FC2ブログ

2018-02

Latest Entries

水曜会飲み会久しぶり

2月28日。
庭のハナニラが咲きだした。
IMG_4888aaa.jpg 
ノースポール。
IMG_4889aaa.jpg 
菫。
IMG_4890aaa.jpg 
福寿草が咲きだした。
IMG_4892aaa.jpg 
クリスマスローズ。
IMG_4894aaa.jpg 
歌の練習をして水曜会に出かける。
ピアニストのWtさんが少し遅れてくるので最初は、アカペラの「私の動物園」大中恩作曲より
「てんとうむし」「河童」席をばらばらにして歌う。Ttさんにここと言われたのが先生の前だったので緊張。
木下牧子作曲「ティオの夜の旅」より
「祝福」「ローラ・ビーチ」
横山潤子先生編曲「サザン特集」より
「真夏の果実」
リズムが取れない。先生が暗譜できるのかなあと言ったら、大丈夫、先生の口元を見て歌うと誰かが言う。
Ikさんにも言われていたので久しぶりに水曜会の飲み会に行くことにする。
Mrさんに連れて行って貰う。電車に乗るか歩くかと聞かれたのでどれくらいと聞いたら15分と言うので歩くことにした。Mrさんの歩きで15分で私の歩きではもっとかかった。
Adさんの前に座る。スキー終わったのと言われる。
先生の側に座って話すことができた。大学時代の研究室の話をされたので、つい卒論の話をしてしまった。
新しく入ったKnさんにいろいろ質問してしまい先生から入社試験みたいと言われてしまった。
山に誘ったら興味を持ってくれた。Jbさん、Nzさんが喜んでる。
少し早めに帰る。Sさんが遅いので心配して待っていた。どこかで倒れてるんじゃないかと思ったと言われた。やはり飲み会はパスしよう。
スポンサーサイト

日吉公園

2月27日。
接骨医に行く。
スキーは終わりましたと聞かれる。日曜に終わりました。どれくらい滑りましたかと言われ、15日と答える。随分頑張りましたねと。
両肩の痛みが治まらずマッサージと鍼治療。
帰りの矢上川で珍しくカモメが一羽餌をあさってる。
IMG_4865aaa.jpg 
何を採ってるのだろう。
IMG_4866aaa.jpg 
カルガモの夫婦は食事中。
IMG_4869aaa.jpg 
日吉公園で山茱萸が咲いてないか見に行く。
お爺さんに話しかけられる。(こちらもお爺さんだが。)
昔からここによく来ていたらしく、昔は手入れが良くて木も一杯あったという。今はバサバサと切ってしまっているし、蔓も取らないので木が弱ってると言う。昔は笊一杯に梅が採れたが、今はあっという間に誰かが採って行ってしまうので色づく頃には何にもなくなってしまう。あんずも以前は一杯採れたが、今はあまりならない。お爺さんにいろいろ昔のこのあたりの話を聞く。
お目当ての山茱萸はまだ蕾。
IMG_4874aaa_2018030216291895f.jpg 
しだれ梅は良く咲いてる。
IMG_4877aaa_201803021629191fc.jpg 
IMG_4880aaa.jpg 
蝋梅がまだ咲いてる。
IMG_4881aaa.jpg 
梅は青空に良く映える。
IMG_4883aaa.jpg 
この紅梅に実はほとんどならないそうだ。
IMG_4884aaa.jpg 
この後床屋に向かう。
結構混んでいた。
顔に傷があると言われる。スキーシーズンにあかぎれになってしまった。
ああさっぱりした。
Sさんにどうかと聞いたが、あまり注目してくれなかった。

流氷や生きるが如く軋み合い

2月26日。
今シーズンのスキー日程がすべて終了。
丸沼高原、かぐら、志賀高原、栂池、赤倉、蔵王、栂池と15日間滑った。昨シーズンは関節リウマチで5日間しか滑れなかったので、今シーズンは関節リウマチの痛みはあったが、まずは満足できる結果だった。志賀高原、赤倉、蔵王、栂池と各一回4回転んだが、怪我無くほっとしている。蔵王二日目の吹雪には相当参った。来シーズンは滑れるかどうか関節リウマチ次第だが、頑張っていきたいと思う。
部屋の胡蝶蘭。
IMG_4847aaa.jpg IMG_4851aaa.jpg
シンビジューム。
IMG_4850aaa.jpg 
庭の梅。
IMG_4853aaa.jpg 
ピンクの猫柳。
IMG_4855aaa.jpg IMG_4857aaa.jpg
スキー疲れもあり、一日休養。
大門句会勉強会その270の三四郎さんの句評を見る。
兼題は遊介さん出題の「流氷」。

◇光

健さんも見たか網走流氷群

流氷や生きるが如く軋み合い

⇒網走は流氷の見学スポットですから健さんも撮影の合い間に見物に行ったでしょうね。

大きな氷の塊がぶつかり軋む様はまるで生きているようというのは実感があります。

遊介さん選。

流氷や生きるが如く軋み合い

→ 流氷は見たことがないですが、人間社会の軋み合いは感じたことがあります。

氷は融けるけれど、人間関係は難しい。

蒼月さん選。

流氷や生きるが如く軋み合い
わたしも流氷の軋み鳴く様子を句にしましたが、駄目でした。生きるがごとくという形容が大自然の力を感じさせる。 

糸さん選。

流氷や生きるが如く軋み合い

・・・「生きるがごとく」がいいですね。生命感溢れます。

野里子さん選。

流氷や生きるが如く軋み合い
→ぶつかり合う音は、まさしく獣の雄叫びのよう。
勝山さん選。

流氷や生きるが如く軋み合い

人身事故が起きた新宿駅の雑踏のような押し合いへし合いの流氷群

流氷のきしむ音は、人の悲鳴や咆哮のように聞こえなくもない。

:以前、網走に行ったときに流氷記念館で部屋の中の流氷を見た。その時、音が流れていて流氷の悲鳴のような音が聞こえていたのが記憶にある。健さんの網走番外地とひっかけてみた。

アラスカの氷河が崩れて流氷が流れ出るのを見たことがある。生きていると言う実感がした。

私の選句。

◇糸

罅割は幾何学柄や流氷に

⇒よく知りませんが、流氷の罅割れが三角形やひし形などの幾何学模様に出来るのですね。氷も結晶だからそういうこともあるでしょうね。

:面白いところに気が付いた。

◇勝山

乗客は大阪弁や流氷船

⇒流氷体験ツアーの観光船ですね。乗り合わせた団体が大阪の人だった。ましてそれがオバチャンだったらさぞかしうるさかったでしょうね。

大阪のおばちゃんを想像して微笑んでしまった。

◇蒼月

網走の流氷砕け啼く夜かな

⇒流氷がぶつかって砕けて軋んでいるのを啼くととらえた。一種の擬人化ですが、あまり効いていない。もっと客観的にとらえた方がいい。

:私の流氷に対する句ととらえたところが同じ。

◇遊介

大鷲の黒き群れあり流氷原

⇒流氷とくればオオワシですね。ネットで見るとまず最初にオオワシの姿が出てきます。だから今回の皆さんの投句のように類句が多くなる。

:私はアラスカで流氷に乗った白頭鷲を詠みたかったが上手くいきませんでした。

◇三四郎

流氷に押されるごとく卒業す

:流氷が押し出されていくのと押し出されて卒業するのとの比喩が面白い。

◇あかね

流氷に薄墨の雲光射す

⇒冬の北海道の海は晴れわたることもなく雲がたちこめているのでしょう。でもそこから光が射して流氷を照らしている。きれいな景です。

:目をつぶって想像できる。美しい。

スキーシーズン最終日

2月25日。
栂池最終日。昨夜Ibさんが到着して、9名となる。
Ogさんから私が行く気になれば晴れると言われ、少しその気になったら、曇りで時々日が差すようになった。
丸山ゲレンデで足慣らし。
IMG_4809aaa.jpg 
白樺ゲレンデの上。
IMG_4810aaa.jpg 滑り降りる。気持ち良い。
IMG_4812bbbaaa.jpg 
白樺ゲレンデの下で板の展示場。
IMG_4814aaa.jpg 
お茶してチャンピオンに向かう。脇のポールを滑る。Ibさん、Szさんらは華麗に滑るが私はポールをくぐるのがやっと。
IMG_4823aaa.jpg 
チャンピオンを滑る。
IMG_4826bbbaaa.jpg
昨日より調子が良いと思ったら、チャンピオンの最後のところで転ぶ。Iwさんに引っ張ってもらって起き上がる。
IMG_4828aaa.jpg 
ゴンドラに乗って栂の森に行く。白馬の山々が綺麗。
IMG_4830aaa.jpg IMG_4832aaa.jpg IMG_4836aaa.jpg 
下は栂の森ゲレンデ。
IMG_4841aaa.jpg 
ここで帰る組とまだ滑る組に分かれる。無論、帰る組。Ogさんとサポート組のSzさん、Ktさん、Ikさんは降りようと誘った。Nsさんは早めに降りた。Ibさん、Iwさん、Ksさんは頑張る。
無事帰る。スキーシーズン15日間が無事終了。
風呂に入ってパッキング。
昼食はSzさんご推薦の店。量が多いなあ。
IMG_4844aaa.jpg IMG_4843aaa_201802280832021a6.jpg
Iwさんの車にIkさん、Ksさんと同乗。
ベルハートのTkさんとお別れ。来年は来れるかな。頑張ろう。
IMG_4845aaa.jpg 
帰宅。Sさんが転んで怪我しないか心配してたと言う。

栂池雪まつり

2月24日。
栂池雪まつりに行く。
当初計画では出発時間が早くて老骨にはきつくIwさんにわがまま言って時間調整などいろいろ手数をおかけする。関節リウマチの痛みが蔵王で吹雪にあって以来不調で、行けるかどうかと思っていたが後押しされる形で参加。
Sさんに転ばないように怪我しないようにと言って送り出される。
行きは長野まで新幹線指定席。混んでいる。
長野駅でKhさんに出迎えてもらいIwさんの車で出発。Ikさんも同乗。
IMG_4734aaa.jpg 
ベルハートに到着。着替えて出発。
鐘の鳴る丘。
IMG_4735aaa_2018022706431765d.jpg
夜の雪祭り目当ての屋台。
IMG_4736aaa.jpg
鐘の鳴る丘上から丸山側を見る。
IMG_4740aaa.jpg
丸山第一クワッド。丸山で足慣らしするかと思ったらいきなり集合場所に向かう。
IMG_4741aaa.jpg
集合場所で先発のNsさん、Ogさん、Szさん、Ktさんに会う。休むかと思ったら滑ってないでしょうと休まず出発。老骨には厳しい。
IMG_4743aaa.jpg
白樺ゲレンデを滑る。長野のトラウマで滑りはガタガタ。
IMG_4744aaa.jpg 
昼飯はSzさん指定のお店。
IMG_4755aaa.jpg 
何時も行ってたお店がなくなり始めて入るお店。
IMG_4748aaa_20180227064325017.jpg 
Szさん好みで量が多いが、お腹が空いてたので全部平らげる。
IMG_4752aaa.jpg IMG_4754aaa_20180227064329fbb.jpg 
チャンピオンゲレンデ脇のポールを滑る。おっかなびっくりで後ろから追突されそう。それでも無事終わったらOgさんが拍手してくれた。
IMG_4756aaa_20180227064331bcd.jpg 
Szさんから後傾を指摘され、Ktさんから滑りのアドバイスを受けて何とか滑りが戻ってきた。
チャンピオンを滑る。
IMG_4759aaa_2018022706433389b.jpg 
からまつゲレンデを降りてリフトで上がり横に移動して鐘の鳴る丘を滑って終了。
Ogさん、Ikさん、Khさんに励まされ、Nsさんには板を持ってもらったり、後ろを支えてもらう。
ベルハートにたどり着いてTkさんによく来てくれたわねえと言われたのでよれよれですと答える。まさに老人介護スキー。
IMG_4770aaa.jpg 
風呂に入ってのんびり。
夕食は雪祭りのせいで5時半。まだお腹が空いてないのに豪勢。
IMG_4761aaa.jpg IMG_4762aaa.jpg IMG_4763aaa_20180227064337cd7.jpg IMG_4769aaa.jpg 
夜は雪祭りを部屋から見る。
松明滑走。
IMG_4778aaa.jpg 
Khさん、Iwさんは寒い中、外で見物。
こちらは部屋で鑑賞。
花火をOgさんに撮ってもらう。

IMG_4796aaa_201802270643440a6.jpg IMG_4798aaa.jpg
IMG_4800aaa.jpgIMG_4802aaa.jpgIMG_4804aaa_20180227070931181.jpg
後はお酒を飲みながら平昌オリンピックを鑑賞。マススタートで最後に追い抜いて高木菜那選手が優勝した時は大歓声。女子カーリングの3位決定戦を見る。イギリスの最後のショットがミスで銅賞が転がり込んだときは大騒ぎ。私はここで休む。皆は私をスキーに連れてってと言うバブル期の映画を鑑賞したみたい。

「流氷」に苦吟

2月23日。
部屋の胡蝶蘭。
IMG_4731aaa_20180226135610c81.jpg 
シンビジューム。
IMG_4733aaa.jpg 
明日から栂池の雪祭り。蔵王で吹雪にあってからそのトラウマか調子が良くない。一旦は行くのをあきらめて幹事のIwさんに3時半出発はきついと言って断ったが、Iwさんが行きは新幹線で長野まで行き長野駅まで迎えに来てくれると言って出発時間を7時まで延ばしてくれた。おまけに荷物を取りにまで来てくれた。感謝して今シーズン最後のスキーに行くことにした。
明日期限の大門句会勉強会の遊介さん出題の「流氷」に苦しむ。
流氷はアラスカの氷河崩れて流氷になるのと網走の流氷博物館で見たくらい。ネットでいろいろ調べて流氷気分になる。数時間かけてやっと二句投句した。
疲れた。

YH会

2月22日。
陸王を読み切る。池井戸潤著。
TVドラマはSさんに冷やかされながら全部見通した。人情味に溢れた、浪花節的な企業とランナーの友情についほろりとしてしまった。
小説もほとんどTVドラマと同じだったが、また思い出してほろりとしてしまった。こんな人たちが一杯いると思うと救われる。
IMG_4716aaa_201802261340401bb.jpg 
YH会に行く。前回は大雪で延期。急遽再開したので参加者は少なく4人。場所は何時ものうさぎや。
寒くて雪が降らないかと心配したが降ることはなかった。
IMG_4718aaa.jpg 
Hdさんがめまいがすると言って病院通いだが復活。お酒が入ると次第に元気になって来た。この会はHdさんがいないと始まらない。資産家の人たち話題にする。良く知ってるなあ。
Sjさんは盛んに吠える。Hdさんが吠えるけどいい男で皆に好かれてるんだよなあと言う。奥さん大事にしてとSさんからのことづけを伝える。だが私とは違う彼流に大事してるみたい。
Trさんは山梨から日帰りでわざわざ来てくれた。少し皆よりは厚着でないので皆が帰るのに寒くないかと心配する。山梨は病院などが少ないし車の運転が出来なくなると心配でこちらに戻りたいようなことを言う。
関節リウマチが痛くてゴルフは出来ないが、明後日スキーに行くと言ったら、入院してたのは8月だったのに大丈夫と心配された。Sさんが行かせてくれるなら大丈夫なんだろうとも。
何時もながら美味しい食事。
IMG_4719aaa_20180226134043a24.jpg IMG_4720aaa.jpg IMG_4721aaa.jpg IMG_4723aaa.jpg IMG_4724aaa.jpg IMG_4725aaa_20180226134050e64.jpg IMG_4726aaa.jpg IMG_4727aaa.jpg 
最後は予約しておいたウニおにぎり。
IMG_4728aaa.jpg 
少ない人数だったが話が濃密で面白かった。

関節リウマチ

2月21日。
関節リウマチの定期診察に行く。
右手の指が曲がって来て伸ばすと痛い。両肩が痛いと訴える。
先生は血液検査の結果は悪くないと言う。
3年前に発病。2年前に、メトトレキサートを使った時は痛みが全くなくなったが、副作用として間質性肺炎になってしまい入院。次に生物学製剤のオレンシアを使用。この時も痛みは薄れたが副作用として血液の中に風邪のビールスが入り高熱を発生して入院。
先生は今使ってるタクロリムス以外の薬は副作用が発生する可能性があるので、使いにくいと言う。2mgを3mgに増やす。これで良くなれば良いのだが。
痛みで夜眠れないことがあると言ったら、カロナールを処方。
スキーは冷えて良くないと思ったが、まだスキーに行くので帰ってからスキーに行ったと報告することにした。
帰りに接骨医に行く。まだスキーに行くんですかと聞かれたので週末が最後と言ったら笑われた。冷えるのは良くない。右肩の痛みと左肩の痛みでは筋肉の部位が異なるとも。
スキーで怪我した友人のついて聞く。詳しく説明してくれた。
帰りの矢上川でシラサギがいた。久しぶりに会えて嬉しい。
IMG_4694aaa.jpg 
何か捕まえた。
IMG_4698aaa.jpg 
更にあさってる。
IMG_4705aaa.jpg 
カルガモのお昼寝。
IMG_4711aaa_201802260811039db.jpg 
歯医者に行く。
熱帯魚。置物と思っていた海星がゆっくり動いていた。
IMG_4712aaa.jpg 
歯が3本抜けてないが不都合はないかと聞かれたので、慣れてきて不都合はないと答える。
型を取る。次に来るときはインプラントが完成。

わたしの動物園

2月20日。
日吉公園で山茱萸が咲いていないか見に行く。
Sさんからはまだ咲いてないわよと言われた。
梅が咲いていた。
IMG_4662aaa.jpg IMG_4663aaa_20180223212052d3e.jpg
山茱萸はまだ蕾だった。
椿。
IMG_4675aaa.jpg 
水仙畑。
IMG_4676aaa.jpg 
つぐみが何かついばんでいた。
IMG_4683aaa.jpg 
庭のピンクの猫柳。
IMG_4684aaa.jpg 
部屋の胡蝶蘭。
IMG_4688aaa.jpg 
シンビジューム。
IMG_4691aaa.jpg 
歌の練習をして水曜会に出かける。
ピアニストがいないのでアカペラ曲。
大中恩作曲「わたしの動物園」より
「てんとうむし」
「河童」
「マンモス」
「おのこおみな」
「からす」
「ひよっこ」
以前歌ったことがあるので楽勝と思ったがそうもいかない。女性は楽譜を見ないで歌っているが、楽譜を見ないと言葉がまだ怪しい。

岩棚に獺の祭の忘れ物

2月19日。
江川せせらぎの遊歩道の明津桜を見に行く。
IMG_4614aaa_20180223060014503.jpg 
残念なことにまだ3分咲位だった。
IMG_4617aaa.jpg 
明津桜はここの地名をとって明津桜と命名されている。
IMG_4621aaa_20180223060017b99.jpg 
品種は伊豆の河津桜。
IMG_4626aaa.jpg 
まだ花見客も少ない。
IMG_4631aaa_201802230600201f0.jpg 
明津桜が満開になると春はもうすぐ。
IMG_4633aaa_2018022306002180a.jpg 
紅梅。
IMG_4624aaa.jpg 
江川は路肩の工事のため、水が抜かれている。
子供が空になった水路でサッカーをしてる。可愛い女の子が応援。
雀が餌をあさってる。
IMG_4619aaa.jpg 
矢上川のカルガモ。
IMG_4640aaa.jpg 
食事中。
IMG_4645aaa.jpg 
セキレイが飛び回ってる。
IMG_4647aaa.jpg 
セキレイは矢上川で頻繁に見かける。
IMG_4649aaa.jpg 
まだ蝋梅が咲いてる。
IMG_4646aaa.jpg 
大門句会に出かける。
地魚屋。また道を間違えた。
三四郎さん、あゆかさん、遊介さん、蒼月さん、糸さん、勝山さん、はなさん、さらさんの参加。
欠席投句は馬空さん、夢路さん、野里子さん、糸さん、まーゆさん。
兼題は
「冴返る」 立春をすぎてからぶり返した寒気

「獺の祭」 七十二候のひとつ。正岡子規は獺祭書屋主人と号した

「さより」 鱵、細魚、竹魚。春が旬の細長い魚。

「山茱萸の花」 早春に黄色の花が咲く。

あと一句か二句はお好きな季語で。

何と特選。
岩棚に獺の祭の忘れ物  光
あゆかさん特選、三四郎さん、遊介さん、糸さん選。
句評:獺の祭は誰も見たことはないが忘れ物をしてるという想像が広がる。
詠んだ感想:苦吟しているうちに何故か以前、行ったことがある寝覚の床が浮かんできた。浦島太郎が竜宮城から帰って来て釣りを楽しんだ場所でもある。その情景が獺の祭と結びついた。
獺の祭とは「カワウソが自分のとった魚を並べること。人がものを供えて先祖を祭るのに似てるところからいう。」
写真は「寝覚の床 上松町」より。
nezame001aaa.jpg 
マンションの間(あわい)の富士や冴えかえる  光
あゆかさん、遊介さん選。
句評:間(あわい)と詠んだところが良い。
詠んだ感想:裏のマンションの間から富士が晴れた日には良く見える。
水盤の雀騒ぐや木の芽風  光
三四郎さん選。
句評:水盤は冬の季語。誰が詠んだのかすぐわかる。
詠んだ感想:寒くてもやってくるが暖かくなりだすと雀が一斉に庭の水盤に群がる。
山茱萸の黄に囲まれし通学路  光
三四郎さん選。
句評:黄色の明るさと通学路があってる。
詠んだ感想:うっかり自分の句だと一瞬気がつかなかった。子供たちのざわめきと黄色があってると思った。
銀色に光る細魚を捌きけり  光
詠んだ感想:銀色の細魚を捌くのは大変だろうなあと思いつつ詠んだ。
特選句と私の選句。
捨てられぬ山積みの本獺の祭  あかね
あゆかさん特選。
句評:いろんな本が積んであって獺の祭りを連想した。
私の選句。
いさかいのままの別れや冴返る  三四郎
勝山さん、さらさん、光選。
句評:胸につかえたまま別れるのはつらい。冴返るとあってる。
寒明けて駆落ち日和となりにけり  三四郎
糸さん、光選。
句評:駆け落ちとはふるぶるしいが、駆け落ち日和が秀逸。
人気句。
三味線のばちの激しく冴返る  あゆか
三四郎さん、勝山さん、さらさん、蒼月さん選。
句評:津軽三味線。ばちの激しさと冴返るがあってる。
干されたるさよりに細き海の色  あゆか
三四郎さん、さらさん、糸さん、蒼月さん選。
句評:細いさよりに海の色が残ってる美しい景。
気持ち良く食事。
IMG_4651aaa.jpg IMG_4652aaa_20180223060036841.jpgIMG_4653aaa.jpgIMG_4654aaa.jpgIMG_4655aaa.jpgIMG_4656aaa_201802230600424ee.jpgIMG_4657aaa.jpg

苦吟

2月18日。
明日は大門句会。一日中、苦吟する。
兼題は、三四郎さんからで

「冴返る」 立春をすぎてからぶり返した寒気

「獺の祭」 七十二候のひとつ。正岡子規は獺祭書屋主人と号した

「さより」 鱵、細魚、竹魚。春が旬の細長い魚。

「山茱萸の花」 早春に黄色の花が咲く。

あと一句か二句はお好きな季語で。

一日中、苦吟。

まず俳句モードに頭がなるのに1時間かかる。先人の句を詠んでいると次第に気持ちがその気になってくる。ひょんなことで大門句会で俳句を始めたのが11年くらい前。毎週の2句の投句と月一の句会。

三四郎さんの熱心さにひきずられてやってるうちに、ようやく面白くなってきた。以前は義務感であったが、気が付いたら楽しんでいる自分に気が付いた。

何とか5句ひねり出した。夜になっていた。

庭の菫が咲きだした。

IMG_4602aaa_2018022214274263b.jpg 

ノースポールも一輪咲いた。

IMG_4604aaa.jpg 

水仙。

IMG_4605aaa.jpg 

Icさんに貰ったピンクの猫柳。

IMG_4610aaa_2018022214274624e.jpg 

部屋のシンビジューム。これから長く楽しませてくれる。

IMG_4613aaa.jpg 

スキヤキパーティ

2月17日。
Nz邸での恒例のスキヤキパーティ。
Sさんと出かけ練馬の駅で待ち合わせ。早く着きすぎたのか誰もいない。しばらくしてKsさん、Nzさん、Thさんが現れ、走ってきたNzさんが汗をかいて現れる。
Nzさんが入れ物などを金物屋で買う。金物屋なので少し高いと女性たちがぶつぶつ。
Nzさんがふるさと納税でお肉を手に入れている。Sさん主導で女性陣中心で野菜とかお肉の追加を買い出し。
行く途中の蝋梅。
IMG_4582aaa.jpg 
Tkさんが15年ぶりにスキーに行ったと言うので、来シーズンはご一緒しようと言ったら、後15年はいいと言われてしまった。
Nzさんはこのため休みをとり、部屋の掃除をしたりして大変だが、よくやってくれる。
スキヤキパーティが始まる。Iwさん、Ksさん初参加。白酔会参加メンバが多い。Iwリーダー、常連のNzさん、Kmさん、Tmさん、初参加のKsさん、Nkさん。
Sさんがすき焼きのたれを作る。私は座椅子を確保。(Sさんによると男性がなにも手伝わないのが不満。)
すき焼きを囲んで食べながら話しながら楽しい。
野菜一杯。
IMG_4585aaa.jpg 
お肉も一杯。
IMG_4586aaa_20180222071719359.jpg 
Sさんが鍋奉行。
IMG_4587aaa.jpg 
野菜の下にお肉が一杯。
IMG_4592aaa.jpg 
Sさんによそおってもらう。何時もながらお大尽?
IMG_4593aaa.jpg 
丁度、平昌オリンピックの男子フィギュアスケートが始まったのでもっぱらそっちを観戦。
Kmさんが仕事で遅れて登場。スキーで怪我したので椅子に腰かける。9名の参加。
羽生選手の金、宇野選手の銀が決まると大騒ぎ。
モーグルの競技が始まるとIwさんならできるんじゃないのと大騒ぎ。Iwさんはこぶ斜大好きだが、それで腰を痛めたことがある。
Ksさんがご主人のことを話す。良きご主人だ。
Toさんが珍しく酔ったのか設計と営業について持論を展開。
NkさんとはPC時代に呼び寄せて説明を聞いたことがあるが覚えていてくれなかった。
NzさんとKmさんは兄弟みたい。何か薬剤師の話をしてる。
Tkさんと側で話をしたかったがまあいいか。
お肉をお腹いっぱい食べた。お酒も少々飲みすぎて良い気持ち。5時間以上わいわいと楽しんだ。
いい気持ちでSさんと腕を組んで帰ったが、ザックを忘れたのを駅で気が付いて引き返してしまった。Nzさんに往復付き合ってもらう。

シンビジューム

2月16日。
スキー疲れが抜けきれず、一日、家に籠ってお休み。
昼寝もして睡眠をたっぷり稼ぐ。
部屋のシンビジューム。
IMG_4579aaa.jpg 
シンビジュームは結婚した時にお祝いでもらったのが始まり。かれこれ45年くらいになる。
株を増やしたり、新しく購入したりして一時は30鉢を超えたが、忙しくなって手入れがおろそかになるとどんどん減って、数鉢まで落ちた。その後、株分けなどで増やして、10鉢+小鉢5鉢になってる。いろんな種類を購入したが、今は一種類。
IMG_4581aaa_20180221194945706.jpg 

3Y会

2月15日。3Y会に出かける。
行く途中のストック。
IMG_4564aaa_20180221081928bdb.jpg 
駅でKgさん、Ydさんと待ち合わせて、何時ものお店に行く。
IMG_4575aaa.jpg 
蔵王に吹雪にあって帰って来たばかりと言ったら、あきれられた。やめたほうが良いと思うが、ストレスがたまるんでしょうとKgさんに言われる。吹雪は怖かったと言い転んだと話す。
Ydさんも学生時代に山スキーで何十キロとしょったうえで腰まで埋まる雪に中を歩いたと言う。そこで転ぶと起き上がれない。
冬季オリンピックの話。日本はメダルメダルと騒ぎすぎ。
皇室の話。二人とも皇室は日本を高めてくれる制度と言う。
北朝鮮問題。トランプ大統領では北に対応するのが心配。
安倍一強。小池さんが失敗したのは女性だからだと言うのには反論。女性の首相が出ない限り政治は良くならなと持論を言う。
人の噂。日本はどうなるかなど、大いにおだを上げた。おじさん(お爺さんか)好みの話が多かった。
IMG_4565aaa_20180221081930fb7.jpg IMG_4566aaa_201802210819311fa.jpgIMG_4567aaa.jpgIMG_4569aaa_20180221081934d41.jpgIMG_4570aaa_20180221081936615.jpgIMG_4571aaa_201802210819379c8.jpgIMG_4572aaa_201802210819393c1.jpg

バレンタインデー

2月14日。
バレンタインデー。
元秘書のKmさんからは誕生祝いを兼ねて何時も贈って貰っている。老舗の和菓子を贈って貰い、既に美味しく頂いた。
仮孫ちゃんのお母さんのKmさんからは、お孫ちゃん向けの絵本付で贈って貰った。
IMG_4543aaa_201802201724005a4.jpg 
息子のお嫁さんから。何時も気遣ってくれる。
IMG_4545aaa.jpg 
Sさんはいいこといいことと言ってくれたが今年はくれなかった。
庭の梅。
IMG_4550aaa_20180220172403e7a.jpg IMG_4552aaa.jpg
接骨医に行く。
冷えたらだめですよと言われる。蔵王の吹雪で冷え切ったのが後を引いて痛い。
矢上川のカルガモ。
IMG_4557aaa.jpg IMG_4559aaa.jpg
水曜会に出かける。
今日はピアニストがOnさん。
大中恩作曲「わたしの動物園」より「からす」。
木下牧子作曲「・ティオの夜の旅」より
  1.祝福
  2. 海神
  3. 環礁
  4. ローラ・ビーチ
アルトのKnさんが入団。Ikさんの同僚で慶応の後輩。挨拶するが、53年後輩。
・横山潤子先生編曲「サザン特集」より「真夏の果実 」。
大中恩作曲「風の歌」より「冬の風」。
疲れた。蔵王の疲れが抜けきってない。
Ikさんに飲み会付き合うと言っていたし、Onさんとも話かったが、疲れているので無理は止めた。Onさんにはちょっと挨拶。
帰りは道を間違え、電車は乗り越してしまった。やれやれ。

休肝日サラダ彩る若布かな

免許証の書き換えの手続きに行く。
港北警察署の場所は、何度も行ってるはずだが、道順が怪しくSさんに教えて貰う。方向音痴は困ったものだ。
無事到着。視力テストで一度ミスるが次に通過。視力は落ちてないはずだ。
免許証の受け取りは一か月後。
帰りに大倉山梅林に寄る。この坂はきつい。
大倉山記念館。
IMG_4523aaa_20180220073731e05.jpg 
三椏はまだ蕾。
IMG_4524aaa.jpg 
少しまだ早かったようだ。
IMG_4526aaa_20180220073733c5b.jpg 
咲いてる梅も多い。
IMG_4528aaa_20180220073735306.jpg 
梅見客はさほどいない。
IMG_4529aaa_20180220073736242.jpg 
この梅林は、東京急行電鉄が龍松院から土地を購入し、昭和6年(1931)に開園。
IMG_4530aaa.jpg 
「最盛期の昭和12年(1937)ごろには、白梅を中心に14種1,000本を超える一大梅林があったとされますが、第二次大戦中は燃料用のたき木を取るため伐採されたり食糧不足のためイモ畑化するなど荒廃しました。」
IMG_4532aaa.jpg 
現在は、32種類、約200本の梅が植えられている。
IMG_4534aaa.jpg 
甘酒を飲む。寒い。
IMG_4537aaa.jpg 
美しい色の梅。
IMG_4538aaa.jpg 
堪能して帰る。
部屋のシンビジュームが咲きだした。
IMG_4539aaa.jpg 
大門句会勉強会その269の三四郎さんの句評を見る。
兼題は夢路さん出題の「若布」。

◇光

三陸の香り運ぶや若布汁

休肝日サラダ彩る若布かな

⇒三陸産の生若布が早々と売っていたのでしょう。早速買って来た。香りが感じられるなら味噌汁ではなくお吸い物でしょうか。

若布はいかにも休肝日にはよさそうな食材ですね。食物繊維やミネラルが豊富。彩りもいい。

蒼月さん選。

休肝日サラダ彩る若布かな
健康寿命を全うしたいですね。和布の深緑色がサラダに季節を感じさせます。

:津波に襲われた三陸地方の復興を詠みたかった。

以前、若布をよく食べた。お酒を呑みすぎた次の日にはさっぱりして美味しかった。

蒼月
三陸の綱引き出づる和布かな
この「綱」がよくわからない。若布を採るのに地引網? 若布刈は普通は先に鎌をつけた竿で採りますよね。(三四郎)
これは養殖ワカメの収穫の様子を詠んだものです。現在ではワカメの97%が養殖、産地は岩手と宮城で全国の7割を占めているらしいです。 

:これは知らなかった。良く調べてる。

◇野里子

肉厚の若布しやぶしやぶ一掴み

⇒若布のしゃぶしゃぶですか。美味しそう。肉厚なら歯ごたえもいいでしょうね。

:若布のしゃぶしゃぶってあるのは知らなかったが肉厚が面白い。

◇三四郎

魚屋の棚につやめく新若布

:つやめくとは色っぽい。


蔵王よさようなら

2月12日。蔵王最終日。
夜中にリウマチの痛みで目覚める。
リウマチが痛いのでスキーは止めると言う。皆も雪が酷いのでスキーは断念すると言う。
Inさんは今シーズン一回きりでスキーは終わり。少し疲れてきたようだ。Icさんも後一回来るかなあと言う感じ。Icさん弟とAiさんはまだまだ滑りたいようだ。Icさんは秋まで国体の準備があり忙しいようだ。
宅急便を準備し、チェックアウト。
IMG_4510aaa_20180219120620695.jpg 
ホテルの玄関。
IMG_4513aaa_20180219120622d19.jpg 
駐車場も雪で一杯。
IMG_4514aaa.jpg 
ヒルズサンピア山形さようなら。水戸組と分かれる。
IMG_4515aaa_20180219120625be0.jpg 
レンタカーを返し、山形駅を出発。
IMG_4516aaa.jpg 
帰りは一列車遅らせたので座れたが、途中から満員。郡山までは雪が降ってる。
大宮でIkさん、Khさんと別れる。
あったかい。近所の梅を見てほっとする。
IMG_4518aaa.jpg 
庭の梅も咲きだしていた。
IMG_4520aaa_20180219120842889.jpg 
Sさんに報告。蔵王の吹雪では思わず神さま仏さまに祈ったと言う。怪我しなくて良かったと言ってくれた。

蔵王 吹雪

2月11日。蔵王二日目。
早朝に温泉に行ったら、野球少年とその親御さんで芋を洗うようだった。
天候は良くないのでお地蔵さんはあきらめる。
大森駐車場に止めて黒姫に登ったがガスで前が見えない。
IMG_4494aaa.jpg 
黒姫ジャイアントコース。全く下が見えなくて怖い。
IMG_4497aaa_20180219113216870.jpg 
昼飯はダイヤモンドバレーのラーメンを食べようと提案があり、長い距離を移動。
黒姫から連絡コース、菖蒲沼ゲレンデ、中央ゲレンデ、ダイヤモンドバレーと移動してレストハウス・ダイヤモンドを目指す。
IMG_4498aaa.jpg 
ダイヤモンドバレー。
IMG_4499aaa_20180219113219234.jpg 
レストハウス・ダイヤモンドに着いたが満席。
IMG_4500aaa_201802191132218fb.jpg 
諦めて高鳥コース、上ノ台ゲレンデを降りる。ここで私はIcさんいよく似た人について竜山ゲレンデに行ったが違う人だった。Ksさんと一緒にはぐれるが、蔵王スカイケーブルの上ノ台駅で何とか合流。
中央高原駅から滑り降りて、竜山ゲレンデに向かう。
ここで二本滑るが下がガリガリつるつるで滑りにくく力が入ってしまう。
段々天候が悪くなる。蔵王スカイケーブルで再びダイヤモンドバレーに行き、レストハウス・ダイヤモンドを目指したが、やはり満席。
諦めて黒姫方向に戻る。中央ゲレンデ、樹氷原コースからユートピアゲレンデ、百万人ゲレンデを経て黒姫ゲレンデに向かう。雪が凄く、吹雪になって来て前が全く見えない。これほどひどい中滑るのは初めてかもしれない。Icさん、Ikさんの後をついていったが、次第に遅れ、風に体が浮いたと思ったとたん転倒。
IMG_4501aaa.jpg
Khさんに引っ張ってもらったが、リウマチの腕が痛くて起き上がれない。スキーを脱いでやっと起き上がれた。体力を消耗して滑りもバラバラになり危ないなあと思った時、ようやくレストラン黒姫に到着。既に全員到着していて食事中。食欲ないが何とか流し込む。
帰るべく出発。
IMG_4504aaa_201802191132257fa.jpg 
寒さの中、リフトに揺られる。
27983008_797433623792839_5504040259747832368_o.jpg 
黒姫、大森と滑り降りる。
酷い一日だった。すっかり体が冷えてしまった。
まずは温泉に浸かる。
夕食。
IMG_4505aaa.jpg IMG_4506aaa.jpg
IMG_4507aaa.jpgIMG_4509aaa_20180219113231038.jpg
いやあこんなにひどいのは初めてと話し合う。体もへとへとなので二次会もそこそこに床に就く。

蔵王

2月10日。
蔵王に行く。赤倉スキーから間2日しかなかったので、疲労が残ってる。来シーズンから、間をもっととるようにしよう。
Sさんに怪我しないように気を付けてと見送られる。
蔵王駅でKhさんにレンタカーを借りてもらう。Ikさんと一緒にホテルに向かう。ここで宅急便を受け取り着替える。
大森駐車場に止めて、リフトで上に向かう。リフトを降りてまず大森ゲレンデ。
IMG_4462aaa_20180219075231dec.jpg
大森ゲレンデを滑る。思ったより雪質がいまいち。
IMG_4464aaa.jpg 
次に黒姫に向かう。
IMG_4465aaa.jpg 
途中、Icさん、Inさんら4人の水戸組と合流。
黒姫ゲレンデの頂上。
IMG_4468aaa.jpg 
Inさん、Icさん弟、Aiさんはガンガン飛ばして素早いのでついていけない。Ikさんは果敢についていく。
IMG_4471aaa_20180219075236877.jpg 
樹氷は一度落ちたそうだ。
IMG_4472aaa.jpg 
黒姫ゲレンデの下。何本か滑ってお茶する。
IMG_4474aaa.jpg 
水戸組は早々と地蔵まで行って樹氷を見たようだが、こちらは地蔵に行くのはあきらめる。
IMG_4478aaa_201802190752416f6.jpg 
気持ち良く滑れるが体の切れが悪い。
IMG_4479aaa.jpg 
黒姫から、大森まで滑り降りて、本日は終了。
IMG_4482aaa_20180219075244dd4.jpg 
ホテルの部屋はKhさんと同室。部屋から見た夜景。
IMG_4483aaa_20180219075245eea.jpg 
レストラン。
IMG_4488aaa.jpg 
食事は豪勢。
IMG_4487aaa_20180219075248a3b.jpg IMG_4486aaa.jpg 
二次会は部屋で。Khさんが持ってきたお酒が美味い。
IMG_4489aaa.jpg 

初孫の片言聞くや春近し

2月9日。
大門句会勉強会その268の三四郎さんの句評を見る。
兼題はあかねさん出題の「春近し」。

◇光

初孫の片言聞くや春近し

一人居に女人訪れ春近し

⇒初孫が意味のある言葉をしゃべりはじめました。こうして徐々に自分の思いを表現できるようになります。「春近し」の季語がぴったりですね。

さあ、この女人はどういう人でしょう。佳人には違いありませんが、そんなに若くはない品のいいご婦人のような感じです。ドラマが始まりそう。

野里子さん選。

初孫の片言聞くや春近し

 ほっこりとしてしまいます。

蒼月さん選。

一人居に女人訪れ春近し
光さんは新しい句の世界を開かれましたか。俳句の本を読んでいましたら、

  石田破郷の句を見つけました。

   女来(く)と帯纏(ま)き出づる百日紅

   こちらは若者のときめきを詠んでいるようです。

:初孫の句は、何か盛んにしゃべっているが何を言ってるかはさっぱりわからない。それでもこちらの顔を見てしゃべりかけてるように見える。もうすぐ春だ。

女人の句は、独身の頃を思い出して詠んでみた。Sさんに出会う前の願望である。

私の選句。

◇野里子

フィナーレの「いい日旅立ち」春近し

⇒春は旅立ちの季節、卒業や就職も間近です。合唱演奏会のフィナーレでしょう。粋な選曲です。

→コーラス演奏会の終わりの「いい日旅立ち」はそれだけでコーラス団員の想いが伝わってくる。

◇馬空

床屋には先客五人春隣

⇒そういえば今の時期の床屋は混んでいますね。もうすぐ春、散髪をしてすっきりとしようという心境でしょうか。ちょっと待ちそうだがまあいいか。

→春隣りならば、多少待ってもいいや。

◇遊介

春近し松山行きの乗車券

⇒松山を走る路線というと予讃線。瀬戸内の海沿いを走る眺めのいい列車です。海の光りに春の気配を探しに行こう。

→ぼっちゃんの世界。赴任してるところかな。

◇夢路

猫三匹アカペラ歌う春近し

⇒さあ、恋猫の季節到来だ。三匹そろって鳴き声のリハーサル。明日は敵同士だけどね。

→猫の恋の季節。アカペラとしたのが面白い。

◇蒼月

蝕されし月赤らみて春近し

⇒先日の皆既月食ですね。すべて地球の陰に入ったはずなのになぜ赤く見えるのだろうと不思議でした。月蝕に季節は関係ないですが、あの赤い月に春を感じたのでしょう。

:先の月蝕をすぐに詠むのは才人ですね。

◇勝山

うたた寝の夢あほらしや春隣

⇒あほらしい夢というのも楽しくていいじゃないですか。うなされるような悪夢よりよっぽどいい。心がおだやかな証拠。もうすぐ春です。

→そういう夢を見てみたい。

接骨医に行く。

矢上川を通過したが何時もの鳥たちが見られない。どこにいったのかな。

ハクセキレイのみいた。

IMG_4444aaa.jpg 

梅。

IMG_4449aaa.jpg 

庭の猫柳。

IMG_4451aaa.jpg 

88会新年会に行く。
中学時代の仲間が6人。
お店の場所がわからず、おまけにスマホの電池が切れてしまった。やむなくヤマト運輸のお姉さんに聞く。忙しい中、スマホで素早く調べてくれて場所を教えてくれた。優しい。
Hrさんが韓国に行って新しいチャレンジをすると聞いて皆驚く。疑問する声があったが、私はこの歳でそういう新しいチャレンジをすると言う事に、感動した。既に若い奥さんは韓国に行ってし投資もしてる。彼も4月には定住するつもりで行くそうだ。頑張れ。100歳まで生きないといけないと言うから相当の覚悟だ。
IMG_4452aaa.jpg IMG_4453aaa.jpg
Knさん、Kzさん、Mtさん、Hdさんと談笑。明日のスキーの準備があるのでカラオケが始まったところで帰る。

品川旭会

2月8日。
品川旭会に出かける。
赤倉スキーから帰って翌日なのでかったるい。
行く途中の葉ボタン。
IMG_4431aaa.jpg 
梅。
IMG_4432aaa.jpg 
サクラソウ。
IMG_4433aaa.jpg 
Ty幹事の元、7名集まる。
常連のNkさんは風邪、Sjさんは奥さんがインフルエンザで欠席。
Szさんが寒い中、釣りの成果を誇る。大物が連れてネットの釣りニュースにも載ったと記事を見せる。
寒い中よくやれますねえと皆が言う。しっこをするのが大変だと言う。私もスキーは厚着してるので大変と同調しあって喜ぶ。200~300m下の深海魚狙いなので魚がかかった時の感触が微妙。そこを判断するのが上手い人と言わんばかり。何時もは体調についてぶつぶつ言うのだが、釣りの話になると顔は紅潮するし、元気が良い。
Szさんが釣り、私がスキーに行かなくなった時はいよいよ終わりと言う事。皆はあきれながらもっともとうなづく。
お店は何時もの絵芙。美味しい料理が次々と出てくる。親父さんから体は大丈夫ですかと心配される。スキーから帰ったところだと言ったら、あきれられたが安心された。娘さんからも心配してもらった。
IMG_4434aaa.jpg IMG_4435aaa.jpg IMG_4436aaa_201802160851233b8.jpg IMG_4437aaa.jpg IMG_4438aaa.jpg IMG_4439aaa.jpg IMG_4440aaa.jpg IMG_4441aaa.jpg 
Tyさんの名幹事のおかげでKnさんに会うことができる。Knさんは病持ちだが、顔色も良くいい男になった。この会でしか会えない。
Odさんが食事コントロールで体重を減らしたと自慢。朝、昼と二食。それほど腹が空かないと言う。
Kmさん、Tyさんは新参。Kmさんは唯一どこも悪くない。
ついSさん自慢をしてしまってわかったわかったと言われる。

赤倉スキー最終日

2月7日。赤倉スキー最終日。
朝日が昇る。
IMG_4378aaa.jpg 
晴れた晴れた。晴れ男の面目躍如。妙高山。
IMG_4382aaa.jpg 
朝食はKbさんと洋食。
IMG_4383aaa.jpg IMG_4384aaa_20180215111843a46.jpg IMG_4385aaa.jpg 
出発。斑尾山、左奥に岩菅山、烏帽子岳、右奥に志賀山、横手山、草津白根山。
IMG_4386aaa.jpg 
野尻湖。四阿山、根子岳。
IMG_4391aaa.jpg 
チャンピオンゲレンデを滑り降りる。
IMG_4395aaa_20180215111849fab.jpg 
ここからは一気に直滑降。
IMG_4397aaa_20180215111850470.jpg 
左が女子国体コース、右がチャンピオンBコース。
IMG_4398aaa_2018021511185227f.jpg 
野尻湖。
IMG_4400aaa.jpg 
実に気持ち良く滑れる。風を切って滑る。これだからスキーは止められない。
IMG_4401aaa.jpg 
Kbさんとはこれで最後となる滑りをご一緒する。15年以上前のニュージーランドスキー以来ご一緒した。
IMG_4406aaa.jpg 
Kbさん、Mgさん、Sjさん、Wb夫妻ともご一緒する。Tmさん、Sbさんとは残念ながらゲレンデではお会いできなかった。
IMG_4417aaa.jpg 
ほとんど止まらないでどんどん滑るので写真が撮れない。チャンピオンBコース。
IMG_4418aaa.jpg 
実に気持ち良い。生きてるう。
IMG_4419aaa.jpg 
後ろに妙高山。
IMG_4421aaa.jpg 
妙高山は夏山で登った。
IMG_4422aaa.jpg 
赤倉スキーよ来年までさようなら。
IMG_4423aaa.jpg 
十分満足して滑り終わり、宅急便を送って、温泉に入ってのんびり。
IMG_4424aaa.jpg 
その内、雪が降ってきた。絶好のタイミングに滑っていたことになる。今シーズンの11日目のスキーが終了した。
大浴場に行く途中の舞妓さん。
IMG_4426aaa_20180215114124db1.jpg 
お雛さま。
IMG_4427aaa.jpg 
ホテルのシャトルバスで妙高高原駅につく頃には大雪。
IMG_4429aaa.jpg 
この後は宴会ムード。来年も来ようと言いあう。

赤倉スキー二日目

2月6日。
天気は回復してきた。
和食会場より眺める。
IMG_4320aaa.jpg 
和食朝食。
IMG_4323aaa.jpg IMG_4322aaa_20180215072819721.jpg 
日が昇る。正面に斑尾山。奥に志賀山、草津白根山が見える。
IMG_4324aaa_20180215072820cb8.jpg 
野尻湖が光ってる。
IMG_4325aaa.jpg 
ホテル第3リフトで上に行く。
IMG_4327aaa_20180215072823b9a.jpg 
気持ち良く滑れる。昨日に比べるとゲレンデもグルーミングしてあり、滑走が心地よい。
IMG_4329aaa_201802150728251ae.jpg 
89歳で今シーズン限りでスキーを卒業されるKbさんを中心にMgさん、Sjさんと一緒に滑る。ところどころでWb夫妻ともご一緒する。
チャンピオンゲレンデを昨日と違って気持ち良く滑走。
IMG_4333aaa.jpg 
ゲレンデマップ。
IMG_4335aaa.jpg 
ここから降りる。
IMG_4336aaa_2018021507282929c.jpg 
メイプルで昼食。
IMG_4343aaa.jpg 
更にMgさんと滑る。
IMG_4344aaa_20180215072831af3.jpg 
休息していたKbさん、Sjさんとホテルの前で合流。
IMG_4352aaa.jpg 
更にガンガン滑る。
IMG_4354aaa_20180215072834ce5.jpg 
Mgさんがこぶ斜面に行ったので下で待つ。きたきた。
IMG_4355aaa.jpg 
ホテル第5リフトでさらに上へ。
IMG_4356aaa.jpg 
あまり調子よく滑り過ぎて疲れが出てきて転倒。平らなところだったので起き上がるのに一苦労。Mgさんからお爺さんみたいだと言われたがお爺さんだもの。
IMG_4359aaa.jpg 
ここまでとおきらめて引き上げる。
IMG_4361aaa.jpg 
赤倉観光ホテルが見えてきた。
IMG_4365aaa_2018021507284132e.jpg 
帰って、温泉に入り一息つく。
夜は懐石料理。
IMG_4367aaa.jpg 
少し熱燗を飲む。
IMG_4368aaa.jpg 
昨日懐石料理だったWbさんより食べきれないよと言われたが、その通り。美味しいが入らなくなった。
IMG_4369aaa_20180215075955818.jpg IMG_4370aaa.jpgIMG_4371aaa.jpgIMG_4372aaa.jpgIMG_4373aaa_201802150800014d7.jpgIMG_4374aaa.jpgIMG_4375aaa.jpgIMG_4376aaa_20180215080005a15.jpgIMG_4377aaa.jpg

赤倉スキー

2月5日。赤倉スキー初日。
東京駅でTmさんとSj夫妻とあう。大宮駅で幹事のMgさんと合流。
長野駅でSbさん、89歳最長老のKbさんと、Muさんと合流し、妙高高原駅に向かう。
妙高高原駅からは赤倉観光ホテルのシャトルバスでホテルに向かう。凄い雪。
赤倉観光ホテルに到着。
IMG_4287aaa.jpg 
大浴場で着替えて早速ゲレンデに向かう。何も見えない。
IMG_4289aaa_20180214075502cd3.jpg 
赤倉観光ホテル。
IMG_4290aaa_20180214075504c41.jpg 
雪が降り、風も強くあまり滑りたい心境ではないが、何とか出発。
ホテルゲレンデで足慣らし。
IMG_4292aaa_20180214075506d1a.jpg 
さらに上に登る。
IMG_4295aaa_201802140755074e9.jpg 
めいぷるでお茶。
IMG_4296aaa_201802140755099de.jpg 
メイプルを出る。
IMG_4297aaa_20180214075510991.jpg 
チャンピオンゲレンデ。新雪ぼこぼこで下が良く見えず、こわごわ滑る。
IMG_4299aaa.jpg
急傾斜を89歳のKbさんが華麗に滑られ、追いつくのに苦労した。
IMG_4300aaa_20180214075513f73.jpg
Mgさん、Sjさんもふうふうしてる。疲れた。
IMG_4301aaa.jpg 
帰って早速温泉に浸かる。極楽極楽。
夜はMgさん幹事で楽しく会食。前日から来てるWb夫妻と合流。10名の平均年齢は80歳を超える。
IMG_4303aaa.jpg IMG_4304aaa.jpgIMG_4305aaa.jpgIMG_4306aaa.jpgIMG_4307aaa_20180214075522c57.jpgIMG_4308aaa.jpgIMG_4310aaa.jpgIMG_4313aaa.jpgIMG_4314aaa_20180214075528b79.jpg
Wb夫人は大病をされたが元気に復活。仲が良いと治りも早い。
Tmさん、Sbさんは別に予約したが一緒の日になって良かった。
Kbさんは90歳になる前に今シーズンでスキーは卒業と言われる。寂しい。
Sj夫人は滑られないでホテル。かご作りで有名。Sさんの事を話したら興味を持たれた。
MrさんはMgさんと同級生でコーラス仲間。酒が強い。
つらら。
IMG_4317aaa.jpg 
Kbさんと同室で早々と休む。

ちょっと鼻水が

2月4日。
Sさんと出かけようとしたが、鼻水が出るので自重した。明日からの赤倉スキーに備える。
庭のスノーフレークの芽。
IMG_4281aaa.jpg 
沈丁花の花芽。
IMG_4282aaa_20180208073459b95.jpg 
猫柳の芽。
IMG_4283aaa_2018020807350064e.jpg 
一日おとなしくしてたら夕方には快調になる。

誕生日

2月3日。私の76歳の誕生日。
Sさんと恵方巻とケーキを買いに行く。
近所の梅。
IMG_4253aaa.jpg 
我が家はまだ蕾だが、ここは日当たりが良いので良く咲いてる。
IMG_4255aaa.jpg 
梅は寒い時期に咲くので凛としてる。
IMG_4262aaa_2018020807124639f.jpg 
買物が終わって帰るときに蝋梅がまだ一杯咲いてるところを通りかかる。我が家の蝋梅はとっくに鳥たちに食べつくされたが、ここは人通りが多いので鳥たちも近寄らないのかな。
IMG_4261aaa.jpg 
ケーキカット。76歳になったので6本。SさんにHappy Birthdayと歌ってもらいながら蝋燭を消す。
IMG_4267aaa.jpg 
Sさんに感謝。Sさんのおかげでこれまで生きて来れた。Sさんあっての私。
豆撒きをする。
塵になると袋に豆を入れたまま撒くので迫力がない。それでもすべての部屋に撒く。福は内!
最後の鬼は外では、豆そのものを撒くので迫力ある。鬼は外!!!
良き1年でありますように。

退職祝いと快気祝い

2月2日。
雪が降ってる。
IMG_4230aaa.jpg 
今日は飲み会なのに困ったと思ったが、しばらくして降りやみ、昼には溶けてしまった。
Odさん退職祝いと私の快気祝い。
最初、お店に入るのに一瞬戸惑った。
IMG_4250aaa.jpg 
幹事のKmさん好みのお店。
Kmさん幹事で7名集まる。
Odさんはまだ退職したばかり。皆でお祝いする。この会も現役はKmさんとKjさんのみになる。
Odさんは退職後ゴルフのレッスンを受けてるには驚かなかったが、学生時代やっていたエレキギターを始めるには驚いた。退職してやりたかったことの第一だったみたい。退職したらSrさんみたいにいい男になるとからかってしまった。
料理が次々と出てくる。なかなか美味い。若い女性も多い。
IMG_4231aaa.jpg IMG_4232aaa.jpg
IMG_4233aaa.jpgIMG_4235aaa.jpg
Kmさんは娘と奥さんと3人でハワイでゴルフしたと楽しそうに話す。彼の何時ながらの楽しい会話に心が和まされる。ユニークなお店を選んでくれた。彼のおかげでこの会が続いてる。
Shさん:ゴルフ、卓球、カラオケ、麻雀で上を目指すとは見上げた心がけ。認知症にならないためには若い女性に興味を持つことと独特の理論を語る。
Itさん:遠方から来る。奥さんと仲が良いのが行間に読み取れる。私がSさんを愛してると言ったら、それはShさんの言う女性とは違うのではないかと言うので、愛してる愛してると連呼したらあきれたようだ。
Srさん:何だか年々いい男になる。ゴルフしかしてないと言いながら、アメリカ自動車横断をさらっとやろうとしてる。アメリ大陸をジグザグしながら横断する。
Kjさん:単身赴任が半分で奥様を思う気持ちが強くなった。泣けてくるなあ。アメリカ滞在中は彼が帰ってくる日に合わせて懇親会を開いたものだ。
大きなアルミ箱が来る。
IMG_4236aaa.jpg 
メインの蟹。食べるのに苦労したが美味い。
IMG_4238aaa.jpg 
その後も次々と料理が運ばれ、満腹。お酒も進んでしまった。
IMG_4237aaa.jpg IMG_4243aaa.jpg IMG_4244aaa.jpg IMG_4245aaa.jpg IMG_4246aaa.jpg 
実に楽しい貴重な集まりである。

風邪気味

2月1日。
とうとう2月になった。1月はスキーが出来て嬉しい嬉しいで終わった。
2月まではまだこれが続く。スキーができるうちは生きてると言う感覚。
赤倉にスキーを送る。
寒さのせいか風邪気味なので一日、家に籠る。
部屋のシンビジューム。
IMG_4223aaa.jpg 
パキラ。
IMG_4224aaa_20180203235046be7.jpg 
ハナキリン。
IMG_4225aaa_20180203235047c0b.jpg 

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR