするので実に楽しい。
IMG_0338aaa.jpg IMG_0339aaa_2019032308162399e.jpgIMG_0340aaa_201903230816250a1.jpgIMG_0341aaa_201903230816267a3.jpgIMG_0342aaa.jpg
写真を撮ってたら、勝山さんが以前、カメラの仕事をしていていろんな会社のカメラで撮影して比較したのでもう写真は撮りたくないと言う。
兼題は三四郎さんからで

「啓蟄」 地虫穴を出づ。二十四節気のひとつ、3月5日ころ。

「北窓開く」 冬の間閉ざしていた北側の窓を開くこと

「春の土」 土恋し。雪や氷が融けて現れた土。

「蕨」 早蕨。春を告げる山菜。

「卒業」 

「龍」 非季語です。季語なら「竜天に登る」。

今回は不調だった、

選句されたのは一句。

逆上り漸く出来て卒業す  光

三四郎さん、さらさん、夢路さん選。

→実体験を詠んでいる。こういう言い方もある。

:逆上がり出来たのかと聞かれて小学校では出来なかった。中学で練習してようやく出来た。

蕨採り翌日寝込む幼き子  光

:自分の子供のころの体験。三七ちゃんに連れられて蕨採りに行った翌日は良く熱を出した。

啓蟄の気配そろそろ庭の奥  光

:庭の灯篭の奥で感じる。

北窓を開くと飛び立つ雀たち  光

:この前、窓を開けたら雀が飛び立ちびっくりした。

サンダルの足に感じる春の土  光

:遊介さんからサンダル履いてるのと聞かれた。庭では何時もサンダル。

特選句、人気句。

龍の句が特選。

天井の龍と目が合ふめかり時  勝山

あゆかさん特選、糸さん選。

:めかり時は春、蛙が鳴く頃のすぐ眠くなる時期。知らなかった。

ほこらには龍神さまや春の雷  馬空

→ほこらと春の雷の対比が良い。

頼りなき手書きの地図や蕨狩  夢路

あゆかさん、三四郎さん、勝山さん、さらさん、遊介さん選。

:夢路さんは久しぶりの参加だが絶好調。

北窓を開くや小猫覗き込み  はな

三四郎さん、勝山さん。遊介さん、光選。

→可愛い句。小猫は春の季語。小が付くと春の季語。

へこ帯に龍の根付や荷風の忌  三四郎

あゆかさん、はなさん、糸さん、光選。

→粋な人。荷風らしい。

帰って、Sさんにどうだったと聞かれたので不調と答える。

苦吟

3月17日。
庭の菫。
IMG_0309aaa_20190321185324f3e.jpg 
オキザリス。
IMG_0311aaa.jpg 
キンレンカ。
IMG_0313aaa_201903211853272ca.jpg 
ツルニチニチソウ。
IMG_0315aaa_2019032118532827d.jpg 
ムスカリが出てきた。
IMG_0318aaa.jpg 
猫柳の花が咲いた。
IMG_0320aaa.jpg 
クリスマスローズ。Sさんが好きな花。
IMG_0326aaa_20190321185333035.jpg 
ローズマリー。
IMG_0328aaa_201903211853347f8.jpg 
明日の句会のために苦吟。
私の句は出来具合にばらつきがある。時間をかければ良い句が詠めるわけではないが、時間は随分かけた。だがどうもピリッと来ない。

Sさんと一緒

3月16日。
庭のアブラチャン。
IMG_0255aaa.jpg 
ハコベかな。Sさんが抜くと言うので待ってくれと頼む。オオイヌノフグリも抜いてなくなってしまった。
IMG_0257aaa_20190321072723c63.jpg 
Sさんと接骨医に出かける。
急坂の途中のヒマラヤユキノシタ。
IMG_0258aaa_20190321072724a9a.jpg 
椿。
IMG_0259aaa_20190321072726afd.jpg 
何だろう。
IMG_0261aaa_20190321072727156.jpg 
矢上川の鯉。この時期盛んに上ってくる。
IMG_0262aaa_20190321072729490.jpg 
猫ちゃん。
IMG_0264aa.jpg 
接骨医にかかる。Sさんは腕が腫れているのでその治療。
私は両腕の痛み。右側は良くなってきたが、左腕、肩は後ろに回らない。
帰りに薬局に寄るために江川を遡る。
IMG_0268aaa.jpg 
明津桜は開花時期が長い。
IMG_0269aaa.jpg 
Sさんが喜んでいる。
IMG_0271aaa_20190321072735d05.jpg
明津桜は河津桜の移植。
IMG_0274aaa.jpg 
ムクドリかな。
IMG_0275aaa_20190321072738821.jpg 
ハクモクレン。
IMG_0280aaa_20190321072739a60.jpg 
江川にカルガモが戻ってきた。
IMG_0283aaa.jpg 
サンシュユ。
IMG_0285aaa.jpg 
薬屋で購入。
引き返すときの明津桜。
IMG_0287aaa_201903210727445a9.jpg 
ヒヨドリ。
IMG_0288aaa.jpg 
明津桜とコブシ。
IMG_0299aaa_20190321072748b82.jpg 
木の芽を食べてるのかな。
IMG_0301aaa_201903210727497a6.jpg 
矢上川のコサギ。
IMG_0306aaa_20190321072750792.jpg 
かなり歩いたので疲れた。
月曜の句会に苦吟したが、疲れて上手く俳句の頭にならず。

お休み

3月15日。
休息しないと体がもたなくなってきた。
この時期、花が多くなってきてるので部屋でも庭でも楽しめる。
Sさんの手入れが良いので年々花々の勢いが良くなってきた。
部屋のシンビジューム。
IMG_0233aaa_20190319073313f7d.jpg IMG_0237aaa_2019031907331424e.jpg
胡蝶蘭。
IMG_0234aaa_20190319073316ba7.jpg 
多肉植物の花。
IMG_0236aaa.jpg 
庭のキンレンカ。
IMG_0239aaa_20190319073319db2.jpg 
雪柳。
IMG_0241aaa.jpg 
猫柳。
IMG_0245aaa_20190319073322e66.jpg 
ハナニラ。
IMG_0246aaa_20190319073323458.jpg 
クリスマスローズ。
IMG_0250aaa_201903190733256bf.jpg IMG_0251aaa_201903190733268c3.jpg

花が多くなってきた

3月14日。
庭の雪柳。
IMG_0205aaa_20190318150119438.jpg 
私の好きなアブラチャン。
IMG_0206aaa_20190318150121e65.jpg 
スノーフレーク。
IMG_0211aaa_20190318150122bdf.jpg 
ローズマリー。やっと花が咲いた。
IMG_0217aaa_201903181501273ca.jpg 
クリスマスローズ。
IMG_0216aaa_20190318150125fe7.jpg 
ヒメツルニチニソウ。
IMG_0214aaa.jpg 
枇杷に実がついた。
IMG_0218aaa_20190318150128bcb.jpg 
Sさんと接骨医に出かける。
矢上川の鯉。
IMG_0221aaa_201903181501306d9.jpg 
ベニバナトキワマンサク。
IMG_0223aaa_20190318150131e87.jpg 
紅梅。
IMG_0225aaa_20190318150133295.jpg 
接骨医でマッサージと鍼。治療を受けると改善するがまた戻ってしまう。根気よく治療するしかない。
椿。
IMG_0230aaa.jpg 
ミモザ。
IMG_0231aaa_20190318150136a51.jpg 
スーパーで海鞘を買う。海鞘は二人とも大好物。買いだめして毎日楽しんでいる。

江川せせらぎの遊歩道

3月13日。
晴れて気持ちが良いので、江川せせらぎの遊歩道に向かう。
途中のムスカリ。
IMG_0113aaa_20190318134855599.jpg 
江川は清掃が終わり、水が流れていた。
IMG_0117aaa.jpg 
明津桜が満開。
IMG_0120aaa.jpg 
明津桜は河津桜を移植した。
IMG_0124aaa_201903181348595a0.jpg 
オオシマサクラとカンヒサクラの自然交雑種。
IMG_0129aaa.jpg 
毎年楽しませてくれる。
IMG_0140aaa.jpg 
花期も長いので十分楽しめる。
IMG_0143aaa.jpg 
サンシュユ。
IMG_0138aaa.jpg 
コブシ。
IMG_0145aaa.jpg 
ドイツアヤメ。
IMG_0149aaa_201903181349081b1.jpg 
ヒヤシンス。
IMG_0151aaa_20190318134910294.jpg 
キルタンツス。
IMG_0152aaa_2019031813491134f.jpg 
菜の花。
IMG_0153aaa_2019031813491366b.jpg 
キク科かな。
IMG_0157aaa_201903181349144d6.jpg 
エニシダかな。
IMG_0161aaa.jpg 
ハクモクレン。
IMG_0163aaa_20190318134917a52.jpg 
江川の上流に行ったら亀がいた。
IMG_0171aaa_20190318134919f11.jpg 
清掃中にどうやってやり過ごしたんだろう。
IMG_0175aaa_2019031813492009a.jpg 
上流には鯉がいた。
IMG_0182aaa_201903181349225a0.jpg 
矢上川には鯉が群れている。
IMG_0184aaa_20190318134923faf.jpg 
矢上川にも亀がいる。
IMG_0186aaa_20190318143051574.jpg 
コサギ。
IMG_0192aaa_201903181430525e5.jpg 
カルガモとコガモ。
IMG_0194aaa.jpg 
ハクセキレイ。
IMG_0197aaa_20190318143055998.jpg 
富士が見えた。
IMG_0202aaa_20190318143057001.jpg 
1万5千歩歩いたが爽快。Sさんから歩きすぎと言われる。

散髪の白髪頭に春一番

3月12日。
大門句会勉強会その307の三四郎さんの句評を見る。
兼題はあかねさん出題の「春一番」。

◇光

散髪の白髪頭に春一番

ベンチ前鳩の飛び立つ春一番

⇒せっかく散髪して整髪もしてもらったのに白髪頭とはいえクシャクシャになってしまった。

足もとにいた鳩が突風に驚いて飛び立った。
馬空さん選句。

散髪の白髪頭に春一番

散髪の後の解放感と春を迎える期待感の調和を感じさせます。

蒼月さん選。

ベンチ前鳩の飛び立つ春一番
ベンチ前には餌を求めて鳩の群れが集まってくる。餌を持ち合わせていないので、ただベンチに座って鳩の群れを眺めている。そこに突然突風が吹いて、鳩の群れを砂塵とともに吹き飛ばしていった。少し騒がしい春一番だ。

あかねさん選。

散髪の白髪頭に春一番

さっぱりと散髪したのに無常な春一番おしゃれも台無しに

春のこんな情景を良く詠んでます。

:白髪頭は髪が伸びると余計爺くさくなるので散髪に行って少しまともになったかなと思ったら春一番で散髪の髪がくしゃくしゃになってしまった。

この前公園のベンチに座っていたら鳩が一杯群れて寄ってきた。春一番であっという間に飛び去ってしまった。

私の選句。

◇馬空

鉄橋の前の停車や春一番

⇒自動車ではなく電車が鉄橋の目前で停車したということですか。なぜ? 強風警報かなにかが出ていたのでしょうか。

:春一番で電車がとまった景を詠んでいる。私も経験がある。放送で強風で止まりますと放送。

◇蒼月

はるうれひスクランブルの交差点

⇒スクランブル交差点はまっすぐ横切ってもいいし斜めに横断してもいい。どっちつかずが春愁と気分的につながっていますね。

:はるうれひの季語が生きている。

◇あかね

車椅子操作も慣れて春一番

⇒けがをしたか足腰を痛めたか車椅子生活になった。やっと操作になれて外に出てみたら春一番。よし、この風を追い風にがんばろう。

:車椅子の少し暗い状況が春一番で吹き飛ばされた。

◇三四郎

サッカーのシュート決まるや春一番

:躍動感がある。

◇遊介

春一番雀騒がしお堀端

⇒雀の集団が風にあおられながらしきりに鳴き交わしている。吹き飛ばされそうですが雀は意外と大丈夫。お堀の水面も波立っているでしょう。

:雀は群れてあんなに騒ぐのは春一番を喜んでいるのだろう。

◇野里子

工事場の外階段や春一番

⇒二階建てのプレハブ小屋があるような工事現場でしょうか。鉄の外階段がついている。手すりを持って登らないと吹き飛ばされそうな風。

:ちょっと怖そう。

部屋の胡蝶蘭。

IMG_0081aaa_2019031607202934c.jpg 

こんなに咲いたのは初めて。

IMG_0084aaa_2019031607203002f.jpg 

シンビジューム。

IMG_0085aaa_20190316072032b25.jpg 

庭の黄水仙。

IMG_0087aaa_2019031607203302c.jpg 

クリスマスローズ。

IMG_0088aaa_2019031607203485b.jpg 

沈丁花。

IMG_0089aaa_20190316072036030.jpg 

オキザリス。

IMG_0090aaa.jpg 

菫。

IMG_0091aaa_20190316072039f3b.jpg 

雪柳。

IMG_0092aaajpg.jpg 

ピンクの猫柳。

IMG_0094aaa_20190316072042d3c.jpg 

始めて咲いたローズマリー。

IMG_0097aaa_201903160720437c6.jpg 

針灸に出かける。

近所のネモフィラ。

IMG_0099aaa.jpg 

ガザニア?

IMG_0098aaa_20190316072048064.jpg 

ヒヤシンス。

IMG_0100aaa_20190316072048b28.jpg 

ラナンキュロス。

IMG_0101aaa_20190316072050256.jpg 

針灸の治療を受ける。腰が曲がってると言われた。体が疲れているようなのでゆっくりしたほうが良いと言われる。山は休んだ方が良いとも。

時間があるので久しぶりにエビスガーデンプレイスに行く。

IMG_0102aaa.jpg 

IMG_0105aaa_20190316072054f33.jpg IMG_0106aaa_201903160720555aa.jpgIMG_0107aaa.jpg

IMG_0108aaa_20190316080536143.jpg 

ランアンキュロス。

IMG_0104aaa_20190316072052bb4.jpg 

お腹ペコペコになったので活に行く。食べ過ぎた。

IMG_0109aaa_201903160805375d4.jpg IMG_0110aaa_20190316080538fde.jpgIMG_0111aaa.jpgIMG_0112aaa_20190316080541c3b.jpg

生き物たち

3月11日。
暖かくなってきた。
庭の水盤に雀が水浴びにやって来た。
IMG_0029aaa.jpg 
一休み。
IMG_0030aaa_20190314072211441.jpg 
また水浴び。
IMG_0031aaa_201903140722120b0.jpg 
気持ちよさそう。延々と続くので引き上げる。
IMG_0035aaa.jpg 
庭のスノーフレークが咲きだす。
IMG_0036aaa.jpg 
黄水仙。
IMG_0040aaa_20190314072217af7.jpg 
キンレンカ。
IMG_0041aaa_20190314072219918.jpg 
クリスマスローズ。
IMG_0044aaa_201903140722202fd.jpg 
接骨医に出かける。今日は一人で行く。
行く途中のヒマラヤユキノシタ。
IMG_0045aaa_20190314072221558.jpg 
オキザリス。
IMG_0047aaa_20190314072223a2a.jpg 
接骨医で鍼とマッサージ。腰は良くなった。左腕は後ろに回りにくい。
カルガモのつがい。
IMG_0049aaa.jpg 
江川の掃除が終わり水が流れていた。
IMG_0051aaa_2019031407222639f.jpg 
矢上川に鯉が遡ってきた。
IMG_0055aaa.jpg 
この時期、鯉は恋の季節。
IMG_0058aaa_20190314072229433.jpg 
セグロセキレイ。
IMG_0061aaa_20190314072230ca2.jpg 
コサギ。
IMG_0064aaa_20190314072232261.jpg 
コガモ。
IMG_0068aaa_20190314072233eec.jpg 
キク科の花。
IMG_0069aaa_201903140722350a1.jpg 
日吉公園のしだれ梅。
IMG_0071aaa_201903140722360c8.jpg 
水仙。
IMG_0075aaa_2019031407223823a.jpg 
紅梅。
IMG_0077aaa_201903140748509b5.jpg 
ラナンキュロス。
IMG_0078aaa.jpg 
この時期の散策は実に楽しい。生き物が躍動しかかっている。

ちょっと疲れた

3月10日。
二日続けて1万歩以上歩いたら、疲れてしまった。
一日家で大人しくしている。
部屋のシンビジューム。花期が長いので楽しめる。
IMG_0008aaa_2019031220243554a.jpg 
IMG_0014aaa_20190312202957f11.jpg 
胡蝶蘭。
IMG_0010aaa_2019031220243629b.jpg 
多肉植物の花。こんなに咲いたのは初めて。
IMG_0013aaa_20190312202437f83.jpg 
庭のクリスマスローズ。
IMG_0018aaa_201903122024401a6.jpg 
福寿草。
IMG_9968aaa_20190312202442e1a.jpg 
ピンクの猫柳。
IMG_9971aaa_2019031220244300c.jpg IMG_9973aaa.jpg
雪柳が咲きだす。
IMG_9974aaa.jpg 
オキザリス。
IMG_9977aaa_201903122024484f9.jpg 
ハナニラが咲きだす。
IMG_9979aaa.jpg 
つい読んじゃう。
IMG_9965aaa_20190312202451709.jpg 

楽しい集まり

3月9日。
Sさんと接骨医に行く。
行く途中に矢上川にコサギが休んでいた。
IMG_9980aaa.jpg 
ローダンセマム?
IMG_9983aaa.jpg 
梅。
IMG_9984aaa.jpg 
接骨医にマッサージと鍼治療。腰はすっかり良くなった。
両肩の痛みがなかなか治らない。特に左肩が痛む。
帰りにもコサギが同じところで休んでいるのでSさんが病気じゃないのと心配する。コサギはじっとして動かないことがある。病気じゃないと思うと言う。
IMG_9985aaa.jpg 
鴨。
IMG_9986aaa.jpg 
夕方、Kmさんらとの懇親会に出かける。Sさんも一緒。
一番乗りに近かった。
IMG_0003aaa.jpg 
やがてMsさん、Nkさん、Kdさん、Iwさん、Ngさん、Nzさんらが来る。Nzさんは休みを取って来てくれた。
Kmさん、ご主人、Ttさん、Tkさんと時間通りに来てくれた。まだ来ない人もいたが乾杯。久しぶりの集まりで嬉しい。
15名の参加。
最後にNkさんが来たのでNkさんに乾杯の音頭を取ってもらう。
Ibさんは中国出張が伸びたので参加。中国土産を皆に配る。
IMG_9995aaa.jpg 
皆がIbさんがかっこいいと言うので、彼がNzさん位の時はもっとかっこ良かったと言った。スキー場で皆が着目してたと話す。Nzさんに今のIbさんの年齢になったらどうなってしまうかとからかった。すかさずKmさんがあまり変わらないと思うとリカバリーした。
Nzさんがなかなか良い格好をしてきたのでSさんに感想を聞いたら、良いと合格が出た。
Kmさんとご主人から手続きのことを聞かれたのでSさんが答える。Sさんから手続きの事は全てSさんがやってるとばらされた。そうだと思ってましたと言われてしまった。手が綺麗と誰かが言ったらすかさずSさんに働いてないからと言われる。
Kmさんは仕事が忙しいみたい。良く来てくれた。
Ngさんは手続等は全て自分がやってるから羨ましいと。
Tkさんと今年になって初めて会えて嬉しいと言う。Kmさんに蔵王に行こうと誘う。Ksさんが滑らなくてもケーブルで樹氷を見るだけでも良いと言う。Tkさんも誘う。Kmさんがスキーに行ったらTkさんと二人だけ残ることになってまた緊張するんじゃないのとからかわれた。
Msさんが衰えが激しくなってきたと言うので私にとっては丁度良い仲間である。山登りの時にNkさんとMzさんは駄洒落を連発して私に馬鹿にされると言うから、あれは駄洒落のレベルまで行ってないと余計なことを言ってしまった。
Ttさんに久しぶりに会えて喜ぶ。もっとひどいかと思ったが元気そうで良かったと言ってもらった。良いお仲間に恵まれていいですねと言ってくれた。
Iwさんに津久井湖の花見の計画を頼む。Mrさんが来てくれるので優しいコースにしてほしいと頼む。手術して1ヶ月半だから。
KdさんからDmさんの経済理論に対してこの前、論じたことの説明を受けた。一理あるなあと思う。
Nkさんがミラーレスの一眼レフを持ってきてパチパチやる。このところ写真に凝ってる。来るのが遅れたのも写真を撮ってたからだそうだ。
IMG_9987aaa_20190311224523854.jpg IMG_9988aaa_20190311224525bf4.jpgIMG_9993aaa.jpgIMG_9994aaa_201903112245284f4.jpgIMG_9996aaa_20190311224531a39.jpg
楽しい時間もあっという間に立ちお開き。
Kmさんの名前を出すと参加者が増えるのでまた集まりたい。

松の川緑道

3月8日。
庭のハナニラが咲きだした。
IMG_9937aaa.jpg 
腰の具合が随分良くなったので、コルセットをしないで長く歩いてみる。
井田から松の川緑道まで歩こうと出かける。
近所の猫ちゃん。
IMG_9940aaa_201903112058563ec.jpg 
井田病院の明津桜。
IMG_9941aaa_201903112058587ea.jpg 
ギンヨウアカシア。
IMG_9942aaa_20190311205859203.jpg 
モクシュンギク?
IMG_9944aaa_201903112059014ee.jpg 
オオイヌノフグリ。名前が可愛そう。
IMG_9945aaa_2019031120590252c.jpg 
ストック。
IMG_9946aaa_201903112059044a1.jpg 
梅。
IMG_9947aaa_2019031120590515d.jpg 
IMG_9951aaa_201903112059114fb.jpg 
アセビ。
IMG_9948aaa.jpg 
井田から松の川緑道に入る坂道に雀が群がっていた。
IMG_9949aaa.jpg 
ボケ。
IMG_9950aaa_20190311205910cec.jpg 
松の川緑道に入る。踊子草。
IMG_9952aaa_20190311205913a7d.jpg 
この看板が各所にある。
IMG_9955aaa.jpg 
慶応の野球場で慶応大学と順天堂大学が試合をしてる。
IMG_9957aaa_20190311205916733.jpg 
慶応が3-1で勝った。
IMG_9959aaa_20190311205917d5d.jpg 
サッカー場、ラクビー場で練習をしてる。ラクビー場は座り相撲みたいな練習をしていた。
IMG_9961aaa_20190311205920193.jpg 
キブシ。
IMG_9962aaa_20190311205920c0a.jpg 
ボケ。
IMG_9964aaa_20190311205922cb5.jpg 
一万歩以上歩いたが腰は大丈夫だった。脚は運動不足で筋肉痛みたいになったがこれは問題ない。どうやら鍼治療で治ったようだ。Sさんに報告。

接骨医

3月7日。
部屋の多肉植物の花。
IMG_9929aaa_20190308202806b8e.jpg 
胡蝶蘭。
IMG_9930aaa_20190308202807aaf.jpg 
庭のクリスマスローズ。小型の花。
IMG_9931aaa.jpg 
雨の中、Sさんと接骨医に行く。
矢上川に雨の中鴨たちが群れている。
IMG_9932aaa.jpg 
接骨医は雨のためか患者がいなかった。
すぐに診てもらう。腰はほぼ完治したので、両肩と言うか両腕の痛みを診てもらう。
マッサージですごく痛いところがある。鍼治療で右腕はスムーズに上がるようになったが、左腕はぎこちない。手に左右4か所鍼をうめる。時々鍼を押すように。
帰ってまた見ちゃった。亡くなった次男の残したコミック。「パトレイバー」。
IMG_9934aaa_20190308202811307.jpg 

如月や孫はしゃがんで泥遊び

3月6日。
庭の菫。
IMG_9921aaa_20190307080335146.jpg
クリスマスローズ。3種類ある。
IMG_9923aajpg.jpg IMG_9925aaa_201903070803397f4.jpgIMG_9926aaa_20190307080340c95.jpg
沈丁花。
IMG_9927aaa_20190307080342786.jpg 
キンレンカ。
IMG_9922aaa_20190307080336309.jpg 
大門句会勉強会その306の三四郎さんの句評を見る。

はなさん出題の「如月」です。

今回ははからずも取り合わせはどうしたらうまくやれるかを実例で考えさせてくれる句群でした。取り合わせは近すぎると説明・蛇足になりいわゆるつき過ぎになる。離れすぎると自分しかわからない独りよがりの句となる。この辺の呼吸がわかれば俳句も中級者です。今回は如月が兼題ですので如月に何を取り合わすかに苦労したと思いますが、反対にそれ以外のフレーズに如月がふさわしいかという観点から見直してみて下さい。よりよい季語が見つかるかも知れません。

◇光

如月や孫はしゃがんで泥遊び

如月や一雨ごとに天澄みて

⇒如月は寒さがやわらぎ泥遊びしても冷たくない季節ですね。これも春のおとずれを感じさせてくれるひとこまです。

雨がほこりを洗い流してくれるような気がする。ただ、天が澄むというのは秋の空のイメージです。春の空は霞がかかったようにぼんやりとしていませんか。

遊介さん選。

如月や孫はしゃがんで泥遊び

→ ようやく外遊びができる季節になりました。意気揚々として泥遊びをする孫を見る目線が微笑ましい。

野里子さん選。

如月や孫はしゃがんで泥遊び
大人よりも、いち早く季節を感じたお孫さんです。

はなさん選。

如月や孫はしゃがんで泥遊び

 子供は少しの暖かさにも敏感ですね、お外での遊びが始まりましたね。

:この前お孫ちゃんが遊びに来たときのことを詠んだ。私のサンダルに泥を乗せて遊んでいた。

天が澄むとは秋の空のイメージですね。季節感を良く感じで詠まないといけない。

私の選句。

◇野里子

如月や畜舎を囲む防砂林

⇒海岸地帯にある家畜小屋でしょう。牛なのか豚なのかわかりませんが、防砂林が海からの冷たい風も防いでくれて家畜たちは心地よさそうです。

:取り合わせの妙。

◇遊介

きさらぎの胸に一粒真珠玉

⇒真珠の真珠色としかいいようのない光沢が如月の季節感にぴったりですね。

:うーん女性ならではの句。

◇はな

如月やゆるりと閉まる自動ドア

⇒両句とも如月にどこかつながるようなモノを取り合せてみたという句です。ゆっくり閉まる自動ドアは寒さがゆるんで春の気配を増しつつある如月という季節にどこか響き合う。

:ゆるりと閉まると如月との絶妙の取り合わせ。

◇馬空

如月や白磁の壺の肌触り

⇒白磁の光沢や少し冷たい肌触りが如月の季節感によく合っていますね。

:白磁の肌触りとは良く詠んだ。

◇勝山

如月や鳥は椿を落としたる

⇒椿の蜜を吸いに来ているのでしょう。メジロもやってきますが花を落とすのはヒヨドリでしょうか。椿との季重なりですが気になりません。

:わが庭でも見かけます。

◇三四郎

如月や水玉おどる川の堰

:こういう句を詠めたらなあ。

腰の改善

3月5日。
部屋の多肉植物の花が咲きだす。星のようだ。
IMG_9907aaa.jpg 
胡蝶蘭とシンビジューム。
IMG_9909aaa_201903070729436b9.jpg 
庭のオキザリス。
IMG_9910aaa.jpg 
ピンクの猫柳。
IMG_9911aaa_20190307072946994.jpg 
沈丁花。
IMG_9914aaa.jpg 
クリスマスローズ。
IMG_9915aaa.jpg 
接骨医にSさんと出かける。コルセットをせずに歩く。随分良くなった。
矢上川の菜の花。
IMG_9917aaa_20190307072950f7a.jpg 
鴨。
IMG_9919aaa.jpg 
接骨医が首を抑えて硬さがほぐれていると言う。
腰は随分良くなったが、両腕が痛くて良く上がらないと訴えた。マッサージと鍼をしたら右腕は上がるようになったが、左腕は上りが良くない。しばらく通うことにしよう。
腰が改善してきたのは嬉しい。

DMさんを囲む会

3月4日。
Dmさんを囲む会に行く。腰を痛めてから初めての本格的外出。コルセットをして出かける。
早く着きすぎてお店がまだ始まってなかった。
IMG_9881aaa_2019030706322586e.jpg 
Mgさん、Mnさん、Ogさんがやってくる。
幹事のYdさんが来て、お店に入る。
Ydさん幹事で11名参加。7か月ごとの集まり。
Dmさんにお世話になったばかりのメンバ。
私は特に、会社で大失敗をしたのを助けて頂いた大恩人。そのことをDmさんは全く語られないがいつも感謝の気持ちで一杯である。
Ogさんが初参加で懐かしい昔話をされて大いに盛り上がる。ちょっと残念なのは皆が刺激されて少し昔話に偏り過ぎた。
Mgさんが面接試験の時に一緒だったらしくて覚えているかと聞かれたが全く覚えていない。台湾航空が墜落した時にゴルフのおかげで乗らずに済んで九死に一生を得たのはよく覚えている。
Mgさんが詩吟を始めたと言ったら、Mnさんが詩吟は論語を勉強しなくちゃと言う。Mnさんは論語の大家。講演もしている。
Ydさんの司会に促されてDmさんの経済理論の話が始まる。新しい執筆中。
三つの新しい視点について話される。聞いている時はわかったような気がしたが、帰ってから考えてみたら何も理解していなかった。だが新しい経済学の理論であることは間違いない。
Kdさんが反論?したが席が遠いのと声が小さいので良く聞こえない。Mnさんが信奉者なので解説をする。さすがよく理解しているだけあってわかりやすい。
皆刺激を受けている。
Trさんがお前分かったかと聞かれたがむにゃむにゃと答える。
料理は一杯で食べきれない。麦酒と赤ワインを飲む。
IMG_9882aaa.jpg IMG_9883aaa.jpgIMG_9888aaa.jpgIMG_9889aaa.jpgIMG_9890aaa.jpgIMG_9891aaa_201903070632349c2.jpgIMG_9899aaa_2019030706323580a.jpgIMG_9903aaa_20190307063237022.jpg
Ydさんが腰は大丈夫ですかと心配してくれた。心配で時々眺めていましたと言う。
Kyさんからお体が心配ですと気遣ってもらう。元気そうに見えるが無理しないでくださいと言われてしまった。
Ssさんは今週末スキーだと言う。私がスキーで転んでギックリ腰になったと言ったらあれあれと言われた。
楽しい会もお開き。
山梨に帰るTrさんと鎌倉のMnさんと一緒に帰る。
帰ってSさんからどうだったと聞かれて何とか歩けたと答える。

雛祭り

3月3日。
雛祭り。Sさんの内裏雛。
IMG_9878aaa_201903050751168d8.jpg 
Sさんが昨日作った確定申告に抜けているところがあると言うのでもう一度やり直す。
記録を残しておけばよかったが最後の申告書しか残してなかったのでやりなおしたが、それほど時間はかからなかった。二人の共同作業は楽しい。

明津桜

3月2日。
Sさんと接骨医に行く。マッサージと鍼。痛みが薄らぐ。
外を歩くのにコルセットをしてるが、歩けるようになった。
江川の明津桜をSさんと見に行く。
IMG_9827aaa.jpg 
この前来たときは2分咲位だったが8分咲位になってる。
IMG_9830aaa_20190304064709333.jpg 
残念ながら江川は掃除中で水が流れてない。
IMG_9832aaa_2019030406471123e.jpg 
メジロが蜜をすいに来てる。
IMG_9833aaa.jpg 
群れてやって来てる。
IMG_9837aaa_20190304064714438.jpg 
明津桜は伊豆の河津桜を移植。地名の明津にちなんで明津桜と呼ぶ。
IMG_9839aaa_20190304064715b9a.jpg 
明津とは川沿いの低湿地帯の事を言うそうだ。
IMG_9841aaa.jpg 
Sさんが青空に映えるわねえと言う。
IMG_9843aaa.jpg IMG_9844aaa_201903040647207bd.jpgIMG_9849aaa.jpg
美しい。
IMG_9850aaa.jpg 
IMG_9851aaa.jpg 
サンシュユ。
IMG_9854aaa_20190304064726c20.jpg 
ハンノキかな。
IMG_9856aaa_20190304064727ff1.jpg 
かわった明津桜。
IMG_9858aaa_20190304064729670.jpg 
見飽きない。
IMG_9861aaa.jpg 
ヒヨドリも来てる。
IMG_9865aaa.jpg 
堪能した。
IMG_9868.jpg 
キルタンツス。Sさんが彼岸花科ねと言う。
IMG_9869aaa.jpg 
帰り道の椿。
IMG_9824aaa_20190304064736a9f.jpg 
庭の福寿草。
IMG_9816aaa_2019030407243400b.jpg 
オキザリス。
IMG_9821aaa_20190304072435be7.jpg
菫。
IMG_9822aaa_20190304072436808.jpg 
クリスマスローズ。
IMG_9823aaa_201903040724383ee.jpg 
一休みしてからSさんと確定申告の書類を作る。毎年の共同作業。
やっと終わる。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR