FC2ブログ

2017-11

Latest Entries

シャコバサボテン

11月30日。
さすがに疲れて終日、家に籠る。
シャコバサボテンが真っ盛り。
IMG_2499aaa.jpg 
今年は良く咲く。
IMG_2500aaa_20171205204802905.jpg 
部屋の中の花は私の手入れ。Sさんに自慢する。
IMG_2503aaa.jpg 

スポンサーサイト

上野の森の紅葉

11月29日。
近所の薔薇。
IMG_2458aaa.jpg 
YkさんとTmさんと上野駅で待ち合わせ。
IMG_2462aaa_20171205195911c72.jpg 
上野の森は紅葉真っ盛り。
IMG_2466aaa.jpg 
お寺の前の紅葉。
IMG_2467aaa_2017120519591416a.jpg 
上野の森は紅葉見物の人が多い。
IMG_2471aaa_20171205195916baf.jpg 
天候にも恵まれた。
IMG_2472aaa.jpg 
何て読むんだろうと3人で首傾げる。
IMG_2473aaa.jpg 
井戸ばたの桜あぶなし酒の酔
IMG_2474aaa_20171205195920643.jpg 
清水観音堂。
IMG_2475aaa.jpg 
桜咲いてる。
IMG_2476aaa_20171205195923442.jpg 
十月桜。
IMG_2477aaa.jpg 
精養軒は40分待ち。
あきらめて別口に向かう。
IMG_2480aaa_20171205195926632.jpg 
花園神社。
IMG_2482aaa.jpg 
今日は良き日だねえと言い合う。
IMG_2484aaa.jpg 
上野の森の紅葉は初めて。
IMG_2485aaa.jpg 
灌木の実かな。ヒヨドリがついばんでる。
IMG_2489aaa.jpg 
大道芸人。
IMG_2492aaa.jpg 
黒船亭。待ちはそれほどでなかった。
IMG_2497aaa.jpg 
美味しい昼食。
IMG_2494aaa_20171205195935a89.jpg 
話に花が咲く。
IMG_2495aaa_201712051959378c4.jpg 
話したりなくて喫茶店に行く。
随分話したが、話したりなかったくらい。楽しかった。
水曜会に向かう。
田端のスタディオ・アンダンティーノ。
私は初めてのスタディオ。
体操、発声練習。
「わたしの動物園」大中恩作曲より「おのこおみな」。
「ディオの夜の旅」木下牧子作曲より「ディオの夜の旅」
毎回、少しづつ練習。難曲。パートごとに練習。
次回、全曲歌いきる。
「環礁」
「ローラビーチ」
休憩時間。
29回定期演奏会の会計報告がYnさんより行われる。
「いとしのエリー」桑田佳祐作曲、横山潤子編曲。
リズムが取れない。難しい曲が続いて疲れる。
「風の歌」大中恩作曲より「夏の風」。
ほっとする。

二回目の鎌倉下見

11月28日。
接骨医に行く。
矢上川のシラサギ。
IMG_2391aaa.jpg 
Sさんと駅で待ち合わせで二回目の鎌倉下見に行く。
行く途中のドウダンツツジの紅葉。
IMG_2392aaa.jpg 
Sさんと一緒になって北鎌倉に行く。
新田義貞の遺跡の二回目の下見。北鎌倉から亀ヶ谷坂を登って行くコースを行こうとSさんが言う。
早速紅葉の美しさに出会う。
IMG_2395aaa_20171204074023159.jpg 
円覚寺を通過。
IMG_2399qqq.jpg 
東慶寺通過。
IMG_2402aaa_201712040740262d1.jpg IMG_2403aaa_2017120407402853e.jpg
バスの停留所を曲がる。
浄智寺通過。
IMG_2406aaa_20171204074029a3e.jpg 
中を通らず外側から覗く。
IMG_2409aaa_2017120407403149b.jpg 
鎌倉は紅葉一色。
IMG_2410aaa.jpg 
トンネルの向こうは何だろう。
IMG_2411aaa.jpg 
Sさんが綺麗よと言うのでパチリ。
IMG_2412aaa.jpg 
竹林を通過。
IMG_2413aaa.jpg 
急に登りになる。亀ヶ谷坂???
IMG_2415aaa.jpg 
何だか山道みたい。
IMG_2416aaa_2017120407403934b.jpg 
葛原岡ハイキングコースに出ちゃった。
IMG_2419aaa_201712040740419c7.jpg 
道間違えたみたい。
IMG_2420aaa.jpg 
石塔。
IMG_2422aaa.jpg 
天柱塔。
IMG_2423aaa_20171204074046072.jpg 
ハイキング。
IMG_2425aaa.jpg 
疲れた。
IMG_2429aaa.jpg 
葛原岡神社を通過。
IMG_2431aaa.jpg 
心が洗われる。
IMG_2432aaa_20171204080117628.jpg 
日野俊基の碑。
IMG_2433aaa.jpg 
今日は良い時期に来た。
IMG_2434aaa_2017120408011978d.jpg 
どうやら道を一本早く曲がったみたい。
IMG_2435aaa.jpg 
化粧坂を上から見る。
IMG_2436aaa.jpg 
疲れたので下まで行かず。
IMG_2437aaa_20171204080124b9f.jpg 
川喜多映画記念館通過。
IMG_2439aaa_2017120408012536e.jpg 
Sさんが私が疲れた顔してるのでここで終わりにしようと言ってくれた。
鎌倉八幡宮通過。
IMG_2441aaa_20171204080127cf5.jpg 
池に紅葉が映える。
IMG_2442aaa.jpg 
横浜の回転ずし「活」に行く。
IMG_2443aaa.jpg IMG_2444aaa_20171204080132e2c.jpgIMG_2445aaa_20171204080133dcb.jpgIMG_2446aaa_201712040801347a6.jpgIMG_2447aaa.jpgIMG_2448aaa_20171204080137455.jpgIMG_2449aaa_201712040801393e4.jpgIMG_2450aaa.jpgIMG_2451aaa.jpgIMG_2452aaa.jpg
食べ過ぎた。生き返った。
クリスマスツリーだらけ。
IMG_2454aaa_20171204080225914.jpg IMG_2455aaa_201712040802261f1.jpgIMG_2456aaa.jpg
もう一回、正しいコースで時間をはからねば。

飴舐めて少し猫背の日向ぼこ

11月27日。
昨夜、飲みすぎたのか胸がどきどきして良く眠れなかった。
ホテルの朝食を済ませ、少し香流川沿いを散策。
近くの公園の紅葉。
IMG_2378aaa.jpg 
香流川。
IMG_2379aaa_20171203072422279.jpg IMG_2380aaa.jpg
オタフクナンテンの紅葉。
IMG_2382aaa_20171203072425f64.jpg 
新幹線の中はほとんど寝ていて富士山を見損なった。
帰ったら、部屋のシャコバサボテンが美しい。
IMG_2384aaa.jpg IMG_2385aaa_201712030727205bb.jpgIMG_2386aaa_20171203072721eb7.jpg
一休みして「夜のピクニック」恩田陸著を読み切る。高校時代を思い出す。
IMG_2389aaa_20171203073357698.jpg 
大門句会勉強会その264の三四郎さんの句評を見る。
兼題はさらさん出題の「日向ぼこ」。

◇光

飴舐めて少し猫背の日向ぼこ

スマホ見て顔も上げずに日向ぼこ

⇒縁側でのあぐらか、飴を舐めながら日向ぼこ。風邪気味でのどがいがらっぽかったかも知れない。

貴の岩ですか? 冗談はさておき「スマホ見て顔も上げずに」は画面に熱中している状況ですよね。とすると日向ぼこがどっかに行ってしまって電車の中でもどこでもいいことになる。日向ぼこに熱中はふさわしくない。季語にその他のフレーズがふさわしいかどうか考えて下さい。

はなさん選。

飴舐めて少し猫背の日向ぼこ

年代を特定はしていないが、飴、猫背、日向ぼこによりその人も景も服装までも想像してしまいます。

:Sさんに貰った飴を舐めて日向ぼこしてるとつい猫背になってしまう。

なるほど、熱中はふさわしくない。

スマホ見てベンチで並ぶ日向ぼこ

私の選句。

◇野里子

天井に池の反射や日向ぼこ

⇒縁側かサンルームに座っているのでしょう。思わず上を見上げると前の池の水面がゆらゆらと映っている。

:天井に池の反射とはよく詠んだ。のんびりしたひと時。

◇馬空

板塀の温もり背(せな)に日向ぼこ

⇒板塀に背中をあずけて立って日向ぼこをしているのでしょう。前は畑か車もあまり通らない田舎の道か、いずれにしてもぽかぽかとした静かな午後だ。

:板塀もあまり見かけなくなったが、子供の頃はよくそうしたことがある。

◇勝山

電車待つ束の間なれど日向ぼこ

⇒ありますね。たとえ五分でも日向にたたずんでいるとホッとする時間。

:うーん、良く経験します。

◇はな

二つ三つおはじき弾き日向ぼこ

⇒縁側で日向ぼこをしながら子供(孫)の相手でしょうか。ぽかぽかとのんびりした午後です。

:孫とこうする時間が来るかなあ。

21世紀会

11月26日。21世紀会。
低山の会を無事終了して温泉でくつろぎ、21世紀会に向かう。ところが高速が渋滞して、20分も遅れてしまった。幹事のHrさん、Kbさん、Mkさんも低山の会参加者で送れる。唯一の幹事Kkさんが取り仕切って会は始まっていた。23名の参加。
何時もながら大いに盛り上がる。
皆が私の入院を心配してくれたので、つい長くしゃべり過ぎた。(何時もの事だが。)
大阪に移るHgさんがこの会でのお別れの挨拶と言うので、大阪から来てくれと頼む。
Hrさんは、愛する老犬が亡くなって蓼科からこちらに帰って来てる。正月は家族で蓼科に集まるそうだ。
低山の会の仲間がハイキング終わって参加してくれたのはさすが体力ある。Fjさん、Iwさん、Hrさん、Kbさん、Fdさん、Mkさん、Adさん。
Frさん、ハイキングはドタキャンしたので、会に来れるかなあと思ったが元気そうで良かった。
Usさん、3月にスキーご一緒出来たらと頼む。Wtさんが元気になったと聞いて嬉しくなる。
Mjさん、何時もWtさん以来の伝統を引き継いでくれて感謝。
Inさんは職場が若い女性ばかりでおじさん扱いだそうだ。当たり前だよ。
Yzさんは娘さんたちの食事係を解放されたそうだ。
Ynさんは農夫。
Nmさんは健康管理に努める。
後は皆さんの近況報告で、元気に活躍してるのを聞いて嬉しくなる。
酔ってしまってようようホテルに到着。
IMG_2377aaa.jpg 

賤ヶ岳

11月26日。今年最後の低山の会に参加。Fiリーダーがまだ回復途上の私を気遣ってハイキングコースの賤ヶ岳(標高421m)を選んでくれた。
米原駅でFjさんの車に拾ってもらう。Iwさん、Fdさんと一緒。
余呉湖の駐車場に止めて出発。14名の参加。
IMG_2246aaa.jpg
最初の神社にお参り。
IMG_2247aaa.jpg 
登りはあまりなくて何とかついていける。
DSC_4068bbbL.jpg 
天候は曇りだが心地よい。
IMG_2251aaa.jpg 
紅葉も綺麗。
IMG_2254aaa_20171201151514a53.jpg 
中川清秀の墓に立ち寄る。
IMG_2256aaa_20171201151515a48.jpg 
「天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いに秀吉方先鋒二番手として参戦したが、大岩山砦を守っている時、柴田勝家軍の勇将・佐久間信盛の猛攻に遭って奮戦したものの戦死した。」
IMG_2258aaa.jpg 
大岩山砦跡。
IMG_2260aaa_20171201151518c15.jpg 
紅葉にうっとり。
IMG_2263aaa_201712011515206ea.jpg 
各所で台風で折れた樹が道をふさぐ。くぐろうとしてザックがひっかりこける。
PB260337aaa.jpg 
鹿よけのテープが巻いてある。
PB260345aaa.jpg 
首洗いの池、猿ケ馬場を通過。
IMG_2270aaa.jpgIMG_2272aaa_20171201151526da1.jpg
もう少しで頂上。最後の登りがきつくてゼイゼイいう。歩数をはかったら600歩くらい。
IMG_2274aaa.jpg 
戦い終わり疲れ果てた武将の像がある。
IMG_2279aaa_20171201151529291.jpg 
頂上の三角点。
IMG_2280aaa_20171201151530f79.jpg 
余呉湖が美しい。
IMG_2282aaa.jpg 
史跡、賤ヶ岳。「天正11年(1583年)4月4月、賤ヶ岳付近で起きた羽柴秀吉と柴田勝家の戦いである。この戦いは織田勢力を二分する激しいものとなり、これに勝利した秀吉は亡き織田信長が築き上げた権力と体制を継承し天下人への第一歩がひらかれた。」
IMG_2289aaa.jpg 
琵琶湖だ。
IMG_2296aaa.jpg 
色づいてる。
IMG_2292aaa.jpg 
琵琶湖の小島。
IMG_2297aaa.jpg 
紅葉の良い時期に来た。
IMG_2299aaa.jpg 
美しい。
IMG_2300aaa.jpg 
伊吹山も見える。
IMG_2303aaa.jpg
雪被ってる。
IMG_2304aaa.jpg 
今年は紅葉に恵まれてる。
IMG_2307aaa.jpg 
ここで昼食。Kbさん、Fjさんの沸かしてくれた珈琲を飲む。美味い美味い。
帰りは急坂。
IMG_2310aaa.jpg
サッサか降りる。早い早い。
DSC_4084Lbbb.jpg 
余呉湖につく。
IMG_2313aaa.jpg 
何とかついていけて良かった。
IMG_2319aaa.jpg 
温泉で一息つく。
IMG_7654aaa_20171201153522cf1.jpg 

富士山

11月25日。
部屋のシャコバサボテン。気持のよいくらいに咲いてる。
IMG_2235aaa.jpg 
Sさんが富士山が良く見えてるわよと言うので、裏に上がってマンションの隙間から富士を見る。
IMG_2238aaa.jpg 
冠雪してる富士の何と美しいことか。
IMG_2242aaa_201711290648114bb.jpg 
明日は愛知の方でハイキングなので一日ゆっくりする。

化粧坂と東勝寺

11月24日。
バルト海クルーズでご一緒した北九州の方と那須の方と鎌倉で再会することになっている。北九州の方から新田義貞の遺跡に行きたいとの要望があったのでその下見にSさんと行く。一つ目は「化粧坂は元弘3年(1333)5月18日、新田義貞の鎌倉攻めの時、激戦地となったつづら折の坂道である。わずか80m程の坂道であるが幕府軍の抵抗は激しく、新田軍は、4日後の21日になっても突破できなかった。」もう一つは「新田義貞の鎌倉攻めによって敗れた北条高時とその一族を含む約870名が自刃した「東勝寺跡」」。とした。
そこの下見に出かける。昨日買ったばかりのトレッキングシューズを履いて出かける。
IMG_2183aaa.jpg 
鎌倉駅で下車。
IMG_2184aaa.jpg 
小町通りを行く。人出が凄い。
IMG_2185aaa.jpg
鎌倉八幡宮への二の鳥居。
IMG_2186aaa.jpg
当日、昼食を予約したお店に下見に行く。
IMG_2188aaa_20171128114826a7a.jpg 
Sさんが途中で美味しそうと言って入る。
IMG_2189aaa.jpg 
美味い美味い。
IMG_2190aaa_2017112811482939e.jpg 
日蓮上人辻説法の遺跡を通過。
IMG_2192aaa.jpg IMG_2193aaa.jpg
妙隆寺でお参り。
IMG_2194aaa.jpg 
東勝寺橋。
IMG_2198aaa_2017112811483506f.jpg 
水は綺麗。
IMG_2199aaa_20171128114836b96.jpg 
「東勝寺跡」につく。
IMG_2202aaa.jpg
何も残っておらず兵どもの夢の後。
IMG_2205aaa.jpg
「腹きり櫓」。
IMG_2208aaa.jpg
あまりぱっとしないが、見物のお婆さん達と若い女性のグループがいた。
IMG_2206aaa.jpg 
鎌倉武士の最後の地としては寂しい。
IMG_2207aaa_20171128114842052.jpg 
英勝寺。
IMG_2210aaa.jpg
もと太田道灌の屋敷跡で、鎌倉唯一の尼寺。太田康資の娘で徳川家康の側に仕えたお勝の局(後の英勝院)が、1636年(寛永13)に建立したという。
IMG_2211aaa.jpg 
次に向かったのは化粧坂。
IMG_2213aaa.jpg
これはかなり坂を登って着いた。短い坂道だったが急坂で岩がむき出しで滑りそう。
IMG_2214aaa_2017112811505367f.jpg
これは歩きやすい靴で来てもらわないと無理。
IMG_2216aaa_20171128115054a77.jpg
Sさんは引き返そうと言ったが、最後まで登る。短い坂だが、上りがいがある。ここでの激戦とは凄かったことだろう。
IMG_2217aaa_201711281150560bd.jpg 
化粧坂の由来。
IMG_2230aaa.jpg 
源頼朝像。
IMG_2223aaa.jpg 
紅葉が綺麗。
IMG_2220aaa.jpg IMG_2221aaa.jpg IMG_2225aaa_20171128115102290.jpg IMG_2227aaa.jpg 
ツワブキ。
IMG_2228aaa_20171128115105fb6.jpg 
Sさんが狭い急な階段を見つけそれを降りて鎌倉駅に向かう。
かなり疲れた顔をしてたようでSさんが甘いもの食べようと入る。
IMG_2234aaa_2017112811510953e.jpg 
生き返ったよ。
IMG_2232aaa_201711281151084b3.jpg 
かくして下見は終わり。トレッキングシューズは快適だった。

トレッキングシューズを買う

11月23日。
部屋のシャコバサボテンが咲きだす。
IMG_2174aaa.jpg 
駅でSさんと待ち合わせして、トレッキングシューズを買いに行く。今までの靴は、降りにつま先がぶつかって爪が黒血になるようなことがあった。
トレッキングシューズを掃いてみたがどうもしっくりこない。前履いてた靴よりはいいかなと思ったが店員に足を診てもらった。偏平足で外反母趾。つま先が靴先に当たって痛いと言った。幅広の靴を持ってきて、坂を下ってみてどうかと判断。何足か試着して、これがいいかなと言うのを買った。
後ろの靴を買う。
IMG_2176aaa.jpg 
日曜の低山の会が楽しみ。
クリスマスツリー。
IMG_2177aaa.jpg 
飾りが面白い。
IMG_2178aaa.jpg 
Sさんとラーメン屋で食事。
IMG_2179aaa.jpg 
帰って早速履いてみた。うんいけそう。

花咲舞が黙ってない

11月22日。
関節リウマチの定期診察。
採血は男性看護師でスムーズにいった。血管が少しは太くなったのかな。
待ち時間は、1時間強。相変わらずリウマチ科は混んでいる。
順番が来て、インフルエンザの予防接種をしたこと、歯に治療をしたことを報告。両肩の痛みが続いてると訴えたが、腕が動くので関節リウマチではないと診断。
血液検査の結果はCRPが0.55と少し高い以外は問題ない。次回も上がるようだったら原因があるのだろう。
帰り道の山茶花。
IMG_2147aaa_20171124080939a69.jpg 
Sさんの用事に付き合う。
慶応のイチョウ並木が紅葉してる。
IMG_2157aaa_20171124080941061.jpg 
車道を歩かないようにと守衛に言われる。珍しいこともあるものだ。
IMG_2158aaa_20171124080942a25.jpg 
グランド周辺の紅葉。
IMG_2160aaa.jpg 
工事してる。
IMG_2162aaa.jpg 
慶応側から見た駅のクリスマスツリー。
IMG_2165aaa_20171124080946550.jpg 
昼食。
IMG_2168aaa.jpg IMG_2166aaa.jpgIMG_2167aaa_2017112408094904e.jpg
ハンバーグを久しぶりに食べる。Sさんはポーク。シェアする。
帰ってから、「花咲舞が黙っていない」池井戸潤著を読み終える。バブル崩壊後の吟行を描いている。自分の会社生活のバブル崩壊時を思い出した。

出雲へは一跨ぎなり神の旅

11月21日。
接骨医に行く。
マッサージと鍼。
矢上川に珍しく鳥たちが見えなかった。
歯医者に向かう途中のツワブキの花。
IMG_2129aaa_20171122203036f01.jpg 
アンスリウム。
IMG_2130aaa_2017112220303660e.jpg 
ブレーメン通りを歩く。
IMG_2131aaa.jpg 
歯医者で糸を抜く。
IMG_2134aaa_201711222030393ee.jpg 
帰り道の菊。
IMG_2135aaa.jpg 
今日は水曜会の練習で準備していたが、用事が出来てしまい欠席。
用事を済ませた後に、一休みしてから、昨日欠席した大門句会の結果を見る。
兼題は三四郎さんから。
「神の旅(神の留守)」 旧暦10月は神々が出雲に集まる。そこへ向かうのを神の旅、残された社の様子を神の留守、という。
「芭蕉忌(翁忌、時雨忌)」 旧暦10月12日。俳人松尾芭蕉は旅の途上大阪で没。
「枯」 枯野、枯木、冬枯、草枯、など「枯」のつく季語
「土」 非季語、この字をどこかに入れて。
「黒」 同じく非季語、この字をどこかに入れて。
出雲へは一跨ぎなり神の旅  光
糸さん、はなさん、遊介さん選。
:神だから歩いてとぼとぼと行くのは考えにくくて、雲に乗るか風に乗るかして出雲には一跨ぎだろう。
翁忌や今日一日の過ごし方  光
三四郎さん、遊介さん選。
:芭蕉は雲の上の俳人であり、及ばずながら翁忌には苦吟でもして過ごすかなあ。
グワグワと黒鴨鳴いて水しぶき  光
:矢上川の黒鴨。グワグワと良く鳴く。
山茶花の紅の花びら土覆う  光
:日吉公園で見たばかりの光景。
妻来ればぽつと明るき枯野かな  光
:Sさんがいるところ明るい。
人気句。
氏子出て屋根繕うや神の留守  野里子
三四郎さん、あかねさん、遊介さん、蒼月さん選。
:発想が面白い。
紅葉散るあみめキリンの黒き舌  さら
三四郎さん、馬空さん、はなさん選。
:キリンの舌は黒い!
黒黒の花瓶にたわわ青木の実  糸
三四郎さん、勝山さん、野里子さん選。
:黒黒とたわわが良く合う。
那智黒を土産に買うも留守詣  三四郎
あかねさん、野里子さん、勝山さん選。
:神がいないときに那智黒。こういう発想はなかなかできない。

おにかけの会

11月20日。久しぶりにおにかけの会に参加。
早く着きすぎてしばらく外で待つ。
IMG_2108-001aaa.jpg 
6名参加。Oyさん幹事。
IMG_2109aaa_2017112219565730d.jpg
Myさん、Odさんが久しぶりに参加。
Myさんは大病から回復。3年ぶりかな。
Okさんも諸事情から久しぶりに参加。
馬刺し。
IMG_2110aaa.jpg 
Wtさんが隣に座って、これから生き方についてとうとうと語る。
卵。
IMG_2111aaa.jpg 
Oyさん、Kmさんは毎年水曜会演奏会に来てくれる。関節リウマチで最後まで持つかと心配したと言う。
天ぷら。朝鮮ニンジンの天ぷらが美味い。
IMG_2112aaa_20171122195701b41.jpg 
入院したと聞いて大丈夫かと随分心配したと言う。80歳の長老Kmさんまで次の演奏会には何とか出てくださいと言われてしまった。
キノコ鍋。
IMG_2113aaa_2017112219570287b.jpg 
Kmさんから姿勢が良いから大丈夫と言われ、Oyさんから私の周りは良い人ばかりだねと言われ、大喜びした。
美味しいお鍋でずいぶん酒が進む。
IMG_2115-001aaa.jpg 
Odさんは食べないので良く飲み、すっかり出来上がる。苦労しているのでやむを得ない。昔話が次から次と出てくる。
IMG_2116-001aaa.jpg 
最後の新蕎麦も実に美味い。
お店は大繁盛だが、奥さんが不在でご主人だけなのでてんてこ舞い。
今日は大門句会だったので欠席しようかと最初は想ったが、参加してよかった。

庭の実

11月19日。
庭の実が増えてきた。これから色づいてくると鳥たちについばまれる。
ピラカンサの実。美味しくないのか最後まで残る。
IMG_2075aaa.jpg 
ヤブコウジの実。今年はSさんが増やしたので一杯実がついた。
IMG_2080aaa.jpg 
万両の実。色付き始めた。
IMG_2082-001aaa.jpg 
千両の実。すでに色付いてる。
IMG_2084-001aaa.jpg 
コムラサキシキブの実。もう終わりに近い。
IMG_2088aaa_201711212210213b4.jpg 
柚子。
IMG_2089aaa.jpg 
ムベ。手の届くところは全て採取。
IMG_2090aaa.jpg 
ヒヨドリが水盤にやって来た。
IMG_2093-001aaa.jpg 
他の鳥を追い払って悠然と占有。
IMG_2094aaa.jpg 
水浴び。寒くないのかなあ。
IMG_2103-001aaa.jpg 
一浴びしてさっぱりしたみたい。
IMG_2105-001aaa.jpg 
明日の句会は欠席するので欠席投句。苦吟苦吟で日が暮れた。

矢上川の鳥たち

11月18日。
どうも左側の腕が痛む。朝起きた時が痛い。右側はずっと痛いが、痛みが違うような気がする。
接骨医に行く。土曜の午前中は混んでる。
左側の方を熱心にマッサージして観察。左側の肩の炎症。マッサージと鍼。楽になる。
帰りは矢上川の鳥たちを観察。
鴨が群れている。
IMG_2039aaa.jpg 
群れて食事をしてる。この時期、多い。
IMG_2045aaa_20171121074045e3c.jpg 
シラサギ。
IMG_2040aaa_20171121074044ff4.jpg 
珍しく近接してる。
IMG_2048aaa.jpg 
美しい。
IMG_2049aaa_201711210758292f1.jpg 
 4羽も等間隔で並んでる。餌が多いのだろう。
IMG_2052aaa_20171121074050199.jpg 
シラサギが多いと嬉しい。
IMG_2055aaa.jpg 
そばでカルガモものんびり。
IMG_2060-001aaa.jpg 
アオサギがシラサギの側にいた。
IMG_2064-001aaa.jpg 
アオサギも久々に見た。
IMG_2065aaa_20171121074056133.jpg 
シラサギと近くでも争わない。
IMG_2068aaa_20171121074057d62.jpg 
アオサギの餌をとってるところを見てみたい。まだ見たことはない。
IMG_2070aaa_20171121074059d4a.jpg 
鴨たちは数が増えて来てるような感じ。食べ物が豊富なんだろう。
日吉公園の山茶花。
IMG_2071aaa.jpg 
公園の登坂。
IMG_2072aaa_20171121074102ea2.jpg 
山茶花の花びらの絨毯。
IMG_2074aaa.jpg 

インフルエンザ予防接種

11月17日。
インフルエンザの予防接種に行く。
行く途中のオンシジウム。
IMG_2027aaa.jpg 
ハナキャベツ。
IMG_2028aaa_2017112012540854d.jpg 
オーガスタ。
IMG_2030aaa_20171120125409dfa.jpg 
医院に入った途端、満員なのに驚く。
私たちのところで薬が無くなったようで、受付で断りしてる。月曜の早い時期に次のが来ると言ってる。予防接種が間に合ってないと聞いていたが、これほどとは思わなかった。良かった。
かなり待ってから、予防接種を受ける。
Sさんはこれから、編み物教室に行ってそれから歌舞伎と忙しい。
歌舞伎用に太巻きを買うが、私の昼食用にも買ってもらう。
IMG_2031aaa.jpg 
Sさんと別れて帰る。途中のポインセチア。
IMG_2032aaa_20171120125411b28.jpg 
帰宅したら、少々だるくて休む。
ひと眠りして熱を測ったら微熱がある。予防接種に反応したんだろう。すぐに収まるだろう。

ブレードランナー2049

11月16日。
昨日、シンビジュームをSさんに手伝って貰って(と言うかほとんどSさんに作業してもらう。)部屋に入れた。花芽がついてないのが気になる。
IMG_2010aaa_20171120122733720.jpg 
パキラと同居。
IMG_2011aaa_20171120122734acc.jpg 
庭のオキザリスフラワー。良く咲く。
IMG_2016aaa_20171120122737e99.jpg 
Sさんと「ブレードランナー2049」を見に行く。
以前、「ブレードランナー」を見た時は訳が分からなかったが、Sさんがあれは素晴らしいSFの金字塔だと言うので、録画を何度も見た。なるほど、Sさんが感心するだけのことはあると思った。
Sさんが珍しく「ブレードランナー2049」を見に行こうと言うので一緒する。
行く途中のオキザリス。
IMG_2021aaa_20171120122737d2a.jpg 
Sさんと駅で待ち合わせ。
チケットを購入してから、時間があるので、寿司屋で昼食。
IMG_2023aaa_20171120122740da2.jpg 
一人半で丁度良かった。
IMG_2022aaa.jpg 
まだ時間があるので喫茶店でおしゃべり。楽しいね。
IMG_2024aaa_20171120122742799.jpg 
ようやく「ブレードランナー2049」に入る。
171036aaa.jpg 
最初の出だしはいささか冗長気味。入りが良くないと聞いていたが、さもありなんと思った。
ところが途中から急展開で引きずり込まれた。
3時間の超大作を満喫した。
Sさんは見終わった後で、最初に「ブレードランナー」を見てないとわからないのではと言う。二作目は難しいだよねえとも。
私は満足した。

ティオの夜の旅

11月15日。
接骨医に行く。どうも左側は肩の筋肉の袋が炎症してるらしい。右側の痛みと違う。
江川に行く。掃除中で水がない。
IMG_1977aaa.jpg 
たまり水くらいしかない。魚たちはどうしたろう。
IMG_1981aaa_20171119213302be5.jpg 
白いムラサキシキブみたい。
IMG_1980aaa_20171119213300be7.jpg 
クロガネモチ。
IMG_1982aaa.jpg 
メキシカンセージ。
IMG_1983aaa_20171119213305159.jpg 
猫が水たまりの小魚を狙ってる。
IMG_1984aaa_201711192133075c4.jpg 
矢上川の鴨たち。
IMG_1989aaa_20171119213308b10.jpg 
シラサギ。
IMG_1990aaa.jpg 
逃げられた。
IMG_1997aaa_20171119213311d47.jpg 
飛び降りたところをしつこく追いかけてパチリ。
IMG_2000aaa_20171119213312088.jpg 
ハクセキレイ。
IMG_2004aaa_20171119213314ae6.jpg 
シラサギが多い。
IMG_2007aaa_2017111921331508b.jpg 
帰って一休みして水曜会に出かける。
場所は下落合。降りたことのない駅。
スマホのマップ頼りに練習場につく。
Tuさんより先週配られた楽譜「YaYa」横山潤子編曲を貰う。きちんと製本されていて順番も書いてある。感心したらこういうのは好きだと言う。私は苦手でSさんにやってもらってると言う。誰かが自分より奥さんの方が不器用だから頼めないと言う。私はSさんがあなたは不器用だからできないでしょうと言ってちゃっちゃとやってくれたと言ったら大いに羨ましがられた。
Htさんより音取り用のCDを貰う。
アルトのパート練習中。
ヨガ体操。発声練習。
「私の動物園」大中恩作曲より「てんとうむし」。
「河童」
「ティオの夜の旅」木下牧子作曲より「ティオの夜の旅」
難しくて長い。リズム感が大切だが、追いつかない。
何度も繰り返し、パートごとも練習。先生が今年中に終わるかなと心配。
かなり疲れてしまう。
「祝福」
「海神」
「環礁」
「ローラビーチ」
カラオケみたいに歌うなと言われる。
「いとしのエリー」横山潤子編曲。
ゆっくり練習してリズム感を掴む。
「風のうた」大中恩作曲。「春の歌」。
ほっとして終わる。

工事

11月14日。
工事の業者が来て、立ち会う。
梯子段をかけるのに苦労していたが、プランターの移動をせずに済んだ。
部屋の中の工事と外を済ませた。
接骨医に行くつもりだったが、疲れて休息。歯の治療をしたところから少し出血。
庭のヤブコウジの実。
IMG_1954aaa.jpg 
千両。
IMG_1960aaa_20171119175101b8e.jpg 
万両も少し色づいた。
IMG_1963aaa.jpg 
キンレンカ。種をまいたのがようやく咲く。
IMG_1952aaa_20171119175058d57.jpg 
シジュウカラが水浴び。冬になると盛んに来る。
IMG_1971aaa_201711191751049a5.jpg 

一と二は行けずようやく三の酉

11月13日。
庭のキンレンカ。
IMG_1942aaa_201711191718560c8.jpg 
歯医者に行く途中の菊。
IMG_1943aaa_20171119171858dd0.jpg 
この時期、菊は満開。
IMG_1944-001aaa.jpg 
眼を楽しませる。
IMG_1946aaa.jpg 
歯医者の水槽。
IMG_1949aaa.jpg 
右奥下にインプラントを入れる。抜くよりは痛くない。1、2か月骨が盛り上がるのを待つ。
駅のクリスマスの飾り。
IMG_1950aaa.jpg 
帰り道の菊。
IMG_1951aaa.jpg 
帰って、大門句会勉強会その263の三四郎さんの句評を見る。
兼題は野里子さん出題の「酉の市」。

◇光

一と二は行けずようやく三の酉

あの頃と変わらぬ妻と酉の市

⇒毎年いの一番に行っていたが今年は思わぬ用事ができて一と二は行けなかった。三の酉まである年でよかった。とにかくお参りしないと商売に差し支える。

あの頃とは二人が出会った頃でしょうか。二人で酉の市に来た思い出がある。熊手を見上げる妻の横顔はあの頃と変わらない。何も買わなくても十分幸せですね。

遊介さん選。

一と二は行けずようやく三の酉

⇒ 上五のリズムがいいです。ようやく酉の市へ行った安堵感を感じます。

勝山さん選。

一と二は行けずようやく三の酉

一の酉、二の酉、三の酉を句材にしてうまくまとめた。

一二三と手拍子のように調子が良い。

はなさん選。

一と二は行けずようやく三の酉

  リズム感があり三の酉で収まる数え歌のようである。

:今年は三の酉まであると聞いて詠んでみた。

Sさんと昔は酉の市に行った。あの頃と変わらぬ輝きがSさんにはある。

私の選句。

◇遊介

御大尽気分も買うて酉の市

⇒金持ちではまったくないが、今日くらいは熊手の大きいのを張り込んで買おうか。それだけで御大尽になった気もする。

:確かに大きな熊手はお大尽気分になる。

◇勝山

なでおかめまずは撫でたる一の酉

⇒なでおかめは天岩戸の天宇津女命とされるおかめ。なでる場所によって様々な願い事がかなうという。なにはさておいてまずはなでてからお参り。

:なでおかめは天岩戸の天宇津女命とは知らなかった。ご利益あらたかだろう。

◇はな

キムチ屋の横の抜け道酉の市

⇒コリアン街にある神社の酉の市でしょうか。「横の抜け道」がいいですね。ひっそりとある神社なんでしょう。でも勝手知ったる通い径。

:コリアン街の方も酉の市に来るんだろう。

◇野里子

かけ声のもういつちよとな酉の市

⇒三本締めのかけ声でしょう。熊手の値段によって手締めの回数が変わるのでしょうか。とするとこの人はかなり大きな熊手を買った?

:威勢の良さが伝わってくる。

疲れた

11月12日。
昨日のハイキングで疲れてしまい一日休む。
昨夜は変に興奮してよく眠れなかった。階段の上り下りが筋肉痛で痛い。翌日筋肉痛になるのは若い証拠と慰める。
Sさんに庭の写真を撮ってもらった。
ピラカンサ。鳥は美味しくないらしくて最後にならないと食べない。
IMG_1915aaa_20171118080334a03.jpg 
千両。
IMG_1918-001aaa.jpg 
ヤツデ。Sさんはヤツデ好みでなくて除去されるところだった。
IMG_1919aaa.jpg 
万両はまだ青い。ほとんどが鳥が運んできた実から育った。
IMG_1920aaa_201711180803384c3.jpg 
斑入りヤブコウジ。実はならない。
IMG_1921aaa.jpg 
オキザリスフラワー。随分楽しませてくれた。
IMG_1928aaa.jpg 
Mk夫人から貰ったピンクのサルビア。
IMG_1934aaa_20171118080342421.jpg 
ルリマツリ。
IMG_1935aaa_20171118080344571.jpg 
ハツユキカヅラが色づいた。
IMG_1936aaa_201711180803457f8.jpg 
万年青の実。まだ小さい。
IMG_1941aaa_20171118080347ead.jpg 

奥多摩むかし道(その3)

11月11日。(その3)
惣岳の不動尊。
IMG_1875aaa_20171117212805012.jpg
上まで行く元気はさすがにない。
IMG_1876aaa.jpg 
疲れてきたが、渓流の眺めに支えられて何とか歩く。
IMG_1882aaa_201711172155148f7.jpg 
いろは楓の巨樹。
IMG_1883aaa.jpg
どれがいろは楓かな。
IMG_1885aaa_20171117215516c89.jpg
耳神様。
IMG_1888aaa.jpg
昔の人は大変だったろうなあ。
IMG_1889-001aaa.jpg
弁慶の腕ぬき岩。
IMG_1891aaa_201711172155221ed.jpg
高さは3mほどで左下に腕が1本入る程の穴が開いている。
IMG_1890aaa_20171117215521314.jpg 
白髭神社。
IMG_1893aaa_20171117215524809.jpgIwさんが上まで上がっていった。
IMG_1894aaa_201711172155262e9.jpg 
後半は道が平坦なくだりになって、歩みが早まる。
IMG_1895aaa_201711172155274ca.jpg 
不動の上滝。
IMG_1897aaa_20171117215528577.jpg 
最後にこの階段かよ。
IMG_1899aaa_20171117215530f9b.jpg 
石の道標。
IMG_1902-001aaa.jpg 
槐木通過。
IMG_1906aaa_20171117215533b0a.jpg
お地蔵さん。後もう少し。
IMG_1908aaa_201711172155344d6.jpg 
廃線がある。
IMG_1909aaa_20171117215536286.jpg 
鉄道マニアのJbさんが盛んに写真を撮ってる。
IMG_1910aaa_20171117215537725.jpg 
良く歩いた。逆コースで助かった。
IMG_1911aaa_201711172155395a0.jpg 
最後の渓谷美。
IMG_1912aaa.jpg 
奥多摩駅に到着。何とか持った。
河辺温泉、梅の湯で温泉たっぷり。
IwリーダーとKdさんは参加できなかったが、打ち上げに大いに盛り上がる。
後5年は頑張ってと言われる。80歳まで?!
良かった。天候に恵まれ紅葉が綺麗だったのと最後まで歩けたことが嬉しい。仲間との歩きは実に楽しい。

奥多摩むかし道(その2)

11月11日。(その2)
期待以上の美しさに心が洗われる。
IMG_1832aaa.jpg 
道所吊橋を渡ってみる。揺れて怖い。人数制限。
IMG_1841aaa_20171117212740d12.jpg 
揺れるのでのそのそ歩く。
IMG_1842aaa_201711172127427a8.jpg 
吊橋からの眺めは素晴らしいが、揺れるので上手く撮れない。
IMG_1837aaa.jpg 
牛頭観音像。
IMG_1845aaa.jpg
牛頭観音は珍しい。
IMG_1844aaa_20171117212743d89.jpg 
馬の水飲み場。
IMG_1846aaa.jpg
ここで馬がのどを潤した。
IMG_1847aaa.jpg 
紅葉に見とれて立ち止まる。
IMG_1851aaa.jpg 
天気が良いので色が映える。私が来ると晴れるとさんざん自慢した。
IMG_1855aaa_20171117212751e09.jpg 
Mzさんが空を背景にすると綺麗に撮れると言う。
IMG_1857aaa.jpg 
縁結び地蔵尊。
IMG_1859.jpg
Nzさんにお願いしなくちゃっと言う。
IMG_1860aaa.jpg
しだらく吊橋。
IMG_1869aaa_20171117212801c0d.jpg
人数制限。そこを渡って対岸で食事と記念撮影。
IMG_1867-001aaa.jpg 
こわごわ撮る。
IMG_1864aaa.jpg 
落ち着いてじっくりと言うわけにはいかない。
IMG_1866aaa.jpg 
昼食のサンドイッチ。あまり食欲がない。Iwさんの味噌汁を貰う。美味い。珈琲も。
食事が終わって戻ろうとしたら、吊橋の入り口で大勢の若者が吊橋の上で写真を撮ってる。Kdさんが注意しに出かける。人数制限だよと言うが中国の方だった。何とか通じて吊橋を降りる。
ようやく吊橋を渡って戻る。少し慣れてきて早く渡れた。
ここまでは何とかついて来れたが先はまだまだ。
紅葉のおかげで何とか歩ける。
IMG_1871aaa_20171117212803cfe.jpg 
惣岳渓谷。
IMG_1873aaa_20171117212804e89.jpg 
(その3)に続く。

奥多摩むかし道(その1)

11月11日。
YY会「奥多摩むかしみち」のハイキングに参加。退院後初めてのハイキング。4時間くらいの行程であり、いささか自信がない。
Imリーダーの元、16名参加。
奥多摩駅に集合。
IMG_1766aaa_20171117205727399.jpg
当初はそこから歩く予定だったが、急遽私を気遣って、バスで奥多摩湖まで向かい、逆コースを歩くことになる。逆コースの方が下りで楽と言う事。Nzさんがバスに乗りそこなってタクシーで追いつく。16人もいると何かが起こる。
奥多摩湖。
IMG_1767aaa_201711172057283b4.jpg 
奥多摩むかし道入り口。早くも紅葉が綺麗。
IMG_1773aaa.jpg 
入り口。最初は舗装されてる。
IMG_1775aaa_20171117205731cd8.jpg 
渓谷沿いに歩く。
IMG_1778-001aaa.jpg 
蛇ちゃんが車に轢かれていた。
最初は少し登りで、それから滑り気味の山道を下る。奥多摩湖がしばらく遠景で見える。
IMG_1785-001aaa.jpg 
青目立不動尊。おじさんが案内してくれた。
展示物を鑑賞。
IMG_1789aaa_20171117205735dbf.jpg 
青目立不動尊。
IMG_1791aaa_20171117205737f6f.jpg 
ここから山道。下りが滑りそう。
小さな滝が時々顔を出す。
IMG_1794aaa_201711172057387a1.jpg 
早くも若手からはおいていかれる。
IMG_1798aaa_20171117205740e96.jpg 
次第に紅葉が始まる。
IMG_1801aaa_20171117205742dd3.jpg 
思ったより綺麗に色づいてる。
IMG_1803aaa_20171117205743c71.jpg 
浅間神社を通過。
IMG_1805aaa.jpg 
まだ元気があるので上まで登ってお参り。

IMG_1804aaa.jpg 
紅い実が連なってる。
IMG_1807aaa.jpg 
奥多摩駅方面に向かう。
IMG_1809aaa_201711172057493df.jpg 
多摩むかし道植樹のところで休憩。
IMG_1815-001aaa.jpg 
綺麗だ。今年は紅葉が早いと誰かが言う。
IMG_1817-001aaa.jpg 
紅葉が素晴らしい。
IMG_1821aaa_201711172057544cd.jpg 
疲れも飛んでしまう。
IMG_1826aaa.jpg 
(その2)へ続く。

矢上川沿いに2時間歩く

11月10日。
庭の水盤にメジロが来る。
IMG_1690aaa_20171114194805e65.jpg 
水浴び。楽しそう。
IMG_1691aaa.jpg 
雀も来た。
IMG_1694-001aaa.jpg 
庭の薔薇。
IMG_1695aaa.jpg 
Sさんにヤブコウジの実が見当たらないと言ったら教えてくれた。実が一杯。
IMG_1697aaa.jpg 
千両が色づきかかってる。
IMG_1698aaa_20171114194812df2.jpg 
明日のハイキングに備えて歩く。
近所のシクラメン。
IMG_1699aaa_20171114194813be1.jpg 
矢上川を下って鶴見川の合流点まで行ってみよう。
鯉が一杯。
IMG_1703aaa.jpg 
まだカンナが咲いてる。
IMG_1705aaa_20171114194816eef.jpg 
バンがいた。
IMG_1714aaa_201711141948188cb.jpg 
アオサギが休んでる。
IMG_1718aaa_201711141948197f1.jpg 
バンは首を振り振り泳ぐ。
IMG_1727-001aaa.jpg 
ハクセキレイ。
IMG_1730aaa.jpg 
バンは時々潜る。
IMG_1737aaa_20171114194824141.jpg 
芒。
IMG_1738aaa_2017111419482581b.jpg 
矢上川が鶴見川に合流する地点についた。
IMG_1741aaa_20171114194827ae3.jpg 
ここまでで引き返す。
相変わらずバンが泳いでる。
IMG_1745aaa.jpg 
バンは大きいのと小さいのといるが同じ種類かな。
IMG_1747aaa_20171114194830c8a.jpg 
亀がいる。遠いのであまり良く撮れない。
IMG_1751aaa_20171114194831cac.jpg 
アオサギが同じ場所にとどまってる。
IMG_1760aaa_20171114194833c11.jpg 
バンはつがいが多い。
IMG_1762aaa_201711141949113de.jpg 
上流に戻るとカルガモが一杯。
IMG_1764aaa.jpg 
2時間歩いた。足慣らしになったかな。

シラサギ飲み込む

11月9日。
体調が回復したので、土曜日のハイキングのために散策。
日吉公園。
IMG_1635aaa_201711141717109bd.jpg 
矢上川でカルガモが群れている。
IMG_1638aaa_2017111417171299f.jpg 
盛んに餌をあさっている。
IMG_1645aaa_20171114171713dfd.jpg 
ハクセキレイ。動きが早いので撮りにくい。
IMG_1648-001aaa.jpg 
何羽もいる。
IMG_1652aaa_2017111417171610c.jpg 
矢上川でシラサギが魚を飲み込むのを一部始終見た。最初はシラサギの口から髭みたいなものが出てると思ったら魚だった。
IMG_1653aaa_201711141717182f4.jpg
大きい魚でなかなか飲み込めず。そばにはカルガモが餌あさり。
IMG_1654aaa_20171114171719f18.jpg 
苦労してる。IMG_1655-001aaa.jpg 
口からはみ出してる。
IMG_1656-001aaa.jpg 
何度も嘴を水につけたりしている。
IMG_1657aaa_20171114171724087.jpg
カルガモが群れている側で大苦戦。
IMG_1658-001aaa.jpg
ようやく飲み込んだ。飲み込んだ後はどや飲み込んだでえとドヤ顔。
IMG_1659aaa_20171114171727ed1.jpg
また別のシラサギ。
IMG_1660aaa_20171114171728b87.jpg 
カメラを構えて近づいたら逃げられた。
IMG_1662aaa_20171114171730f40.jpg 
逃げ先まで追いかけてパチリ。
IMG_1666aaa.jpg 
江川の終点。
IMG_1668aaa_2017111417173355a.jpg 
メキシカンセージ。
IMG_1669aaa.jpg 
江川のシラサギ。
IMG_1673aaa.jpg 
近づいたら逃げられた。
IMG_1675aaa.jpg 
江川のカルガモ。
IMG_1678aaa.jpg 
ヒュウガミズキ。
IMG_1680aaa_201711141718153d0.jpg 
接骨医に行く。左腕の方が痛むが右腕も痛み出した。朝起きた時が特に痛む。マッサージと鍼をすると痛みは治まるが、翌日は戻ってしまう。
この前は青かったが。
IMG_1687aaa.jpg 
シラサギの飲み込みの状況が見れて良かった。

チョコレートコスモス

11月8日。
合宿とお墓参りで疲れが出たのか風邪っぽいので水曜会の練習を休む。
庭のオキザリスフラバ。
IMG_1587aaa_201711131806334ea.jpg 
午前中休んだら、少し回復してきたので「チョコレート コスモス」恩田陸著をようやく読み切った。
いよいよ恩田ワールドにはまりそう。
IMG_1631aaa_20171113180636df7.jpg
早めに休む。

お墓参り

11月7日。
Sさんと息子と一緒にお墓参りに行く。
行く途中の菊。
IMG_1588-001aaa.jpg IMG_1589-001aaa.jpgIMG_1591aaa_20171113170723508.jpgIMG_1592aaa.jpgIMG_1594-001aaa.jpg
息子と名古屋駅で待ち合わせて可児市に向かう。駅からタクシーでお墓に向かう。
お墓の前の駐車場の道案内。
IMG_1596-001aaa.jpg 
クサギの実。
IMG_1597aaa_201711131707293ad.jpg 
お墓の隣は竹林。
IMG_1598aaa.jpg 
Sさんが用意してきた手袋など使って草むしり。
蟋蟀がいた。
IMG_1602-001aaa.jpg 
線香をあげる。
古いお墓は文字が読めない。300年くらい前かな。
IMG_1604aaabbb.jpg
私の両親、ご先祖様と亡くなった次男に孫が生まれたと報告。きっと喜んでくれていることだろう。
三人ともすがすがしくお参り出来た。
ヤマハッカ。
IMG_1608aaa_2017111317073524c.jpg 
長保寺。
IMG_1612aaa.jpg 
次に移動。今池の味仙の台湾料理を楽しむ。
IMG_1627aaa.jpg 
瀬戸に住んでいたころは月一で藤が丘の味仙に通っていた。
IMG_1628aaa_20171113170739262.jpg 
手羽先、豚足、あさり、豚の耳、牛筋、青菜など3人とも大好物。
IMG_1613-001aaa.jpgIMG_1614aaa.jpgIMG_1615aaa.jpgIMG_1616aaa_20171113170745784.jpgIMG_1618aaa_20171113170747e7e.jpgIMG_1619aaa.jpgIMG_1620aaa.jpgIMG_1621aaa_20171113170833dd1.jpgIMG_1622aaa_2017111317083424d.jpgIMG_1623aaa.jpg
最後の台湾ラーメンは激辛で口の中が火のよう。Sさんと分けてようやく食べる。大満足。
IMG_1626aaa_201711131708371c5.jpg 
帰りは息子はのぞみ、私たちはひかりで別々で帰る。来年は孫が来れると良いな。

編み物の妻を眺めて秋惜しむ

11月6日。
庭のピラカンサ。まずいのか鳥たちは最後に食べにくる。
IMG_1571aaa_201711101315450cd.jpg 
接骨医に行く。
合宿で楽譜を持ち続けたら、左右の腕の痛みが増してしまった。腕を動かし続けるんだった。
マッサージと鍼。
帰り道の菊。
IMG_1573-001aaa.jpg 
ハイビスカスらしきのがまだ咲いてる。
IMG_1574aaa_201711101315474ac.jpg 
矢上川のカルガモ。この頃、群れて一杯いる。
IMG_1576-001aaa.jpg 
シラサギ。
IMG_1584aaa_20171110131550c20.jpg 
大門句会勉強会その262の三四郎さんの句評を見る。
兼題は馬空さん出題の「秋惜しむ」。

◇光

編み物の妻を眺めて秋惜しむ

秋惜しむ汚れしままのメニュー表

⇒冬にそなえてマフラーか手袋かを編んでいるのだろう。それを眺めながら秋ももう終わりだなあと感慨にふけっている。

居酒屋か焼き鳥屋か、いずれにしてもあまり高級な店ではない。でも、シミのついたメニューに秋惜しむの季語が効いていない。寒々とした冬の季語ならぴったりですが。

:Sさんは編み物を良くしてる。何編んでるのと聞いたらあなたのよと言われた。

若い頃に行きつけの食堂のメニュー表がぼろで汚れていたのを思い出す。

馬空さん選。

編み物の妻を眺めて秋惜しむ

作者の目線が、優しいですね。編み物と季語の取り合わせも良いです。

遊介さん選。

編み物の妻を眺めて秋惜しむ

→ 編み物で冬支度をしている妻を眺めながら、秋を惜しみ感傷的になっている自分を楽しんでいると理解しました。

私の選句。

◇馬空

秋惜しみ歩荷の下山見送りぬ

⇒見送るのは歩荷に荷物を運んでもらった山小屋の主だろうか。軽くなった背負子を背に帰っていく後姿。周りの紅葉はすでに散り始めている。上五は秋惜しむと切ったほうがいい。最後は見送りて。

:山小屋もそろそろ店じまい。

◇遊介

秋惜しむ細く日の差す駅構内

⇒晩秋の弱々しい日差しが駅の中まで届いている。駅構内をもっと具体的に。待合室、改札口、コンコース。字余りにしないほうがいいですが。

:細く日の差すが秋惜しむを良く表してる。

◇三四郎

じつと待つハチ公と秋惜しみけり

:ハチ公の銅像前で秋惜しむ風情が何となく心に響く。

◇野里子

秋惜しむ曳屋の生家きしみつつ

⇒生家が解体されないまま移動している。道路の拡幅にでも引っかかったのだろうか。小さいころからの思い出がつまった家だ。きしみ音がやるせない。

:秋惜しむ侘しさがきしみつつであらわされている。

◇糸

雲の縁当たる夕陽に秋惜しむ

⇒雲が夕日に照らされて逆光で周りが色づいているのでしょう。秋夕焼という季語がありますがその景ですね。夏の夕焼けと違って寂しい。

:雲の縁当たるとはよく観察してる。


ちょっと風邪気味。

水曜会合宿二日目

11月5日。
合宿二日目。二人部屋で静かだったにもかかわらず、トイレに二度ばかり起きてぐっすり眠ったと言う感覚がない。昨夜は午前2時半まで二次会したそうだ。先生も最後まで付き合ったそうだ。風邪気味なのにご苦労さま。
養沢センター。
IMG_1549aaa_20171110081807010.jpg 
Ksさんと養沢渓谷を散策。
IMG_1551aaa_20171110081808e4b.jpg
ます(かな)が泳いでいた。
IMG_1557aaa_20171110081809ceb.jpg
渓流が美しい。
IMG_1562aaa_201711100818110dc.jpg
よく見るとあちこちで泳いでる。
IMG_1563aaa_2017111008181289b.jpg
禁漁期間が始まってるのでのんびり泳いでる。
IMG_1565aaa.jpg 
八坂神社。
IMG_1566aaa_20171110081815575.jpg 
ホタルの里。
IMG_1567-001aaa.jpg 
戻ると養沢センターが見えてきた。
IMG_1568aaa_20171110081818438.jpg 
二日目の練習。遅くまで起きていたのに、全員そろってる。もっとも初日で帰った人もいるので人数は減ってる。ピアノはKgさん。
Kkさんの難しい体操。手と足がバラバラ。苦手。
発声練習。
「わたしの動物園」大中恩作曲。
「てんとうむし」「河童」「マンモス」「おのこおみな」。
朝一番に歌うのは気持ちが良い。
「いとしのエリー」桑田佳祐作詞作曲、横山潤子編曲。
途端に難しくなる。メロディまでうまく歌えない。聴きなれてるのになあ。
昼食。
Ssさんとお話しする。
「ディオの夜の旅」木下牧子作曲「環礁」。
先生が各パートごとに丁寧に練習するが音が取れない。
「ディオの夜の旅」は途中まで。ガンガン練習してへとへとになる。鼻水が出てまいる。風邪をひきかかってるのかな。最後まで持つかなと思ったが、何とか持ちこたえた。
最後に「ティオの夜の旅」全曲、「祝福」「海神」「環礁」「ロ-ラビーチ」。
「風のうた」大中恩作曲の全曲、「春の風」「夏の風」「秋の風」「冬の風」を歌って終了。へとへとだあ。
帰りはSkさんと一緒にTuさんに送って貰う。トランプ大統領訪日で高速が混むかと思ったが自然渋滞位ですんだ。
風邪ひいたか心配。Sさんが喉が少し赤いと言う。薬を飲んで休む。

水曜会合宿初日

11月4日。
庭のヒメツルソバ。
IMG_1540aaa.jpg 
大好きなチェリーセージ。
IMG_1541aaa.jpg 
ピンクのサルビア。
IMG_1542aaa.jpg 
水曜会合宿に出かける。
Tuさんの車に迎えに来てもらう。かなり混んでいてKsさんのところに行くのに1時間近く遅れてつく。
途中、蕎麦屋で昼食。昼飯時で待つ。
IMG_1543aaa_20171109211923e3e.jpg 
田舎そばがなくて普通の蕎麦だが、腰があって美味い。
IMG_1545aaa_20171109211924348.jpg 
合宿所に到着。何時もの養沢センター。
IMG_1546aaa_20171109211926c39.jpg 
練習場に入る。
IMG_1548aaa.jpg 
Idさんのヨガ体操、発声練習。
ピアニストは久しぶりのOnさん。体大丈夫と気遣ってくれた。
その後、テナーのパート練習があり、7名参加。Kkさん、Ksさん、Nzさん、Tuさん、Urさん、Soさん。発声方法でいろいろ指摘があり、喉を開く、舌を緊張させないなどハーモニーの取りやすい歌い方の指導を受ける。
他のパートの指導で先生が戻るまでTbさん指導で「ティオの夜の旅」木下牧子作曲の「環礁」の譜読み。
先生が戻られて「環礁」「ディオの夜の旅」を練習。音が取れなくて参った参った。何でこんなに難しいんだ。「祝福」「海神」「ローラビーチ」は不思議と何とか歌えた。
食事ではテナーのメンバとTtさん、Tkさんらと話が弾んだ。Ynさんと阪神タイガーズ。
食事後「わたしの動物園」大中恩作曲の「てんとうむし」「河童」「マンモス」「おのこおみな」。大中先生の曲は歌いやすい。
「いとしのエリー」桑田佳祐作詞作曲、横山潤子編曲を練習。横山先生が水曜会のために変更してくださったそうだ。これも難しいよ。リズムが取れない。
部屋はKsさんと二人部屋で助かる。
夜の宴会は、Ttさんと良く話せた。Tkさん、Tdさん、Ynさん、Htさん、Nzさんらと話す。
疲れたので夜の宴会は11時半で引き上げた。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Y・K

Author:Y・K
FC2ブログへようこそ!
スキー、山、コーラス、俳句、仲間との団欒が大好きです。無論Sさんが一番好き。 Y・K
201103200159095c1[1]

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR