FC2ブログ

2019-02

Latest Entries

あつあつの粥に一菜白子干

2月28日。
接骨医にSさんに連れて行って貰う。
良くはなって来てるがまだ一人で急坂を降るのは不安。
マッサージと鍼。治療を受けると全く痛みが無くなるから不思議。
帰りの矢上川の鴨。
IMG_9725aaa_201903022036393c3.jpg 
水が少ないので歩いてる。
IMG_9726aaa_2019030220364090c.jpg
ボケ。
IMG_9728aaa.jpg 
椿。
IMG_9729aaa_201903022036434bc.jpg 
帰ってから、大門句会勉強会その305の三四郎さんの句評を見る。
兼題は勝山さん出題の「白子干」。

◇光

酢の物の白子干なり宿の膳

あつあつの粥に一菜白子干

⇒わかめやきゅうりと一緒に合えた酢の物でしょうか。それともポン酢味の白子干かも知れません。海が近い宿が想像できます。

熱い粥におかずは白子干。風邪のときの食事のようですがこういうシンプルな朝食も美味しい。

馬空さん選。

あつあつの粥に一菜白子干  光

景が良く解る句です。一菜白子干の措辞が良いですね。

勝山さん選。

あつあつの粥に一菜白子干  光

まかない飯も良いが、胃腸の弱った高齢者には粥に白子干の方が良いかも。

これもうまそう!

野里子さん選。

酢の物の白子干なり宿の膳  光
民宿かもしれませんが、おかわりできそう。料亭のようなほんの少しではなく、たっぷりと盛られている。

蒼月さん選。

あつあつの粥に一菜白子干  光
そうか、こういう食べ方もあるのだ。一菜は高菜の漬物かたくあんを細かく刻んだものか。風邪で食欲がないときにはよさそう。栄養価も高いし。

糸さん選。

あつあつの粥に一菜白子干  光

・・・風邪か何かでしょうか。お粥に菜の花と白子干し、栄養から言っても風邪は直

ぐに直るでしょう。

:お粥に一菜白子干は自分にしては良く詠めた。Sさんが時々おかゆを作ってくれる。食欲のない時には最高。

酢の物の白子干は私の好物。宿で出てくるとすぐに食べてしまう。

私の選句。

◇野里子

白子干す天日の中の夫婦かな

⇒水揚げされた白子を塩ゆでしてから夫婦で網に広げて干している。漁村での仕事はたいてい夫婦の共同作業ですね。真っ白な白子が日に輝いている。

:仲が良いんだろうな。

◇馬空

海和ぎてまさをの空や白子干

⇒真っ青な空と真っ白な白子干し。絵になりますね。

:私にはなかなか詠めない句。

◇勝山

湘南のピザに載りたる白子干

⇒ピザのトッピングに白子干ですか。湘南が効いていますね。桜エビもメニューにあるかも知れない。

:私も食べたことがある。

◇蒼月

釜揚げてちりめんじゃこの白さかな

⇒釜揚げしたばかりの白子です。半透明の稚魚は塩ゆですると真っ白にゆで上がる。

:確かに真白。

◇糸

如月や銀座に探す煉瓦ビル

⇒煉瓦造りのビルが目印。あまり高いビルではない。銀座の老舗か。今日は如月。春だが風はまた冷たい。

:煉瓦ビルと如月が何となくあってる。

◇三四郎

夕風や白子干したる浜通り

:さらっと詠んでる。なかなかこうはいかない。

スポンサーサイト

口内炎

2月27日。
口腔外科に行く日。
Sさんも同じ時間に出かける。
表院への道が平坦なので一人で出かける。
行く途中の黄水仙。
IMG_9706aaa.jpg 
菊。
IMG_9707aaa.jpg 
口腔外科の先生は若い。
口周りのしこりの変化がないことを確認。生検の結果、悪性でないとわかってから部長先生は診察に来なくなった。舌の下の口内炎が気になったが、軽く口内炎ですねで片付けられた。堀ちえみさんの舌癌の話があるので気になったが、関係ないんだ。
病院の吊るしびな?
IMG_9708aaa.jpg 
セントポーリア。この病院はセントポーリアが多い。
IMG_9709aaa.jpg 
病院前の葉ボタン。
IMG_9710aaa.jpg 
ノースボール。
IMG_9711aaa_20190302071355803.jpg 
河津桜。以前、幼稚園があった。
IMG_9712aaa.jpg 
矢上川のコサギ。
IMG_9717aaa_20190302071358b39.jpg 
カルガモ。
IMG_9720aaa.jpg 
ベコニア。
IMG_9721aaa_20190302071401b8c.jpg 
椿。
IMG_9722aaa_20190302071403e27.jpg 
庭のツルニチニチソウ。
IMG_9723aaa_201903020714047db.jpg 
クリスマスローズ、
IMG_9724aaa_2019030207140606f.jpg 
ちょっと歩きすぎて疲れた。長く歩くと痛みが増してくる。
Sさんが帰ってくるまで寝てしまった。

接骨医

2月26日。
今日はIdさんの鍼とお灸に行く予定だったが長い時間歩くのはまだ無理なので延期してもらう。
庭の梅、満開。
IMG_9678aaa_2019030123402076d.jpg 
沈丁花。
IMG_9680aaa_20190301234021cdd.jpg 
福寿草。
IMG_9681aaa.jpg 
ピンクの猫柳。
IMG_9684aaa_20190301234024749.jpg IMG_9685aaa_2019030123402627b.jpg
クリスマスローズ。
IMG_9689aaa_201903012340274ab.jpg 
水盤にヒヨドリがやって来た。
IMG_9691aaa_2019030123402967d.jpg 
激しく水浴び。
IMG_9694aaa.jpg 
金木犀の枝で羽繕い。
IMG_9698aaa.jpg 
ヒヨドリがいなくなったらメジロがやって来た。ずっと待ってたみたい。
IMG_9700aaa.jpg 
Sさんが歌舞伎から帰ってきたので、一緒に近所で良く通ってる接骨医に行ってもらう。
まだ坂道を下るのは痛んで心もとない。手を引いてもらう。
途中の矢上川の鴨。
IMG_9704aaa.jpg 
Sさんが始めに腕の治療。
私の腰は首の筋肉から来てると言う。首は意識しなかったがスキーで転んだ時にあおむけにひっくり返ったので首に力が加わったかもしれない。
鍼治療をしたら、立ち上がりと屈伸で痛みが無くなる。
しばらく通うように言われる。硬い椅子に座るようにとも。コルセットをしていたが、外に出て歩くとき以外は取るようにと言われる。
帰りは歩き方が違うとSさんに言われる。しばらく通って直してしまおう。以前、ゴルフ場で坂道を駆け下りて腰を痛めた時も鍼治療で直した。

痛い

2月25日。
何時のかかりつけの接骨医に行こうとしたが、腰の痛みが酷くて朝行くのはあきらめた。
Sさんが歌舞伎に出かけたので帰ってきたら連れてもらおうとした。歌舞伎の日程が違っていたそうで早めに帰ってきたが、立ち上がるのと、階段を降りるのが痛い。前かがみも後ろにそるのも出来ない。ちょっと無理だとあきらめた。焦らずに安静にして直すしかない。
Sさんに写真を撮ってもらう。
部屋の胡蝶蘭。
IMG_9663aaa.jpg 
シンビジューム。
IMG_9665aaa.jpg IMG_9666aaa_2019030108242502f.jpg
庭の菫。
IMG_9669aaa_20190301082426a3b.jpg 
キンレンカが長く咲いてる。Sさん好み。
IMG_9673aaa.jpg 
椿。
IMG_9677aaa_20190301082429735.jpg 

ギックリ腰か?

2月24日。
今日はピーカンだが、残念ながら皆が滑りに行くのを見送るのみ。
部屋でまた朝食を運んでもらい食べる。
部屋からの眺め。
IMG_9651aaa_2019022821545291e.jpg 
皆が戻ってくるまで時間がたっぷりあるので、スマホで皆にギックリ腰になっちゃったと連絡。
Sさんから大ごとでなくて良かったと言われる。
皆からは大人しくして直すようにと。
Iwさん、Khさん、Nkさんは早めに帰ってくれた。
Ogさんからは我がまま言わないようにねと釘を刺された。
Ibさん、Nsさんにお別れ。Ktさんとはしばらく会えない。
宿のTkさんとお別れ。痩せたけど大丈夫と言われたのでコーラスを7月に辞めてから努力して6KG痩せたと言う。良い男になったわねと。
ベルハートに来年もこれたらなあ。
IMG_9655aaa.jpg 
Iw車で出発。Nkさん、Khさんと一緒。板もバックも全てIwさんにお世話になりっぱなし。
途中、白馬三山が良く見えるところで止まってもらいKhさんに撮ってもらう。
IMG_9656aaa_2019022821545497a.jpg 
スキー場。
IMG_9657aaa.jpg 
橋の上をゆっくり走ってKhさんに撮ってもらう。
IMG_9659aaa_20190228215457e0c.jpg 
白馬鑓ケ岳。
IMG_9661aaa.jpg 
スキー場よさようなら。
IMG_9662aaa.jpg 
後はひたすら帰る。高速が途中少し渋滞したがそれほどでもなく、20時ごろには自宅に到着。
Sさんに歩けるじゃないのと言われる。

栂池雪まつり

2月23日。
朝眠い中食事の放送でねむねむ起きる。
3階からレストランに向かう。
IMG_9626aaa.jpg 
食事は若者向き。某大学の合宿が一緒。
IMG_8388aaa_20190228172920f8a.jpg 
ホテルからのゲレンデ。土が出ている。
曇りで少し雪がパラつく。
IMG_9627bbb.jpg 
早速出発。軽い準備体操。
記念撮影。まだ明日もあるよと誰かが言ったが、骨折するかもしれないからと言ったら、それが悪い予感となってしまった。
別のチームでSkさん、Szさんらが来ており挨拶。Skさんに集合写真を撮ってもらう。
IMG_9629aaa.jpg 
鐘の鳴る丘で足慣らしをするかと思ったら、いきなり丸山に向かった。
丸山で3回くらい足慣らし。Ibさんにどうですかと聞かれ恐る恐る滑ってるよと答える。
ハンノキから栂の森に向かう。
まあ何とか滑れる。
IMG_9637aaa.jpg 
私は一休み。Nsさんが付き合ってくれた。
IMG_9640aaa_20190228172926f09.jpg 
Nsさんは早くもビール。
皆が揃ってきたので、出発。
ハンノキゲレンデを滑って白樺ゲレンデを目指す。
IMG_9643aaa.jpg 
雪質はあまり良くない。ハンノキゲレンデ転んでしまう。
Iwさんに起こしてもらう。
DSC_0194bbb.jpg 
白樺ゲレンデに向かう林道の出口で仰向けに転ぶ。なんでもないところだったが、ポールがたっていたのでそれを避けようとして転んでしまった。後で考えるとこの時首にストレスが加わったみたい。IwさんとOgさんに両手を引っ張って貰い起き上がる。
皆は白樺で滑るが私は休憩するつもりでレストランに向かう。Iwさんが付き添ってくれる。
ところが滑りだしたら腰がギックリ腰みたいに猛烈に痛みその痛みで転ぶ。Iwさんはまさかここで転ぶと思わなかったらしくて下に降りてしばらく気が付かない。じたばたしたが腰が痛くて起き上がれない。Iwさんが気が付いて来てくれてやっと起き上がる。滑ることも出来ずスキーをIwさんに持ってもらいよたよたと降りる。腰が猛烈に痛い。
レストランは一杯で腰かけるのがやっと。
皆がやって来て、別のレストランに移動。Iwさんにスキーを持ってもらい、ストックを杖代わりによたよた歩く。ジンジンと痛む。
やっとレストランに着く。二階が空いてるようだが、階段が昇れず、既に座っていたOgさんと変わってもらう。
食事後にホテルに戻る。スキーはIwさんに持ってもらい、よたよたと歩く。近い道が何と遠く感じられたことか。
やっとホテルに着いてIwさんに板と靴をしまってもらう。Iwさんがいなかったらスキー場で立ち往生だった。感謝感謝。
やっとベッドで横になる。Sさんにメールしたらギックリ腰だからじっとしてなさいと言われる。
寝返りも打てずに痛くない寝方を見つけてじっとしてる。
IwさんがPCの映画を準備してくれたが、しばらくすると痛みで見てられないのであきらめる。
やがて皆が帰ってきた。大丈夫と声をかけてくれた。
夕食は食べに降りられず、食事しないと言った。しばらくしたらTeさんが心配して食事を持ってきてくれた。1月にも来れなかったし今回は怪我で心配してくれた。
何とか起き上がって椅子に座る。動くたびに痛いが椅子には座れた。感謝していただく。
IMG_9649aaa.jpg 
Khさんが隣でIbさんが撮った私の滑りを批評してるから来たらと言うが痛くて身動きできず。
皆は雪祭りに出かける。松明滑走や花火がある。初めて参加のNkさんは張り切っている。
隣の部屋で花火が見れるから来たらと誘われたが身動きできず。
花火の写真をOgさんが見せてくれた。Khさんは投げたお餅をかなりとってきた。
ギックリ腰は最初風呂に入らないほうが良いので風呂はパス。Nkさんがギックリ腰を調べていろいろアドバイスしてくれた。
夜眠れるかと思ったがぐっすり眠った。

栂池に

2月22日。
Sさんに庭の写真を撮ってもらう。
梅。
IMG_9583aaa.jpg IMG_9585aaa_201902262140089de.jpg
椿。
IMG_9590aaa.jpg 
沈丁花。
IMG_9596aaa.jpg 
菫。
IMG_9599aaa_201902262140120b0.jpg 
クリスマスローズ。
IMG_9603aaa.jpg 
福寿草。
IMG_9606aaa.jpg 
栂池の雪祭りに出かける。
幹事はIwさん。参加者は8名。
19時過ぎにIwさんの車に迎えに来てもらう。
Nkさんが既に乗っている。Sさんに見送られて出発。
途中、Khさんを拾う。
栂池に向かう。白馬大池あたりに来たが雪がない。
Ns車のIbさん、Ogさんは既に到着。愛知からくるKtさんも到着。
ようやくベルハートに到着。板とザックを運んでもらう。
IMG_9625aaa.jpg 
Nkさん、Khさんと同室。二人は温泉に入ったが、私は朝風呂に入っていたので遠慮した。
Ktさん、Ibさん、Nsさんは宴会モードだったが零時過ぎていたので挨拶のみでパス。
部屋で寝ていたらOgさんがやって来た。もう寝てるのと言われてしまった。
皆は隣の部屋で宴会。私はなかなか寝付けなかった。

品川旭会

2月21日。
部屋の胡蝶蘭が鏡に映ってる。
IMG_9564aaa_20190226112920518.jpg 
菫が一杯咲いた。
IMG_9565aaa_20190226112921e2a.jpg 
Icさんに枝で貰い挿し木して育てた猫柳。
IMG_9566aaa_2019022611292266c.jpg 
ピンクが珍しい。
IMG_9568aaa_2019022611292493f.jpg 
クリスマスローズ。Sさんが好き。
IMG_9570aaa.jpg 
沈丁花が咲きだす。
IMG_9571aaa.jpg 
ヒメツルニチニチソウ。一輪咲いた。
IMG_9572aaa.jpg 
キンレンカがまだ咲いてる。
IMG_9573aaa.jpg 
品川旭会に出かける。Tkさん幹事で10名全員参加。Tkさんは名幹事で皆が良く集まる。
品川の「絵芙」。
娘さんにこの前来たとき疲れていたので大丈夫と心配してくれた。「日々是好日」が面白いよと勧めてくれた。次回来る時に感想を聞きたいと。
この会に来ないと会えないKnさん。心臓の血管に不具合があるが、それが改善してきたので医者が不思議がってると言う。きっとノー天気だから良くなってきたんだろうと言った。
Mmさんは実に面白い話をしてくれたが、ばらすなと言われてるので話せない。とにかく大笑いを何度もして免疫性が高まった。
Odさんは奥さんのおかげで医に命拾いをしたと言う。私もSさんのおかげで生きてると同調。
Tyさんも生まれ変わっても今の奥さんと一緒になりたいと言う。おお同士よ。
Nkさん、Kmさん、Sjさんはノー天気トリオ。病気もしてない。
Shさんは口周りの腫瘍を心配してくれたが、幸い悪性でないと報告。Shさんも大病をしてるのでTrさんが心配してるよと話した。
IMG_9575aaa.jpg IMG_9576aaa.jpgIMG_9579aaa.jpgIMG_9580aaa.jpg
楽しく飲み食いした。Nkさん達は二次会のカラオケに向かった。

明津桜

2月20日。
江川せせらぎの遊歩道に明津桜を見に行く。
明津桜は河津桜を移植したもの。
2分先位だったが目を楽しませてくれた。
IMG_9520aaa_20190222175709cd5.jpg IMG_9521aaa.jpgIMG_9525aaa.jpgIMG_9526aaa_201902221757132de.jpgIMG_9527aaa_20190222175715f2d.jpgIMG_9531aaa_201902221757168eb.jpgIMG_9532aaa_20190222175717c4d.jpg
梅は満開。
IMG_9528aaa.jpg 
江川は清掃中。
IMG_9535aaa.jpg 
菜の花が満開。
IMG_9539aaa_20190222175725d67.jpg 
いろんな花が咲きだしている。
IMG_9537aaa_201902221757256f0.jpg 
ルピナス。
IMG_9541aaa.jpg 
ラナンキュロス。
IMG_9542aaa.jpg 

IMG_9543aaa.jpg 

IMG_9547aaa_2019022217573176c.jpg 
ムクドリ。
IMG_9549aaa_20190222175732d06.jpg 
コサギ。
IMG_9552aaa.jpg 
上流で堰き止めてあり、鯉の稚魚が群れている。
IMG_9556aaa_201902221757357e0.jpg 
満足して帰る。

判押してバレンタインの宅急便

2月19日。
庭のオキザリス。
IMG_9475aaa.jpg 
菫。
IMG_9498aaa.jpg 
Icさんより貰ったピンクの猫柳。
IMG_9500aaa.jpg 
梅。
IMG_9502aaa_201902221255118dc.jpg 
沈丁花。
IMG_9503aaa_201902221306422aa.jpg 
ヒメツルニチニチソウ。
IMG_9505aaa_201902221255143c4.jpg 
昨日の大門句会は欠席投句。
季語は三四郎朗さんより

「春の雪」 淡雪、牡丹雪。
「バレンタインの日」 2月14日、本来は聖バレンチノの記念日
「春の風邪」 インフルエンザとは違う。
「猫柳」 日当たりのよい小川の縁などに自生。

「青饅」 分葱、アサツキ、貝などを酢、砂糖、酢味噌で和えたもの
一句か二句はお好きな季語で。
散々の結果だった。

判押してバレンタインの宅急便  光

あゆかさん、三四郎さん選。

:バレンタインのチョコが宅急便で送られてきた。判子を押して受けとるウキウキした様を詠んだ。

若き血の聞こえてくるや春の雪  光

:慶応応援団の若き血が聞こえてきたのでつい詠んだ。春の雪とあわなかったかな。

鼻の下紅くなりしや春の風邪  光

:Sさんが何度も鼻をかむのをつい詠んだ。

モノクロの産毛に露の猫柳  光

:モノクロが安易だったか。

うつむきて三椏の咲く山路かな  光

:三椏は下を向いて咲く。当たり前すぎたかな。

特選句など。

春の風邪けだるく歌うジャズも好き  蒼月

あゆかさん特選、三四郎さん、さらさん、馬空さん選。

三食を茶粥ですます春の風邪  三四郎

あゆかさん特選、蒼月さん、さらさん選。

再会に下りたる駅や春の雪  はな

あゆかさん特選、三四郎さん、遊介さん、さらさん選。

春の風邪自づと摩る無精鬚  遊介

あゆかさん、三四郎さん、馬空さん、はなさん選。

YH会

2月18日。
YH会に出かける。うさぎやと言ったらSさんに羨ましがられた。
近所のルピナス。
IMG_9476aaa.jpg 
ラナンキュロス。
IMG_9477aaa_20190221075608b6e.jpg 
IMG_9478aaa.jpg 
何時もの関内「うさぎや」に到着。
一番乗りだった。7名参加。
Aoさんは別の会をさぼって参加してくれた。昨夏の怪我の状況を話してくれた。
Trさんは山梨から来てくれた。寒いので日帰りでなく一泊。
Sjさんはうさぎやのぬし。奥さんは素敵な奥さん。
HdさんにはSさんを愛してると毎日言ってると言ったら馬鹿じゃないのと言われてしまった。
Tyさんも愛妻家と分かり同士だ!
Szさんはスクワット30回して腿を痛めた。
焼酎美味しい。
IMG_9491aaa.jpg 
料理は何時もながら美味しい。
IMG_9480aaa_2019022107561211a.jpg IMG_9481aaa_201902210756149f8.jpgIMG_9483aaa_2019022107561543a.jpgIMG_9484aaa_20190221075617e3f.jpgIMG_9485aaa_20190221075618b15.jpgIMG_9486aaa_20190221075620c4a.jpgIMG_9487aaa_20190221075621c6f.jpgIMG_9490aaa.jpg
ウニおにぎりは絶品。
IMG_9493aaa.jpg 
最初お客がいなくて心配したが、帰る頃はにぎわっていた。
Sjさん、Hdさん、Szさん、TyさんはSjさんに付き合ってもう一軒に行った。

少し筋トレ

2月17日。
Sさんが作ってくれた太目の肉蕎麦。美味い。
IMG_9450aaa_20190218073539ccc.jpg 
庭の沈丁花が咲きだした。
IMG_9451aaa.jpg 
クリスマスローズも咲きだした。
IMG_9453aaa.jpg 
福寿草の蕾。周りの白いのは貝殻。古代にここは海辺で貝塚があり、その名残で貝殻が良く出てくる。
IMG_9455aaa.jpg 
菫は増えた。
IMG_9458aaa_20190218073545a47.jpg 
Icさんから貰ったピンクの猫柳。
IMG_9461aaa.jpg 
部屋のシンビジューム。育ての親のSさんが満開に感嘆。
IMG_9464aaa_20190218073548bf9.jpg 
IMG_9468aaa.jpg 
Kmさんから貰った胡蝶蘭。
IMG_9466aaa.jpg 
今週末に栂池の雪祭りに行くので、このところ付け焼刃的に筋トレをしてる。
リウマチで腕の握力が極端に落ちてるのと腕の力が無くなってるので小型のダンベルで鍛える。
TVで見た腕立て伏せ。
スクワット。
これを朝晩行っている。
音楽は 竹内まりや、坂本冬美、ZARD、HiFiSet、イルカ、紙ふうせん、井上陽水、クラシック、鳥のさえずり等が好き。これを流しながら筋トレしたり、FaceBookを書いたり、苦吟したりしてる。

雀とメジロ

2月16日。
部屋の花たち。毎日楽しませてくれる。
IMG_9414aaa_2019021715423192d.jpg 
胡蝶蘭。6輪咲いてる。
IMG_9417aaa_20190217154232e53.jpg 
シンビジューム。
IMG_9419aaa.jpg 
雀が水浴びにやって来た。
IMG_9422aaa_20190217154235c84.jpg 
三羽になった。
IMG_9425aaa_20190217154237553.jpg 
4羽仲良く。
IMG_9427aaa.jpg 
5羽。芋洗い状態。
IMG_9430aaa_20190217154240b5b.jpg 
メジロがやって来た。
IMG_9441aaa.jpg 
一羽づつ。
IMG_9443aaa.jpg 
雀とメジロが二羽づつ仲良く。
IMG_9445aaa.jpg 
しばらくらく仲良くしてる。
IMG_9446aaa.jpg 
最後に1羽すつになってそれから去っていった。楽しかった。
IMG_9448aaa.jpg 
Sさんは出かけていたが、帰ってきたので旅行の相談。
海外はクルーズでSさんは英国候補、私はエジプト。ネットで調べたりパンフレットを見たりしながら話し合う。これが楽しい。結局、帯に短し襷に長しで決めかねる。
国内旅行は米子や鳥取を調べる。鳥取が面白そうとなったが保留。
最後にこの前Sさんが行った奥日光の休暇村。調べたら4月5月ははや一杯。何とか二泊を確保。
Sさんと身を寄せ合って話し合うのは実に楽しい。
月曜の大門句会は欠席するので、苦吟をしばし。昨日から時間をかけているがなかなか満足できない。何とか5句送った。
また見ちゃった。
IMG_9449aaa_20190217154249afd.jpg 

来客

2月15日。
部屋のシンビジューム。
IMG_9392aaa.jpg IMG_9399aaa_20190216160652e5b.jpg
シンビジュームは花芽が10個出ている。
IMG_9393aaa.jpg
胡蝶蘭。
IMG_9397aaa.jpg 
多肉植物の花芽。
IMG_9398aaa_20190216160650e05.jpg 
寒いと思ったら雪がちらつく。Sさんが撮ってみる。
IMG_9406aaa_20190216160653348.jpg 
クリスマスローズの蕾。
IMG_9407aaa_20190216160655885.jpg 
福寿草が芽を出してきた。
IMG_9409aaa_201902161606567db.jpg 
椿の蕾。
IMG_9413aaa_20190216160657bac.jpg 
午前と午後に来客あり。Sさんと対応する。
午前中の来客は二人でしっかり対応した。
午後の来客は、Sさんがニットに出かけ、来客5分前に帰ってくるのではらはら。
話は興味があり面白かったが2時間近くなると疲れてしまった。
Sさんはにこやかだったので疲れなかったと聞いたら、疲れたと言う。

Mrさんお見舞い

2月14日。
バレンタインデーでKtさんから贈り物を貰う。ずっと気を遣ってくれて嬉しい。
IMG_9383aaa.jpg 
息子のお嫁さんからも貰う。
IMG_9403aaa.jpg 
既にMrさんからSさん経由で貰っているし、Kmさんからは誕生祝いと一緒に頂いている。爺さんになっても嬉しいね。
Mrさんのお見舞いに行く。Sさんに勧められたお見舞いの品を買う。
千葉駅に到着。
IMG_9389aaa.jpg 
ここからバスで千葉大学病院に行く。ところが間違えて千葉大学医学部で降りてしまい、校内をうろうろとしたが病院が見つからず守衛さんに聞く。ここから信号機を三つ超えて行ったところと教えてもらう。ようやく病院に到着。総合案内で入院の場所を聞く。エレベーターの場所がわからず少しうろついたが何とか7階の病棟の受付に着き、部屋に案内される。
奥さんがおられた。手術の状況を聞く。盲腸以来の初めての手術と言う事で、大変みたい。だが元気そう。初めてお会いした奥さんといろいろ話が出来て良かった。Mrさんからはスキー仲間でコーラス仲間と紹介される。
Mrさんから4月の演奏会に誘われた。この意気なら大丈夫と思う。
私の口のしこりを心配したが良性と聞いて安心したと逆に心配された。
来シーズンはスキーにご一緒しようと話す。転ぶと起きられないと言ったらそろそろきついですねえと言われてしまった。
また退院したらお会いしましょうと言って別れる。
駅構内のお雛様。
IMG_9390aaa.jpg 
ラーメンを食べる。
IMG_9391aaa.jpg 
気分良く電車の中でうとうと。駅に降りてすぐに気が付く。スマホがない。駅に話したが乗っていた号車がわからないとすぐに調べられないのでしばらくたってから忘れ物係に電話してくれと言われる。
がっくりして家に帰り、Sさんに話す。忘れ物係に電話したら、いろいろ確認してくれ、東戸塚駅にスマホがあると言う。電話番号をかけて間違いないと言う事になる。やれやれと思い、早速取りに行く。Sさんに一緒に行ってくれと頼んだら、最初は一人で行きなさいと言っていたが、ついてきてくれることになった。途中で体調が悪くなったのでSさんについてきてもらってよかった。
駅について確認をしてスマホを受け取る。やれ助かった。
帰りはSさんに腕を組んでもらい引きずられるようにして帰る。

久しぶりの岸辺の鳥たち

2月13日。
リウマチ科と口腔外科に行く。
血液検査、尿検査をしてリウマチ科の診察を待っていたら、口腔外科が空いたから先に診てもらうように受付から言われたので、口腔外科に行く。
触診をして変化があまりありませんねと言う。あまり変化がなければ皮膚科で診てもらうかもしれませんと言われる。確かに口の周りと唇のしこりと痺れは変化がない。一時は急速に拡大したが、それはなくなった。ただ左唇の端がきちんと閉まらないので水がこぼれてしまう。食事はSさんにエプロンをかけてもらってる。
リウマチ科では、左の中指が痛んで少し曲がってきたので、それを訴えたが、血液検査の結果は良好なので、リウマチは山谷がありますからと言われてしまった。
リウマチは痛みとうまく付き合うしかないのかな。
Sさんと待ち合わせして出かけるはずだったが、以外に薬局に時間がかかり、相当遅れてしまい、Sさんがいらいらする。やっと一緒になって処理をしに出かける。私一人で出来ないわけではないがついSさんに頼ってしまう。処理が終わって、Sさんと別れる。
ブレーメン通りを行く。
IMG_9353aaa_20190215185011a60.jpg IMG_9354aaa.jpgIMG_9355aaa.jpg
お腹が空いたのでラーメン。
IMG_9356aaa_20190215185015d98.jpg 
江川せせらぎの遊歩道に行くのに、違う道を行ったら迷子になってしまった。
かなり歩いて江川せせらぎの遊歩道の明津桜を見に行ったがまだ早かった。
IMG_9358aaa.jpg 
コサギがいた。江川は清掃してるので綺麗で虫がいるかなあと思う。
IMG_9361aaa_2019021518501888a.jpg 
梅が咲いてる。
IMG_9365aaa_2019021518502062e.jpg 
矢上川にキセキレイがいた。
IMG_9367aaa.jpg 
ハクセキレイ。セキレイが近場にいる。
IMG_9370aaa_20190215185023f0e.jpg 
セグロセキレイ。
IMG_9375aaa_20190215185024d18.jpg 
鴨が泳いでる。
IMG_9380aaa_20190215185025cd9.jpg 
家に帰って庭の椿を見る。
IMG_9382aaa_20190215185027d48.jpg 
かなり歩いたので疲れてしまった。
帰って休む。Sさんが帰って来たときも休んでいた。

妻不在朝寝決め込む余寒かな

2月12日。
寒いので一日家に籠る。
部屋のシンビジューム。
IMG_9338aaa.jpg IMG_9342aaa.jpgIMG_9343aaa.jpg
胡蝶蘭。
IMG_9344aaa_20190214235919a17.jpg 
庭の梅。
IMG_9349aaa_20190214235923841.jpg 
裏のシダ類。Sさんが良く手入れしてる。
IMG_9347aaa_20190214235922b95.jpg 
Sさんの好きなアーカンサス。
IMG_9350aaa_20190214235925f76.jpg 
Sさんお気に入りのヒトツバ。
IMG_9352aaa.jpg 
大門句会勉強会その304の三四郎さんの句評を見る。
兼題は糸さん出題の「余寒」。

◇光

妻不在朝寝決め込む余寒かな

老人のおしゃべり尽きぬ余寒かな

⇒春とは言えまだまだ寒さは残っている。まして頼りの妻がいない。外出する気にならないし朝寝しかないな。

「老人のおしゃべり尽きぬ」は寒い感じがしない。余寒よりも「春の日」「春光」「春の宵」などの方がふさわしい。

遊介さん選。

妻不在朝寝決め込む余寒かな

→ 部屋の寒さだけでなく、淋しくてこころの寒さが感じられます。

:この前2泊三日でSさんが奥日光に行った時のことを詠んだ句。

後句は我々爺が集まるとたわいもないおしゃべりが延々と続く。

私の選句。

◇野里子

ふつふつと五分粥煮える余寒かな

⇒米1に対し水5を全粥、米1に対し水10を五分粥というらしいですね。なぜ五分というのか、ん?と思うところもありますが・・。白い粥が湯気をたててやわらかく煮えている。外は余寒。食べてあたたまろう。

:五分粥は余寒とよく合う。

◇遊介

独り居や余寒の爪にマニキュアす

⇒「余寒の爪」が面白い季語の使い方。余寒は外の寒さだけど指も爪も白々しい。独り居も寒々としている。

:侘しさが寒々と伝わってくる。

◇勝山

警備艇並ぶ港の余寒かな

⇒普通の漁船などではなく船体が白い警備艇を持ってきたところが余寒に季節感に合っています。また警備という役割も緊張感がある。

:発想が面白い。

◇三四郎

赤き服船に干したる余寒かな

:赤き服と余寒の組み合わせが面白い。

少し雪がぱらつく

2月11日。
雪が少しぱらついて寒い。外に出るのをやめて家に籠る。
IMG_9333aaa_201902132011417c0.jpg 
Sさんも外出を止めたので一緒にいる。
部屋のシンビジューム。
IMG_9261aaa.jpg IMG_9330aaa_20190213201136eab.jpg
胡蝶蘭。
IMG_9262aaa_2019021320113939f.jpg 
つい見ちゃうじゃりン子。
IMG_9322aaa_2019021320113580d.jpg 

大倉山梅林

2月10日。
Sさんと大倉山梅林に出かける。
蔵王スキーは断念したが、体調が少し回復してきた。
行く途中のアネモネ。
IMG_9269aaa_2019021319083651b.jpg IMG_9271aaa_2019021319083790a.jpg
大倉山の駅で降りたら、見物客が結構いる。坂道を上がるのにふうふう。Sさんに引きずられて登る。
大倉山記念館。
IMG_9272aaa_20190213190839f3e.jpg 
大倉山梅林へ。
IMG_9276aaa_201902131908421ae.jpg 
約1ヘクタールの梅林に、約46種類、約220本の梅が植えられている。
IMG_9275aaa_201902131908402f5.jpg 
戦前はおよそ3ヘクタール・約1,000本の大梅林であったという。
IMG_9283aaa.jpg 
何と亀が草を食んでる。
IMG_9279aaa_201902131908454a0.jpg 
紅梅はまだ早いと思ったが美しく咲いてる。
IMG_9288aaa_20190213190846653.jpg 
観梅会の前なので花見客も少なく丁度良い。
甘酒を一つ買って分け合って飲む。
IMG_9291aaa_20190213190848d8e.jpg 
池の側の紅梅。
IMG_9294aaa_20190213190849087.jpg 
花には名前の札がついている。紅千鳥かな。
IMG_9295aaa.jpg 
Sさんも喜んでる。腕を組んでずっと歩く。
IMG_9297aaa_20190213190852040.jpg 
カメラマンが多い。スマホも一眼レフもいる。
IMG_9299aaa_201902131908543a7.jpg 
IMG_9301aaa_201902131908563de.jpg 
IMG_9305aaa_20190213190857ddb.jpg 
IMG_9307aaa_2019021319085963e.jpg IMG_9310aaa_20190213191235c93.jpg
Sさんが何時もより梅以外の草花が減ってると言う。すっきりしたが、三椏が減っている。
IMG_9316aaa.jpg 
帰りにSさんお勧めの蕎麦屋に寄る。太目で美味い。また来よう。
Sさんと一緒だとこんなに嬉しい。

Sさん帰宅

2月9日。
息子に頼まれていた書類を出しに行く。
幸い、昨夜の雪は止んでいてほとんど積もっていない。
行く途中の近所の梅。
IMG_9234aaa.jpg 
小さなお堂に雪がうっすら残っている。
IMG_9237aaa_201902111541567a3.jpg 
椿。
IMG_9239aaa_2019021115415853c.jpg 
紅梅も咲いてる。
IMG_9240aaa_20190211154159666.jpg 
Sさんが今日帰ってくるのでうきうきして食器洗いや整理をしていたら雪が降ってきた。
何時も見慣れている庭が違う景色になる。
IMG_9244aaajpg.jpg IMG_9245aaa_20190211154202d74.jpgIMG_9248aaa_20190211154204f99.jpgIMG_9249aaa.jpgIMG_9252aaa.jpg
宅急便が来たので雪の中、大変でしょうと言ったらこれ位はスタッドレスを履いてるから大丈夫と言う。
Kmさんの誕生祝い。遅れたがインフルエンザにかかっていた。毎年送って頂き、嬉しい限り。
IMG_9253aaa.jpg 
部屋の胡蝶蘭とシンビジューム。
IMG_9257aaa_20190211154210642.jpg 
Sさんが帰ってきた。途端に家中が明るくなる。
奥日光にMrさんと旅行していたが、素晴らしいと言う。宿が素晴らしかったし、周りの景色も滝や池があったりして私好みだと言う。スノーシューも楽しかったと言う。今度新緑の頃に一緒に行こうと誘われた。無論行く行くと答える。スン―シューは普段ジムで鍛えていたので楽にできたと言う。
体調はどうかと言うので、左胸が咳をすると痛いと言った。リウマチも少し良くない。蔵王はドタキャンしたと言う。その方が良かったわよと言う。
何度も笑わせるのでそのたびに胸が痛いので止めてくれと言うと面白がって余計笑わせる。
Mrさんに私のことをいろいろ言って笑われたと言う。何言ったんだ。まあいいけど。

安眠枕

2月8日。
痛みは少し収まってきたが、相変わらず胸と両肩が何時もより痛い。
Sさんが奥日光に行ってるので、痛いと思いつつ、食事や食器洗い、ジュースつくりを行う。
庭の水まきもSさんの代わりに行う。
庭の梅が咲いた。
IMG_9226aaa_20190210180749dc1.jpg 
菫。
IMG_9227aaa.jpg 
息子夫婦から誕生祝いの安眠枕が送られてきた。息子のお嫁さんがインフルエンザにかかってしまい、少し遅れて届いた。朝起きると首が痛むので、安眠枕をお願いした。今晩からよく眠れるだろう。
IMG_9260aaa_20190210180741abe.jpg 
部屋のセダムの花芽。
IMG_9204aaa_20190210180744750.jpg 
シンビジューム。
IMG_9206aaa_201902101807450dd.jpg IMG_9215aaa_201902101807484d2.jpg
胡蝶蘭。
IMG_9213aaa_201902101807479b4.jpg 
つい「うる星やつら」を見てしまった。
IMG_9203aaa.jpg 
Sさんがいないとつまらないなあ。

豆撒きに大声出すは我が家のみ

2月7日。
昨夜痛みでよく眠れなかった。痛みは転んで起き上がるのに何度も無理な姿勢でじたばたしたのがいけなかったようだ。リウマチもひどくなってしまい痛い痛いとSさんに訴える。Sさんは今日からMrさんと奥日光にスン―シューに出かける。
部屋の胡蝶蘭。Kmさんに譲ってもらい毎年咲いてくれる。
IMG_9193aaa.jpg 
シンビジュームは当分楽しめる。
IMG_9191aaa.jpg IMG_9195aaa_20190210075257e7b.jpgIMG_9199aaa.jpgIMG_9201aaa_20190210075300792.jpg
家でじっとしてる。
蔵王に行けそうもないので夕方、Icさん、Khさん、Ikさんに欠席の連絡をする。
Icさん、Ikさんは計画してくれたのに申し訳ない。Khさん、Ikさんには誘ったに行けなくて申し訳ない。歳を考えて行動計画を立てなければ周りに迷惑をかけてしまう。リウマチの影響は大きい。
大門句会勉強会その303の三四郎さんの句評を見る。
兼題はさらさん出題の「節分」。
今回は投句を忘れてしまい三四郎さんに催促されて大慌てで詠んだのでひどい出来。

◇光

節分の恵方巻き食べ福は内

豆撒きに大声出すは我が家のみ

⇒「節分」も「福は内」も季語。「恵方巻」も今や季語ですから、この句は行事を解説したような季語の羅列です。

ご近所でも大声で「鬼は外」とやっているのは我が家だけ。いいじゃないですか、あれは静かにやるものではない。元気でいい。

遊介さん選。

豆撒きに大声出すは我が家のみ

→ 最近は豆撒きの声を聞くことがありません。幼い頃に一家して大声出した事を思い出しました。

:前句は基本を忘れてしまった。

後句は鬼は外!!!と大声を出すのは今は我が家のみになってしまった。

私の選句。

◇野里子

節分や耳鳴のちよと治まるも

⇒冬の間中悩まされていた耳鳴りが少し治まって来た気がする。わが身のちょっとした変化と大きな季節の移り変わりの取り合わせです。

:野里子さんを悩ませている難聴を詠みこんでいる。

◇あかね

鬼は何処村には一社と一寺あり

⇒鬼に豆を撒いたらどこかに逃げてしまった。この村には神社とお寺がひとつずつ。さあ、どっちに逃げ込んだのか。

:鬼が逃げ込むとは面白い。

◇遊介

節分や特に大きし父の声

⇒父は大声を張り上げて「鬼は外、福は内」と豆を撒いている。いかにも御利益がありそうだ。

:昔は皆こうでした。

◇はな

折り紙の枡の豆撒く小さき手

⇒幼稚園か保育園の豆撒きでしょう。折紙で作った桝に少しの豆を入れてもらって撒いている。あとで年の数(+1)だけ豆を食べるのでしょう。

:可愛らしい句。

◇勝山

豆撒の鬼は院長養老院

⇒鬼の役はやっぱり院長でしょうね。幼稚園なら園長先生。逃げ回る鬼に豆を撒くお年寄りも楽しそう。

:お年寄りの鬼は外が聞こえてくる。

◇三四郎

鬼やらひ心に鬼を住まはせて

:怖い句だが、ありそうな。

転倒

2月6日。
赤倉最終日。
朝食をNgさんと頂く。
IMG_8356aaa.jpg IMG_8361aaa.jpg
Wbさんに斑尾山の奥の山々について教えてもらう。
烏帽子岳、岩菅山、竜王山、毛無山など。百名山を踏破されたWbさんは詳しい。
IMG_8365aaa_201902100703384ab.jpg IMG_8358aaa_20190210070339671.jpgIMG_8367aaa_2019021007034167f.jpg
圧雪車。
IMG_8363aaa_201902100703428fb.jpg 
妙高山、火打山。以前、登ったことがある。
IMG_8369aaa_20190210070345bdc.jpg 
雛祭り。
IMG_8364aaa_20190210070344d02.jpg 
曇りで雪質はがりがり。
IMG_8374aaa_20190210070347064.jpg 
ホテルメインスロープとホテルBコースを滑る。
IMG_8375aaa_20190210070348a92.jpg 
Mgさん、Ngさんと一緒。この直後に転倒。
IMG_8376aaa.jpg 
滑ってる前をスキーヤーが横切ったのでつい気を取られて転倒。
転倒そのものは何という事はなかったので起き上がろうとしたが起き上がれず。何度も立ち上がりかかるが腕の力がなくて起き上がれない。見かねたNgさんがかなりしたから上がって来てくれた。何度もチャレンジしたがやはりだめ。力を使い果たしたところにNgさんが来てくれた。引っ張ってくれたが起き上がれず、靴を片方脱がせてもらいようよう起き上がった。
その後の、滑りはガタガタ。ホテルに何とか向かう。見かねたMgさんが途中でスキーを脱いで運んでくれた。ロッジに入って一息つく。
へとへとになって部屋に戻る。一休みしてからパッキング。板もバッグも運んでもらう。蔵王に宅急便で送る。
温泉に入る。起き上がるのに力を使い果たしたのか胸が痛く、両肩もリウマチの痛みが酷くなっていたが一息つく。
Ngさんが戻ってくる。
Mgさんにケーキをおごってもらう。本当は私がおごるべき。
IMG_8377aaa.jpg 
Wb夫妻、Sj夫妻は一本早めのバスで帰る。Tmさん、Sbさんはもう一泊。
Mgさんが予約してくれたシャトルバスで妙高高原駅に向かう。
妙高高原駅。
IMG_8378aaa.jpg IMG_8379aaa_20190210070354fd7.jpg
長野駅で弁当を買う。胸がやたらと痛むのでハイボールを買う。
帰りの電車ではNgさん、Mgさんへの感謝ばかり。赤倉に来年も来ようと言いあう。
帰宅して玄関で倒れ込む。体力無いのと痛みが酷い。
Sさんに転んで起き上がれずNgさん、Mgさんに助けてもらったと報告。怪我しなかったから良いわよと言う。
痛みでよたよたしてるのでそんなんで蔵王行けるのと言われてしまう。
夜中に痛みで目が覚めてしまった。

赤倉スキー二日目

2月5日。
赤倉スキー二日目。
朝食をNgさんと一緒に食べる。朝食にしては豪勢。
IMG_8288aaa.jpg IMG_8289aaa.jpg
日が昇ったばかりのホテルゲレンデ。向こうは斑尾山。
IMG_8291aaa_20190209071612e80.jpg 
晴れてきた。妙高山が見える。
IMG_8292aaa.jpg 
9時前にゲレンデに出る。赤倉観光ホテル。
IMG_8293aaa.jpg 
昨夜雪が降ったらしくて雪質も良い。
IMG_8296aaa_20190209071617170.jpg 
滑ってみると心地よい。
IMG_8297aaa.jpg 
雪質が良いし晴れているので気持ち良い。
IMG_8298aaa_20190209071620d94.jpg 
ところがホテルメインスロープのリフトが修理中で動いてない。
Mgさんの判断でホームページテルビギナーコースを降りて、ゴンドラの妙高高原スカイケーブルに乗る。終点に到着。Mgさんは新調したスキーがあってるようで気持ち良く滑っている。
Tmさんがサッサと滑って何時も一緒に滑っていたSbさんとはぐれる。
IMG_8302aaa.jpg 
樹々が美しく雪化粧。
IMG_8303aaa_2019020907162315d.jpg 
気持ち良く滑走。
IMG_8307aaa_20190209071624d09.jpg 
Mgさんから慎重な滑りだねとからかわれる。転ぶと起き上がれないので慎重にならざるを得ない。
IMG_8309aaa_20190209071626d6c.jpg 
何本か滑った後で、メイプルでお茶する。
Tmさんと合流。Mgさん、Hrさんが戻ってくる。
滑ろうと出発。後ろは妙高山。
IMG_8313aaa_20190209071627ee7.jpg 
出たところでNgさんと合流。Ngさんは安定した滑りとなってる。
IMG_8314aaa_201902090716293cf.jpg 
記念撮影する。
後ろはチャンピオンコース。こぶだらけで私は滑らない。後でMgさん、Hrさんは滑ったそうだ。腰を痛めてるHrさんが転んだそうだ。
IMG_8318aaa_2019020907163026c.jpg 
女子国体コースを滑る。皆が早いので写真を撮る間がない。
IMG_8319aaa_2019020907163230a.jpg 
最後は直滑走。気持ち良く風を切る。
チャンピオン第3クワッドに乗る。圧雪してあるチャンピオンCコースへ向かう。
IMG_8322aaa_20190209071633a5d.jpg 
ホテルBコースを滑る。
IMG_8325aaa_201902090716353b7.jpg 
メイプルで昼食。
Mgさんたちはチャンピオンコースに行くので別れる。NgさんとホテルBコースを何本か滑って腿に来たのであがる。Ngさんはホテルまでついてきてくれて更に滑りに行った。
野尻湖が見える。
IMG_8328aaa_201902090716368a3.jpg 
妙高山。
IMG_8329aaa.jpg 
部屋に戻ってうとうと。体力無いなあ。
その後、温泉に入る。温泉は疲れが取れる。
晩飯は白樺の懐石料理。量が多いが美味しい。
IMG_8332aaa.jpg 
つい冷酒を頼んでしまった。
IMG_8334aaa_20190209075952508.jpg 
IMG_8335aaa.jpg IMG_8336aaa.jpgIMG_8337aaa.jpgIMG_8342aaa_2019020907595874d.jpgIMG_8344aaa.jpgIMG_8351aaa_201902090800017ab.jpgIMG_8353aaa_20190209080002719.jpgIMG_8354aaa_20190209080004504.jpgIMG_8355aaa_20190209080005228.jpg
TmさんとHrさんは飛行少年で話が弾んでる。そういえば以前、Ngさんが計画してTmさんと私たち夫婦とアメリカのスミソニアンに飛行機を見に行くことになっていた。ところが、今回と同じ予算が通らずスミソニアンが休園になってしまい行くことが出来なかった。オバマ時代。
Wtさんがスキーや山の話を楽しく語らう。
Sbさんと甘酒が良いと言う話で盛り上がる。
Mgさんが盛んにNgさんのスキーが良くなったと褒める。NgさんはMgさんのアドバイスが聞いたと言う。Mgさんはスキーと靴を新調したのであと5年は滑るみたい。85歳近くになる。
日本酒1合ですっかり良い気分。

赤倉スキー

2月4日。
赤倉スキーに出かける。
Sさんに怪我しないようにねと言われて出発。
東京駅でSj夫妻と一緒になる。上野でMgさん、大宮でNgさんと一緒になる。
この会はMgさん幹事で、このほかにTmさん、Sbさん、前日より赤倉に入ってるWb夫妻、車で来るHrさんの9名。この会は15年ほど前から行われている。
長野駅で弁当を買い、しなの電鉄に乗って妙高高原に向かう。電車でTmさん、Sbさんと一緒になる。
Mgさんが予約してくれた赤倉観光行きのシャトルバスに乗る。
赤倉観光ホテルに到着。
まだチェックイン前なので大浴場でスキーウェアに着替える。板を出してスキー靴をはく。何時もスキー靴を履くのには労力を費やす。もう疲れちゃったとSjさんと言いあう。
滑るのは今シーズンは口周りの腫瘍が出てしまい良性と分かるまでスキーを休んだので、滑るのは二日目。腫瘍が判明するまであまり運動しなかったので体力が落ちている、
雪質はガリガリであまり良くない。曇り。
ホテルメインスロープを滑る。後傾になってしまいぎこちない。
二度ばかり同じ場所で滑ってからMgさん達は上に向かったが、私はNgさんに付き合ってもらってホテルメインスロープで滑る。転ぶと起き上がれないので慎重に滑る。
時々ガスがかかりギャップが見えない。まだ調子は出てこないが腿が張って来てしまったので早めに切り上げる。付き合ってもらったNgさんと別れて部屋に戻る。
部屋の戻って疲れてしまいうとうとする。
IMG_8270aaa.jpg 
カメラのメモリーチップを忘れてしまったのに気が付く。ゲレンデ撮ったのは撮れてない。
スマホで撮影。
大浴場に行く途中のアクアエリア。向こうはホテルメインゲレンデ。
IMG_8264aaa_20190208184219659.jpg 
大浴場前のアクアテラス。
IMG_8265aaa.jpg 
アクアテラスからの下に赤倉温泉街が見える。
IMG_8266aaa.jpg 
ガスってる。
IMG_8268aaa.jpg 
この奥は妙高山だがガスで何も見えない。
IMG_8269aaa.jpg 
大浴場に入る。赤倉温泉の源泉かけ流し。
露天風呂からはスキー場が眺められる。正面は斑尾山だがガスで何も見えない。
露天風呂と大浴場でゆったり休む。温泉はいいなあ。
部屋に戻ってだいぶたってからNgさんが帰ってきた。
Mgさんが予約してくれたメインダイニング「ソルビエ」に皆が集合。
Tmさんから白酔会に口の周りに腫瘍ができて来れないと聞いて心配したが、良性で良かったと言ってもらう。駱駝を引いてる写真を見たので大丈夫と思ったがと。
Sbさんから、いろんな病気をされるが克服して出てくるので偉いとも。
料理は素晴らしい。
IMG_8273aaa.jpg 
ワインはMgさんが選ぶ。なかなか美味い。
IMG_8274aaa_201902081842294aa.jpg 
この会は年寄りばかりだが、スキーの話で盛り上がるので、実に楽しい。
最長老のWbさんはスキー、山、ゴルフと活発。奥さんは病気で長らく入院されたそうだが、元気に復活された。
Sjさんは本出版の準備でPCや資料を持参。執筆で運動不足と言う。奥さんは滑らないがついてこられた。
Ngさんは実に楽しそう。Mgさんは何時もながら見事なまとめぶり。HrさんはMgさんの従弟で指示をを受けていろいろ手伝う。
料理は美味しく、量が多かったがすっかり平らげてしまった。
IMG_8280aaa_20190208184231d57.jpg IMG_8281aaa_20190208184232267.jpgIMG_8282aaa.jpgIMG_8283aaa.jpg
IMG_8284aaa_2019020818423708d.jpg
帰る途中のロビーの節分の飾り。
IMG_8285aaa_2019020818423868a.jpg 
部屋の戻ってバタンキュー。

喜寿の誕生日

2月3日。
喜寿の誕生日。
Sさんが朝早くご贔屓のお店から恵方巻を買ってくる。
IMG_9180aaa_20190207205302c70.jpg 
朝食からいただく。
IMG_9181aaa.jpg 
部屋の胡蝶蘭。
IMG_9184aaa_20190207205300c20.jpg 
夕方、Sさんのハッピーバースデーに合わせてケーキの7本のろうそくを吹き消す。
IMG_9186aaa_201902072053040c0.jpg 
IMG_9188aaa.jpg 
祖父が亡くなった年の喜寿まできた。母の実家の祖母がこの子は二十歳まで生きられるじゃろうかと病弱だったので言っていたが、母やSさんのおかげで生き延びれた。
お祝いのメッセージを約70名の方々より頂く。嬉しい限り。
最後に豆撒きをする。危く忘れるところだったが床について思い出した。部屋中に福は内をして玄関を開けて鬼は外!!!大声を出してるのは我が家のみ。

Sさんと買い物

2月2日。
庭のオキザリスがしおれかかった蕾を開いた。
IMG_9175aaa.jpg 
Sさんは朝から庭仕事。
IMG_9177aaa.jpg 
疲れてると言ってるが買い物に引っ張り出す。
近所のセリバオウレン???
IMG_9178aaa_20190203111140cfc.jpg 
恵方巻は売り切れ。明日早くSさんが買いに行く。
この前あられの職人さんが怪我で休んでいたお店にあられが出ていたので喜んで買いこむ。
明日の誕生日用のケーキを買ってもらう。
帰り道の椿。
IMG_9179aaa_2019020311114131c.jpg 
Sさんが疲れ気味なので帰る。帰ってオムレツにぱくつく。
部屋のシンビジューム。当分楽しめる。
IMG_9160aaa_20190203111143a30.jpg IMG_9167aaa_20190203111146ceb.jpg
果肉植物に花芽。
IMG_9164aaa.jpg 
胡蝶蘭が咲きだした。
IMG_9172aaa_20190203111147bca.jpg 
寝る前にちょっと開いたら読み込んでしまった。
IMG_9173aaa_201902031111496d1.jpg 

Tkさん訪問

2月1日。

今年も早一か月が過ぎた。

昨日の口周りのおできが悪性でないとわかって気分は良い。

部屋のシンビジューム。

IMG_9143aaa_201902020754481a0.jpg IMG_9144aaa.jpgIMG_9147aaa_2019020207545169e.jpg

セダムの花芽が付いた。

IMG_9145aaa.jpg 

Tkさん訪問に出かける。

出かける時にSさんが不在だったので、うっかり玄関にお土産を置いたまま出かけてしまい、駅に行く途中で気が付いて引き返した。15分くらい待ち合わせの時間に遅れてしまった。メールで遅れると連絡したが誰も気が付いていなく、Mnさんが電話するところだった。

行く途中で山梨から来たTrさんと長野から来たHrさんが雪かきをしてから駆けつけたと聞いて、来てくれたことに感謝。

Tkさん宅に着く。

お寿司と麦酒、お菓子で歓迎される。

IMG_9151aaa.jpg 

Tkさんの元気なのには驚かされる。94歳。

旭時代の苦労話を楽しそうにされ、聞いた話も聞いていない話もあって、こちらも笑ったりうなずいたりした。創立時工場独立採算制だったので過去の借金と利子が負債を背負わされ、売り上げは少なく苦難の時代。他の工場長に助けられたと言う話も聞く。近隣のライオンズクラブや警察署、消防署、地主などの付き合いの苦労話も今となっては楽しい思い出のようだ。

足腰は弱っているが頭脳明晰で数学の難しい本を読んでいる。ちょおと眺めたが頭が痛くなってしまう。

デイサービスで出かけ老人倶楽部に出かけているが話が通じなくて面白くないと言う。

耳が遠くて低音がダメなようでTrさんに話しは聞き取れず私の話は良く聞こえるようなので通訳をした。

掘り炬燵が気持ち良くて、終わりの頃うっかり眠ってしまった。

2時間半くらいの楽しい団らんも山梨と長野に帰って雪かきをする人がいるのでお開き。

またお会いしましょうと別れる。

喫茶店でちょっと団らん。

IMG_9155aaa_201902020754553ec.jpg 

拝承は日立言葉だとTrさんが言い、Hrさんが調べたら日立発祥の言葉だった。

殿の使い方も目上の人に使ってはいけないと始めて知った。

Mnさんが読んだ本の紹介で男と女の違いについて話、なかなか面白い。

帰りに早速、Trさん、Hrさんは買いに本屋に行く。

帰りの電車はMnさんと一緒で久しぶりにたっぷり話が聞けた。講話を月二回、二時間してるそうでそのため本を凄く読んでるとか。論語は認知症に良いとか。

帰って、Sさんに報告。楽しかった。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR