FC2ブログ

2019-01

Latest Entries

悪性ではない

1月31日。
今日は口の周りのしこりを生検した結果が出る日。
結果は悪性ではなかった。痺れがあるのでしばらくは口腔外科に通って様子を見ることになった。
4か月前に左の唇が腫れて、口の周りがしびれてきた。リウマチ科の先生から口腔外科の先生を紹介してもらい治療したが、しこりがどんどん大きくなってきた。痺れの範囲も増えてきた。MRIを撮って、おできだと判断され、生検をした。生検の傷でしこりは拡大したが、その後、しこりも痺れも安定してきた。悪性でないとわかるまでは無理するのを止めようと白酔会は欠席。
晴れて悪性でないと言う結果が出てほっとした。Sさんに連絡。Sさんは大丈夫よ良性よとずっと言い続けてくれていた。
早速息子夫婦やスキー仲間などに悪性でないと連絡。来週の赤倉スキーと再来週の蔵王スキー、月末の栂池スキーに参加する旨伝えた。皆が喜んでくれた。
足腰を付け焼刃でも鍛えないとスキーは危うい。頑張ろう。
病院のセントポーリア。
IMG_9136aaa_20190131215006636.jpg IMG_9137aaa_20190131215007e50.jpgIMG_9138aaa_20190131215008ed9.jpgIMG_9139aaa.jpgIMG_9140aaa_20190131215012607.jpg
スポンサーサイト

買物

1月30日。
久しぶりに外出して買い物に行く。
髭剃りの替刃、卵、俳句用の句帳、本、お菓子。
お菓子では、いつも買っていたあられが職人が怪我をしたので2月半ばまでお休みとあった。代わりのお菓子を置かずに棚をあけてあるのが感心した。
帰りにSさんが週一でボランティアしてるお店の前を通ったらいらっしゃいと大きな声でSさんに声をかけられた。とっても良い顔をしてる。店を覗きたかったが照れ臭かったのでうなづいて通り過ぎた。
後で聞いたら、お店の女性が主人から愛してると決して言わないと言われたと言うとその場の女性が皆同調した。Sさんはうちの旦那はいつも朝おはようと言うと、おはよう、愛してるよと言ってくれると言ったら皆がひっくり返ったそうだ。この話は思い出すたびに笑いがこみあげてくる。
近所の梅。
IMG_9121aaa_201901312124260cf.jpg 
カランコエ?
IMG_9122aaa_20190131212428aab.jpg 
パンジー。
IMG_9124aaa_2019013121242944d.jpg 
サクラソウ。
IMG_9126aaa_20190131212431ec7.jpg 

シンビジューム

Ⅰ月29日。
部屋のシンビジュームの花芽が10本も出てきた。日頃のSさんの手入れのおかげである。
シンビジュームは結婚のお祝いに貰ったのが始まりで、当初はわからずに土に埋めたりしたりしたが、その後ミズゴケを使って鉢を増やし一時は30鉢を超えるほど増やした。その後仕事が忙しくなったり単身赴任したりして数鉢まで減ってしまった。
退職後、Sさんが中心になって手入れして14鉢まで回復し、花芽が10本も出てきた。
これから毎日楽しめる。
IMG_9110aaa.jpg IMG_9133aaa_20190131115638b1d.jpgIMG_9134aaa.jpg

リウマチの腕を摩りて春を待つ

1月28日。
大門句会勉強会その302の三四郎さんの句評を見る。
兼題は野里子さん出題の「春を待つ」。

◇光

リウマチの腕を摩りて春を待つ

平成の終わりに妻と春を待つ

⇒寒い冬にリウマチはつらいでしょうね。早く暖かくなってほしい。お大事に。

平成も30年。家族にもいろいろなことがありました。これからもよろしく。

:リウマチが発症してはや5年。痛みは続いてるが何とか普段の生活はSさんに支えられて支障がない。暖かくなると痛みが薄らぐ。

平成も31年で終わりを迎える。Sさんと仲良くやってこれた。

私のお気に入りの句。

◇野里子

春待つやレーズンパンをこんがりと

⇒少し焦げ目がついて温かいレーズンパン。おいしそう。一足先に春の気分ですね。

:レーズンパンが好きなんですね。

◇馬空

春待つや食前酒にはロゼワイン

⇒ロゼワインも待春にふさわしい飲み物ですね。メインディッシュは何でしょうか。想像がふくらみます。

:しゃれた句だなあ。

◇蒼月

黒々と伸びる畝あり春を待つ

⇒黒々とだからもう耕かされて種蒔を待っている畝でしょうか。畑も春を待っている。

:黒々と伸びる畝とは良く詠んだ。

◇三四郎

月冴えて女人高野の十二神

:私には詠めそうもない良い句。

庭のコバノランタナ。

IMG_9102aaa_201901300843316cd.jpg 

蝋梅。

IMG_9103aaa_201901300843324e3.jpg 

ヒメツルソバ。

IMG_9106aaa_20190130084334528.jpg 

部屋のシンビジュームの蕾が開きかかった。

IMG_9108aaa_201901300843355f3.jpg 

ああ白酔会

1月27日。
今日は白酔会の最終日。
皆さんからのメッセージを頂き、楽しそうだなあと羨ましい限り。
白酔会は、元会社のスキー部が始まり。40数年前に休部していたスキー部を再会した当時のMg総務部長にスキー部の部長に自薦した。仕事が忙しくてスキーに行くチャンスがなく、学生時代の友人たちはみな滑らなくなっていた。スキー部の部長になればスキーに行けると言うあさましい魂胆。ようやくスキー部の合宿に参加できるようになる。スキーは下手なのでスキー場に一緒するだけ。Usさんがリーダーで皆を指導していた。バスを仕立ててテニス部なんかと一緒で楽しくワイワイやっていた。
その後、Mkさんがリーダーになったが、事情があったらしくてスキー部が廃部となってしまった。しかし仲間たちでスキーに行くことは続いていた。Usさんの提案で白酔会と名付けた。当時はWtさんという酒豪がいて、夜宿に到着すると大宴会。翌朝も朝からビールと酒豪の集まりだった。
当時の仲間たちは数少なくなったが、その後入って来た仲間たちとで楽しく続いている。今はIwさんが幹事。今年も18名参加したようだ。今まで欠席したことはあまりないので寂しい限り。
一日家に籠った。寒いので出かける元気が出ない。
Sさんに加湿器をセットしてもらった。
IMG_9100aaa_2019013008033908b.jpg 
じゃりんこチエを読みだしてしまった。とまらなくなりそう。
IMG_9101aaa.jpg 

Sさんのお気に入り

1月26日。
Sさんが最近手に入れたお気に入りのコーヒーカップ。
IMG_9092aaa_20190129210239042.jpg IMG_9094ccc.jpg
最近手に入れたお気に入りの湯のみ。
IMG_9095ccc.jpg 
お気に入りのお菓子。
IMG_9099aaa.jpg 
大坂なおみの全豪オープン決勝を最初から最後までSさんと一緒に応援する。
第一セットは互角でクビトバは強いと思った。タイブレークで7点先取した時は勝負強いと思った。
第二セットで5-3になった時は勝ったと思ったが、クビトバ選手の根性に圧倒されて5-7と負ける。クビトバ選手は利き腕のお怪我から復帰した選手だけあって強い、美しい。
Sさんとこれは負けるかもしれないと話す。
第二セットが終わったところでタオルをかぶって、トイレタイムを取った時は落ち着こうとしてるなと思ったが、そんなに急に精神的に立ち直れないだろうと思う。
ところが大坂選手は素晴らしい精神力の持ち主だった。
第三セットを6-4で勝ち優勝。Sさんは終始大声を出して応援していた。
スピーチはクビトバ選手も大坂選手も素晴らしかった。二人ともやさしさがあふれている。

コミック

1月25日。
何故か体がだるく一日中部屋に籠る。
亡くなった次男が残したコミックの大部分は古本屋さんに出したが、気に入ったコミックのみ残した。
じゃりん子チエ はるき悦巳著
うる星やつら 高橋留美子著
パトレイバー ヘッドゴア原作
IMG_9090aaa_201901292028521cf.jpg 
私の贔屓のコミックでTVの再放送でも何度も見た。
Sさんもじゃりン子チエとパトレイバーはお気に入り。
コミックは子供の頃、鉄腕アトム、サザエさん、フクちゃん、のらくろ、冒険ダン吉がご贔屓だった。

針灸

1月24日。
Idさんの針灸に行く。
行く途中の梅。
IMG_9085aaa.jpg 
体が疲れていると言われる。肝臓と胃が固い。ゆっくり休んだ方が良いとも。スキーは休んだのは良かった。
肩に力が入ってるので痛むのだろう。頭は重いのでしっかり肩の上に載るように姿勢を正しくした方が良い。
お灸はSさんに続けてしてもらうのが良い。
帰りはすっきりした。
帰り道のマーガレット。
IMG_9086aaa_201901282113012ad.jpg 
シクラメン。
IMG_9088aaa_201901282113039db.jpg 
エンゼルランプ。
IMG_9089aaa_20190128211304a46.jpg 
帰ってぐうっと休んでしまった。

M会新年会

1月23日。
口腔外科に生検の糸抜きに行く。
若い先生であっさりとれる。傷口も綺麗と言う。生検の結果はまだ出てなくて来週の木曜日と言われる。とりあえず結果が出るまで大人しくしていよう。楽しみにしていた白酔会は今年はあきらめる。
病院の玄関の葉ボタン。
IMG_9019aaa.jpg 
帰り道の菊。
IMG_9020aaa_20190128143204705.jpg 
薔薇。
IMG_9021aaa_201901281432054d8.jpg 
帰ったら庭の水盤に雀が一杯やって来た。ずっと水浴びしてるので途中で引き上げた。
IMG_9028aaa.jpg IMG_9033aaa.jpgIMG_9035aaa_20190128143209840.jpg
M会新年会に行く。
14名の参加。
幹事はFdさんとIwさん。
会長のMkさんの挨拶で始まる。元気なご挨拶。
Wtさんがやってきて、力を入れてる庭づくりの話を聞く。息子さんの庭も面倒見てるそうだ。
Nkさんがワインの銘柄を調べてこれは高いワインだと言う。確かに美味い。つい飲んでしまった。
IMG_9044aaa_2019012814321811d.jpg 
Nkさんは愛犬が昨日亡くなったので、ちょっと顔色が優れなかった。
近況報告。
Hrさんは奥さんとの中山道歩きの話をする。ようやく関東を抜けたあたり。
愛妻家のSmさんは相変わらず仲が良い。唯一私と話が合う。
Nmさんは肺がんの手術後5年まであと1.5年は頑張ると言う。ゴルフは全く衰えが見られない。
Mkさんは手術をされたはすだが相変わらず元気で、この会が存続してるのは会長が元気によるところが多い。
私はモロッコの駱駝を引いた話とコーラスを止めたので時間が出来て愛するSさんと一緒の時間が増えて嬉しいと言ったら、奥さん年取ってるのに愛せるのと言う輩がいた。
Trさんとは昨日に続いて連続に宴会が一緒。帰りは同じ方向のHrさんに送って貰う。
IMG_9046aaa_2019012814321464b.jpg IMG_9047aaa.jpgIMG_9056aaa_201901281432173d0.jpgIMG_9061aaa_20190128143220d0c.jpgIMG_9071aaa_20190128143223919.jpg
隣にIwさんがいて盛んにビール、ワイン、日本酒を勧めてくれたので私の席の前はグラスが並んでしまった。
幹事のFdさんが老齢化が進んでいるので規約を一部変えると言う。
〆はNmさん。Knさんから関東一本締めの正式なやり方の指導があり、それに従って行う。
終わった。三日連続宴会だったのでいささか疲れた。

湘南旭会新年会

1月22日。
Sさんが古本の整理をして売ろうと言うので、亡くなった次男が残したコミック本を整理。
ベッドの下に積んであったコミック本を引き出して整理したのでかなり時間がかかった。
IMG_8989aaa_20190127214949fbb.jpg IMG_8990aaa_201901272149517c4.jpgIMG_8991aaa.jpgIMG_8992aaa_201901272149537b1.jpgIMG_8993aaa_2019012721495568e.jpg
次男の思い出が詰まっているだろうが一部を除いて段ボールに詰め込んだ。
湘南旭会の新年会に出かける。
行く途中にTrさんとOtさんと一緒になった。
場所は何時もの品濃クラブ。
18名の参加。初参加のMzさんに久しぶりに会った。
Trさんの挨拶とOgさんの乾杯で始まる。
IMG_8994aaa_201901272149565bd.jpg IMG_8998aaa_201901272149588e9.jpgIMG_9001aaa_20190127214959622.jpgIMG_9002aaa.jpgIMG_9003aaa.jpgIMG_9008aaa_20190127215004e0b.jpgIMG_9009aaa_20190127215005bf4.jpgIMG_9010aaa.jpg
Ngさんに何か文化的なことをしたらどうかと言う話になった。Tmさんの写真、Hrさんの水彩画、Trさんのパステル画、私の俳句と責めたら、量子コンピューターを調べてると言う。ちょっと文化とはいいがたいが本人は真面目。また奥さんがホールインワンをして何かお祝いを求められてるが何がいいかというので私ならこうするとアドバイスをした。
ゆげの会で世話になったAsさんと話す。山に行こうと誘ったが逃げられた。
Hrさんは奥さんが元気になって中山道を歩きだしてると言う。
Soさんから今シーズンはご一緒出来なくて残念と言われる。
Szさんに口周りのおできの報告をした。Szさんは数々の病気を克服している。
Tnさんは贔屓の議員が復活してきたので良かったと言う。
Bbさんから息子さんが活躍してると聞いて良かったと思う。
昔一緒に苦労した仲間との集まりは実に楽しい。

初夢の滑落先は床の中

1月21日。
大門句会に参加。9名参加。
場所は何時もの地魚や。ようやく場所を覚えて間違わずに行けた。
兼題は三四郎さんから

「大寒」 二十四節気のひとつ、今年は1月20日です。

「冬の海」 

「氷豆腐」 凍豆腐、高野豆腐

「水仙」 もうあちこちに咲いていますね。

「初のつく季語」 山ほどありますが・・。

私の句。

初夢の滑落先は床の中  光

三四郎さん、勝山さん選。

→一目見て面白い。野里子さんから気を付けるようにと言う忠告の夢。

:山から滑落する夢で年に何度か見る。事前にSさんに見せたら川柳みたいねと言われてしまった。

江ノ電のカーブの先は冬の海  光

野里子さん、遊介さん選。

→湘南の海らしい。情景が眼に浮かぶ。江ノ電は夏のイメージがある。

:江ノ電から見かけた実際の情景を詠んだ。

大寒やめげずに妻と寄り添いて  光

三四郎さん選。

→うまくいってない夫婦が努力してる。

:寒さにも負けずに愛する妻に寄りそう。三四郎さんにこんな句評を貰うとは思わなかった。

凍豆腐読経後の席和む  光

:この前の従弟の法事の後のお斎の情景。

水辺にて覗き込むよな水仙花  光

:水鏡に映った自分自身にこんにちは恋してしまったナルキッソスを詠んだ。

人気句。

花道を子役二人や初芝居  野里子

三四郎さん、勝山さん、あかねさん、蒼月さん選。

→華やかな初舞台をそのまま良く詠んでいる。

最果ての冬は黙せり冬の海  遊介

三四郎さん、はなさん、蒼月さん、さらさん選。

→静まった街に潮騒だけ。

被災地を見舞う皇后黄水仙  あかね

はなさん、さらさん、野里子さん、光選。

→皇后が御所の黄水仙を持っていった。黄水仙は春だが、先取りしても良い。

IMG_8968aaa_201901262311138dd.jpg IMG_8969aaajpg.jpgIMG_8970aaa.jpgIMG_8972aaa_20190126231117fd9.jpg

三四郎さんから4月の熊野吟行の説明があった。楽しみである。

家に帰って庭から見たスーパームーン。

IMG_8988aaa_20190126231119e81.jpg 

東京大神宮と粟ぜんざい

1月20日。
庭の蝋梅。
IMG_8938aaa_201901261726099b2.jpg 
Sさんと東京大神宮にお参りに行く。
行く途中の梅。
IMG_8942aaa_201901261726100f4.jpg 
牛込橋跡。
IMG_8946aaa.jpg 
東京大神宮に到着。若い女性が圧倒的に多く、行列ができている。
まずは飯富稲荷神社にお参り。「日比谷大神宮の昔から境内社として奉斎されている稲荷神社です。稲荷大神と大地主大神を祀り、「飯富」の名が示すように衣食住の神、商売繁昌・家業繁栄の神として広く崇敬されております。 また、不世出の名優九代目市川団十郎丈が篤い信仰を寄せていたことから芸能にゆかりの深い神社であり、芸能を志す人々の芸道精進を祈る姿もみうけられます。」
IMG_8948aaa.jpg 
東京大神宮のお参りの列に並ぶ。
江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された当社は、最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め今日に至っております。」
IMG_8950aaa.jpg 
東京大神宮には息子の結婚をお参りしたら、実現、孫の誕生もお祈りしたら実現。毎年お参りをしてる。今年は無病息災をお祈りした。
IMG_8952aaa_20190126172616caa.jpg 
その後、神楽坂に向かい、Sさん待望の紀の善に。
IMG_8954aaa_20190126172617364.jpg 
ここでも並ぶ。俳句が飾ってあった。
IMG_8955aaa_201901261726192e7.jpg 
待望の粟ぜんざい。美味い。抹茶ババロアはシェア。
IMG_8956aaa_201901261726202a3.jpg 
善国寺、毘沙門天にお参り。
IMG_8957aaa_20190126172622922.jpg 
浄行菩薩に口周りのおできと肩の痛みをお参り。
IMG_8959aaa.jpg 
始めて赤城神社にお参り。
IMG_8962aaa_20190126172625f13.jpg 
まだ新しい神社にお参り。
IMG_8963aaa_20190126172626207.jpg 
お腹が空いてきたので、Sさんがここが良いと選んだ蕎麦屋さん。
IMG_8965aaa_20190126172629e89.jpg 
この蕎麦が絶品。また来ようねとSさんと言いあう。
IMG_8964aaa_20190126172628cff.jpg 
一日、Sさんと一緒でお参りが出来て良かった。

人類5000年史

1月19日。
雀が水盤に群れてやってきた。寒いのによくやってくる。
IMG_8925aaa_20190125201807994.jpg IMG_8929aaa_201901252018085eb.jpg
Sさんが球根の堀上をやっている。
IMG_8935aaa_20190125201810734.jpg 
ようやく人類5000年史 紀元前の世界 出口治明著 を読み終わる。
紀元前の世界はあまり知識がないので面白く読ませてもらう。シュメール文化の素晴らしさを知る。エジプト文明もインダス文明に先駆けてその手本となっていたようだ。BC4000年紀というから今から6000年前。文字の発、明冶金術、天文学、暦学、アーチ積み、車輪、帆船、ろくろ、ワイン、ビール、印章、学校、60進法、簿記、絵馬などシュメール文明の賜物である。
想像を広げると実に面白い。
IMG_8966aaa_20190125201811632.jpg 

旧MS新年会

1月18日。
息子が私の口周りのお出来を心配してのかやって来た。
Sさんは鍋物を作って外出。
IMG_8869aaa_20190125141312735.jpg 
息子とゆっくり話せてよかった。口周りのおできは見たところたいしたことないので、安心したようだ。
ヒヨドリがやって来た。
IMG_8874aaa_20190125141313a03.jpg IMG_8877aaa.jpg
息子はかえって言ったので旧MS新年会に出かける。
幹事はHgさんとKmさん。退職してから15年くらいたつと思うが良く続いている。
17名参加。場所がわからないのではと早めに出たら案外早く見つかって早く着いてしまった。
OBは早々と到着。現役組は遅れてやってきた。
少し部屋がきつくて、飲み物をHgさんがひっくり返す。続いてこぼれた食器を拾おうとしてMuさんがひっくり返し、大騒ぎ。お店の方が片付けるのにかなり時間がかかってしまった。これもご愛敬。店を選んだHgさんが少し狭すぎたかなと反省。
久しぶりに参加のOkさんに会えて良かった。Kmさんは何時も現役の人集めに活躍。Sg女子は予定外に来てくれて良かった。Ktさんも元気そう。Hkさんに仕事の話を聞く。Nsさんには最後の挨拶をしてもらった。Iwさんには生検検査結果が良かったら白酔会参加するかもと言ってしまった。Muさんはちゃぶ台返し。現役のKbさん、Otさんとは席が遠くて話が出来なかった。
OB組。Hgさんはモロッコに行きたいらしくて私の写真を丁寧に見てる。Kmさんは温泉会の幹事で何時も元気。Hcさんは次回の千葉温泉会の幹事。Unさんは倒れたと言う話をする。Stさんは大阪から来てくれた。Smさんは帰りに入社した時の私の恥ずかしい講話を何度もする。
IMG_8878aaa_20190125141316504.jpg IMG_8879aaa_20190125141317a46.jpgIMG_8880aaa.jpgIMG_8881aaa.jpgIMG_8882aaa_20190125141322714.jpgIMG_8883aaa_2019012514132309c.jpgIMG_8899aaa.jpgIMG_8912aaa_20190125141326e81.jpgIMG_8913aaa_20190125141328c37.jpgIMG_8914aaa_20190125141329a19.jpg
実に楽しかった。また会いたいね。

久しぶりの矢上川

1月17日。
口の中を生検した後の消毒をする。生検結果は来週か再来週。
帰り道の猫ちゃん。
IMG_8806aaajpg.jpg 
久しぶりに矢上川に沿って歩く。
オオバン群れがいる。
IMG_8815aaa.jpg 
この時期は良くオオバンが遡ってくる。
IMG_8816aaa_20190125133755065.jpg 
セグロセキレイ。
IMG_8821aaa.jpg 
カモメが飛んでる。
IMG_8822aaa.jpg 
この時期、カモメが海から遡ってくる。
IMG_8828aaa.jpg 
羽繕い。
IMG_8831aaa_2019012513340549a.jpg 
アオサギがじっと佇む。
IMG_8839aaa_201901251334073cc.jpg 
コサギが餌をあさっている。
IMG_8844aaa_20190125133408948.jpg 
烏が水の中に入って餌をあさってる。
IMG_8845aaa.jpg 
鯉は悠然と泳ぐ。
IMG_8849aaa_201901251334113a3.jpg 
鴨が見当たらないので心配したら群れて休んでる。
IMG_8856aaa.jpg 
何時もつがいなのに群れている。
IMG_8858aaa_2019012513341601c.jpg 
コサギが相も変わらず餌をあさってる。
IMG_8862aaa.jpg 
コサギはアオサギの側まで来たがアオサギは動かず。
IMG_8865aaa.jpg 
日吉公園の水仙。
IMG_8867aaa_20190125133420beb.jpg 
ラナンキュロス。
IMG_8868aaa_20190125133422e40.jpg 
鳥に一杯出会えてよかった。

できもの

1月16日。
口腔外科に行く。
MRIの結果のフィルムを持っていく。
事前に口の周りの写真のレントゲンを撮る。
MRIの結果は、口の周りのできものと言われる。良性か悪性かを判断するに生検をしましょうと言われる。麻酔をして口の中を切って切片をとって縫うと言う一連の作業。生検の結果は1ないし2週間かかるそうだ。
抜歯するまではお酒は控えて食事を注意するように言われる。
病院前のプランターの観葉植物。
IMG_8798aaa_20190123150102714.jpg 
ハクセキレイがこんなところにいた。
IMG_8794aaa.jpg 
椿。
IMG_8799aaa.jpg IMG_8803aaa.jpg
ゼラニウム。
IMG_8801aaa.jpg 
パンジー。
IMG_8805aaa_20190123150108873.jpg 
Sさんに報告。大丈夫よと言ってくれた。
来週は白酔会だが、病状がはっきりするまで行くのを止めた。白酔会は長く続いた会であるが残念。
幹事のIwさんと車で送ってくれるKdさんに連絡。他にも白酔会仲間に連絡。
皆から残念と言う連絡を貰う。

初風や一気の下り第六区

1月15日。
大門句会勉強会その301の三四郎さんの句評を見る。
兼題は私が出した「箱根駅伝」。
当初、三四郎さんに俳句歳時記に見当たらないと言われたが、ネットの歳時記に載っていると答えたら、認めて頂いた。しかし作る段になったら難しかった。

◇光

初風や一気の下り第六区

伝説の箱根駅伝山登り

⇒第6区は芦ノ湖から小田原までの箱根の山を下るコース。上りとは違う難しさがある。初風は本来は元旦に吹く風をいいますが復路の選手にとってはこの追い風が初風なんでしょう。

今や伝説の山の神となったのは2005年に11人抜きをした今井選手(順天堂大学)でしょうね。それとも2009年に今井をタイムで上回った柏原でしょうか。いつまでも語り続けられるランナーです。

あかねさん選。

初風や一気の下り第六区

<駅伝で下りは大変と言われてます。いよいよ苦労の六区を初風に乗って走ってく姿が見えます。

:前句は6区の山下りを詠む。初風と季重なりだがあえて詠んでみた。

後句は5区の山登り。いろんなドラマ、名選手が出ている。

私の選句。

◇野里子

海凪や箱根駅伝過ぎし町

⇒相模湾ぞいの茅ヶ崎から大磯あたりのコースでしょうね。おだやかに晴れて風もなく駅伝日和です。私は数年前に釣り船からながめたことがあります。

:海凪との組み合わせが上手い。

◇馬空

箱根駅伝繋ぐ襷があればこそ

⇒襷をつなぐという責任感と重圧は大きいでしょうね。だからあきらめずに中継点まで頑張れる。

:この情景は詠みたかったが上手くまとめられなかった。

◇あかね

駅伝や湯けむりの中走り抜け

⇒箱根湯本のあたりでしょうか。駅伝を見るために宿泊している人もいる。湯けむりをバックに走る選手たち。まさに正月の風物詩です。

:上手い。湯けむりとは箱根を良く表している。

◇遊介

風うけて肩むき出して箱根駅伝

⇒ランニングシャツのユニフォームを着た選手たち。たくましいけれど若さも残る肩が初々しい。

:寒さの中、肩をむき出してる。若者の美しさが表現されてる。

◇三四郎

駅伝の五連覇ならず寒さかな

:まさに今年の句。

歯医者に行く。

行く途中の梅。

IMG_8789aaa.jpg 

 歯医者の水槽は何時も楽しむ。

IMG_8790aaa.jpg IMG_8792aaa.jpg

新しい被せ物をつけてすっきりする。

今後取れないように注意しよう。

疲れた

1月14日。
法事から帰って疲れて一日休む。本を読んだり、録画を見たり。
Sさんはジムに出かけようとしたが、今日は休んだらと私が言ったら、休むことになる。一日中、編み物をしてる。
庭の菫。
IMG_8779aaa.jpg 
キンレンカ。
IMG_8780aaa.jpg 
椿。
IMG_8781aaa.jpg 
元気なアーカンサス。
IMG_8782aaa_201901211455464fe.jpg  
今が盛りの蝋梅。
IMG_8787aaa.jpg 

法事

1月13日。
ホテルの朝食。
IMG_8750aaa_20190121134837452.jpg 
ロビーで故従弟の次女と待ち合わせ。息子夫婦が結婚の挨拶に行ったときにお目にかかっているのですぐにわかった。
ご主人の車で従弟の家まで送って貰う。
まだ早いのでしばし待つ。
写真が飾ってあり、懐かしい叔母夫婦、可愛がってくれた祖母、会ったことはない祖父。祖父は写真で見たことがあったが、隣に見たことがない方の写真が飾ってあった。もう一人の従兄に聞いたら故従弟が見つけたそうだ。
雪は一昨日降ったそうで寒い。
IMG_8752aaa.jpg IMG_8753aaa.jpgIMG_8755aaa.jpg
和尚さんが到着し、法事が始まる。場所は仏間。従弟の微笑んだ写真が飾ってある。
かなり寒いのでSさんから喪服の下に厚手のヒートテックを着て、喪服の上には羽織るようなものを着るように準備してくれた。
リウマチのせいで正座は無論、胡坐もかけないので、やむなく足を投げ出した。
従弟の息子さんが施主で挨拶。従弟にそっくり。
読経が始まる。読経の後半は全員で経本に沿って経をあげるのにはついていけなかった。
従弟の事が走馬灯のように思い出された。子供の頃は私は病弱で母の実家に来ると病気になって寝込んでいた。母の祖母からはこの子は20歳まで生きられるじゃろうかと心配された。従弟は全く病気知らずで怪我するくらいだった。それが私より早く逝ってしまうなんて。
子供頃の思い出が多いが、5年前に最後にあった時の元気な様子も眼に浮かんできた。
焼香をする。
和尚さんの法話はユニークだった。
バスでお斎の会場に向かう。
バスまでに行く途中、池は凍っていた。
IMG_8759aaa_20190121134843a8f.jpg 
石垣に沿って進む。
IMG_8761aaa_20190121134844500.jpg 
この石垣で追っかけこをした。
IMG_8762aaa.jpg 
バスでかなり移動して会場に到着。
最初に施主の息子さんが挨拶。しっかりしてるなあと感心する。
隣に子供の頃、随分お世話になったおばさんの息子のお嫁さんが座っていた。8*歳過ぎていたが、私の事をよく覚えていた。ご主人は雅楽が得意だったが体調を崩して来れないそうだ。
従弟の長女がお酌に来てくれたので、来ている方々について聞く。隣近所の五軒の方は呼ぶのが習わしとか。従弟の奥さんの親戚。従弟の親戚。知らない顔がほとんど。
従弟の息子さんが来てくれた。
従弟の若い頃にそっくり。しっかりしていて頼もしい。一級建築士。お父さんが土建屋だったSさんは一級建築士と聞いて大いに喜ぶ。
IMG_8763aaa.jpg IMG_8764aaa.jpgIMG_8765aaa_20190121134850cdc.jpgIMG_8766aaa_20190121134852c46.jpgIMG_8767aaa_20190121134853545.jpgIMG_8768aaa.jpgIMG_8770aaa.jpgIMG_8771aaa.jpg
従弟の奥さんに車を用意してもらう。
車が来るまで待つ。
IMG_8772aaa.jpg 
皆さんにお別れの挨拶をする。
IMG_8773aaa_201901211349018c2.jpg 
帰りに息子さんがしっかりしてるので良かったと言う話を二人ともした。

飛騨高山

1月12日。
従弟の法事があるのでSさんと飛騨高山に出かける。
新幹線で名古屋に行き、高山線で高山に向かう。
飛騨川。
IMG_8670aaa.jpg 
下呂。
IMG_8674aaa_2019012021503075a.jpg 
雪が積もってる。さむざむとしてる。
IMG_8683aaa.jpg 
飛騨小坂。
IMG_8684aaa.jpg 
高山駅に着く。
IMG_8685aaa.jpg 
早めについたので街並みを散策。
飛騨国分寺に向かう。
741年、聖武天皇により国分寺建立のが発せられ、757年頃、行基によって建立されたという。」
IMG_8686aaa.jpg 
鐘楼堂。
IMG_8688aaa.jpg 
三重塔。
IMG_8689aaa.jpg 
大銀杏-推定樹齢1250年、幹周10メートル、高さ37メートルの大イチョウ。古来「乳イチョウ」と呼ぶ。」
IMG_8690aaa.jpg 
本堂。
IMG_8692aaa.jpg 
「飛騨国分寺塔跡(奈良時代) - 七重大塔の心礎(心柱の礎石)、上面に径1.3メートルの円柱座と舎利孔がある。」
IMG_8694aaa_20190120220201a49.jpg 
Sさんが遊女を弔った碑があると言うので探したが見つからず、左甚五郎の碑があった。
IMG_8695aaa_2019012021504206d.jpg 
おおさきで大好きな赤かぶら漬けを一杯買って、宅急便で送って貰うように頼む。
IMG_8697aaa_2019012021504368c.jpg 
「「鍛冶橋」の欄干に設置されている手長像、足長像。嘉永元年に、名工、谷口与鹿が、出雲神話の登場人物・足名稚と手名稚をモデルとして彫刻したといわれています。」
IMG_8731aaa_201901202150450b0.jpg 
古い街並みを散策。
IMG_8704aaa_20190120215046066.jpg 
城下町の中心、商人町として発展した高山の上町、下町の三筋を古い町並と呼んでいます。また、特に、上三之町・上二之町・上一之町のあたりを「さんまち通り」と呼ぶことがあり、高山の定番スポットになっています。」
IMG_8709aaa_201901202150488bc.jpg 
からくり人形。
IMG_8710aaa.jpg 
何て言ったかな。
IMG_8713aaa_201901202150519b9.jpg 
人形屋。
IMG_8714aaa_201901202150526fb.jpg 
造り酒屋には杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がる。
IMG_8715aaa_201901202150543d8.jpg 
銘酒「山車」。
IMG_8716aaa_20190120215055d5c.jpg 
宮川にかかる赤い橋。
IMG_8717aaa_20190120215057788.jpg 
宮川。
IMG_8718aaa_20190120224350c58.jpg 
旧高山町役場。
IMG_8721aaa.jpg 
高山祭りの屋台がしまってある。
IMG_8723aaa_201901202243530a2.jpg 
Sさんが選んだお店でちょっとお茶する。
IMG_8725aaa_20190120224355d1d.jpg 
土蔵。
IMG_8728aaa.jpg 
もち花。
IMG_8729aaa_2019012022435777b.jpg 
ここで甘酒を飲む。あったかくて美味い。
IMG_8730aaa_20190120224359242.jpg 
飛騨ホテルに到着。
IMG_8733aaa.jpg 
予約してくれた部屋が立派。
IMG_8734aaa_201901202244028dd.jpg 
温泉に入ってから夕食へ。
IMG_8747aaa_20190120224418a29.jpg 
お品書き。
IMG_8737aaa_20190120224405bbf.jpg 
Sさんが飲み比べを頼んだので少しお相伴。
IMG_8739aaa_20190120224407401.jpg 
料理は美味しい。一杯食べてしまった。
IMG_8736aaa.jpg IMG_8740aaa.jpgIMG_8741aaa.jpgIMG_8742aaa.jpgIMG_8743aaa_20190120224413105.jpgIMG_8744aaa.jpgIMG_8745aaa_2019012022441551a.jpgIMG_8746.jpg
ミニチュアの屋台を見て部屋に帰る。
IMG_8749aaa_20190120225632d39.jpg 
Sさんはもう一度温泉に入ったが、私はバタンキュー。

MRIと3Y会

1月11日。
MRIを撮りにメディカルセンターに行く。
時間が早かったので歩いてたら京濱伏見神社があった。
IMG_8656aaa_20190119214416008.jpg 
 お稲荷さん。お参りする。
 IMG_8657aaa.jpgIMG_8658aaa.jpg
メディカルセンターに行って撮影。
MRIは何度か撮ったことがあるが、口の周りは初めて。最初の医師の診断を受ける。初めはそのまま撮影し、次に造影剤を入れて撮影。写真を貰って帰るので1時間以上かかる。
帰って、Sさんに報告して、一休みしてから3Y会に出かける。
YdさんとKgさんと何時ものお店に行く。
IMG_8660aaa.jpg 
口の周りのしこりとしびれの話をしたので随分、心配させてしまった。Kgさんからはスキーなどやめて大人しくなさいと言われる。
お爺さんの話題は、対韓国の話や、日本の行く末、純血主義、会社の状況、ゴーンと日産、中国、トランプなど多岐にわたる。私は韓国の政治と住んでる韓国人は同一しないと言うがあまり賛同されなかった。言いたいことが自由に言えるのは楽しい。
IMG_8661aaa.jpg IMG_8662aaa.jpgIMG_8663aaa.jpgIMG_8664aaa_20190119212251a17.jpg
次が予約されていたので2時間でお開き。
この会も良く続いてる。

88会新年会

1月10日。
88会新年会に参加。
Hrさんが韓国から一時帰国したのにあわせて、新年会。私が幹事で10名参加。
Hrさんから韓国事情をいろいろ聞く。こちらが考えてるのと市民事情はかなり異なる。東京よりはかなり寒そう。連絡方法についてHrさんから注意された。
Urさんは中学時代の事を克明に覚えている。
Knさんは日本人の危機について訴える。
この二人は実に良くしゃべる。
女性二人の話を聞きたかったが、お爺さんが圧倒した。
Kmさんは何時もより大人しいが、酒をガンガン飲むので心配になりお開きにしようとしたが、なかなか終われず、何とかお開きにこぎつけた。
次のHrさんの帰国に合わせてまた会を開く。花見あたりか。
いささか疲れた。
帰り道のアネモネ。
IMG_8654aaa_201901190915054be.jpg 
椿。
IMG_8655aaa.jpg 

唇のしこりと痺れ

1月9日。
リウマチ科に行く。治療法に変更はない。
口腔外科に行く。唇の晴れと痺れを診てもらう。ぬり薬を貰ったが、全く効果なく、唇の左上下に広がり口の周りにもしこりが広がってる。
先生はMRI検査と生検をしましょうと言う。生検は口の内側から行う。MRIは病院のMRIが修理中なので、外部のメディカルセンターを紹介された。いささか不安であるが、病状が確定するのを待つしかない。
帰り道の千両。
IMG_8633aaa_20190118105749f76.jpg 
オタフクナンテン。
IMG_8634aaa_201901181057518fb.jpg 
菊。
IMG_8635aaa_20190118105752dfd.jpg 
椿。
IMG_8638aaa_20190118105753c8f.jpg 
富士山が良く見えた。
IMG_8641aaa.jpg 
帰ったらSさんがどうだったと聞くので、MRI検査と生検をすることになったと答える。

冬の庭

1月8日。
冬の庭は花が少ない。
蝋梅はこの時期、香りも放ち楽しませてくれる。
IMG_8620aaa_20190118075048e3b.jpg 
珍しくキンレンカが長く咲いてる。
IMG_8617aaa.jpg 
ヒメツルソバは元気。
IMG_8628aaa.jpg 
コバノランタナは疲れてきた。
IMG_8619aaa.jpg 
アーカンサスは緑一杯。
IMG_8626aaa_20190118075051a4f.jpg 
万両はまだ鳥に啄まれてない。
IMG_8625aaa.jpg 
寒いのであまり長く庭にいられないが眺めるのは心が癒される。

歯医者

1月7日。
歯医者に行く。
行く途中のアメリカンデージー。
IMG_8612aaa.jpg 
セキチク。
IMG_8613aaa_2019011720192245f.jpg 
サクラソウ。
IMG_8614aaa_201901172019248b3.jpg 
歯医者の水槽。イソギンチャクとクマノミ。
IMG_8616aaa.jpg 
被せ物が取れて古いので欠けてしまったので、型を取って作り直す。
歯医者に通う回数が増えてしまった。
帰って、スクワットや鉄アレイで鍛えたが疲れてしまった。

お休み

1月6日。
昨日の初滑りの疲れで一日中休む。
ウェアや靴などを乾かす。
IMG_8609aaa_201901172010155a8.jpg 
筋肉痛はあまりないが、やたらと疲れた。鍛えないとスキーシーズンが乗り切れない。

初滑り

1月5日。
年末にお流れになった日帰り初滑りをIwさんにお願いして再チャレンジ。
私の家までIwさんに迎えに来てもらうが予定より30分も早いので少し待ってもらう。
Sさんに怪我しないようにと見送られて出発。
参加者は、Iwさん、Nkさん、Khさん、私の4人。
ノルン水上スキー場に9:00過ぎに到着。
車の中で着替え早々にゲレンデに向かう。初滑りなので5時間券を購入。
49528629_333442130832115_8067090059641225216_o.jpg 
一年ぶりのスキー場。少し緊張。
IMG_8576aaa.jpg 
まずは足慣らしということで、初心者用のペアリフトでEコース中間に上り滑り始めた。
Iwさんに後ろについてきてもらい滑る。おっかなびっくりだったが初心者コースはまあまあ。
天気も良いし、雪質も良い。
次はクワッドリフトでEコース最上部に上り、初級のCコースを滑走。
IMG_8580aaa_201901171926017c5.jpg 
そして再びEコース最上部に上り、中級のEコースを滑走。後傾気味だが何とか滑れる。
IMG_8582aaa.jpg49571732_333442044165457_6319903166129242112_o.jpga49772481_333442067498788_2871074685485842432_o.jpg
3本滑ったところで休憩。昼食とする。
IMG_8590aaa_20190117192605cd8.jpg 
Iwさんは休憩中に滑りに行く。
気温が上がって雪が緩み始めた。
Iwさんと合流してスキー場最上部に向かう。
IMG_8597bbb.jpg 
長いCコースを滑走していて、スタートハウスが見え始めた辺りで転倒。
一人で起き上がれず、Iwさんに助けられてやっと気上がる。
IMG_8601bbb.jpg
疲れが出てきて、再度転倒。またIwさんに助けられないと起き上がれない。
リウマチから腕の力が入らないので起き上がれない。
もう無理と思い、これで終了。
3人は更に滑りに行く。
Iwさんには面倒をおみてもらった。脚を鍛えてくださいと言われてしまった。
Khさんは今シーズン3回目なので安定してる。Nkさんはボーゲンまがいだが、体力があるので力が入ってるが転ばない。
皆が終わったので温泉に向かう。温泉は、「鈴森の湯」。
IMG_8607aaa_20190117192610c79.jpg 
汗を流し帰途に着いた。
途中、レストハウスで夕食。皆が同じものを頼んだ。
IMG_8608aaa_20190117192611e04.jpg 
Sさんに転んだが、何とか終わったと連絡したら、良かった良かったと言ってくれた。
転んだら自力で起き上がれないのが最大の問題。

スキーの準備

1月4日。
明日は初滑りなので、少しスクワットをしてるが、付け焼刃なので、脚の筋肉は細くなったまま。
明日は大丈夫かなあ。
スキーの準備をする。スキー靴を履いてみる。硬くてなかなか入らない。ようやく入った。
板はメンテナンスに出したので大丈夫だろう。下着はSさんが買ってくれた厚いヒートテックを着てみる。これは大丈夫そう。
Sさんは庭で欅の樹をばっさり。年取って来たから、いつまでも脚立に乗って高いところを切れないと言う。
IMG_8554aaa_20190116080524872.jpg 
煙の樹もばっさり。花が咲くかと心配。
IMG_8556aaa_2019011608052592b.jpg 
塵の日に出せるように切って束ねてる。ご苦労さん。
庭のオキザリスが一輪。
IMG_8557aaa.jpg 
キンレンカ。この時期に咲くのは珍しい。
IMG_8570aaa_20190116080528d0b.jpg 
菫が咲きだす。
IMG_8572aaa_201901160805302a0.jpg 
ちょっと買物。
IMG_8560aaa.jpg 
ボケ。
IMG_8562aaa_20190116080533370.jpg 
アロエ。
IMG_8563aaa.jpg 

お孫ちゃん

1月3日。
息子夫婦とお孫ちゃんが正月の挨拶に来る。
風邪が治りかかってると言うが、元気一杯。それでも何時もより大人しいと言う。
仏壇にお参りするときに息子がお孫ちゃんの頭を扉にぶつけてしまい、大泣き。心配したがすぐに泣き止む。
Sさんにまといつく。ばあばあはご機嫌。
私には自動車を見せに来る。あたりとご機嫌。
IMG_8501aaa_20190116074211b7f.jpg 
曲がりますからご注意くださいと言って大笑い。
食事はなかなか食べない。
私の手帳に何やら落書き。
IMG_8793aaa.jpg 
ようやく食事になる。
お海苔大好き。私にそっくり。
大騒ぎして食事をしたら眠くなったか大人しくなる。Sさんは抱っこするが重い重いと言う。
皆で記念撮影してお開き。ああ楽しかった。また会おうね。

日吉神社

1月2日。
昨日来た年賀状で、出してない方に追加の賀状を出しに行く。
ネットの賀状は、頂いた方に返信として出すようにした。
賀状を出しに行く途中のシクラメン。
IMG_8454aaa.jpg 
庭のキンレンカ。この時期よく咲いてくれた。
IMG_8455aaa_20190115215536501.jpg 
蝋梅。匂いが漂う。
IMG_8457aaa_2019011521553726c.jpg 
椿。Sさんがかなり枝払いしたので咲くかと心配した。
IMG_8461aaa.jpg 
万両。あまり美味しくないのか鳥に啄まれるのはかなり後。ピラカンサ、南天、千両は食べつくされた。
IMG_8462aaa_20190115215540a84.jpg 
Sさんと日吉神社にお参りに行く。お札は後生大事にとっていたが、Sさんに収めるように言われてたまったお札を神社に持っていく。
行く途中のカラー。
IMG_8463aaa_2019011521554211f.jpg 
何時もはここまで並んでいるが、今日は二日目なのと、時間が遅かったせいもあって閑散としてる。
IMG_8464aaa_20190115215543844.jpg 
お参りでこんなに人がいないのは珍しい。
IMG_8466aaa_2019011521554577f.jpg 
日吉神社にお参り。「創立年代は不詳であるが、往古より武蔵国橘樹郡矢上村総鎮守として、
岡村北方の俚俗「お伊勢原」と呼ぶ丘上に鎮まり坐し「神明社」と称した。旧社殿は天明五年(1758)の修造と伝える。」
IMG_8467aaa_20190115215546371.jpg 
矢上天神社にお参り。牛もなぞる。
IMG_8470aaa.jpg 
帰り道の菊。
IMG_8471aaa_2019011521554943f.jpg 
すがすがしい気分。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR