FC2ブログ

2018-01

Latest Entries

みなとみらいクラシック・マチネ〜名手と楽しむヨコハマの午後

1月31日。
川井綾子さんの「川井綾子と神奈川フィルの管楽器メンバーが個性豊かに、多彩に奏でる五重奏アンサンブル」をSさんと聴きに行く。
IMG_4205aaa.jpg 
横浜みなとみらい大ホールが満席。
IMG_4207aaa.jpg 
出演者。
川井綾子(ピアノ)
古山真里江(オーボエ)
齋藤雄介(クラリネット)
鈴木一成(ファゴット)
豊田実加(ホルン)
【第1部】
モーツァルト(編曲/薮田翔一):きらきら星変奏曲 K.265(ピアノと管楽器のための五重奏版)
モーツァルト:ピアノと管楽器のための五重奏曲 変ホ長調 K.452
川井さんは病を克服され、そのようなそぶりは微塵もなく、力強い演奏に感激した。Sさんももうあんな演奏をするなんて素晴らしいと言う。
昼休み。外に出てベンチで太巻きを食べる。
観覧車。
IMG_4208aaa_20180203232328795.jpg 
まだ時間があったのでお茶したらラブラブだった。
IMG_4210aaa.jpg 
パネルに綺麗に表示されていた。
IMG_4211aaa.jpg 
【第2部】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」Op.13
ベートーヴェン:ピアノと管楽器のための五重奏曲 変ホ長調 Op.16
昼休みを挟んでモーツアルトとベートーベンを楽しんだ。
元気な演奏を聴いてとっても嬉しい。
Nkさんも聴きに来ていた。
帰って、水曜会に出かける。歌ってないので声が出るか心配。
発声練習で声出ない。毎日歌ってないとだめだがスキーシーズンは難しい。
「わたしの動物園」大中恩作曲より「マンモス」。
一度歌った曲だが「バン バンバン バンバン・・・」のリズムが取れない。
「ディオの夜の旅」木下牧子作曲より「ディオの夜の旅」。
この前のテナーのパート練習で歌えたと思ったが、今だし今だしだった。
「勝手にシンドバッド」桑田佳祐作曲、横山潤子編曲。
順番がまだよくわかってない。練習はテンポを遅くしていたが、リズムが早くなったら歌えるかなあ。
帰りに靴を間違えてしまった。家に帰ってSさんに指摘されて気が付く。ボケの始まりか?
皆既月食。Sさんが撮ってくれたがちょっとピンボケ。
IMG_4217aaa_20180203232332ef5.jpg 
スポンサーサイト



久しぶりの接骨医

1月30日。
スキーなどに行っていて、このところ接骨医に通っていない。心なしか肩の痛みが増したような気がする。接骨医にスキーに行っていて来れなかったと言ったら、次はいつ行くんですかと聞かれたので来週の月曜ですと言ったら笑われてしまった。スキーに行くのはかまいませんと言われて嬉しくなる。
帰りの矢上川のハクセキレイ。
IMG_4199aaa_20180203190942867.jpg 
一駅歩いてみどりの窓口に行く。
赤倉に行く切符を買う。長野から妙高高原のしなの鉄道が私鉄になっていて買えなかった。
帰り道のシクラメン。
IMG_4200aaa_201802031909444e7.jpg 
葉ボタン。
IMG_4203aaa_20180203190945cf5.jpg 
何となくスキー疲れが残っていて後は休む。

湯気立てて妻不在なり一人なり

1月29日。
歯医者に行く。最初に歯のクリーニングを歯科衛生士にしてもらう。良く磨かれてますねと言われてご機嫌。
医師に次は型を取りましょうと言われる。
IMG_4189aaa.jpg 
近所の猫ちゃん。
IMG_4192aaa_20180203085921d27.jpg 
庭に雪が残ってる。
IMG_4193aaa.jpg 
スキー疲れで休む。
大門句会勉強会その267の三四郎さんの句評を見る。
兼題ははなさん出題の「湯気立て」。

◇光

湯気立てて妻不在なり一人なり

ストーブの薬缶かたかた湯気立ちぬ

⇒ストーブの上のやかんか加湿器か、湯気がさかんに上がっている。今日は妻は出かけてひとりでリビングにいるがなんとも手持無沙汰。「不在なり一人なり」はいささかしつこいですが、大の大人がだだをこねているよう。

湯気立てそのもののスケッチですね。「湯気立ちぬ」の「ぬ」は完了の助動詞で「立ってしまった」の意味になりますから「湯気立てり」の方がいい。

勝山さん選。

湯気立てて妻不在なり一人なり

もくもくと蒸気が部屋に注いでいる。連れ合いのいつもの気配が感じられない。

自分ひとりだといやおうなしに意識してしまう瞬間。

蒼月さん選。

湯気立てて妻不在なり一人なり
湯気が立つことで家の静けさと孤独感が増幅される。聞こえるのは湯気の音だけ。
:Sさんがいないといかにもつまらない。薬缶の湯気も侘しい寂しい。

湯気立ちぬは立ってしまったですか。言葉の推敲が必要。

私の選句。

◇馬空

まどろみの待合室や湯気の音

⇒病院の待合室とも駅の待合室ともどちらともとれますが、いずれにしても暖かい部屋でうつらうつらしている。かすかにシューという湯気の音が。気持ちのいいひと時です。「湯気の音」で季語になるかという疑問がわきますが明らかに湯気立てからの湯気だとわかりますからOKですね。

:情景が眼に浮かぶ。一昔前の田舎の医者の待合室。

◇蒼月

日の射して部屋に湯気立てティータイム

⇒リビングの広いサッシから冬の日が差し込んでいる。ストーブの上には湯気を立てているやかん。じっくり淹れた紅茶が美味しい。

:紅茶か珈琲が美味しそう。

◇勝山

湯気立てて三代続くお土産屋

⇒老舗の土産店だから店構えも年季が入っていて木の枠の引き戸に分厚いガラスがはまっていたりする。店の奥にはこれまた年代物のストーブに鉄瓶が置かれている。座っているのは年代物のおばあさん。(ちょっと想像力を飛ばしすぎたかな)

:想像をかき立てる句。三代続く土産物屋に行ってみたい。

◇三四郎

湯気たてて次の列車は二時間後

:田舎の列車の待合室。無人駅かな。

栂池さようなら

1月28日。白酔会最終日。残念ながらTm大先輩とKmさんは怪我をして宿で休息。
3日間で初めて晴天。
ベルハートから見た鐘の鳴る丘。最高だ。
IMG_4130aaa.jpg 
早速リフトに向かう。
IMG_4132aaa.jpg
鐘の鳴る丘ゲレンデ。
IMG_4135aaa.jpg 
白馬の山々が良く見える。
IMG_4137aaa.jpg 
鐘の鳴る丘の最上部。
IMG_4141aaa.jpg 
鐘の鳴る丘で足慣らし。
IMG_4145aaa.jpg 
丸山はパスして一気に栂の森に向かう。
IMG_4147aaa_20180202162522ba3.jpg 
栂の森の頂上。白馬の山々が美しい。
IMG_4149aaa_2018020216252343c.jpg 
白馬三山。右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳。
IMG_4153aaa_20180202162525a2a.jpg 
杓子岳、白馬鑓ヶ岳。
IMG_4161aaa.jpg 
白馬三山。見とれてしまう。ここで全員撮影。Ogさん、Skさん、Ibさんは寝転がり冷たいので早く撮ってと催促。
IMG_4162aaa.jpg 
下は栂の森ゲレンデ。
IMG_4163aaa.jpg 
右は登山道。登る人がいる。
IMG_4165aaa.jpg 
栂の森を一気に滑る。風が顔を打つのも気持ちが良い。
IMG_4171aaa.jpg 
ちょっとお茶。
IMG_4174aaa.jpg 
 ハンノキゲレンデ、白樺ゲレンデ、チャンピオンゲレンデを気持ちよく滑る。
白樺ゲレンデ。
IMG_4177aaa.jpg 
チャンピオン。
IMG_4178aaa_201802021625373e6.jpg 
何人かは馬の背に行った。私はパス。
IMG_4181aaa_20180202162538b11.jpg 
最高に気持ち良い滑り。スキーの醍醐味だ。
IMG_4182aaa_20180202162540821.jpg 
チャンピオンを降りてラーメンを食べる。
IMG_4184aaa.jpg 
晴女のOgさんと晴れ男の私の面目躍如である。
食事をして上がるころには曇ってきたので、一番良い時に滑っていた。
ベルハートに戻り、荷物を整理して温泉に入る。
IMG_4185aaa.jpg 
ベルハートのTkさんに挨拶して三々五々お別れ。
IMG_4186aaa.jpg 
帰りもKdさんに家まで送って貰った。
Iw幹事ご苦労さんでした。

白酔会二日目

1月27日。白酔会二日目。Iwリーダーを始め主力部隊が午前1時から2時に到着。24名の大部隊となる。天候は相変わらず雪で良くない。
Iwさん、Szさん、Skさんをリーダーとして鐘の鳴る丘から丸山に向かい足慣らし。
IMG_4067aaa.jpg 
早速エデンでお茶する。
IMG_4079aaa.jpg 
白樺、チャンピオンと滑る。上にも行けるようになったのでハンノキを滑る。頂上の栂の森はリフトが動いてないのでお茶して待つ。ようやく動いたので栂の森を滑る。景色は全く見えないが雪質は良いので気持ち良く滑れる。最高だ。栂の森ゲレンデで一滑り。寒いが気持ち良い。
IMG_4081aaa.jpg 
栂の森ゲレンデの上。
IMG_4082aaa_20180202114705622.jpg 
昼食。
IMG_4083aaa.jpg
Nzさん、Toさんは積極的。Nkさんはストックを曲げてしまった。Ikさんが面倒を見る。
IMG_4090aaa_20180202114709428.jpg 
Kmさんが転んだので写真を撮ったが、その後、更に転び脚を痛めてしまう。Tnさんにスキーを担いでもらって歩いて下りる。少し休んで帰路につく。心配でついて下りる。
IMG_4098aaa.jpg 
鐘の鳴る丘。
IMG_4099aaa.jpg 
夜の宴会は大いに盛り上がる。Iwリーダーの挨拶で乾杯。
Tm画伯の絵をDVDで見て皆喜ぶ。スイスのスキー場で私を描いてると紹介される。
IMG_4101aaa.jpg IMG_4102aaa.jpg IMG_4103aaa_20180202114717f84.jpg IMG_4104aaa.jpg 
二次会は幹部室に24人集まる。大宴会。
Jbさんにシステムの話を聞く。血が騒ぐ。
Kmさんは脚の具合が良くなさそう。せっかく調子が出て来たのに残念。Toさんが心配そう。
Ibさん、隊長、Skさん、Szさんはスキー談議。
Ktさんは昨日が誕生日。
Sgさん、Hrさんは盛んにスキーの質問をしてる。熱心だなあ。
Ngさんが水曜会における私の立場についてNzさんに質問し、Nzさんが困ってる。
Nsさんが遅れてくる。胃が悪くて酒飲めないから遅いんだとフェイクニュース。(嘘だった。)
Tnさんもスキーを熱心に語る。
Kdさんも初参加だが、溶け込んでいる。
Ksさんは写真を配ってる。こまめ。
Mrさんは株談議。儲かってる?
Ikさんは良くNkさんの面倒を見た。Nkさんが迷子にならなかったのはIkさんのおかげ。
Ogさんに何か新しいことしないのと言われて、Sさんと旅行かなあと言う。他にはと言われて困る。
宴会の最後の頃、Ksさんにマッサージをしてもらい、ぐっすり休む。
ああ楽しかった。

白酔会

1月26日。
白酔会。
Sさんに怪我しないようにねと見送られて出発。
橋本駅で待ち合わせしKdさんの車で送って貰う。
栂池のベルハートに到着。奥がベルハート。
IMG_4027aaa_20180202081226a7c.jpg
Ktさんに出迎えてもらう。ベルハートのTkさんから元気になって来れて良かったわねえと言われる。
IMG_4024aaa_2018020208122595f.jpg 
今晩主力が来るが一日前に休みが取れた人とリタイヤ組が12名。24名の参加者中、半分が前日と言うのは珍しい。長老TmさんとSgさんは午前中に滑って休息中。
雪と風で少し吹雪き気味。あまり滑る気にならないが、とりあえず出発。Skさん、Ktさん、Ikさん、Nzさん、Mrさん、Ngさん、Kdさん、Hrさんと一緒。既に滑ってるTnさんは別行動。
鐘の鳴る丘。
IMG_4026aaa_20180202081228def.jpg
丸山ゲレンデに向かう。
IMG_4028aaa.jpg 
何も見えない。丸山ゲレンデで滑る。下が良く見えないが雪質は良い。
IMG_4030aaa.jpg 
昼食はカレー。
IMG_4031aaa_20180202081233f29.jpg 
白樺ゲレンデを滑る。
IMG_4038bbb.jpg
リフトに乗ってると吹雪いて寒い。リウマチには良くない。早々とお茶。
IMG_4040aaa_2018020208123578f.jpg
白樺ゲレンデの頂上。
IMG_4041aaa.jpg
ゴンドラもリフトも上の方へは止まっていていけない。超寒い。
IMG_4042aaa.jpg
チャンピオンは行きたくなかったが、雪がふわふわだからこぶないよと言われて滑りに行く。
IMG_4045aaa.jpg
帰路につく。とにかく寒い。
温泉に浸かって一息つく。
食事が多くて食べきれない。
IMG_4048aaa_20180202081241103.jpg IMG_4049aaa.jpg IMG_4050aaa.jpg IMG_4051aaa_20180202081246910.jpg IMG_4052aaa.jpg 
二次会は幹事部屋でKtさんの誕生日を祝う。
麦酒で乾杯。ワイン、日本酒、焼酎、バーボン皆が持ち込んで何でもあり。
Skさんは指導員。もう20日位滑ってる。
Tnさん、Ngさんは電車組。
Kdさんは初参加。
Ktさんは愛知から唯一参加。昔は愛知組が一杯いたが。
Mrさんは皆の人気者。株に詳しい。
Nzさんはスキーが面白くなり出した。
Ikさんとはよく一緒する。
HrさんはMgさんの紹介で昨年から参加。
長老Tmさん、Sgさんはお休み。
主力部隊が零時過ぎるのでKtさんを迎えに残して休む。

荏柄天神社の初天神

1月25日。
息子のお嫁さんのご両親に新年の挨拶に行く。
ところが東横線が車両点検で遅れ、横須賀線が人身事故で遅れて1時間余り遅れてしまった。
謝ってから新年の挨拶。
荏柄天神社の初天神に向かう。
鶴岡八幡宮は通過するのみ。
IMG_4000aaa.jpg 
荏柄天神社に到着。
IMG_4020aaa.jpg 
階段を上がる。
IMG_4001aaa_201801301743347f2.jpg 
「荏柄天神社は源頼朝が鎌倉に入るより前からある古い神社で、1104年(長治元年)の創建と伝わる。」
IMG_4003aaa.jpg 
京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮とともに日本三天神の一つに数えられている。」
IMG_4013aaa.jpg 
初天神祭の後、「筆供養」が執り行われます。
学問の神菅原道真にちなんで始められた行事で、書家や歌人などをはじめとする参拝者が持ち寄った愛用の筆や鉛筆を焚きあげて供養することにより、書道や字の上達を願います。」
筆は持ってきてもらい奉納。
IMG_4004aaa_20180130174339f1b.jpg 
絵筆塚。
IMG_4006aaa.jpg 
河童の絵柄など。
IMG_4008aaa.jpg 
横山隆一、小島功、加藤芳郎など著名な漫画家たち。
IMG_4010aaa.jpg 
絵筆塚より見た荏柄天神社。
IMG_4011aaa.jpg 
梅。
IMG_4014aaa.jpg 
三椏。
IMG_4018aaa.jpg 
散策中にご主人といろいろ話す。
昼飯のお目当ての中華料理屋がお休み。
こちらのお店も良い。
IMG_4022aaa_20180130174349e98.jpg IMG_4023aaa.jpg
明日はスキーと言ったら、気を使って早めに切り上げられた。

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

1月24日。
庭の雪はまだたっぷり残ってる。
IMG_3988aaa_201801292207486e6.jpg 
大門句会勉強会その266の三四郎さんの句評を見る。
兼題は勝山さん出題の「寒波」。

◇光

寒波来てモンスターとなる樹氷林

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

⇒霧粒が木の枝に氷ついたのが樹氷ですがモンスターに見える木もあったのでしょう。ただ、樹氷林とするとその林全体がモンスターばかりだったということになる。一本の木なら「寒波来てモンスターとなる樹氷かな」。

キーンと冷えた大気の中の音はするどくよく通り、聞いているほうも凍えているのでとんがったように聞こえた。

:蔵王の樹氷をイメージ。モンスターだらけなので樹氷林と詠んでみた。

凍えてると発車のベルがとんがって鋭く聞こえる。あれは温度と周波数の関係か?

馬空さん選。

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

寒波の冷気とちょっと焦りを感じる空気感が、表現出来ていると思います。ベルもが、ちょっと気になります。ベルはの方が、良いと思います。

勝山さん選。

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

ベルがとんがる。冷えた空気で高音部が鋭く聞こえるのだ。

自分の心が防御的になっているのかも。

あかねさん選。

寒波来て発車のベルもとんがりぬ

<寒さの表現にとんがりぬで空気に冷たさが伝わります>

私の選句。

◇野里子

寝返りの枕の凹み寒波来る

⇒寒くてなかなか寝付かれない。そんな時に限って枕の具合がしっくりこない。

:枕の凹みと寒波との取り合わせが面白い。

◇馬空

冬一番ベッドに運ぶ母軽し

⇒冬一番は寒波来るの傍題でその冬初めての寒波のこと。外には雪が舞っているかも知れない。車いすから母親を抱いてベッドに運んだがまた軽くなっているような気がした。漠然とした不安。

:母軽し、冬一番と悲しみが伝わる。

◇あかね

子の背中さすって過ごすや寒波の夜

⇒中七が字余りです。促音「っ」も一音に数えます。「や」は省いてもいいですね。また「っ」は俳句では大文字「つ」と書いて下さい。

:子を思う母の気持ちがよくあらわされてる。

◇はな

真鍮のドアノブ磨き寒波来る

⇒真鍮のドアノブと寒波はいい取り合わせ。ただ、磨きもいいですがただ鈍く光っているという景も寒さによく合う。

:上手い取り合わせ。気がつかなかった。

◇三四郎

寒波きぬ牛の吐く息荒々し

:寒くなると牛の吐く息は白さが増して荒々しくなる。

Sさんと用事に出かける。

近所の梅が寒さの中咲いてる。

IMG_3989aaa_20180129220749acb.jpg 

自由が丘の駅は88周年だった。

IMG_3993aaa_20180129220751deb.jpg 

モンブランでお茶。

IMG_3995aaa.jpg 

甘いもの大好き。

IMG_3994aaa.jpg 

帰って、阿川佐知子の「正義のセ その3」を読む。

4月のドラマに吉高由里子主演で放映される。阿川さんも吉高さんも贔屓なので嬉しい。

IMG_3998aaa_20180129220755ab6.jpg 

M会

1月23日。
大雪の翌日M会開催。
庭の雪。
IMG_3924aaa.jpg 
階段も雪が残り滑りそうなので、Sさんに言われてトレッキングシューズを履いていく。
IMG_3929aaa.jpg 
道路もまだまだ雪が。
IMG_3927aaa.jpg 
懇親会場についてうろうろしていたらこっちこっちとHrさんに呼ばれた。
幹事はNkさん、Iwさん。15名参加。
Mk会長の挨拶と乾杯で始まる。
Mk会長の隣に座ったのでいろいろと懇親。私が単身赴任の時に奥さんに毎日電話しろと言ったのはMkさん。そのことを覚えていて余計なことを行ったと言われたが、私にとってはSさんを深く愛した毎日の電話だった。
愛妻家Smさんの隣に座ってお互いに愛妻賛歌を謳歌。朝起きた時に奥さんに何というかと聞かれたのでピヨピヨと言うと答える。Smさんはハグして***と言うそうだ。これからも大いに愛妻とハグしましょうと言いあう。周りから馬鹿じゃないのと言うような顔をされる。
一人一人の近況報告がある。
IMG_3932aaa.jpg IMG_3937aaa.jpg IMG_3943aaa.jpg IMG_3952aaa.jpg IMG_3955aaa.jpg IMG_3960aaa_20180129213010ea1.jpg IMG_3961aaa.jpg 
私の近況報告。7月8月と入院し、退院するときにスキーとか山に何時から行けるかと聞いたら、とんでもないと言う顔をされて半年はダメと言われた。それではスキーシーズンに間に合わない。脚は半分になったかと思うくらいに細くなってるので散策から初めて、年内に3回くらいハイキングをしたが、体力の衰えを感じた。スキーはと2回日帰りスキーに連れて行って貰ったが、疲れて調子が出ない。志賀高原に行って、調子悪ければ今シーズンはあきらめようと思った。初日は転んだりして調子が出ない。二日目にすごくいい天気になったら調子が出てきた。三日目も良かったので、今シーズンは行けそうと思ってる。Sさんが周りの人からリウマチのご主人をよくスキーに行かせますねと言われて、行かせないとストレスが溜まって却って良くないと答えてると言う話をしたら、やっぱり奥さんの事かと大笑いになった。
ゴルフは肩の関節の痛みでクラブを振ることが出来ず、医師からも止められているので、残念ながら今後参加は難しい。今後は飲み会のみとなる。と挨拶。
Wbさんからスキーが出来て何でゴルフが出来ないんだと言われた。
Hrさんは蓼科の本宅が老犬が亡くなったら、冬はあまりいたくないようで奥さんと娘と一緒に愛知の方に来てるとか。
Kyさんは結構病院通いが絶えない。
Knさんは年取ると人恋しいと言う。
3時間も懇談し途中で遠方から来ているTrさん、Hrさんは帰ったが、いささか飲みすぎ。しかし年寄の集まりにしては元気オーラが一杯出ていて楽しかった。

大雪

1月22日。
大雪と予報されていたが、高をくくっていた。
IMG_3903aaa.jpg 
ところがだんだんすごくなってきた。
YH会を延期する。京都から来てるTbさん、長野から来てるTrさんには申し訳ないがとても無理。私の判断が遅かったくらいだ。Sjさんにはお店から無理しないようにと連絡ある。Tyさんから一番早く無理と連絡あり。HdさんにSzさん、Tbさんには電話連絡してもらう。
IMG_3906aaa.jpg 
どんどん積もる。
IMG_3907aaa.jpg 
2階から撮影。
IMG_3908aaa.jpg 
Sさんは枝の雪払い。
IMG_3921aaa_201801242219178eb.jpg 
けやき。
IMG_3918aaa.jpg 
スモークツリー。
IMG_3919aaa.jpg 
遠くは雪でかすんでる。
IMG_3913aaa.jpg 
人気も音もない。
IMG_3909aaa.jpg 
夜になるとけやきは別の植物のよう。
IMG_3922aaa.jpg 
暖かくしてじっとしてるしかない。

Sさんの味噌つくり テナーのパート練習と新年会

1月21日。
Sさんの味噌つくり。
茹でてつぶした大豆に米麹と塩を混ぜて丸めたもの。
IMG_3883aaa_201801242043129d4.jpg 
丸めたものを味噌樽に詰める。
IMG_3884aaa_201801242043132ef.jpg
味噌樽に叩き詰める。空気を抜くため。
IMG_3885aaa.jpg
隙間なく詰めている。
IMG_3889aaa_20180124204316176.jpg
この後、ラップをし、落し蓋をして、重しを乗せ、熟成を待つ。
IMG_3892aaa_20180124204317ccb.jpg
水曜会テナーのパート練習に出かける。
以前、Is先生のボイトレの練習に通っていた懐かしの清心町コミュニティセンター。
IMG_3893aaa_2018012420431956f.jpg 
KkパートリーダーとTb音楽監督の指導で練習が始まる。
トップはHtさん、Kkさん、Urさん、セカンドはKsさん、新入団のSoさん、Nmさん、私。
Tb音楽監督が持ってきてくれた音録り音源で「ティオの夜の旅」を練習。
「祝福」「海神」「環礁」「ローラ・ビーチ」「ティオの夜の旅」。曲ごとにKkさんから怪しいところを指摘されて繰り返し練習。
私にとって非常に有意義であった。こわごわ歌っていたが、それが薄れた。まだ誰かのように楽しむところまではいかないが、恐れがなくなっただけでも大収穫。
「勝手にシンドバット」は順番を教えてもらった。慣れるまでややこやしい。
最後に「いとしのエリー」を歌って終了。2時間以上の密度の濃い練習。
新年会。
同席にSoさんがいて沢山話が出来て良かった。サッカーの選手だったが60歳の時にアキレスけんを切っ辞めたと言う。今はコーラス三昧。
Tb音楽監督も盛んに語る。On先生とYk先生は話し方は全く違うが曲に対する言わんとしてることは同じと言う。
Ksさんも薬剤師の話やゴルフ210ヤード飛ぶと言う話をする。私より年上だが若々しい。
IMG_3894aaa.jpg IMG_3895aaa.jpgIMG_3896aaa.jpgIMG_3897aaa_20180124204325975.jpgIMG_3898aaa_201801242043268df.jpgIMG_3899aaa_20180124204328bcb.jpgIMG_3900aaa.jpg
Htさんはコーラスは頭を使うから老化防止になると言う。スキーは頭を使わないでしょうと言うからとんでもない瞬間の判断力がいると反論。どっちが頭を使うかと言うのでコーラスと答えたが、使うところが違う。
帰りは、Nmさんと同じ方向だったので話が出来て良かった。高校時代から指揮をしていたから、年季が入ってる。楽しい人だ。

高齢者講習

1月20日。
高齢者講習に行く。
バスの時間を間違えて早く行き過ぎる。
行く途中のプリムラ。
IMG_3881aaa_2018012315565688b.jpg 
早速運転講習。
車庫入れが苦手なので慎重にやったらうまくいった。喜んでいたらS字で車輪をこする。
黄色の信号で一時停止したら指導員に褒められる。
ブレーキの上に足を置いているのでブレーキランプがつきっぱなしと指摘される。
まあまあと思いほっとする。
視覚検査は、視野角、夜の視力は年齢の割に良かったが、動体視力が落ちていた。
帰って、Sさんに報告。
恩田陸著の「麦の家に沈む果実」読み切る。
少しおどろおどろしい小説。
IMG_3880aaa.jpg 
出ずっぱりなので少し疲れた。

Kyさん訪問とDmさんを囲む会

1月19日。
昼間は大先輩のKyさんのところに訪問。
施設玄関のシクラメン。
IMG_3869aaa.jpg 
Trさん、Tmさん、Mnさん、Hrさんと一緒。
以前ご一緒した中華で会食。その時に比べると大怪我から格段に回復されている。トイレに行くのに杖のみでさっさと歩かれる。明るく前向きの話をされるのも嬉しい。
昼間からビールを飲んでしまった。
IMG_3870aaa_201801231534327d9.jpg IMG_3871aaa.jpg IMG_3872aaa.jpg 
夜は、Dmさんを囲む会に参加。Trさん、Mnさんはそのまま一緒。
Ydさん幹事で12名参加。
何時もながらDmさんの経済に対する想いに感動。根本は人に対する愛が強いのだといつも思う。
IMG_3875aaa_20180123153436fa8.jpg 
IMG_3876aaa.jpg 
Iwさんも難病を克服。その話を詳しく聞く。
Kmさんはヨーロッパ旅行。語学は堪能なので気ままに満喫してる。
Ssさんは絵画三昧。招待券を貰う。
Skさんは縄文時代の研究。スキーもする。
楽しく団らん。仲間は良いなあ。

Tk大先輩訪問と湘南旭会

1月18日。
昼間に大先輩のTkさんのところに訪問。Trさん、Mnさん、Hrさんと一緒。
93歳のTkさんの元気なお姿に圧倒される。
当時の事業所の検査が優秀だったと楽しそうに話される。当時のSz検査課長がしっかりしていて振り回された。お客の事も事業の事もよく考えていたと。その後のAoさん、Ikさん、Unさんの検査も実に優秀だった。
事業所に移った直後に、一か月後に製品発表する製品が間に合わず、製品出荷を大幅に遅らせたと実に楽しそうに話された。
事業所が非常に厳しい時代だったが、皆が良くやってくれたと懐かしそうに話された。
3時間もお邪魔したが、まだいいだろうと言われてしまった。君たちは若くていいねえにも参った。
夜は湘南旭会にTkさん訪問の仲間と一緒に参加。
Azさん幹事。19名参加。
Trさんの開会の挨拶。
Sj社長から現状報告を聞く。新しいことにチャレンジしている。
食事はつい食べすぎた。
IMG_3854aaa.jpg IMG_3857aaa_20180122200123708.jpgIMG_3860aaa_20180122200127d80.jpgIMG_3861aaa.jpgIMG_3863aaa.jpgIMG_3864aaa.jpgIMG_3865aaa.jpg
Ikさんと大いに語り合う。Ikさんは厳しい検査課長だったが、お酒が全く飲めなかった私をお客接待ができるまでにお酒がたしなめるようにしてもらった。楽しかった。
お酒は少し飲む。
IMG_3859.jpg 
TrさんにSさんを大好きと言うのを信用してもらえず。やっかみかな。
Mnさんは、奥さんが絵を描くし、コーラスにもやり、その積極性に驚いてる。
Szさんは大病を克服。元気になって良かった。
Tmさんから設計者はB型が多いと聞く。
Hrさんの蓼科の家に行きたいと申し入れる。車がないのでNkさんに送ってくれと頼む。
Kgさんから志賀高原から帰ってきたところだと言ったらあきれられた。
Ogさんに体の心配をしてもらう。
Bbさんから息子さんの就職のお世話をしたのをいまだに感謝される。
Szさん、Ngさんとはスキーの話をする。
昔一緒に苦労した仲間とは実に楽しい。

放水にドローンも飛ぶや出初式

1月17日。
志賀高原から昨夜帰り、ゆっくり休養。
緑の少ない時期、アーカンサスの緑は貴重。
IMG_3847aaa.jpg 
クリスマスローズのみずみずしい緑。
IMG_3848aaa_201801210813317c7.jpg 
何時も緑のヒトツバ。
IMG_3849aaa.jpg 
Tkさんより頂いた花の種が芽吹いた。
IMG_3850aaa_20180121081333f7b.jpg 
月曜日に欠席した大門句会の結果を見る。

兼題はあゆかさん。

 「出初」 出初式

「雪女」 雪女郎

「海鼠」

「嚏(くさめ)」 くしやみ

「北」 これだけでは非季語。

放水にドローンも飛ぶや出初式  光

あゆかさん、蒼月さん、野里子さん、さらさん選。

:放水の撮影にドローンを飛ばしたらよい写真が撮れるだろう。

渾沌を姿にしたる海鼠かな  光

三四郎さん、糸さん選。

:海鼠は何とも言えない姿をしてる。自然界が生み出した不思議。

吹雪くたび乙女となりぬ雪女  光

糸さん選。

:雪女は吹雪くと若返る。また生まれ変わる。

北風やレジ袋舞う交差点  光

:よく見かける風景。

朝日浴び天に向かいて大嚏  光

:朝になると大きなくしゃみをする方がいてつい詠んでみた。

人気句。

嚏してちくしょうと言ふ八百屋かな  勝山

あゆかさん特選、蒼月さん、さらさん、あかねさん、遊介さん、三四郎さん選。

青空を蹴って出初の大返り  あゆか

三四郎さん、勝山さん、あかねさん、さらさん、はなさん選。

大海鼠太古の海にうごめけり  三四郎

あゆかさん特選。

水曜会の練習をして出かけるつもりだったが、どうも体が重いので無理するのをやめて欠席。スキーシーズンに水曜会に参加するのはなかなか厳しい。


志賀高原 最終日

1月16日。
とうとう最終日。同室のSzさんは昨日転んだところが痛いので今日は休養。
シャトルバスで奥志賀に向かう。久しぶりに滑るHmさんは、自分で確認するために別行動。
焼額山山頂。
IMG_3814aaa_201801202113497b1.jpg 
雲海の上に北アルプスが浮かぶ。
IMG_3820aaa.jpg 
疲れが出てきて早々とティータイム。
IMG_3824aaa.jpg 
奥志賀。
IMG_3830aaa.jpg 
白馬、唐松、五竜、剣、鹿島槍が見える。最高最高。
IMG_3834aaa.jpg 
奥志賀2018m。
IMG_3835aaa.jpg 
Mn夫妻が車で帰るので別れる。
ラーメンを食べる。
ここから一の瀬、高天原と移動。
IMG_3840aaa.jpg 
西舘山。
IMG_3844aaa_20180120211359a59.jpg 
ここを滑り降りる。移動のための橋を登るのにへとへとになる。
ここで二手に分かれる。元気なHnさん、Otさん、Krさんは西舘を二本とジャイアントを滑る。
最長老のTwさんとサポートのIkさんと私はゆっくり滑る。
IMG_3846aaa.jpg 
終わった終わった。怪我もせず、無事終了。
何とか今シーズンのスキーは出来そうだと少し自信が出た。
10人のメンバのうち80歳以上が4人、私は下から3番目。元気な先輩と滑れて幸せな三日間であった。

志賀高原二日目

1月15日。
二日目は天気が良いので横手山に向かう。
横手山のリフトに到着。
IMG_3748aaa.jpg 
リフトを乗り継いで横手山山頂につく。
手前の笠岳の右手に妙高が見える。
IMG_3749aaa.jpg 
戸隠。
IMG_3756aaa_20180120192832028.jpg 
北アルプスの山々。圧倒される。
IMG_3759aaa.jpg 
頂上の電波塔と樹氷。
IMG_3765aaa.jpg 
展望台に上る。白馬、五竜、剣、槍が見えるようだが、判別つかない。
IMG_3769-001aaa.jpg 
妙高。
IMG_3771-001aaa.jpg 
風が吹いて寒い。2307mだ。
IMG_3772aaa_20180120192841e14.jpg 
白馬、五竜かな。
IMG_3773aaa_20180120192842dbe.jpg 
360度の景観に圧倒される。
IMG_3774aaa_201801201928439f1.jpg 
妙高。
IMG_3776aaaa.jpg 
浅間みたいだが。奥は八ヶ岳か。
IMG_3779-001aaa.jpg 
表示板がある。
IMG_3784aaa.jpg 
富士山が見えるよと誰かが言う。
IMG_3786aaa.jpg 
おお見えた見えた。
IMG_3787aaa.jpg 
樹氷はまだ完全でない。
IMG_3792-001aaa.jpg 
満員のシャトルバスで移動。スキーを持って立つのはきつい。韓国の若い男性に席を譲ってもらった。大感謝。
蓮池に到着。そこからジャイアントに到着。昼食をとる。
IMG_3796-001aaa.jpg 
そこから東舘山、焼額山、高天原と滑る。正確にはどこを滑ってるのかよくわからない。
IMG_3805aaa_2018012019285584f.jpg 
次第に快調になってきた。滑りが少し回復してきた。
IMG_3811aaa.jpg 
昨日よりは随分と良い気分。
温泉にもゆったり入る。
食事しながらの歓談も楽しい。

志賀高原初日

1月14日。
Sさんに怪我しないように風邪ひかないようにと見送られて出発。
志賀高原、サンキ会。
大宮駅で皆と合流。幹事のHnさんに挨拶。
長野駅に到着。雪がほとんどない。
IMG_3721aaa.jpg 
バスで蓮池に到着。
IMG_3722aaa.jpg 
宿まで少し歩く。
IMG_3726aaa.jpg 
宿に到着。部屋割りはSzさんと車で来たKrさんと同室。Mn夫妻も車。
IMG_3728aaa.jpg
Hmさんが車で来てないのでHnさんが連絡したら一日間違えていた。夕方までにはつくそうだ。
スキーの準備をして食事に行く。
IMG_3725aaa.jpg 
スキー靴を履くのに一苦労して出発。
宿から板を担いでジャイアントゲレンデに向かう。板を担ぐとリウマチで肩が痛む。結構距離があり、くたばる。体力が落ちてる。
ようやく板を履いて滑れるところまで来る。
IMG_3729aaa_20180119220751010.jpg 
ジャイアントの中腹に出る。狭い道でちょっと危うかった。
発哺ブナ平スキー場で足慣らし。-10℃位で寒い。
IMG_3733aaa.jpg 
まだあまり調子が出ない。
IMG_3735aaa_20180119220754e23.jpg 
東館山スキー場に向かう。皆は急坂を果敢に滑ったが、私は最長老TwさんとサポートのIkさんと一緒に回り道。転んだらダメと医師からも言われてるので今までになく慎重。
曇っていた空が晴れてきた。
IMG_3741aaa.jpg 
東舘山スキー場。晴れてきて気分も乗ってきた。
IMG_3742aaa_20180119224338702.jpg 
 少し調子が出てきたかな。確認しながら滑る。雪質は良い。
IMG_3743aaa.jpg 
 帰路につく。ジャイアントの途中からリバース。ところが途中で転んでしまった。起き上がれなくてじたばたしてたら最長老86歳のTwさんにつかまりなさいと言われて引き起こしてもらった。その時の力強い引っ張りに感心。
無事一日が終わった。滑りはまだまだで、疲れもひどいのでスキーシーズンを乗り切る自信がまだない。
遅れてきたHmさんが到着してる。10名揃う。
温泉に入る。極楽極楽。
食事の前にHnさんの部屋に集まって一杯やる。麦酒とMnさんが持ってきた日本酒を少し飲む。
Twさんに転んだ時に起こしてもらったお礼をする。
晩飯は食欲不振であまり食べれず。Hmさんから食が細いですねと言われる。麦酒は美味いが飲むと調子が悪くなるのであまり飲まず。
食事後、宴会があったが、疲れてパス。すぐに寝てしまった。

ああ失敗

1月13日。
Sさんが撮った富士山。天気が良いと良く見える。
IMG_3704aaaa.jpg 
霜柱。
IMG_3708aaa.jpg 
接骨医に行くのに財布を忘れて往復。
何とか治療を受けて、駅まで歩いてみどりの窓口に言ったら、ジパング倶楽部の小冊子が昨年のだった。
そこから引き返す。歳はとりたくないものだとつい思ってしまう。
くたびれて休んでいたらSさんが帰って来て、一緒に行ってあげると言ってくれたので一安心。私がいないと何もできないのねと言われてしまった。
行く途中のサクラソウ。
IMG_3714aaa_20180113175658ffe.jpg 
矢上川でよく見かけるハクセキレイが道路の真ん中にいて何かついばんでる。
IMG_3717aaa.jpg 
Sさんがいるので今度はスムーズにチケットを購入できた。
帰りにいきなりステーキに久しぶりに行く。
IMG_3719aaa.jpg
お肉を食べてやっと一息ついた。
IMG_3718aaa.jpg 

ヒヨドリとメジロ

1月12日。
Sさんが鳥が来ないわと言って水盤を見に行ったら凍っていた。
氷を避けて水を入れ替えたら、すぐにヒヨドリが来た。Sさん撮影。
IMG_3691aaa.jpg 
やたらとヒヨドリが来るのは良いが、他の鳥を追っ払ってしまう。
メジロが来た。
IMG_3697aaa.jpg 
寒いのに水浴びして羽繕いしてる。
IMG_3699aaa_20180113072905749.jpg 
庭の実はほとんどヒヨドリたちに食べられてしまった。
ヤブコウジの実まで一つか二つしか残っていない。食べ物の少ない時期だから生き残るために必死なんだろう。
IMG_3700aaa.jpg 

Ykさんと久しぶり

1月10日。
久しぶりに床屋に行く。
帰りに松の川緑道を少し散策。
蝋梅が満開。
IMG_3674aaa.jpg 
慶応の練習場にはほとんど人がいない。ラクビー場は無人、サッカー場は一人ランニング、ホッケー場は工事中、野球場は数人キャッチボール。
下田神社にお参り。
IMG_3681aaa_2018011307041544a.jpg 
夜、Ykさん、Nkさんと会食。Keさんに計画してもらったが、風邪でダウン。三人で行うことに。
Ykさんが予約してくれた「金谷」はなかなか良い。
IMG_3690aaa_20180113070425585.jpg 
時間を間違えて30分以上遅れてしまった。お爺さんは困るね。
Ykさんとは久しぶり。YY会メンバだが、ほとんど来なくなった。Keさんが近況を教えてくれたので会いたいとお願いして実現。
スキューバダイビングに凝って沖縄の海の良く行ってると聞いて驚く。年に数回1週間ぐらいづつ行くそうだ、別世界だと。おぬしやるなあ。
Nkさんが気配りの人と絶賛。
Nkさんとは、付き合いが長い。Nkさんがお客を怒らせたと言う昔話をついしてしまった。ストレスはないでしょうと言ったらあると反論された。
Ykさんから声に張りがあると言われて気分良い。
料理は美味い。
IMG_3684aaa.jpg IMG_3685aaa_20180113070417048.jpgIMG_3686aaa.jpgIMG_3687-001aaa.jpgIMG_3688aaa_2018011307042242f.jpgIMG_3689aaa.jpg
個室で静か。Kgさんが見つけたそうだ。Kgさんにも会いたいと言ったら、またKeさんをいれてやろうと言う事になった。

ティオの夜の旅

1月10日。
庭の水仙。
IMG_3671aaa.jpg 
庭の実はヒヨドリなどに食べつくされた。わずかに万両の実がに残る。
IMG_3672aaa.jpg 
歌の練習をして水曜会に出かける。
今年になって初めて。新年の挨拶をする。
新しいピアニストWbさんが来る。若い男性。
「ティオの夜の旅」木下牧子作曲より
「海神」
「環礁」
「ローラビーチ」
「ティオの夜の旅」
難曲。このところこの曲ばかり練習。リズム音程とも難しい。
新しい楽譜が配られる。
・横山潤子編曲「サザン特集」
  4.ミス・ブランニュー・デイ
  5.真夏の果実
  6.I AM SINGER
6曲すべて配られたが、まだ2曲しか練習していない。
Ssさんより演奏会の役員の紹介がある。
バスに見学者。入団してくれると良いが。
「YaYa」横山潤子編曲。
順番が出たり入ったりで難しい。
「「いとしのエリー」横山潤子編曲。
「風のうた」大中恩作曲より
「春の歌」。
終わった。久しぶりの練習で疲れた。

シラサギ

11月9日。
接骨医に行く途中に矢上川を覗く。
オオバンが群れてる。この時期、随分上流まで上ってきた。
IMG_3623aaa.jpg 
鴨。
IMG_3626aaa_20180112154820e2f.jpg 
シラサギもいる。
IMG_3629aaa_20180112154821648.jpg 
猫ちゃんが鳴いたので気が付いた。
IMG_3630aaa.jpg 
接骨医の帰りに江川せせらぎの遊歩道に行ってみる。11月一杯掃除をしていたので魚も鳥もいなくなっていた。
鴨がいた。水藻は早々と復活してる。
IMG_3634aaa_20180112154824c1f.jpg 
セグロセキレイ。せわしなく動く。
IMG_3641aaa.jpg 
魚影がない江川。
IMG_3643aaa_20180112154827364.jpg 
水仙畑。
IMG_3650aaa.jpg 
江川の地図。
IMG_3651aaa.jpg 
シラサギが餌を脚でかき混ぜて追い出してる。魚いないよと思う。
IMG_3652aaa.jpg 
江川せせらぎ遊歩道の起点。
IMG_3657aaa.jpg IMG_3658aaa.jpg
水が湧き出してる。金魚がいた。初めて見る魚。すぐに隠れてしまい撮れず。
IMG_3659aaa.jpg 
水草。
IMG_3661aaa.jpg 
さっきのシラサギが何か捕まえている。
IMG_3664aaa.jpg 
凄いね。シラサギ君。嬉しくなる。
IMG_3667aaa_201801121548415f0.jpg 
帰ってSさんにもシラサギの話をする。少し興奮気味。

ヒヨドリ

1月8日。
昨日のスキー疲れで階段を降りるのがつらい。
Sさんは風邪をひいて休んでいるので、私も一日、大人しくしている。
次回の大門句会にはスキーで欠席なので、苦吟してみる。頭がスキーモードで俳句モードにならない。
庭の水盤にヒヨドリが来た。
IMG_3609aaa_20180111095945fb2.jpg 
3,4羽来てる。
IMG_3612aaa_20180111095947e61.jpg 
入れ替わりくる。
IMG_3614aaa_201801110959472ff.jpg 
めじろが近づいてきたが水盤にたどり着けない。
水飲み。
IMG_3615aaa.jpg 
まだ居座ってる。
IMG_3616aaa_201801110959507e4.jpg 
水飲み。
IMG_3617aaa.jpg 
入れ代わり立ち代わりヒヨドリが水盤を独占したのでメジロも雀も近づけなかった。

丸沼高原スキー場

1月7日。今シーズン二回目の日帰りスキー。
3時半に起きてSさんに朝食を作ってもらい4時半Iwさんに迎えに来てもらう。
丸沼高原スキー場。前回と同じIwさんに連れて行って貰い、Kmさん、Toさんに今回はNzさんが加わる。
駐車場は3連休の真ん中でまあまあ混んでいる。
IMG_3567aaa_20180110153616350.jpg 
まずは足慣らし。イエローコース、オレンジコース下部を滑る。
IMG_3568aaa_20180110153618c86.jpg 
天候は晴れで雪質も良く-10℃位だったがあまり寒さは感じなく、気持ち良く滑れる。
IMG_3584aaa.jpg 
ゴンドラで頂上まで行く。
日光白根山が間近に良く見える。
IMG_3586aaa_20180110153620d5e.jpg 
YY会で以前、登ったことがある。
IMG_3588aaa.jpg 
ここは2000m。
IMG_3591aaa.jpg 
下りて昼食。お腹が減ってたっぷり食べてしまった。
実に気持ち良い。
IMG_3592aaa_201801101536254ce.jpg 
ロングランを一気に滑ったら足に来た。
IMG_3599aaa.jpg 
腿に来たので休憩。
Kmさんがつきあってくれた。
男性3人はまだ滑ってるがもう引き上げる。初滑りのNzさんが最後まで滑る。
Kmさん、Toさん、NzさんともIwさんの指導の賜物でサッサか滑るようになる。
今シーズン何とか無事に滑れるようにと祈る。
温泉はシャクナゲの湯。
実に良かった。
IMG_3607aaa.jpg 
スキーはいいなあ。

雀とヒヨドリ

1月6日。
庭の水盤に雀がやって来た。
IMG_3551aaa_20180108091832402.jpg 
楽しそうに水浴び。
IMG_3552aaa_20180108091834933.jpg 
そこへヒヨドリがやって来た。
IMG_3553aaa_20180108091834c16.jpg 
雀を追っ払う。
IMG_3555aaa_20180108091836b4c.jpg 
ヒヨドリの一方的かと思いきや。
IMG_3556aaa.jpg 
雀がまたやって来た。
IMG_3557aaa.jpg 
ヒヨドリ押され気味。
IMG_3559aaa.jpg 
とうとう雀の勝ち。
IMG_3563aaa_20180108091842c29.jpg 

花筐

1月5日。
Sさんが見たい映画「花筐」を一緒する。
明日が日帰りスキーと聞いていたが、間違いで明後日と分かり、得したような気分になり、Sさんの映画鑑賞についていくことにした。Sさんから私向きでないと言われたが。
近所の柚子。
IMG_3545aaa.jpg 
映画の始まる前に昼食をとる。
IMG_3546aaa.jpg IMG_3547aaa.jpg
「花筐」。
IMG_3549aaa.jpg 
大林監督の作品。何とも言えない映像の展開と幻想的で自由な映画の世界。確かに私向きではない。戦争時の青春と言う観点で見ると美しい反戦映画ともとれる。
1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)と“不良”なる青春を謳歌している。しかし、我が「生」を自分の意志で生きようとする彼らの純粋で自由な荒ぶる青春のときは儚く、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。「殺されないぞ、戦争なんかに!」・・・俊彦はひとり、仲間たちの間を浮き草のように漂いながら、自らの魂に火をつけようとするが……。」

鳥が一杯

1月4日。
水盤にヒヨドリ。小鳥を追っ払って水盤独占。Sさん撮影。
IMG_3451aaa_20180106080413041.jpg 
接骨医に行った帰りに矢上川の下流に向かって歩く。
鳥が一杯。嬉しくなってしまう。次々と鳥が現れる。
ハクセキレイ。IMG_3452aaa.jpg
あちこちにいる。
IMG_3458aaa_201801060804153fd.jpg 
シラサギを久しぶりに見る。
IMG_3463-001aaa.jpg 
シロチドリ。
IMG_3471aaa.jpg 
シラサギの休息。
IMG_3475aaa.jpg 
バンの群れと思っていたがオオバンかもしれない。
IMG_3482aaa.jpg
この頃やたらと多い。
IMG_3483aaa.jpg 
ハクセキレイがまたいる。せわしない。
IMG_3487aaa.jpg 
シロチドリ。よく見かけるようになった。
IMG_3488aaa_20180106080426497.jpg 
鴨の群れ。コガモかな。
IMG_3490aaa.jpg 
食事中。
IMG_3497aaa_20180106080429e25.jpg 
ユリカモメ。冬には遡ってくる。
IMG_3504aaa.jpg 
良く飛び回って騒々しい。
IMG_3506aaa_20180106080432678.jpg 
バン(オオバンかも)と鴨が一緒。
IMG_3510aaa_201801060804336b3.jpg 
セグロセキレイ。
IMG_3511aaa_201801060804350e2.jpg 
シラサギもあちこちにいる、
IMG_3515aaa.jpg 
オオバンかなあ。
IMG_3516aaa.jpg 
シラサギが狙ってる。
IMG_3521aaa.jpg 
シロチドリ。
IMG_3522aaa.jpg 
また鴨の群れ。
IMG_3526aaa_2018010608061237d.jpg 
お昼寝。
IMG_3533aaa_20180106080613193.jpg 
鯉。
IMG_3536aaa_201801060806145ed.jpg 
オオバン。
IMG_3538aaa_20180106080615f34.jpg 
鯉は動かない。
IMG_3539aaa.jpg 
オオバンか。
IMG_3544aaa.jpg 
大分来たので引き返す。同じ道を帰るのは面白くないので脇道を行ったら迷子。
慶応工学部に出てしまった。ここから日吉校舎に戻ろうとしたが新幹線に見とれてたらまた道がわからなくなった。ようやく家に帰れた。

箱根駅伝

1月3日。
Sさんも私も鼻水が出たり咳が出たりと風邪気味なので、一日家に籠る。
庭の蝋梅。
IMG_3442aaa.jpg 
ほのかに匂う。
IMG_3444aaa.jpg 
水盤にメジロ。Sさんが撮影。
IMG_3447-001aaa.jpg 
寒いのに水浴び。
IMG_3449aaa.jpg 
箱根駅伝の復路をずっと見てしまった。
以前一度、箱根に行って駅伝を目の前で見たが、あっという間に走り過ぎてしまった。選手が痩せて引き締まっていたのを記憶している。
復路6区で青学の小野田選手があっというまに東洋の渡辺選手を抜き去ったのは凄い。
7区で青山の林選手が区間新で圧倒的リードをとったのには、驚いた。下馬評では8区でリードするのが早まった。
青山は強い。しばらく青山時代が続くのか。監督、選手が明るいのが底力になってるのだろう。
10区で早稲田の永山選手が東海大の国行選手に抜かれ、更に法政の岡原選手に抜かれそうになる。走りが頼りなさそうだったので抜かれると思ったら、そこからがぜん頑張って法政を引き離し、更に前を行く東海大も抜き去って3位に戻したのには感動した。ゴールの早稲田の選手が泣いて迎えていた。
陸王のおかげで応援がいつも以上に多かったような気がする。
夜には二人とも風邪が治ったみたい。

お孫ちゃん

1月2日。
年賀状がなくなってしまったので追加購入に行く。郵便局がしまっていたので、印刷屋で印刷された年賀状を入手。
近所のサクラソウ。
IMG_3409aaa.jpg 
葉ボタン。
IMG_3410-001aaa.jpg 
水仙。
IMG_3412aaa_20180104225236c2a.jpg 
息子夫婦とお孫ちゃんが来る。
おせち料理を頂く。お神酒代わりの甘酒で乾杯。
お孫ちゃんは離乳食。
IMG_3402-001aaa.jpg 
最初は大人しかったがすぐに活発になる。
抱っこされていたが下に降りて動き回りたいらしい。ハイハイすると素早い。丁度つかまって立てるところがお気に入り。
TVのリモコンをいじって画面をおかしくしてしまうので、リモコンの電池を外して渡したら、TVに向かってカチャカチャする。画面が変わらないので何度も何度もTVに向かってリモコンをガチャガチャ動かす。自宅ではリモコンをいじり過ぎて録画ができなくなったそうだ。
可愛い限り。
じっとしてないのでついていくのが大変。
何だかしきりに赤ちゃん言葉でしゃべってるが、何を言ってるかわからない。言葉がしゃべれるようになったらさらに楽しいだろうな。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR