FC2ブログ

2018-08

Latest Entries

8月無事終了

8月31日。
やっと8月が終わる。昨年、一昨年と8月に1ヶ月も入院したので、今年は無事に通過したかった。
3年前にリウマチを患ってから、治療を続けているが、二回とも治療薬の副作用で免疫性が落ち、間質性肺炎になったり、血液にビールスが蔓延したりした。今年こそは無事に過ごしたく、水曜会も休団して時間的に余裕を持つようにした。そのせいもあって、体調を崩すこともなく乗り越えられたと思う。
二度の入院で腿の筋肉が落ち、体力も落ちてきたが、仲間に支えられて今年は8回、山に行くことが出来、少しずつ体力も回復してきてると思う。
庭のノウゼンカズラ。
IMG_2130aaa_20180905211351083.jpg 
Idさんの鍼とお灸の治療に行く。
行く途中の千日紅。
IMG_2133aaa_20180905211352e73.jpg 
ヒャクニチソウ。
IMG_2134aaa_201809052113538ae.jpg 
体を診てもらって、疲れていると言われた。体が少し歪んでるとも。
暑さが過ぎた時が体調の疲れが表面に出てくるとも。
疲れてると言うのは、何となく自覚するが、体調そのものは回復してきてると思ったので、少しがっかりする。
針灸とマッサージで、体が軽くなったような気がする。
終わって、お茶してたら雷が鳴ったようで帰りを促された。
帰り道で、どうにもお腹が空いて、中華料理店に入った。
IMG_2136aaa_20180905211355776.jpg 
体の調子が良くなってお腹が空いたんだろう。
でも一人で外食するのは久しぶりなので、侘しい感じ。Sさんと来ないとつまらない。
帰り道のキンレンカ。
IMG_2137aaa.jpg 
キョウチクトウ。
IMG_2138aaa_2018090521135896b.jpg 
帰宅して、少し休んだら、ぐうっと寝てしまった。
スポンサーサイト



不知火の瞬きごとに霊宿り

8月30日。
疲れが出たのか、いくらでも眠れる。
庭のコバノランタナ。東南アジアでは雑木で取り払われるそうだ。
IMG_2113aaa_20180905122748460.jpg 
コムラサキシキブの実。
IMG_2115aaa_201809051227508ec.jpg 
マダガスカルジャスミンの蕾。
IMG_2120aaa_201809051227513f5.jpg 
ムベ。Krさんによると不老長寿の果実とか。
IMG_2124aaa_20180905122753f5f.jpg 
Sさんのお気に入りの柚子。
IMG_2125aaa_20180905122754a89.jpg 
ヤブラン。
IMG_2126aaa_20180905122756ffe.jpg IMG_2129aaa_20180905122757062.jpg
大門句会勉強会その288の三四郎さんの句評を見る。

[兼題は夢路さん出題の「不知火」です。

ローカルな季語で見たこともない人が大半。こんなときはどうすればいいのでしょう。

見てきたようなうそをつくか取り合わせに懸けるか。」とある。

難しかった。

◇光

古に思いを馳せる不知火か

不知火の瞬きごとに霊宿り

⇒景行天皇の故事が不知火の語源だそうです。直接そのことと限らなくても火は古を思う気分になりますね。

不知火の瞬きはひとつひとつが霊の瞬きだ。対岸の島原半島は戦いの地でした。

遊介さん選。

不知火の瞬きごとに霊宿り

→ 不知火を見たことがありませんが、霊を想像させるような摩訶不思議な光景なのかと想像します。

:ネットで不知火を調べたが、you tubeでも光の瞬きくらいでピンとこない。夢路さんの熊本命の兼題。眺めたら古を思い浮かべると想像した。

次男の霊が宿ってると思いを馳せた。

私の選句。

◇野里子

不知火や進路定めず漕ぎ出でぬ

⇒不知火が出るのを楽しみに小舟で海上散歩ですね。または進路をはっきりしないまま世の中に漕ぎだした青春の思い出でしょうか。

:進路定めず漕ぎ出でぬと不知火の危い光を重ねたところが面白い。

◇遊介

不知火や握る子供の手の火照り

⇒子供と不知火見物ですか。まるで昼間の熱気がまだ子供の手に残っているような暖かさ。

:手の火照りとは実感がわく。

◇勝山

新涼やもう動かないニコンF

⇒往年の名機、ニコンF。多くのプロカメラマンが愛用した銀塩一眼レフです。涼しくなったので撮影に行こうと久しぶりに取り出してみたら動かない。でも電動部分がありませんから修理はたぶん可能ですよ。

:不知火をあえて避けました。ニコンFとは懐かしい。

◇蒼月

水俣の海不知火に照らされて

⇒チッソ水俣工場が水銀を含んだ工業排水を排出していたのも八代海でした。そう考えると不知火が水俣病で亡くなられた人々の灯明のようにも思えてくる。

:そうでした。水俣病の海でもあったんだ。

床屋

8月29日。
三日間楽しんだせいか疲れが出てきた。
庭のミニ薔薇。息子たちの贈り物。
IMG_2104aaa.jpg 
百日紅。
IMG_2106aaa_20180905090305c5f.jpg 
斑入りヤブラン。
IMG_2108aaa.jpg 
ノゼンカヅラ。
IMG_2100aaa_20180905090302d68.jpg 
Sさんに髪を見てもらったら、床屋行ってもいいわねと言われ出かける。
近所のマンデビラ。
IMG_2110aaa_20180905090308dcd.jpg 
ペチュニア。この家は夫婦で花の手入れをしていて何時も美しい花を咲かせている。
IMG_2111aaa_20180905090309d00.jpg 
久しぶりの床屋。7月の初めに演奏会の前に行ったのみ。
さっぱりした。ちょっとだけ買物をして帰る。
帰ってSさんに見せる。
まだ疲れが残っていて休んでしまう。

蓼科を楽しむ会、最終日

8月28日。蓼科を楽しむ会、最終日。
Ss邸で朝食。
IMG_2054aaa_20180904220437c5d.jpg 
ベランダでしばし会話。
IMG_2055aaa_20180904220438b16.jpg 
Ss邸の餌入れ筒に鳥が来てる。
IMG_2063aaa_2018090422044081f.jpg 
Onさんが詳しいので名前を聞く。
IMG_2066aaa_20180904220441c30.jpg 
ゴジュウカラ。シジュウカラも良く来るらしいのでシジュウカラかも。家に来るシジュウカラと違うのでやはりゴジュウカラかな。
IMG_2068aaa_20180904220443d11.jpg 
ヤマガラ。
IMG_2084aaa.jpg 
当初はIwさんが早く帰ると言うのでOn車に便乗するはずだったが、Iwさんが早く帰るのを止めたので、全員、Tr邸に向かう。Ss邸にお別れ。アトリエもさようなら。
IMG_2088aaa_20180904220446f37.jpg
シュメイギク。
IMG_2093aaa.jpg 
Tr邸に到着。奥さんに出迎えられる。
IMG_2094aaa_20180904220449231.jpg 
珈琲と果物で歓待される。
IMG_2098aaa_20180904220452910.jpg 
Onさんにイヤホーンについて詳しく聞いて大いに参考になる。
IMG_2095aaa.jpg 
しばし談笑してお開き。
また来年もお願いして別れる。小淵沢駅までHi車に送って貰う。
帰宅。暑い。別世界だったとSさんと話す。

蓼科を楽しむ会二日目

8月27日。
Hr邸で目覚める。ゴルフ組は早いので朝餉の準備をしてる。
朝は甲斐駒が良く見える。
IMG_1955aaa.jpg 
家にやって来た鳥の名札がある。
IMG_1960aaa_201809041710537f6.jpg 
トンボが多い。
IMG_1963aaa_20180904171054674.jpg 
Hr邸で早々と朝食して、ゴルフ組と散策組に分かれて出発。それぞれ5人づつ。
IMG_1965aaa.jpg 
散策組はHiさんのかっこいい車に5人乗る。後ろの座席が狭くてIwさんの大柄な体格にFrさんとSsさんは押しつぶされる。二人はずっとブツブツ言うがどうしようもない。
白駒池に到着。
IMG_1967aaa_201809041710577ef.jpg 
白駒の森を進む。「湖までの歩道の回りは樹齢数百年の時を刻んだコメツガ、トウヒ、シラビソの原生林。」
IMG_1969aaa_2018090417105977f.jpg 
まずは白駒の森の苔を楽しむ。
IMG_1974aaa_20180904171100ef7.jpg 
「ここは485種類の苔が生息する苔の森。」
IMG_1975aaa_20180904171101881.jpg 
苔を眺めて楽しむ人も多い。地元のSsさんがサッサか歩くのでゆっくり見れない。
IMG_1976aaa_2018090417110392a.jpg 
白駒池に向かう。
IMG_1977aaa_20180904171104645.jpg 
白駒池を一周する。水草が光ってる。
IMG_1979aaa.jpg 
標高2,115メートルの地点に位置する。周囲長1.35Kmで、標高2,000メートル以上の高地にある湖としては日本一である。
IMG_1983aaa_20180904171107e3f.jpg 
高見石への登り口。
IMG_1985aaa_20180904171109c2b.jpg 
人もあまりいなくて静か。
IMG_1987aaa_20180904171110a64.jpg 
ゆっくり見たかったがSsさんが意外にも速足で景色もろくに見ないでサッサか歩くので落ち着いて景色を鑑賞できない。
IMG_1989aaa_20180904171112443.jpg 
別世界に迷い込んだようだ。
IMG_1991aaa_201809041711131eb.jpg 
もののけの森。
IMG_1992aaajpg.jpg 
何か出てきそう。
IMG_1994aaa_20180904171116203.jpg 
信濃路自然歩道の入り口。
IMG_1995aaa_20180904171118a39.jpg 
キャンプ場。
IMG_1996aaa_20180904171119754.jpg 
苔の森よさようなら。
IMG_1999aaa_20180904174616611.jpg 
時間が早すぎるので蓼科御泉水自然園に行く。
蓼科山が見える。
IMG_2004aaa_20180904174617d21.jpg 
野鳥の水浴び場。
IMG_2008aaa_20180904174618911.jpg 
サルオガセ。
IMG_2013aaa_2018090417462077f.jpg 
御泉水。
IMG_2017aaa_20180904174621521.jpg 
こんなところにも魚がいる。Hiさん撮影。
P8270356.jpg 子供たちが水場ではしゃいでる。
IMG_2018aaa.jpg 
御泉水でゆっくり脇道を散策しようと思ったらSsさん達がさっさか先に進んで出口でタバコ吸ってる。がっくり。
リンドウ。
IMG_2024aaa_201809041746275b6.jpg 
蕎麦はいまいち。
IMG_2027aaa_201809041746294e6.jpg 
Ss邸に到着。アトリエを増築した立派な邸宅。
IMG_2031aaa_201809041746304a7.jpg 
ちょっと上がって一休み。
IMG_2032aaa_20180904174632790.jpg 
ゴルフ組がなかなか来ない。寄り道をした見たい。
Ss画伯の作成中の力作を鑑賞。
IMG_2035aaa_2018090417463505e.jpg 
以前の作品も飾ってある。
IMG_2039aaa_20180904174636722.jpg 
ここで毎日作成してる。頑張れ。
IMG_2041aaa_20180904175700c97.jpg 
ゴルフ組が帰って来て、宴会が始まる。まず初めにSs画伯の大作を鑑賞。
昨夜同様大いに盛り上がったが、アジアオリンピックの女子バトミントンダブルス決勝が気になって観戦したが負けでしまった。
皆は遅くまで宴会したが私はつかれて一階でお休み。もう寝るのと言われつつ。

蓼科を楽しむ会

8月26日。
蓼科を楽しむ会に行く。Sさんと三日間のお別れ。
茅野駅でOnさんの車に乗せてもらう。Iwさんも一緒。
Hr邸に到着。Hrさんはまだ来てないが、勝手知ったる邸らしくてKbさんが入り込む。
ベランダからの眺め。
IMG_1929aaa_201809041317405d8.jpg
ベランダは涼しい。
IMG_1930aaa_20180904131741079.jpg 
薪が随分積んである。
IMG_1935aaa_20180904131742330.jpg 南アルプスが見える。
IMG_1938aaa_20180904131744280.jpg 
甲斐駒?
IMG_1939aaa_20180904131745b02.jpg 
雲が綺麗。
IMG_1940aaa_201809041317479e3.jpg 
随分薪が積んである。Hrさんが近所でもらってきて切りそろえた。凄い。
IMG_1941aaa_201809041317482fb.jpg 10名の参加。幹事はHrさん、Kbさん。
全員そろったので買い出し料理組と温泉組に分かれる。前者は料理長Iwさん、Hrさん。温泉組はTrさん、Hrさん、Kbさん、Onさん、Ssさん、Frさん、Adさん、私。
温泉は小斉の湯。
IMG_1943aaa_20180904131750fce.jpg 
以前、山の帰りに入ったことがある露天風呂。延々と上がっていく。
IMG_1944aaa_20180904131751843.jpg 
あとから来たTrさんらは途中の風呂に入ってしまう。Hrさん、Adさんが探しに行ったが、既に湯船につかっていた。
1280mの高さにある。露天風呂は野性味溢れてる。
途中のチョウセンシオン。
IMG_1946aaa_20180904131753d19.jpg 
ここで一休みして堀邸に戻る。
バーベキュー。
DSCF4446aaa.jpg
私は調理に参加せず、ドテーンと座って飲み食いするのみ。
気の合った仲間なので話が大いに盛り上がる。口論もなく各自会話を楽しむ。皆が現役の時は一緒に苦労したので話の内容がすぐにわかり、大いに笑いあう。

Frさん、昔お公家と呼ばれた。

Iwさん、元ボート部。がタイがでかい。料理長。

Trさん、この中では最年長の先輩。

Hrさん、蓼科でお会いすると男ぶりが一段と冴える。

Ss画伯は光風会の会員。

Adさん、カメラは一流。一番若い。

Onさんには久しぶりにお会いした。

Hrさん、この会とか21世紀会、関東会の幹事。山でも一緒。

Knさん、少しお疲れ気味。21世紀会幹事。山でも一緒。

何と5時間以上宴会してしまった。

夜は、Trさんと一緒に一階で寝る。Hrさん、Kbさんは寝袋で床に寝ている。他は二階。
疲れてすぐに寝たが眠りが浅かったみたいでTrさんから寝言言っていたと言われてしまった。

Kmさんと仲間たち

8月25日。
庭の百日紅。
IMG_1889aaa.jpg 
タマスダレ。
IMG_1891aaa_20180901221939dca.jpg 
ヤブラン。
IMG_1892aaa_20180901221941ac2.jpg 
Kmさんの脚の具合が順調に回復してるので、山仲間、スキー仲間、コーラス仲間に声をかけて集まる会にSさんと出かける。
行く途中の百日草。
IMG_1893aaa_20180901221942035.jpg 
ペンタス。
IMG_1895aaa_2018090122194483a.jpg 
お店に到着。
IMG_1896aaa_20180901221945c7b.jpg 
主賓のKmさんが仕事で少し遅れる。
Kmさん人気は凄く、声をかけきれなかったが22名も集まる。
Kmさんが来たので乾杯。
Kmさんに手術後の回復状況を話してもらう。ジョギングをしても良いと言うくらい回復。そろそろハイキング位行けそう。
HtさんがドタキャンしたNkさんの代わりにゴルフ帰りでバックを引いて現れる。
最後に仕事を終えたMbさんが来て全員揃う。
スキー幹事のIwさんに会計を頼んでしまう。Kmさんの山への復帰を待ち焦がれてる。
Thさんに久しぶりに会えて喜ぶ。大人数なのであまり話が出来ず残念。
OgさんとKmさんは久しぶりに再会したので二人で喜んでいる。Nkさんに美女に囲まれて喜んでるとからかわれる。
Mzさん、Nkさんの漫才コンビは、今日はわざわざ席を離れている。山では何時も支えてもらってる。
Ksさんはスキーも山もコーラスも一緒したが最近は忙しくて飲み会で会うくらい。
Ibさんは昔ベレー帽をかぶってスキー。今もかっこいいが実にかっこよかった。
Nsさんはなかなか返事が来ないので今回連絡しなかったが聞きつけて来てくれた。スキーの仲間。
Jbさんはこの会の最年少。仕事にコーラスに忙しいが来てくれた。山とスキーの仲間。
Ttさん、Ssさん、TkさんはKmさんのコーラス仲間。会いたいと言ってきてくれた。
Kdさんはこのメンバにすっかりなじんで楽しんでいる。山とスキーの仲間。
Khさんは面倒見がよい。スナップ写真を何時も皆に配っている。山とスキーの仲間。
Szさんは水戸から来てくれた。スキー仲間。
Sさんはこの仲間がお気に入りで楽しんでいる。人柄の良い仲間たちに囲まれてSさんは喜んでいる。
IMG_1897aaa_201809012219470c1.jpg IMG_1900aaa_201809012219484a1.jpg
IMG_1905aaa_201809012219505f4.jpg
飲み放題二時間だったので、二時間45分でお開きとした。飲みすぎなくてすんで良かった。

矢上川のサギ

8月24日。
庭の斑入りヤブラン。
IMG_1844aaa_20180901071906207.jpg 
ノウゼンカヅラ。
IMG_1845aaa_201809010719078f6.jpg 
接骨医に急いでいく。午前の治療時間を過ぎてしまったが、先生がおられたので見てもらう。この前のテーピングで西沢渓谷では膝が痛まなかったと言ったら喜んでくれた。
帰り道の矢上川には鷺が一杯いた。コサギ。今までシラサギとしていたが、シラサギと言う鳥はいないそうなのでTbさんに指摘されてコサギらしい。
IMG_1848aaa_201809010719098fd.jpg 
この頃、アオサギが盛んに現れる。餌の小魚が多いんだろう。
IMG_1858aaa.jpg 
コサギが休んでる。
IMG_1860aaa_201809010719120b9.jpg 
カルガモも昼休み。
IMG_1863aaa.jpg 
三羽もコサギが休んでる。
IMG_1864aaa_2018090107191597a.jpg 
休んでるコサギ。
IMG_1865aaa_20180901071916c57.jpg IMG_1866aaa_20180901071918730.jpgIMG_1869aaa_20180901071919053.jpg
餌をあさってるのもいる。
IMG_1873aaa_20180901071921a92.jpg 
もう一羽いた。
IMG_1874aaa_20180901071922a00.jpg 
もう一羽いた。
IMG_1876aaa_20180901071924dfd.jpg 
アオサギがお休み。
IMG_1878aaa.jpg 
眼光鋭い。
IMG_1879aaa_2018090107192753e.jpg 
帰り道の朝顔。
IMG_1881aaa.jpg 
帰って一休みしてから苦吟。不知火という見たこともない季語なので想像の世界。

YH会

8月23日。
朝早く水盤に雀が来る。
IMG_1800aaa.jpg 
雀は何羽もやって来て一緒に入る。
IMG_1806aaa_20180901063008e63.jpg 
もう一羽やって来た。
IMG_1808aaa_201809010630092c4.jpg 
朝早いのでSさんが水盤の水を入れ替えていないので、水が少なくて可哀そう。
IMG_1811aaa_2018090106301126d.jpg 
水に浸かってる。
IMG_1813aaa_20180901063013cca.jpg 
届くかな。
IMG_1816aaa_201809010630143fb.jpg 
Sさんが水を入れ替えたらすぐに何時ものシジュウカラがやってくる。
IMG_1821aaa_20180901063016d1f.jpg 
シジュウカラはつがいでやって来ても一羽づつしか入らない。
IMG_1828aaa_20180901063017b06.jpg 
夜は恒例のYH会をうさぎやで行う。
IMG_1831aaa_20180901063019e8c.jpg 
幹事は幹事苦手の私。
珍しく4人。山梨から来てくれたTrさん、この店の主のSjさん、前回欠席だが今回来てくれたTuさん。
Hdさんは日にち間違えてドタキャン。Szさん、Aoさん、Tbさんは欠席。Szさんはノーレスポンス。
IMG_1832aaa_20180901063020f79.jpg IMG_1833aaa_20180901063022f51.jpg IMG_1834aaa_2018090106302324b.jpg IMG_1835aaa.jpg IMG_1836aaa_20180901063026389.jpg 
SjさんとTuさんは先輩後輩で仲が良いが、原子力と政治の話は衝突する。なるべく話がそちらに行かないように心がける。
Sjさんの奥さんは素晴らしいと褒めたら、この前私たち夫婦とSjさんご夫妻との会食の時にしゃべり過ぎと奥さんに怒られたと言う。そのせいか今日は程よい会話だった。
Trさんはお店の女性が山梨出身だったので喜んで一杯注いでもらってる。一番飲んだんじゃないかなあ。一番飲んで申し訳ないと盛んに言う。山梨から来てくれたんだから、いくら飲んでもいいですよ。
Tuさんはゴルフ三昧。NkさんやHtさんとも明日も?するみたい。
生海鞘が出てきて大喜び。大好きで海鞘があると、すぐに買っているが、そのれよりは格段に美味しい。
IMG_1837aaa_2018090106302723c.jpg 
手羽先の中に明太子が入ってたのも美味。
IMG_1838aaa.jpg 
最後は松茸ごはん。
IMG_1839aaa.jpg IMG_1840aaa_20180901063032ba7.jpg
食べ過ぎた。
何時も2時間で切り上げるのが、3時間以上やってしまった。

Okさん、Htさんと

8月22日。
庭の斑入りヤブラン。
IMG_1763aaa_20180830202433f9b.jpg 
白いの。
IMG_1766aaa_20180830202436131.jpg 
一斉に咲くヤブラン。
IMG_1764aaa_20180830202434f26.jpg 
ピンクのサルビア。
IMG_1768aaa.jpg 
夜はHtさんに頼んでOkさんとの懇親会をセットしてもらった。Okさんは働き過ぎで体調が心配。
Htさんが予約してくれたお店。
IMG_1770aaa_20180830202439361.jpg 
Okさんが遅れてくるとのことなので、始めてる。
IMG_1771aaa_20180830202440088.jpg IMG_1772aaa_20180830202442fd4.jpg IMG_1773aaa_20180830202443fc1.jpg IMG_1774aaa_20180830202445ace.jpg 
かなり遅れて主役のOkさんが現れる。くしくもHtさんの誕生日なので、Okさんはシャンパンを買ってきてくれた。それで遅れたみたい。持ち込み可能とOkさんが確認して買ってきてくれた。Htさんの誕生祝いをシャンパンで乾杯。Htさんは喜んでる。Okさんは優しいなあ。
IMG_1775aaa_20180830202446dbc.jpg 
お店は若い男性の従業員の対応が実に気持ちが良い。持ち込みなのにバスケを用意してくれた。
IMG_1780aaa_20180830202448891.jpg 
大いに話が弾む。
Okさんに体の事を考えて仕事するようにと頼む。働きすぎ。おせっかいだが、いろいろ話してしまった。Okさんも次第に元気出たみたい。良かった。
IMG_1781aaa_201808302024490c6.jpg IMG_1782aaa.jpg IMG_1784aaa_201808302024540da.jpg IMG_1785aaa_20180830202455878.jpg IMG_1786aaa_20180830202457037.jpg IMG_1787aaa.jpg IMG_1788aaa_2018083020250048b.jpg IMG_1789aaa_201808302025016f8.jpg 
最後はOkさんが持ち込んだHtさん誕生日祝いのケーキ。Htさんも喜んでくれて良かった。
IMG_1795aaa_201808302133007fc.jpg
3時間以上話し込んだが、大変楽しかった。Okさんに久しぶりに会えたのも、Htさんの誕生祝いをしたのも良かった。 

シジュウカラの水浴び

8月21日。
西沢渓谷の疲れがなかなか取れないし、猛暑なので家に籠る。
シジュウカラも暑いのか庭の水盤に水浴びに来る。
IMG_1737aaa_20180830080123da1.jpg 
我が家の水盤はお気に入りでSさんが水替えするとすぐにやってくる。
IMG_1740aaa.jpg 
水がはねてる。
IMG_1741aaa_20180830080125daf.jpg 
実に気持ちよさそう。
IMG_1742aaa_20180830080127b2d.jpg 
長く体を震わせる。
IMG_1743aaa.jpg 
金木犀の枝で一休み。「1羽のシジュウカラけが1年に食べる虫の量を蛾の幼虫に換算すると、12万5000匹にもなるというドイツの古い研究があります。」
IMG_1745aaa_20180830080130ed0.jpg 
「四十の雀と書いてシジュウカラ。たくさん群れるから、という説や、スズメ40羽分の価値があったことから名づけられたと言う説もある。」
IMG_1748aaa_20180830080131402.jpg 
また水浴び。
IMG_1756aaa_20180830080133408.jpg 
ご機嫌だね。「野生での寿命は1.7年ととても短いのですが、これは天敵などに襲われるリスクが高いためで、種そのものの寿命としては7~10年あるようです。」
この水盤で水浴びして長生きして。
IMG_1759aaa_201808300801342a8.jpg 
庭の紅い百日紅が咲きだす。
IMG_1722aaa_201808300801360e1.jpg 
庭の古い百日紅の実が落ちて育った。
IMG_1734aaa_20180830080138aef.jpg 
ルリマツリ。
IMG_1723aaa_201808300801397c2.jpg 
コムラサキシキブの実が色づく。
IMG_1727aaa_201808300801408ee.jpg 
アマクリナム。
IMG_1728aaa.jpg 
Sさんの好きなヤブランが一斉に咲く。
IMG_1730aaa_201808300801436f1.jpg 
白いヤブラン。
IMG_1733aaa_20180830080145126.jpg 
デュランタ。
IMG_1731aaa.jpg 
宿根サルビア。私は好きだがSさんはあまり好まない。
IMG_1735aaa_20180830080148722.jpg 
ぐうっと昼寝をしたら少し疲れが取れた。

硝煙の中に浮かびし花火船

8月20日。
歯医者の水槽の魚たち。クマノミ。
IMG_1668aaa_20180830002336fbb.jpg 

IMG_1669aaa_20180830002337dfe.jpg 

IMG_1670aaa_201808300023395ac.jpg 
歯医者に行って型を取った歯を入れる。インプラント完成。しばらく歯医者に通ってようやく終わる。
帰り道のヒャクニチソウ。
IMG_1673aaa_20180830002340382.jpg 
サンクエール。
IMG_1674aaa_201808300023410cd.jpg 
ニーレンベルギア オーガスタ。
IMG_1675aaa_20180830002343ecd.jpg 
庭のマダガスカルジャスミンがまた咲きだした。
IMG_1682aaa_20180830002344d87.jpg 
アマクリナム。
IMG_1684aaa.jpg 
ホトトギスが咲きだした。
IMG_1685aaa.jpg 
水盤にシジュウカラが来る。
IMG_1687aaa_201808300023497e7.jpg 
気持ちよさそう。
IMG_1690aaa_20180830002350180.jpg 
ご満足な様子。
IMG_1691aaa_20180830002352ddd.jpg 
俳句の短冊を作成して大門句会に出かける。
IMG_1664aaa_20180830002402f93.jpg 
何時もの地魚屋に集合。10名参加。1名欠席投句。
三四郎さんの兼題。主宰は三四郎さん。

「残暑」 立秋をすぎてからの暑さ、今年は厳しそう。

「花火」 打ち揚げ花火から線香花火までいろいろあります

「朝顔」 秋の季語です。

「接待」 文科省の接待ではなくお寺参りをする人に飲食を無料でふるまうこと

「紙」  非季語。この文字をどこかに入れて。

硝煙の中に浮かびし花火船  光

三四郎さん特選、勝山さん選。

→花火の打ち上げが終わったら硝煙の中に花火船が浮かんできた。ドラマチック。視点が良い。

:大曲の花火大会に行った時の情景。

珈琲を振舞う山のご接待  光

遊介さん、夢路さん、糸さん選。

→山寺で珈琲を出してくれた。

:実は接待の季語を十分理解してなくて、お寺参りの人に飲料を無料で振舞う事だった。私が詠んだのは山の頂上で湯を沸かして珈琲を配ってくれること。これが実に美味い。

お開きをなかなか出来ぬ残暑かな  光

さらさん選。

→お開きがなかなか終わらない感じが出ている。

:残暑が何時までも終わらないと言う意味も含めて詠んだ。

朝顔に見入る佳人のうなじかな  光

:愛妻俳句だと皆にからかわれた。

プリンタの紙が詰まりし夜長かな  光

:プリンタの紙が詰まってしまうと取るのに相当時間がかかる。夜長とひっかけたつもり。

特選句

秋暑し干したつなぎの油染み  はな

三四郎さん特選、さらさん、夢持さん、勝山さん選。

→秋暑しと油染みがマッチしてる。昔よく見られた情景。

人気句

片言の英語交わしてお摂待  遊介

三四郎さん、糸さん、はなさん、さらさん、光選。

→2020年のオリンピックにより、お寺さんも英語を勉強。

朝顔やト音記号のごときつる  糸

三四郎さん、さらさん、勝山さん、はなさん選。

→つるがト音記号とは良く詠んだ。

脱ぐシャツの顔をこすりて残暑かな  勝山

夢路さん、はなさん、遊介さん、光選。

→シャツを脱ぐときに汗ばんでいて顔がこすれる。私は脱ぐシャツで顔をふいたと思った。私はよくやるので。

新涼の紙縒りで綴じる子の日記  三四郎

糸さん、蒼月さん、あかねさん、光選。

→人昔前の光景。こんな親の子は幸せ。

夢路さん、あかねさん、さらさんが側にいた。夢路さんと話が弾んだ。

さらさん、遊介さんから体は大丈夫と聞かれたのでまあまあですと答える。昨日西沢渓谷に行ったと言ったら安心された。

IMG_1693aaa.jpg IMG_1695aaa_201808300023573c1.jpgIMG_1697aaa_2018083000235856c.jpgIMG_1698aaa_2018083000235992f.jpgIMG_1699aaa_20180830002401e7e.jpg

大門句会はいつも飲み食いするので気楽で楽しい。

主宰をして下さった小雪さんが亡くなられたのが寂しい。

帰ったら、Sさんが月下美人が咲いてると言う。出がけに頼んでおいたがすっかり忘れていた。

懐中電灯で照らしてもらって撮影。

IMG_1703aaa_20180830002404583.jpg 

今年は猛暑のせいか二回目。開いた花は、重なり合った薄い花びらの根元に長く突き出た雌しべがあり、その周りを取り囲むようにして絹糸状の雄しべがびっしり付くのが特徴。

IMG_1708aaa.jpg 

一晩しか咲かない。

IMG_1710aaa_20180830012324d0e.jpg 

「あでやかな美人」という花言葉。

IMG_1717aaa_2018083001232564f.jpg 

「美人薄命」の語源にもなった。

IMG_1720aaa_20180830012327b15.jpg 

実に美しくてはかなさを感じたひと時であった。

西沢渓谷

8月19日。
朝、Sさんに早起きしてもらい朝食をとってから6時に家を出る。
西沢渓谷に行く。Iwさんとmzさんの車にNkさん、Khさんのいつもメンバ。駅で待ち合わせ。珍しくKhさんが少し遅れる。
車の流れがスムーズなので広瀬湖に立ち寄る。正面は木賊山(とくさやま)。変わった名前。
IMG_1453aaa_20180825131620e9f.jpg 
ロックフィルダム。
IMG_1454aaa_20180825131621db4.jpg 
西沢渓谷の駐車場に向かう。凄く車がいるなあと思ったら笛吹川源流祭だった。Mzさんはここで団扇を貰う。
IMG_1461aaa_201808251316238ee.jpg 
西沢渓谷入り口に向かう。
IMG_1463aaa_2018082513285686e.jpg 
まだ紫陽花が咲いていた。
IMG_1469aaa.jpg 
ナレイの滝、通過。
IMG_1472aaa_20180825131626d77.jpg 
早くも涼しくて気持ちが良い。山の神に無事祈願。
IMG_1476aaa_20180825131628acc.jpg 
これからと言うところで記念撮影。まだまだ元気。
甲武信ケ岳登山道入り口を通過。Khさんがここから日帰りできるかと聞くのでIwさんが無理と答える。
IMG_1479aaa_20180825131629101.jpg 
ヌク沢を通過。
IMG_1483aaa_201808251316301fd.jpg 
西沢渓谷の地図。
IMG_1486aaa_201808251316323b9.jpg 
田部重治文学碑を通過。女性ハイカーがスマホで写真撮ってる。
IMG_1487aaa_2018082513163321b.jpg 
二股吊橋。写真撮ってたら失礼と女性ハイカーに抜かれる。
IMG_1490aaa_20180825131635695.jpg 
大久保の滝。
IMG_1498aaa.jpg 
登りになる。階段も急。
IMG_1501aaa_201808251316383e2.jpg 
三重の滝。Nkさんが母校の滝と言う。
IMG_1506aaa_20180825131639d89.jpg 
ハイカーが見物でたまっているが、涼しくてさわやか。
IMG_1515aaa_20180825131641275.jpg 
渓流沿いを歩く。
IMG_1519aaa.jpg 
フグ岩。
IMG_1522aaa_20180825131644dea.jpg 
ウナギ床。
IMG_1524aaa_20180825131645823.jpg 
ソバナ。
IMG_1529aaa_201808251316482af.jpg 
人面洞を通過。
IMG_1532aaa_20180825140323a82.jpg 
疲れが出てきたところでIwさんが休憩してくれた。一息付けた。
IMG_1536aaa_20180825140324a60.jpg 
温度はNkさんの温度計で17℃。小寒いくらい。
竜神の滝。
IMG_1544aaa.jpg 
恋糸の滝。
IMG_1547aaa_20180825140327534.jpg 
山道で意外にきつい。登りでもMzさんとNkさんの掛け合いが漫才続く。体力あるなあと感心。
IMG_1548aaa_201808251403293ea.jpg 
貞泉の滝。
IMG_1551aaa_201808251403305f2.jpg 
滝の音が響く。
IMG_1558aaa.jpg 
母体淵を通過。
IMG_1565aaa_20180825140333ea1.jpg 
気持ち良いことこの上なし。
IMG_1566aaa_201808251403359a3.jpg 
予定では七ツ釜五段の滝まで行くようだったが、ここから先の登りは結構らしく、私が疲れてきてお腹が空いたのを見越してIwリーダーが途中で昼食。Khさんの甘酒、Iwさんのアイスコーヒーが美味い。食欲も何時もよりあった。気温は16.8℃。
IMG_1570aaa.jpg 
カエル石。
IMG_1581aaa_201808251403385cf.jpg 
万杖橋。
IMG_1587aaa_20180825140339d72.jpg 
七ツ釜五段の滝に到着。
IMG_1593aaa_201808251403411fd.jpg 
この滝がメイン。
IMG_1594aaa_201808251403425d2.jpg 
瀧見橋を通過。
IMG_1600aaa_20180825140344b78.jpg 
滝は随所に流れる。
IMG_1603aaa_20180825140345806.jpg 
ここから黒金山登山道入り口に向かう。最後の登り。
Mzさんに無理せず一休みしたらと言われ、休む。助かった。
IMG_1605aaa.jpg 
広場に到着しここで一休み。
IMG_1607aaa_201808251403482dc.jpg 
旧トロッコ道を降りる。こういう道は調子が出る。
IMG_1613aaa_20180825140350bd0.jpg 
43号橋。
IMG_1614aaa_20180825140351a51.jpg 
旧トロッコ道を降りる。
IMG_1621aaa_20180825142900481.jpg 
いころころ橋。
IMG_1624aaa.jpg 
展望台から見える山々。鶏冠山。
IMG_1630aaa_20180825142902253.jpg 
大久保沢。
IMG_1635aaa_201808251429042df.jpg 
旧トロッコ。
IMG_1640aaa_20180825142905d42.jpg 
トロッコは木材輸送に活躍。昭和43年まで活躍。
IMG_1641aaa_2018082514290767c.jpg 
8号橋。
IMG_1643aaa.jpg 
7号橋。
IMG_1644aaa_20180825142910ae4.jpg 
5号橋。出発点が近づいてきた。
IMG_1646aaa_20180825142911aa4.jpg 
山の神。無事を感謝。
IMG_1648aaa_20180825142913dd9.jpg 
わさび沢。
IMG_1655aaa_20180825142914ff1.jpg 
出発点に戻る。
IMG_1661aaa_20180825142916b28.jpg 
休み、食事を入れて5時間。私にとってまずまずのペース。
あとは、車で天空の湯に向かい、温泉でのんびり。
帰りは大渋滞でIwさんに下道や山道を通ってもらって、無事到着。ああ良かったなあ。
Sさんに今までで一番調子良かったと報告。今年八回目の山。

シラサギ、アオサギ

8月18日。
庭のアマクリナム。よく虫につかれるが今年は無事。
IMG_1415aaa.jpg 
明日は西沢渓谷に行くので接骨医に行ってテーピングと鍼をしてもらう。前回御岳山の時に左足首を痛めたのでその予防。
帰りにスーパーで明日の西沢渓谷用の昼食を購入。
帰りの矢上川に鯉の稚魚が群れている。
IMG_1422aaa_20180822132138bef.jpg 
シラサギが狙っている。
IMG_1423aaa_2018082213214018f.jpg 
「白鷺とは、ペリカン目サギ科のうち、ほぼ全身が白いサギ類の総称であり、シラサギという名前のサギがいるわけではない。」そうだ。
もう一羽いた。
IMG_1427aaa.jpg 
「ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギの4種類がいる。 」そうだ。
IMG_1431aaa_201808221321434b7.jpg 
あまり長くねらっていたら逃げられた。
IMG_1432aaa_201808221321442bc.jpg 
アオサギがいた。日本で繁殖するサギの仲間としては最大。
IMG_1434aaa_20180822132146d73.jpg 
こちらも飛びだたれてしまった。
IMG_1436aaa_20180822132147a85.jpg 
カルガモは決して逃げない。
IMG_1438aaa.jpg 
飛び去った先にアオサギがいた。
IMG_1442aaa_20180822132150560.jpg 
帰って、明日の山の準備をする。
こういう時はわくわくしてしまう。
Sさんに言われて蝉が網戸に止まってるのをパチリ。短い夏だったね。
IMG_1444aaa_2018082213215208a.jpg 

楽しいな

8月17日。
部屋の珈琲の木。生の種よりSさんが育てた。
IMG_1400aaa_2018082207374200d.jpg 
庭のワレモコウ。望月牧場への道を思い出す。
IMG_1402aaa_20180822073743e48.jpg 
Sさんが近所でもらってきた水草。
IMG_1406aaa_201808220737442ea.jpg 
夕方にNzさんがセットしてくれたよく使ってるお店に行く。
IMG_1407aaa.jpg 
Nzさんは休日で早めに現れる。久しぶりにあって嬉しい。彼と話しているといつもほんわかして楽しい。若者なのによく付き合ってくれて感謝。
Kmさんが仕事が長引いて1時間以上遅れるのでビールで乾杯。
IMG_1408aaa_201808220737470df.jpg 
Kmさんが来るまでは軽いものを頼む。
IMG_1409aaa_2018082207374922c.jpg IMG_1410aaa_20180822073750274.jpgIMG_1411aaa_20180822073752226.jpg
忙しいがコーラスはまじめに参加してるとか。私の休団のいきさつを話す。リウマチになってからきつくなってきた。
彼の職場は、なかなか大変なようで苦労話の一端を聞く。
1時間以上遅れてKmさんがやってくる。忙しくて仕事が伸びてしまったとか。
Kmはビールを飲まないのでソフトドリンクで乾杯。
お肉を頼む。
IMG_1413aaa_2018082207375521c.jpg IMG_1412aaa_20180822073753756.jpg
Kmさんの膝は順調に回復してるようで水もたまらなくなったとか。まだ時々腫れるようだが、主治医が最初は厳しかったが優しくなってきたとか。次の定期診察の時にハイキングに行って良いか聞いてみると言う。軽いジョギングをしても良いと言われてるから、多分、許可されるだろう。IwさんらがKmさんの復帰を待ちかねている。鎌倉アルプスをリハビリでしてみたい。
山は北岳と槍ヶ岳を登りたいそうだ。今年行くつもりだったが、残念がってる。
Nzさんの服装はまあ様になっているとKmさんが言う。以前、Sさんが服装チェックをした。写真を撮ろうと思ったが、話が弾んでるうちに忘れてしまった。
KmさんとNzさんのやりとりを聞いてると兄弟みたいで面白い。
Kmさんとご主人は体を鍛えてるようだ。もともと運動大好きなKmさんが大人しくしてるのは厳しいだろうな。
二人の若者と談笑してるとつい時間がたつのを忘れてしまう。4時間も話し込んでしまった。
帰ってSさんに話したら楽しそうで良かったねと言ってくれた。

鳥たち魚たち

8月16日。
10回目の朝の散歩に出かける。
庭のノウゼンカヅラ。
IMG_1271aaa_20180821163630670.jpg 
Sさんが毎朝掃除する。
IMG_1272aaa_20180821163631f9f.jpg 
早朝の矢上川。
IMG_1274aaa.jpg 
シラサギもまだお休み。
IMG_1279aaa_20180821163634596.jpg 
ハクセキレイ。動きが早い。
IMG_1283aaa_201808211636365b7.jpg 
カルガモの群れ。
IMG_1287aaa_20180821163637061.jpg 
江川に入る。
カルガモの親子。
IMG_1291aaa_20180821163639b77.jpg 
雛は餌をあさったりしている。親はその周りで守っている。
IMG_1295aaa_201808211636402ce.jpg 
アメリカディエゴ。
IMG_1297aaa_20180821163642a70.jpg 
ラベンダー。
IMG_1310aaa_20180821163643d0d.jpg 
モミジアオイ。
IMG_1314aaa_20180821163645bd6.jpg 
花の名前?
IMG_1315aaa_20180821163646c95.jpg 
カンナ。
IMG_1318aaa_20180821163648847.jpg 
江川せせらぎの遊歩道。
IMG_1337aaa_20180821163649197.jpg 
鯉がいた。鯉の稚魚は散見されたが、これは少し大きい。
IMG_1340aaa_20180821163651d00.jpg 
金魚?緋鯉の稚魚?
IMG_1342aaa_201808211636523d8.jpg 
鯉の稚魚が群れてる。江川の掃除を水を無くしてしなくなって良かった。
IMG_1348aaa_20180821163654e25.jpg 
江川の起点には鯉の稚魚が群れていた。
IMG_1356aaa_2018082116365693d.jpg 
江川せせらぎ遊歩道の起点。
IMG_1358aaa.jpg
IMG_1359aaa_20180821163658181.jpg 
起点より引き返す。
百日紅の花びらが川にたまっていた。綺麗。
IMG_1366aaa_201808211707389c4.jpg 
行くときに泳いでいたカルガモの親子はお休み。
IMG_1368aaa_20180821170739f59.jpg 
雛はお母さんの下に潜り込む。
IMG_1369aaa.jpg 
川の掃除をしていた。水が流れたまま汚れを取っている。効率は悪いが魚にとって水を無くして掃除するよりかはよっぽどよい。改善したみたい。
矢上川に戻る。鯉の稚魚が群れて泳いでる。
IMG_1373aaa_20180821170742c1c.jpg 
IMG_1375aaa_20180821170743c4d.jpg 
アオサギが狙ってる。
IMG_1377aaa_20180821170745848.jpg 
アオサギは下流にいてなかなかここまで来ないが、餌場には来るんだ。
IMG_1383aaa_20180821170746004.jpg 
黒い鳥が潜って稚魚を漁っている。
IMG_1386aaa.jpg 
カワウだ。ここまでさかのぼってきた。
IMG_1391aaa.jpg 
朝の出がけの時に休んでいたシラサギが餌をあさっている。
IMG_1395aaa_2018082117075163d.jpg 
帰ってシャワーを浴びて朝食をとってから一休み。
夕方来客。Sさんと対応。なかなか面白い話が聞けた。
夕方、送り火をする。また来年とお別れ。

棚奥に楽譜仕舞いて秋めけり

8月15日。
昭和20年敗戦の日。
当時三歳だった私は戦争中の記憶が3回ばかり残っている。
防空壕の中で防空頭巾をかぶって暗い中じっとしていたこと。ランプの灯を覚えてる。
多治見の裏山で名古屋の空襲で赤く燃えているのを見た。米軍の飛行機を落としたようだったので近所の人たちと万歳をした。後で聞いたら日本の飛行機だったと聞いてがっかりした。
日の丸の飛行機が家の上を三機飛んで行ったので隣のMnちゃんと万歳をした。
終戦後、近所の子が機関銃のおもちゃを持っていたので、それはもうだめだよと言った。
終戦後の記憶はかなり残っている。
庭のアマクリナムが咲きだした。
IMG_1253aaa_20180821121019ac2.jpg 
ルリマツリ。
IMG_1255aaa.jpg 
タマスダレ。
IMG_1257aaa_20180821121022ad8.jpg 
ヤブラン。
IMG_1259aaa_2018082112102477e.jpg 
IMG_1260aaa_20180821121025a13.jpg 
百日紅。
IMG_1261aaa_20180821121026e96.jpg 
コムラサキシキブが色づく。
IMG_1264aaa_20180821121028819.jpg 
矮性の薔薇。
IMG_1266aaa.jpg 
大門句会勉強会その287の三四郎さんの句評を見る。
兼題はあかねさん出題の「秋めく」。

◇光

秋めきし雀の声も賑わしく

棚奥に楽譜仕舞いて秋めけり

⇒雀そのものに季節性はないのでしょうが稲穂の連想から秋のイメージがありますね。さかんに鳴く雀の声に秋を感じた。

楽譜をしまうということは参加していた音楽サークルをやめるということでしょうか。一抹の淋しさ。

蒼月さん選。

棚奥に楽譜仕舞いて秋めけり
秋に読書はすぐ結びついて平凡だが、秋に楽譜はしゃれている。秋が近づいていよいよコーラスの季節と思いきや楽譜を仕舞ってしまう。えー、なんで?想像を裏切る句である。

野里子さん選。

棚奥に楽譜仕舞いて秋めけり
→棚の奥ということに寂しさを感じます。再開を祈るばかりです。
勝山さん選。

棚奥に楽譜仕舞いて秋めけり

大事な楽譜を仕舞う。しかも棚の奥に。なにか決心を感じます。

はなさん選。

棚奥に楽譜仕舞いて秋めけり

 仕舞ってしまうとは・・・・・、決心をしてしまったのでしょうかと余韻があり、季語に合っている。

:早朝の雀の鳴き声が騒がしくなると秋だなあと思う。

水曜会を休団にしたので楽譜を棚の奥にしまった。一抹の寂しさを感じた。

私の選句。

◇野里子

秋めくや絆創膏の剥がしあと

⇒この傷はちょっとした夏の名残りでしょうか。傷は治ったが剥がしあとは残っている。

:絆創膏の剥がしあとと秋めくがよくあっている。

◇馬空

辞書捲る指はなめらか秋めいて

⇒汗ばむ酷暑はすぎ空気が乾いていて秋の気配。指の肌もすべすべしている。

:そういえばそうだ。よく気が付いてる。

◇蒼月

レコードに針置く夜や秋めけり

⇒最近はまたアナログレコードが流行っているようですね。曲はなんでしょうか。モーツァルトあたりの静かな曲がふさわしいかも。

:レコード針を久しく見かけないがレトロな句。

◇勝山

アパートの壁の白さの秋めきぬ

⇒白い壁を照らす日光に秋を感じたということでしょうか。それとも白さそのものを秋の色と感じた。どちらもありですね。

:アパートの壁を持ってきたところが面白い。

◇はな

新作の団子頬張り秋めきぬ

⇒団子なども季節感がありますね。芋あん団子か三色団子か、ちょっと早いが月見団子。食欲の秋でもあります。

:新作の団子とは面白い発想。団子にも新作があるんだ。

◇さら

秋めくや雲の形の変わりをり

⇒いくら残暑が厳しくとも自然は不思議なほど暦通りに変化していきますね。雲もそのひとつ。夏雲とは明らかに違います。

:確かに雲の形で秋を感じる。

◇三四郎

秋めくや利尻昆布のだし澄んで

:利尻昆布と秋めくとあってる。

楽しい集まり

8月14日。
水曜会の仲間たちとMrさんと楽しい会食。
Tdさん幹事。6人集まる。会いたいなあと思っていた方ばかりで嬉しい限り。
駅で待ち合わせ。一番乗りかな。Mrさん、Gtさん、Ttさん、Ikさんと次々と現れ、最後にTdさん。友人に偶然出会って遅れたとか。
Tdさんが使ってるお店。以前来たことがある。
IMG_1252aaa_20180821112208eb1.jpg 
皆、コーラスに関係してるのでその話が多い。水曜会休団で寂しいでしょうと言われたので、時間と気持ちに余裕が出来て毎日が楽しいと答える。Sさんと何時も一緒にいるのも嬉しい。山も回数が増えてるし、飲み会も誘われたら行くようになった。
Tdさんとは、7月7日の演奏会以来でそんなに久しいわけではないが会いたかった。私の集まりの時にいつも会計をお願いしていた。水戸の花見にご一緒した思い出がある。
Mrさんはスキー仲間。HGのテナーのパートリーダー。Mnさんが一緒なのでMnさんに誘われてスキーに参加。そこで一緒になり、凄くうまがあって楽しい。私の周りでは珍しいキャラ。
Ikさんとはこの頃、山に誘っても忙しくてなかなか来てくれない。久しぶりにあったような気がする。この前に瑞牆山で激しく転んで周りから怪我したと思われたが、起きたらどこも怪我してなかったと言う。反射神経がなかなかのもの。
Ttさんから慶応高校が2回戦で負けたと言われ、つい話し込んでしまった。10年間の甲子園に行った話など。水曜会のでんごんばん創設者で私が三代目だった。山も何度かご一緒した。
Gtさんとはそれこそ久しぶり。水曜会に入った時に新人係で面倒を見てもらった。私より年下と思って話していたら、ある時年上と分かりびっくり。何時も若々しい。
話が弾んで4時間もおしゃべり。最初は大人しく聞き役で良かったが、途中から少ししゃべりすぎた。
料理もお酒も美味しかった。
IMG_1230aaa.jpg IMG_1231aaa.jpgIMG_1232aaa.jpgIMG_1233aaa_20180821112214f1a.jpgIMG_1234aaa_20180821112215c9f.jpgIMG_1235aaa_201808211122173a7.jpgIMG_1236aaa_20180821112218bd7.jpgIMG_1241aaa_20180821112220cad.jpgIMG_1242aaa_20180821112221ae4.jpg
楽しいなあ。
酔ってしまってふらつくのには参った。
帰ったらSさんからご機嫌ねえと言われた。

興禅寺

8月13日。
早朝散歩9回目。Sさんは庭の手入れを朝早くからしてる。
井田病院を過ぎて蟹ケ谷槍ケ埼公園で一休み。ここでスマホに興禅寺を入れて道案内してもらう。
IMG_1145aaa_20180816225954a5e.jpg 
ケイトウと紫陽花。
IMG_1147aaa_20180816225955c13.jpg 
アメリカ芙蓉。
IMG_1149aaa_20180816225956437.jpg 
スマホのナビのおかげで興禅寺に到着。
IMG_1151aaa_20180816225958c82.jpg 
ひょうたん徳利片手に楽しそうな福禄寿神。IMG_1152aaa_20180816230000a13.jpg 
山門が近づく。
IMG_1153aaa_2018081623000199d.jpg 
六地蔵尊。
IMG_1154aaa_20180816230002cc9.jpg 
十二支護守観音像。
IMG_1156aaa_20180816230004f87.jpg 
私の干支の午 勢至菩薩。
IMG_1157aaa_201808162300054bd.jpg 
山門の中に入る。
IMG_1155aaa_20180816230008143.jpg 
阿形(あぎょう)像。
IMG_1158aaa.jpg 
吽形(うんぎょう)像。
IMG_1177aaa.jpg 
「天台宗寺院の興禅寺は、圓瀧山光明院と号します。興禅寺は、天台座主慈覚大師円仁和尚が東国下降した仁寿3年(853)、当地に自刻の勝軍地蔵尊を当地に安置して開山したといいます。」
IMG_1161aaa_2018081623001139a.jpg 
お参り。
IMG_1163aaa_20180816230013825.jpg 
薬王殿。
IMG_1164aaa.jpg 

IMG_1165aaa_20180816230016774.jpg 
伝教大師ゆかりの建物でお参り。
IMG_1167aaa_20180816230017b9b.jpg 
鐘楼堂。
IMG_1171aaa_20180816230019bb3.jpg 
銀杏。
IMG_1173aaa_2018081623002131f.jpg 
歴史のありそうな石灯篭。
IMG_1176aaa_201808162300229b8.jpg 
「新編武蔵風土記稿」に、六面に地蔵尊の刻があり考古学者は石の幢の一部で石幢(せきどう)であると、鎌倉時代文保二年直常公寄進。
IMG_1179aaa_201808162342395a2.jpg 

木造造りの福禄寿神。

IMG_1180aaa_2018081623424036a.jpg 

松尾芭蕉の句碑

 「清瀧や 波に墨なき 夏の月」

IMG_1183aaa_20180816234241d50.jpg 
興禅寺は終わり、近くが松の川緑道の終点が近いと思ってスマホで探す。少し迷ったが松の川緑道の終点に到着。
IMG_1187aaa_201808162342435b3.jpg 
ボケの実。
IMG_1188aaa_2018081623424451f.jpg 
クサギの花。
IMG_1192aaa_201808162342462fd.jpg 
松の川緑道の地図。
IMG_1199aaa_20180816234249566.jpg 
ヤブミョウガの実。
IMG_1201aaa_20180816234250623.jpg 
小さな池に川エビがいてほっとする。以前、小川が流れていた時は一杯いた。
IMG_1206aaa_2018081623425242e.jpg
慶応のグランドでは野球場は練習が始まるところ。ホッケー場は女子選手が練習していた。
スズメのテッポウ。
IMG_1211aaa_201808162342539c0.jpg 
芙蓉。
IMG_1215aaa.jpg 
かなり歩いたので疲れる。シャワーを浴びて朝食してからバタンキュー。
暗くなってからSさんとお盆の迎え火をする。

負けちゃった

8月12日。
庭のワレモコウ。
IMG_1124aaa_201808152137160db.jpg
ヤブランは最盛期。
IMG_1125aaa_20180815213717751.jpg IMG_1126aaa_20180815213719918.jpg
百日紅。
IMG_1127aaa.jpg 
宿根サルビア。
IMG_1128aaa_201808152137229c4.jpg 
庭にやたらとセミの抜け殻が多い。
IMG_1129aaa_20180815213723776.jpg 
IMG_1130aaa_20180815213725698.jpg IMG_1131aaa_201808152137266c1.jpg
甲子園の二回戦の慶応高校対高知商業をTVで観戦。
高知の強力打線を何点で抑えられるか、何点取れるか。無論勝つつもりでTVの前で応援。
一回表で高知に一点先制される。
一回裏、慶応、宮尾ヒット、大川死球、下山ヒットでノーアウト満塁。
広瀬ヒットで同点。しかし大川は本塁で憤死。
根岸ヒットで逆転。2-1。
奥村ヒットするも広瀬本塁で憤死。2点取りそこなう。これが痛かった。
まだ慶応の雰囲気。
2回表高知の猛攻が始まる。
パスボールに寄る振り逃げを許してしまったのは後々痛い。ツーアウトになったはず。
この回、エラーもあり一気に7点奪われる。高知の恐ろしさをまのあたりに見る。2-8。
4回表、高知に更に2点追加され、生井投手交代。渡部投手。投手交代が遅かった。
更に2点追加され」、2-12。
見てるのが嫌になった。
5回裏、慶応の攻撃。大川ヒットの後、下山のホームランで2点返す。4-12。良くやった。慶応応援団が息を吹き返す。
9回裏、慶応最後の反撃。奥村2塁打、代打田辺のヒットで1点返す。
代打杉岡ヒット。宮尾犠牲フライで1点追加。6-12。
反撃もここまで。ゲームセット。
しかし最後まで良く食らいついた。
渡部投手が高知を良く抑え、ヒットの数では慶応が14安打で、高知の12安打を上回った。惜しい試合を失った。だが、最後まで食らいついたので良くやったと気持ちが少しすっきりした。
応援に力が入って疲れてしまった。
Sさんが残念だったわねと言ってくれた。

暑気払い

8月11日。
庭のタマスダレ。
IMG_1086aaa_20180815131821db0.jpg 
高校時代の仲間との暑気払いの会に出かける。
行く途中のマンデビラ。このお宅はご夫婦で庭の手入れを良くしてる。
IMG_1087aaa_20180815131822be2.jpg 
駅に燕がとまっていた。
IMG_1093aaa_20180815131823351.jpg 
始めて行くお店なので駅で主催者のSzさんと待ち合わせ。AkさんとTnさんも来ていた。
お店に向かう。河豚料理「玄品」。
IMG_1120aaa.jpg 
お店に向かうと言ったKmさん、Mkさん、Osさんは迷子になり、Tnさんが迎えに行く。
久しぶりに美味しい河豚料理。今年初めてじゃないかな。
IMG_1096aaa_20180815131825a9c.jpg IMG_1097aaa_20180815131826bc4.jpgIMG_1098aaa_20180815131828978.jpgIMG_1100aaa_20180815131829357.jpgIMG_1103aaa_20180815131831ab9.jpgIMG_1111aaa_20180815131832868.jpgIMG_1117aaa_201808151318349d4.jpg
Smさんが、この会を計画。7名参加。何時も面倒見がよい。ゴルフ、テニスでこの猛暑も元気。
Mkさん、甲子園で塾高の応援ご苦労様。勝ち進んでほしい(二回戦で負けちゃったが。)。10年前の懐かしい神奈川新聞の応援写真をくれた。この年の甲子園出場は応援に行った。仲間6人と一緒だったが、電車で一人だけ女子高生に席を譲ってもらい、皆からお爺さんお爺さんとからかわれた。
Osさん、ゴルフを一緒したようでIzさん、Nhさんの近況教えてくれた。スポーツ万能選手だったが腰を悪くした。帰りの電車で一緒になり話し込むことができた。
Akさん、息子さんが海外留学されて現役復帰。月曜から土曜までと大変なようだが息子さんに譲った時より生き生きしてきた。素晴らしい。
Kmさん、高校時代になれなくて塞ぎがちだった時に声をかけてくれた。あの頃から紳士。
Tnさん、もっとも健康的で、病気知らずで一番長生きしそう。スキー仲間。水曜会を再会しろとうるさい。
実に楽しい2時間半。
帰りはひれ酒のせいかふらついてしまい駅のホームで休み、更にお店の椅子で休んで酔いを醒ましてから帰った。
Sさんに河豚料理が最高だったと報告。Sさんは河豚料理があまり好きでないのでそれほど、羨ましがらない。

久しぶりの早朝散歩

8月10日。
台風が去ったら、再び猛暑が戻ってきた。
早朝散歩を久しぶりに再開。8回目。
日吉公園を通過。
IMG_1002aaa_20180813211725e98.jpg 
矢上川に出る。
IMG_1003aaa.jpg 
カメラをかまえたらシラサギに飛びだたれた。
IMG_1006aaa_20180813211728ae2.jpg 
千日紅。
IMG_1007aaa.jpg 
シラサギがまたいた。
IMG_1012aaa_20180813211730c74.jpg 
羽繕い。何か優雅。
IMG_1015aaa_201808132117320ee.jpg 
また逃げられちゃった。
IMG_1018aaa_20180813211734354.jpg 
カルガモの夫婦。
IMG_1022aaa_20180813211735e07.jpg 
燕が盛んに飛び回ってる。撮るのは難しい。
IMG_1030aaa_201808132117360da.jpg 
江川せせらぎの遊歩道の終点に入る。
IMG_1037aaa_20180813211738d85.jpg 
よく見かけるが名前は?
IMG_1038aaa_201808132117403e6.jpg 
キョウチクトウ。
IMG_1039aaa_20180813211741165.jpg 
遊歩道は、「湧水の小径」「桜のプロムナード」などの8つのゾーンに分かれ、テーマごとに植物や自然石等の配置に工夫を凝らし、また、遊歩道の脇を流れるせせらぎには、等々力水処理センターで下水を高度に処理した水を有効利用するなど、水や緑にあふれた憩いの場となっています。」
IMG_1040aaa.jpg 
カルガモの親子。雛は生まれたばかりか。
IMG_1041aaa_20180813211744f1b.jpg
ジョギング中の山仲間のTbさんに偶然会う。この前の御岳山の時にこの頃会わないねと言ったばかり。
IMG_1045aaa_20180813211745227.jpg 
おかあさんは大変だ。
IMG_1046aaa_20180813211747e45.jpg 
アメリカディエゴ。
IMG_1050aaa_201808132117481b1.jpg 
女郎花。好きな花。
IMG_1051aaa_20180813211750419.jpg 
月見草。
IMG_1052aaa_2018081321175290c.jpg 
百合。
IMG_1054aaa_2018081321175368a.jpg 
キバナコスモス。
IMG_1060aaa_2018081322130841c.jpg 
向日葵。
IMG_1061aaa_20180813221309e07.jpg 
鯉の稚魚。川の掃除を水を止めて行うと全滅するが、今回はそれを避けたようだ。嬉しい限り。
IMG_1070aaa_20180813221311c06.jpg IMG_1074aaa_20180813221312673.jpg
ケイトウ。
IMG_1072aaa_20180813221314e89.jpg 
暑くなってきたので引き返す。カルガモ親子は泳いでいた。
IMG_1076aaa_20180813221315abe.jpg 
親鳥はしっかり雛の側を離れない。
IMG_1079aaa_201808132213178a0.jpg 
雛が餌をあさってる。
IMG_1081aaa_20180813221318f0a.jpg 
カルガモの親子やシラサギ、燕を見れて素晴らしかった。暑かったがひと時忘れた。
帰ってから、一休みして用事を済ませた。

矢上川のシラサギとカルガモ親子

8月9日。
接骨医に行く。
行く途中の矢上川のカルガモ。お昼寝。
IMG_0967aaa_20180813131042f47.jpg 
カルガモ親子。
IMG_0973aaa.jpg 
実に可愛らしい。
IMG_0969aaa_201808131310438f9.jpg 
シラサギもいる。
IMG_0977aaa_20180813131046185.jpg 
もう一羽いた。
IMG_0981aaa_2018081313105004c.jpg 
突っ込んだ。
IMG_0982aaa.jpg 
虫捕まえたみたい。
IMG_0983aaa_2018081313105216c.jpg 
接骨医に行ってマッサージと鍼。左脚の関節がこの前に山登りしてから、階段下りるのに痛いと言う。テーピングして鍼。こちらはすぐに効いて痛みが取れた。
帰りも矢上川のカルガモの親子はいた。
IMG_0986aaa.jpg 
母親が餌をあさるとコガモも続く。可愛い可愛い。
IMG_0987aaa_20180813131055a7d.jpg 
シラサギもいた。
IMG_0992aaa_2018081313105677d.jpg 
二羽並んでる。
IMG_0995aaa_20180813131058952.jpg 
凛としてる。
IMG_0996aaa_20180813131100871.jpg 
鳥たちを眺めてると心が和む。

台風が近づく

8月8日。
台風が近づいてる。早めにリウマチ科に行く。
行く途中の花。
IMG_0941aaa_20180812223443f45.jpg 
血液検査と尿検査。
嵐が近づいてるせいか患者さんの数が少ないような気がする。
お婆さんの車椅子を押してくるお爺さんは皆優しそうな顔をしてる。
診察。人間ドックの結果を先生に見せる。胃がもたれますかと聞かれたがそんなことはない。萎縮性胃炎の結果が出ていたからだろう。他に動脈硬化、軽度の脂肪肝の診断があったがそれについては何も言われなかった。痛みを訴えたが、これぐらいはたいしたことないらしくて触診も受けたが、今までと同じ薬の投与となった。ゴルフは出来ないが山もスキーも出来るんだから大したことはないかもしれない。
病院の待合室のセントポーリア。
IMG_0942aaa_20180812223444ef6.jpg 
風が出てきて傘をさすと引っ張られる。
コエビソウ。
IMG_0944aaa_2018081222344560b.jpg 
百合。
IMG_0945aaa.jpg 
庭のノウゼンカヅラ。
IMG_0948aaa.jpg 
コバノランタナ。
IMG_0949aaa.jpg 
デュランタ。
IMG_0953aaa_2018081222345103e.jpg
オキザリス。
IMG_0954aaa_20180812223453c1a.jpg 
白い花のヤブラン。
風雨は夜半に激しくなった。

少し涼しい

8月7日。
歯医者に行く。歯医者の待合室の水槽の熱帯魚。
IMG_0905aaa.jpg 
診察が終わってから、水槽に戻ってきたら係の方が水槽の壁についた水苔を掃除してる。掃除するときにクマノミが攻撃してくるそうだ。攻撃するときは黒っぽくなる。綺麗になったので写真を撮ろうとしたが、患者のおばさんが熱帯魚を飼っているようでさかんに係の人にしゃべりかけて水盤の前を占有して写真が撮れなかった。
帰りはブレーメン通りを抜けて帰る。お菓子を買ってしまう。
美女桜。
IMG_0910aaa_2018081212303184b.jpg 
美女桜。
IMG_0911aaa.jpg 
ヒャクニチソウの仲間かな。
IMG_0913aaa_201808121230342de.jpg 
ミゾハギと千日紅。
IMG_0914aaa_20180812123035c33.jpg 
矢上川のカルガモはお昼寝。
IMG_0918aaa_20180812123037a61.jpg 
日吉公園に入る。ひんやりしてる。
IMG_0922aaa.jpg 
コブシの実。
IMG_0924aaa_20180812123040bb6.jpg 
毎年目に留まる。
IMG_0925aaa.jpg 
「矢上上ノ町(やがみかみのまち)遺跡群
下末吉台地下に相当する日吉公園と周辺地域では、縄文・弥生・古墳時代の遺跡が数多く存在していたことが、古くからの研究者の間で知られていました。
弥生時代後期から古墳時代前期につくられた竪穴式住居跡が6軒重なり合って発見され、およそ1800年前から1600年前の古代のムラが営まれていたことが明らかになりました。」
IMG_0927aaa.jpg 
朝顔。
IMG_0928aaa.jpg 
我が家に戻る。ノウゼンカヅラに迎えられる。
IMG_0931aaa.jpg 
チェリーセージ。
IMG_0933aaa_20180812123047a56.jpg 
白い花のヤブラン。
IMG_0934aaa_20180812123049925.jpg 
百日紅。昔からある百日紅が弱ってきたが、種で生えた百日紅が元気。
IMG_0935aaa_20180812123050c77.jpg 
ピンクのサルビア。
IMG_0937aaa_20180812123052fd6.jpg 
ポンテデリア。
IMG_0939aaa.jpg 
台風が近づいているので天気が不安定。戸締りをしっかりして休む。

日向水ばあやの甘い子守歌

8月6日。
今日も疲れが取れず一日家に籠る。
午前中にふと見たら水盤にメジロが来ていた。
IMG_0857aaa.jpg 
このところしょっちゅう来てる。
IMG_0862aaa_2018081107110261b.jpg 
金木犀の枝で一息入れる。
IMG_0864aaa_20180811071103358.jpg 
羽繕い。
IMG_0866aaa_20180811071105f6e.jpg 
雀がやって来た。
IMG_0872aaa_201808110711063ce.jpg 
メジロの水浴びが終わるのを待っている。
IMG_0875aaa_2018081107110834c.jpg 
メジロは気持ち良く水浴び。
IMG_0880aaa.jpg 
なかなか譲らない。
IMG_0883aaa_20180811071111e11.jpg 
雀はずっと待つ。
IMG_0886aaa_201808110711124b3.jpg 
Sさんによると野生のメジロの方が強いそうだ。
IMG_0888aaa_2018081107111484b.jpg 
午後にまたメジロがやって来て水浴びが終わったところ。
IMG_0892aaa_201808110711150a5.jpg 
ご機嫌みたい。
IMG_0901aaa_20180811071117bdf.jpg 
また水浴び。えんえんとしてる。
IMG_0903aaa_20180811071118a15.jpg 
大門句会勉強会その286の三四郎さんの句評を見る。
兼題ははなさん出題の「日向水」。

◇光

今日勝ちて甲子園なり日向水

日向水ばあやの甘い子守歌

⇒作者の母校はたぶん10年ぶりの甲子園出場を決めたあの高校ですね。ただ、甲子園出場と日向水の関係がもうひとつわからない。

日向水も子守歌も小さい頃の思い出でしょう。行水をしてから子守歌を聞きながらのお昼寝。しかしばあやがおられるとは裕福な家庭ですね。

 :つい嬉しくて詠んでしまった。北神奈川決勝戦。

ばあやは母の実家で一夏いる時に良くおぶってもらった。子守歌が心地よく懐かしい記憶。

私の選句。

◇野里子

日向水ブリキの舟のちと錆びて

⇒盥で子供に行水をさすときに遊ぶおもちゃだろう。長い間入れっぱなしで錆がきている。子供も大きくなったことが想像できる。

;ブリキの船のおもちゃが昔あったなあ。懐かしい情景。

◇馬空

湯加減は小指を入れて日向水

⇒小指で湯加減を見るとは粋なしぐさですね。ちょっと色っぽい。

:私にはなかなか詠めない句。

◇あかね

亡き人の噂話や日向水

⇒日向水を置いてある庭で通りがかりの近所の人と立ち話している。噂話だから身内ではないですね。日向水がいい小道具。

:女性らしい句。

◇勝山

気が付けば影の中なり日向水

⇒日が陰ってきて盥が陰になってしまった。でも十分温かくなっているでしょう。時間の経過がわかります。

:影の中なりとは良く詠んだ。

◇三四郎

落蝉のしばらくもがき日向水

:何か哀れさが伝わってくる。

慶応高校3-2で勝つ

8月5日。
昨日の御岳山で筋肉痛。階段の上り下りがきつい。
庭の写真はSさんに頼む。
白い花のヤブラン。
IMG_0817aaa.jpg 
薄紫色の花のヤブラン。
IMG_0831aaa.jpg 
薔薇。
IMG_0819aaa.jpg 
IMG_0822aaa.jpg 
デュランタ。
IMG_0823aaa_20180810124525fb3.jpg 
ノウゼンカヅラ。
IMG_0824aaa.jpg 
百日紅。
IMG_0829aaa_20180810124528026.jpg 
ルリマツリ。
IMG_0832aaa_20180810124531f7c.jpg 
ポンテデリア。
IMG_0833aaa_20180810124533b6f.jpg 
水盤にメジロがやって来た。
IMG_0835aaa_201808101245341ce.jpg 
激しく水浴び。
IMG_0836aaa.jpg 
金木犀で羽繕い。
IMG_0849aaa_20180810124537a4f.jpg
また水浴び。
IMG_0855aaa_201808101245392eb.jpg 
夏の甲子園の高校野球が始まった。甲子園に行きたかったがSさんに止められた。Mkさんが応援に行っている。TVで応援。
慶応高校は初戦中越高校と対戦。ピッチャーは生井投手。
慶応高校1回根岸選手のタイムリーで1点先制。
3回中越高校に1点返される。
3回慶応1点追加。2-1。
7回中越、慶応のエラーの間に一点追加。2-2。
8回ランナー1,3塁の大ピンチ。危ないなあと思ったら3塁ランナーが飛び出してタッチアウト。この後ヒットが出たので危ないとこだった。慶応生井投手から渡部投手へ。このリレーは成功。
9回裏、宮尾選手のタイムリーでサヨナラ勝利。
3-2。
勝った勝った。Sさんと喜び合う。甲子園のMkさんともメールで喜びを分かち合う。
10年ぶりの夏の甲子園勝利。10年前は力道山の孫の田村投手の活躍でかなり勝ち進んだ。
応援してる間は筋肉痛も忘れていた。

御岳山とレンゲショウマ

8月4日。YY会での御岳山とレンゲショウマ、海沢三滝に参加。
何時もながらImリーダーの計画と実行に感心。16名参加。
行きの電車の中で隣の若い女性から帽子のピンバッジについて話しかけられた。魅力的な女性だったのでドギマキしたがバルト海クルーズで巡った国とオランダ、ベルギーに行った時のバッジについて説明。奥さんからはみっともないと言われてると言ったら、素敵ですよと言われていい気分。ボーイフレンドが隣に座っていたがどこかの山に行く様子。
御嶽駅でおりてバスで移動する途中で、早々と貧血気味の熱中症みたいになってしまう。
バス停からケーブルカーの駅までの短い登りで汗が出てあくびがでてくる。やばい。
IMG_0716aaa.jpg 
滝本駅でケーブルに乗る。
IMG_0717aaa.jpg 
ケーブルを降りる。
IMG_0718aaa_20180808162353577.jpg 
御嶽山駅の広場でTbさんから顔が青いと言われる。だめだったらおぶってあげますよと言われる。
IMG_0722aaa_20180808162355a3b.jpg 
御岳平からの眺め。
IMG_0720aaa_201808081623566c5.jpg
Kmさん夫妻とお子さん二人に参加してもらい雰囲気がとっても明るい。
レンゲショウマ群生地に入る。
IMG_0727aaa_20180808162358d64.jpg 
レンゲショウマは満開ではないが、十分楽しめる。
IMG_0730aaa_2018080816235990c.jpg 
レンゲショウマを夢中で撮っているうちに気分が良くなってくる。花の力は凄い。
IMG_0732bbb.jpg 
富士峰園地北斜面に約5万株のレンゲショウマが群生。
IMG_0734aaa.jpg 
花が下から見上げるとハス(蓮)の花に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)にているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられたそうだ。
IMG_0736aaa_20180808165844000.jpg 
以前、Ogさん達と来たときは全山満開だった。今は500株くらいが咲いてるそうだが、それでも十分。
IMG_0738aaa_2018080816240772a.jpg 
レンゲショウマの群生としては日本一。
IMG_0744aaa.jpg 
すっかり気分良くなる。血色も良くなる。レンゲショウマありがとう。
IMG_0745aaa.jpg 

IMG_0746aaa.jpg 

IMG_0750aaa_20180808162413cf3.jpg 

IMG_0751aaa.jpg 
すっかり堪能した。
IMG_0752aaa_20180808162416637.jpg 
レンゲショウマの群生の間にひっそり咲いてる。
IMG_0747aaa.jpg 
赤い実が際立つ。
IMG_0749aaa_20180808162419836.jpg 
ギボウシ。
IMG_0756aaa.jpg 
夫婦杉通過。
IMG_0760aaa.jpg 
安産杉。
IMG_0762aaa_2018080817161602e.jpg 
神社にお参り。無事完走できますように。
IMG_0761aaa.jpg 
階段を上る。Kmさんのお子さんが階段が好きという。
IMG_0764aaa.jpg 
こういう道は楽ちん。Kmさんと久しぶりに良く話が出来た。
IMG_0766aaa_20180808171619546.jpg 
フシグロセンノウ。
IMG_0768aaa_20180808171620ab0.jpg 
御岳ビジターセンターに着く。トイレ休憩。
IMG_0770aaa_201808081716226eb.jpg 
馬場家御師住宅。
IMG_0772aaa_2018080817162395c.jpg 
何の実かな。
IMG_0775aaa.jpg 
サルノコシカケ?
IMG_0780aaa_20180808171626a41.jpg 
Kmさんのご主人の靴の剥がれる。緊急時のKeさんの応急処置が素晴らしい。両足が別々に剥がれたので、申し訳ないが二回休むことが出来て助かる。
IMG_0781aaa.jpg 
Imリーダーから登りがないから楽でしょうと言われたが、その割にはきついなあと思っていたが、Kdさんの測定結果によると、歩行距離15km、累積標高差上り1459m、下り1592mとのことでかなりなものだった。
IMG_0784aaa.jpg 
こいうところは渡る人を制限してゆっくり渡る。
IMG_0785aaa.jpg 
結構なくだり。
IMG_0787aaa_20180808171632e19.jpg 
クサギの花かなあ。
IMG_0789aaa_20180808171634a71.jpg 
海沢三滝に向かう。
IMG_0790aaa_20180808171635b64.jpg 
ワサビ田があった。
IMG_0794aaa_201808081716372c1.jpg 
海沢園地で昼食。食事にKhさんの冷たい甘酒とIwさんの冷やし珈琲を頂き生き返る。
IMG_0800aaa.jpg 
海沢三滝への道はちょっと険しい。
IMG_1683bbb.jpg 
三つ窯の滝。
IMG_0802aaa_20180808171641eaa.jpg 
三段に落ちる落差18.3m。涼しくて実に爽快。ここで記念撮影。
IMG_0803aaa_20180808180517f5c.jpg 
奥多摩キャニオングのウェットスーツの男女が通り過ぎる。次々とやってくる。
皆はさらに登って三滝を目指したが私は一つで引き返す。Mzさん、Keさん、Szさんに行かない組で付き合ってもらう。
皆が帰ってくるまでのんびり待つ。Mzさんが石を投げたらすっころんで膝をすりむく。
Keさんはビニールを敷いて寝っ転がる。
ようやく皆がやってくる。皆は二つで引き返し、Kdさんのみ三つ目を目指したと言う。
これからもえぎの湯まで降りる。
途中に小さな滝。
IMG_0804aaa.jpg 
舗装道路だが傾向に沿って歩くうちはまだ涼しかった。
IMG_0805aaa.jpg 
海沢隧道。
IMG_0807aaa.jpg 
百合の仲間。
IMG_0810aaa_20180808180523d24.jpg 
林の中はまだ良かったがその内に林も尽きて日照りの中を歩く。
IMG_0811aaa_201808081805248fa.jpg 
林がなくなると舗装道路の照り返しと強い日差しには頭がくらくらしてだめかなあと思ったがTbさんに的確に日陰に連れて行って貰って助かる。
最長老のDmさんは何時も通り快調で、Iwさん、Kdさんと先頭を行く。
NgさんがくたびれてImリーダーがサポート。
多摩川。
IMG_0814aaa_20180808180526e23.jpg 
ようやくもえぎの湯に到着。男性は混んでいる。
IMG_0815aaa.jpg 
ようやく露天風呂に入って疲れがいっぺんに取れる。麦酒が美味い。
KeさんMzさんは日本酒で乾杯。結構時間をかけて飲んだり食べたり話したりする。これが山の楽しみでもある。
最後に多摩川を横切って奥多摩駅に着く。
IMG_0816aaa_201808081805296ea.jpg 
帰りはKmさんご夫妻の車で家まで送って貰い、おかげで車中休めて疲れが取れる。
帰ってSさんに報告したら、ずっと心配していたと言われてしまう。
しかし無事完走出来すこぶる気分が良い。

明日は登山

8月3日。
明日は今年6回目の登山。御岳山。YY会リーダーのImさんによれば楽ちん登山と言うが、猛暑の中の登山は心配ではある。熱中症の心配と猛暑で運動不足になってる。
Sさんが心配してくれるが、どうしても行きたいと言う願望が強い。山の心地よさの魅力。仲間と一緒なのも引き付けられる。
山の準備をするだけで胸が躍ってしまう。スポーツドリンクは1.5リットルで少なめだが、昼食のIwさんやKhさんの珈琲を期待。
庭のティカカヅラ。
IMG_0698aaa.jpg 
斑入りヤブラン。
IMG_0700aaa.jpg 
マダガスカルジャスミン。
IMG_0701aaa_20180806191010e0a.jpg 
コムラサキシキブの実。
IMG_0702aaa.jpg 
家の裏のシダ。
IMG_0703aaa_20180806191013653.jpg 
Sさんの手入れが良くて綺麗。
IMG_0704aaa.jpg 
宿根サルビア。暑くても元気。
IMG_0705aaa.jpg 
百日紅。枯れかかっていたが咲いてくれた。庭では最古手の一つ。
IMG_0706aaa_20180806191018d27.jpg 
薔薇。
IMG_0710aaa.jpg 
デュランタ。
IMG_0713aaa.jpg 
Sさんが近所から貰って来た水草。
IMG_0715aaa_2018080619102204a.jpg 
明日は5時起きなので早く寝る。Sさんも起きて朝飯と昼のサンドイッチを作ってくれる。ありがたい。

仲間との会話

8月2日。
猛暑は続く。これからずっとこうなるのだろうか。
庭の水盤に頻繁に鳥がやってくる。彼らも暑いのだろう。
IMG_0670aaa.jpg 
メジロがやって来て水浴びしてから金木犀の枝で毛繕い。
IMG_0677aaa_20180806163506dc7.jpg 
メジロは動きが早い。メジロが来ると雀は遠慮する。
IMG_0678aaa.jpg 
最近多いのはシジュウカラ、メジロ、雀。実に可愛らしい。
IMG_0679aaa_20180806163509660.jpg 
庭のタマスダレ。
IMG_0680aaa.jpg 
ヤブラン。
IMG_0682aaa_2018080616351289f.jpg 
会食があるので出かける。
近所のサフィニア。
IMG_0686aaa_20180806163514e20.jpg 
ヒャクニチソウ。
IMG_0689aaa_201808061635156e6.jpg 
キョウチクトウ。
IMG_0690aaa.jpg 
駅でRmさんと待ち合わせ。
一緒にお店に入る。まずは麦酒で乾杯。
久しぶりに合うがすぐに昨日会ったみたいになる。
しばらくしてKiさんが来る。3人で乾杯。
料理を次々と頼むので写真を撮るのを忘れて手を付けてしまってから気が付いて撮ったのもある。
IMG_0691aaa.jpg IMG_0692aaa_20180806163520d81.jpgIMG_0693aaa.jpgIMG_0694aaa.jpgIMG_0695aaa.jpg
話が随分弾む。スキーとか山の仲間、俳句の仲間、昔同じ釜の飯を食べて苦労した仲間とは久しぶりに会ってもすぐにうちとけてしまう。人の悪口を言うのは好まないが幸い、仲間にはそれがない。
Rmさんは肩の不調を訴える。陽気なので深刻でないが私もリウマチの痛みはわかるのでさぞや痛いんだろうなと思う。腕や足腰の痛みは経験したことのない人には軽くあしらわれてしまう。
何時までも色気のある方で、私の周りでは貴重な存在。
Kiさんは予定が一杯詰まってる。仕事以外が多いみたいでそれはそれで素晴らしい。
飲むにつれ二人は盛り上がってくる。私は凄く弱くなってしまい、ついていけない。
デザートが欲しいとパインシャーベットを頼む。これが美味で撮るのを忘れてしまった。
何時の間に3時間近くなってしまい、また会おうと散会。
帰ったら家の壁に蝉がとまっていた。
IMG_0696aaa.jpg 
帰ったら、Sさんにご機嫌ねと言われてしまった。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR